« 道明寺をあごで使う女=西川女医 | Main | 悪役・潤&きみぺダンス »

February 21, 2006

潤仁・毒舌合戦

うたわら、やっと見ました。
私は、【潤仁・毒舌合戦】って感じで、久々に面白かったですがね。
だってさ、カツンのデビューをお祝いしたい気持ちと、ちょっとやりすぎじゃねえのか~・・・という気持ちと、両方あっても当然だと思うんですよ。
その微妙なところが、潤くんのあの反応に表れたようで、ただ持ち上げるだけじゃないところが、彼の正直さが出ているようで、私には気持ちがよかったです。(毒舌が好きだもんね。私。)

もっと歌がうまかったら、歌や踊りをやらせてもらえる機会があるのかもしれないですが、
私は、彼が歌がイマイチというのは、神様からのプレゼントに思うんですよ。
(びっぐべあさんのブログの、「その上、歌も上手いとなれば、早死にでもしそうで心配だもん。」受けました!)
苦手なことがあるから、謙虚にもなれるし、人の痛みもわかる。そして、自分ができないことができる人に尊敬の気持ちがもてる。
潤くん、あれで、歌まで上手かったら、嫌味なやつかもよ。

潤くんは、24時間TVで、相葉ちゃんの手紙で、「誰よりも嵐のことを考えてくれてありがとう」という言葉を聞いた途端に、ボロっと涙が落ちてきましたが、
コンサートでも、バラエティでも、嵐の他メンを生かすことをいつも考えているように思うんです。

中居くんも、SMAPのことを誰よりも考えているイメージがあるのですが、
もしかして、彼も歌がイマイチなことと無関係ではないのかもしれない・・・なんて思うんですよ。(あこさん、最初の話がこんな私の憶測でごめんなさい)

自分に欠けているものがあるから、一人一人の個性を生かそうと考えて、
結果的に、G全体として強固なものになっていく・・・。

うたわらに関しても、画面に表れる彼は、ファンには不憫ではがゆいですが、
嵐の中で、陰のリーダーと言われているように、
花男でリーダー的存在だったように、
TVに映らないところで、大勢の出演者やスタッフの中で、大きな役割を果たしているだろうと、私は確信しています。

<星フリメインBBS>・・・左上のリンクからどうぞ。

|

« 道明寺をあごで使う女=西川女医 | Main | 悪役・潤&きみぺダンス »