« 好きなものでしか成長しない。 | Main | 「日出処の天子」の厩戸王子(聖徳太子)は松潤のための役! »

January 25, 2006

助演男優賞&亀梨くんとのバッテリー

テレビジョンの助演男優賞、おめでとう!
スタッフと一緒にとった賞のような話をしているのを読んで、ふと、「芸能界の仕事は親の死に目にもあえないほど厳しいものだから、仕事中は彼女のことは考えない」という彼の発言を思い出しました。
私、TOJのエキストラに参加して、会場の後ろのドアにもたれかかって、長時間ひたすら待っているだけの潤くんを見ていたので、あんなにひとりで暇にしていたら、彼女のことだって考えるんじゃないの?と思ったんですよ。
でも、この助演男優賞受賞の喜びの言葉がスタッフへの感謝であったのを読んで、
本当はどうであれ、「仕事中は彼女のことは考えない」と断言するのがスタッフに対する心遣いであり、プロフェッショナルとして当然だと思いました。

ところで、主演男優賞は亀梨くんでしたね。
亀梨くんと言えば、潤くんとバッテリーを組んだピッチャーというのが私にとっては大きいんですよ。
モモが終わった年の秋に、ジャニーズ運動会に運良く参加することができて、全然期待せずに行ったんですよ。それ以前の運動会では、ヘタレなアイドル・・・てな感じで参加していましたから。

リレーでもまあまあ、サッカーも意外なほど活躍していました。
そして野球の開始前に、ブルペンで亀梨くんとキャッチボールをしていたんですよ。
亀梨くんは、軟式少年野球の世界大会に出たピッチャーですから、その練習相手をしているだけと思ってのんびり見てたら(ボールをボロボロこぼすしね)、
試合が始まるとなったら、なんとプロテクターを着け始めているではないですか?!
えっ、まさか、キャッチャーやるの?!
小学校時代にキャッチャーをやっていたというのは聞いたことがありましたが、ジャニーズに入ってから公にキャッチャーやったことがなかったようですし、
ええ~!!!と、ハラハラドキドキもんですよ。
ところが、かっこよかったですね~。(目がハート)
キャッチャーミットを前に突き出して構えて座っている姿・・・
ランナーがいるときは、一球捕球するごとに立ち上がって投げる格好をする・・・
身体を張ってボールを止める・・・(なんと、1度もボールを後ろにそらさなかったんですよ)
1塁近くまで行ってファールボールを捕る・・・
3塁までライナーのような真っ直ぐ速いボールを投げてランナーを刺す・・・
ああ・・・まさに夢のような光景でした。

潤くんも最初は不安だったのかもしれないけれど、あまりにキャッチャーとして素晴らしかったので、自信を持ったのか、立ち上がって、先輩が多いチーム全体に、大きなジェスチャーで指示を出すようになっていったんです。
もうもう、惚れ惚れするキャッチャーぶりでした。

でもね、やっぱりこれは、ピッチャーである亀梨くんが落ち着いてビシバシいい投球をするから、潤くんもいいキャッチャーをやれたんだと思うんですよ。
ですから、亀梨くんには本当に感謝しているんですよ。
試合も接戦になり、あんなに野球を楽しく見たことはありませんでした。
一生忘れられない夢のような夜でした。

小学校1年から6年までやっていた野球、先生から逃げない性格を買われてキャッチャーを任され、キャプテンだったそうです。

ジャニーズの潤くんとキャッチャーってあまりイメージが合いませんでしたが、
あの細身にプロテクターをつけて、バネのようにたくましく、キチンキチンと一動作一動作する彼は、本当に美しかったです。
野球大会でどんなにキャッチャーをやりたいと思っていても、やはりそこは芸能界であり、年功序列のジャニーズ。
世界大会出場の実績のある亀梨くんはともかくとして、
潤くんの場合は、慎やモモの実績があってはじめて、やらせてもらえたのでは・・・なんて思っています。

あの夢のバッテリーが2年半後、こうして主演・助演男優賞をとって、感慨深いものがあります。

<星フリメインBBS>・・・左上のリンクからどうぞ。

|

« 好きなものでしか成長しない。 | Main | 「日出処の天子」の厩戸王子(聖徳太子)は松潤のための役! »