« 夏コンDVD要望&花より男子アンケート | Main | マッチと潤クン »

January 01, 2006

紅白とカウコン。

今年の紅白は、嵐は出ていませんが、潤クンファンにとっては縁ある人や歌がたくさんでしたね。
大塚愛ちゃんの『プラネタリウム』、山崎まさよしさんの『One more time, one more chance』(All or nothingというビデオで、潤クンがコンサートで歌っていました)、SMAPは道明寺in動物園の衣裳、歌笑でおなじみの人たち・・・etc
ビックリしたのは、仲間さんの司会っぷり。堂々として肝っ玉がすわっていましたね。

カウコンは、ジャニーズ全体における嵐の位置付けがわかる気がしました。
地味、小さい、可愛い。
でもあの大人数の中で、日曜ゴールデンタイムのバラエティの司会や、映画の主演をさせてもらえるのは、スゴイことなんだと改めて思いました。
そして、突出した個性って大事なんだなと思いました。
タッキーが時代劇の主役、国分クンが司会・・・とか、他事務所のタレントさんに比べてこれは負けない才能という観点で言えば、
潤クンのエロさ、狂気などをフィーチャーした役が振り当てられるというのは仕方ないことだと思いました。
僕妹の頼役など、年齢・見た目でいえば、ジャニーズ事務所には潤クンよりふさわしい人はたくさんいるでしょうが、
そういう人を配役しても、他事務所の俳優より印象的にはならないでしょうからね。

カウコンを見るのは、今年で3回目ですが、東山クンを中心としたアンダルシアをなぜ毎年やらなければいけないのでしょう。
ジャニーズのコンサートは工夫とエンタティメントに富んだ素晴らしいものだから、これほどまでに成功しているわけで、
そのジャニーズのタレントが勢ぞろいした年1回のお祭りでしかも年末年始にTV中継されるものが、
毎年同じようなことを繰り返すというのは、もったいなさすぎます。
先日のFNSは、4時間もジャニーズショーのようなものだったのに、平均20%を超えたのですから、
もっとやり方があったのではと思います。

潤クンが考案して、今年の嵐の夏コンで初登場したJMSですが、
松潤の発案だということが全く触れられませんでしたね。
自分の手柄を主張しないところが潤クンの素敵なところですが、
例えばSMAPだったら、ネタにしてアピールすると思うんですよ。
奥ゆかしさなんていうものは、日本のTVでは何の意味もなくて、”知られなくていない=人気がない”の図式なんだよね。
私が好きな松本潤であることと、大人気になることは、両立が難しいのでしょうか?

森光子さんの登場は、事務所の番組の私物化のような気がしたのは私だけかな?
個人的に親しいことは結構なことですが、あんな風に大々的に密接度をアピールすることは、
ジャニーズとしてプラスなのでしょうか?(お年寄りであることが免罪符?)

fufuさんの大きな目の絵、楽しいです。あんな風に見えるくらい近くで見られたのかな?
潤クンって、実物とTVと顔の印象がすごく違いますよね。
それは、近くで見ると目が異常に印象的だからかしら?

<星フリメインBBS>・・・左上リンクからどうぞ。


|

« 夏コンDVD要望&花より男子アンケート | Main | マッチと潤クン »