« 一般人への署名活動は、嵐のイメージアップ作戦! | Main | AJSでONEコンDVDの話はありませんでした。 »

January 15, 2006

署名に関する私の基本的な考え。

みわのさん、シマザキさん、はじめまして。ご意見ありがとうございました。

文章というのは、読み手の感性によって、いかようにもとられますので、
きつい言葉になりますが、もう一度、私の考えを確認のためにハッキリ書かせていただきます。

①ハガキでも署名でも、ONEコンDVD要望は100%、見ることができなかった人・見たい人のためであって、私が見たいためではありません。買ってもほとんど見ないかもしれません。
 私の場合、燦然と輝くライブの実体験の記憶が、小さなDVDの映像に変わってがっかりしてしまうからです。

②星ふりは、松本潤ファンが安心して意見や情報を交換できるようにと作ったサイトです。
  ですから賛否両論歓迎であり、今回のように管理人二人の意見が違うのは、たいへんよいことだと思っていますし、
  意見が違うことと信頼関係は両立すると思っています。

③どんなに親しい人にでも、署名を強制しませんし、そのような権利はありません。
 同様に、誰も署名活動をやめさせる権利もありません。

④物事を変えたり動かしたりできるのは、賛否両論、いや反対意見が多いことだと私の人生経験で学びました。
  ハガキという事務所もファンも全員賛成の方法だけでは弱いと思って、署名活動を提案しました。

⑤星ふりは情報提供、意見交換、提案する場なだけであって、署名活動は個人の自己責任でお願いいたします。
  ですから、誰かがまとめてではなく、個人が直接ファミリークラブに送る方がいいと私は思います。
  ハガキを送るのと同じような感覚で、署名用紙を送るということですね。
 
⑥署名フォーマットは、まりさんが作ってくださったものでOKと私は思いますが、
  ちーぼさんご提案の、『平成18年1月7日』は入れた方がいいと思います。
  今後、発表内容が変わる可能性がありますから。

   
*私個人も、もし明日のAJSで何か発言があれば、それも参考にして、これからの自分の活動を考えようと思います。

<星フリメインBBS>・・・左上リンクからどうぞ。

|

« 一般人への署名活動は、嵐のイメージアップ作戦! | Main | AJSでONEコンDVDの話はありませんでした。 »