« TOJエキストラレポ | Main | 松本潤は愛の人。 »

December 11, 2005

潤クンはスーパーマン?

あんちぽっぷさん、はじめまして。
花より男子エキストラレポありがとうございます。
最高の席もですが、DVD特典のインタビューをされたというのは、
可愛らしいとか感じいいとか、スタッフに好印象だったんでしょうね。
潤クン達の素の雑談を聞けるというのは、ものすごいチャンスですよね。
それにしても、あんなに緊張する撮影場所で疲れているだろうに、いろんな人と実に楽しそうに雑談する彼って、スーパーマンじゃないかと思いましたよ。

まりさん、とっても丁寧でわかりやすいレポありがとうございました。
潤クンと正面衝突しそうになったのは、トイレでではなく、私がトイレから戻って、1階の会場の後ろ左端の扉から入って、座席の後ろの狭い通路を歩いていった時でした。
薄暗かったせいもあるかもしれませんが、私が知る限り一番美しく輝いていた潤クンでした。

JINJINさん、
本当に撮影に時間がかかりますよね。あんなに何度も繰り返さなくても、もっと効率のよい撮り方をして、俳優さんやスタッフの負担を減らす方策はないものかしらと思いましたよ。
具体的に撮影の仕方を書いてくださってありがとうございます。

私も含めて4人4様の視点と感じ方で面白いですね。
4人合わせて全体像がわかるって感じで、これが掲示板の面白さだなあなんて思っています。

ところで、客席をバックに出演者全員がそろって、つくしとF4で告知を撮影をした時、
旬くん1回、翔太クン3回、セリフを噛んじゃって、撮り直しになって皆に突っ込まれていたんですが(とっても楽しい雰囲気)、
結局、それまで完璧だった潤クンのセリフが、声が上ずってイマイチって時のが、
一応全員間違いなく言えたということでOKになったんです。
ああ・・・ドラマの撮影って、自分にとってベストな映像ではなく、共演者次第で、あまりよくない映像が使われたりするんだなあと実感した瞬間でした。
ホント、キャスト・スタッフの一丸となった現場の雰囲気作りって、ドラマそのものをよくする上で、ものすごく重要な要素なんだと改めて痛感しました。
そういう点で、潤クンは素晴らしいの一言でした。
主役は真央ちゃんかもしれないけれど、いわゆる座長と言うのが潤クンなんだなと思いました。

あっ、そうだ。
伊藤かずえさんが審査委員長で出演だったのですが、潤クンが会場からいなくなってしまってからまもなくアクビしていましたね。
そりゃ、疲れるよ~とか思ったのですが、その時思い出しました。
潤クンがJrの時、『カサブランカ』のハンフリーボガードの役をやったのですが、それを見た伊藤かずえさんがすごく誉めていて、「10年後にどんな素晴らしい俳優になっているか見てみたい」というようなことを言っていたんですよ。
あれから8年くらいかな?
再会して共演して、伊藤さんどう思われたでしょうね。

<嵐・コンサート・舞台・イベント・ネタばれ・感想BBS>・・・左上のリンクからどうぞ。

|

« TOJエキストラレポ | Main | 松本潤は愛の人。 »