« 毅然とした司会者になって欲しい(歌笑) | Main | 潤クンの勘を信じて待つしかない。 »

December 07, 2005

桜子と司

花より男子7話で好きなのは、桜子と司の会話。
「屈折してるな。俺を見ているようで薄気味悪いぜ。」って言葉、どんなにうれしかったでしょうね。
これは、すごい愛の言葉だと思う。
屈折してしまった心でしか生きられないもの同士、お前の痛みもわかるぜ・・・ってことだもんね。
つくし・道明寺カップルは明るく可愛らしくて好きだけど、
桜子・道明寺カップルは、闇の世界を共有している満身創痍の者同士で、他人にはわからない愛憎がありそうで、ものすごく惹き込まれます。

親の愛情がたっぷりで真っ直ぐなつくしが、類と司の間でフラフラするのに対して、
親の愛に飢えて屈折している桜子と司が、好きな人に対して一途であることが、面白い対比になっていますね。
愛に飢えているからこそ、自分に欠けているものに対する渇望が異常に強く、いかなる困難にもめげずに突き進んでいけるのでしょうか?

それにしても桜子を演じる佐藤めぐみさん素晴らしいですね。
悪役が魅力的な作品は面白いものになりますが、
佐藤めぐみさんの場合、いかにも悪役が似合う顔というわけではなく、可愛らしいお嬢さんが、突然しかも様々に変貌するのが本当に素晴らしいです。

<花より男子BBS>・・・左上リンクからどうぞ。

|

« 毅然とした司会者になって欲しい(歌笑) | Main | 潤クンの勘を信じて待つしかない。 »