« 別シナリオ(空港シーン) | Main | 泣きたくなるくらい胸キュン。 »

November 11, 2005

松潤の演技は、ひとつのエンターティメント。

JINJINさん、ゆんさん、ありがとうございます。
私はまっさらな状態で、感じたことをそのまま書いていこうと思ったので、原作読まないって決めたんです。
ですから、原作を知っている人にとっては、トンチンカンなことを書くでしょうが、そういう人間も必要だと思って、好き勝手書かせてもらっています。

F4がどんなに特殊で、だからこその絆という部分が、ドラマの花より男子では描かれていませんものね。
ですから鬼畜が、突然友達思いのいいやつになるのは、心情的についていけませんでした。

3話を見た後、1.2話を見ると、道明寺のキレっぷりに、西門、美作が、あ~あ、しょうがねえなあ・・・と見ているのと同じように私も、
怖い道明寺ではなく、オバカで子供な司が、またやっちゃってるよ・・・って、見えました。
つまり、前提条件が違うと、同じ演技・同じ演出でも、違った受け取り方をされてしまうということですね。

ところで、潤クンの道明寺は素晴らしいです!
このドラマが素晴らしいエンターティメントになっているのと同時に、
松本潤という俳優の演技そのものが、ひとつのエンターティメント作品になっていると思うのです。
彼の演技は、ナチュラルとはいいがたいのですが、
こういう意図で、こういう表現をしたくて、こういうことを感じてもらいたくて、こういうことを楽しんでいるんだということが伝わってきて、とにかく面白いのです。
そして、その表現のひとつひとつが、どれひとつとっても、以前に見たことがないものばかり。

俳優が魅力的だと思うのは、気持ちが圧倒的に伝わってくるときだと思うのです。
スターウォーズのアナキンがダークサイドに落ちていく哀しみがウウ~と伝わってきたし、
つくしが、司に車に乗れよと誘われた時、本当にメッチャ嫌な顔していましたが、ほんと可愛らしかったですよね。
司が、「おととい?」と言ったあの表情は、力強い発声と、ピチっとした衣装と身のこなしのかっこよさを裏切るオトボケ顔で、めっちゃキュート。
「ハミングイェ~イ~本を読め本を!」の、白目をむいたような歪んだ表情は、人間とは思えぬキモさ。(あんな顔する人、見たことあります?)
でもあそこまでいっちゃうと、もはや芸術品ですね。

二枚目俳優がコメディやると、かっこいい自分を捨てられなくて、イマイチ中途半端になりがちですが、
潤クンはあの個性的な顔の作りと、突き抜けた度胸の良さが、前代未聞な笑いを生み出すことを可能にしているのかも。

<花より男子BBS>・・・左上のリンクからどうぞ。

|

« 別シナリオ(空港シーン) | Main | 泣きたくなるくらい胸キュン。 »