« 数字よりも大切なもの。 | Main | 5話の司は、1話より怖い。 »

November 24, 2005

陰と陽(婦人公論)

婦人公論、小栗クンと潤クンのインタビューを続けて読んだら、陰と陽だなあと思いました。
イジメ、不登校、中退、父親との関係、仕事に支障をきたすなら恋人はいらない、時折すべてから逃げ出したくなることがあって、生きることが難しい・・・と言う小栗旬クン。
それに対して潤クンは、もしかしたら小栗クンと似たような辛い現実があったのかもしれないけれど、
そういうことは語らず、受ける印象は明るい。
未来に向けて余裕が感じられ、自分の運の良さを信じているからでしょうね。

僕と付き合う女性はたいへんだろうな・・・と言う小栗クンに対して、潤クンの結婚観はほのぼのしていて、潤クンに愛される人は幸せになるだろうなあと信じられる。
そして、生真面目な潤クンのインタビューを読んで、私は大きな幸せに身を包まれる。

潤クンが今一番欲しいものは、「実力」だそうで、いろんな分野の実力を指しているのかもしれないけれど、
少なくても、俳優としての実力は、花より男子で着実についてきているのがわかります。
慎・モモと、役の繊細な雰囲気作りが素晴らしく上手だったけど、
司は、観る者を納得させる力強い演技を積み重ねている。
荒削りなだけに、もっともっと成長するであろうと予感させてくれるところが、俳優・松本潤の魅力でもある。

穏やかな笑顔と少年のように可愛らしい様々な表情の写真も含めて、
この人のファンでいて本当によかった~と・・・と思わせてくれた、婦人公論でした。

fufuさんの最新作、またしてもベスト1更新です。<fufu's Land>・・・左上のリンクからどうぞ。
世の中に似顔絵というものは、星の数ほどあるでしょうが、fufuさんの潤絵のように、まず目で落す似顔絵ってあるのでしょうか?

<星フリメインBBS>・・・左上のリンクからどうぞ。


|

« 数字よりも大切なもの。 | Main | 5話の司は、1話より怖い。 »