« 読めた! | Main | 一番違和感があったのが・・・ »

November 06, 2005

なぜ松潤は、漫画のキャラにハマルのか?

WAKOさんがおっしゃる人ではない方の人が、ミンテレでカメラを意識していない時や、オーディションのコントのスター役などから、アホキャラがお似合いだと思っただけで、深い意味はないですよ。

やっと二度目を見ました。いやあ、道明寺・松潤面白い。
ツボだったのは、「あの貧乏女」とか「うっせー、ブス!」とかを、1mmの躊躇もなく力強く言い放ったとこですね。
これが司の日常だから、雷が落雷したときのボ~とした表情とか、雨の中で濡れて3時間以上待っているとこが生きてきたんですね。
皆さんと同じく、ハミング・イェ~!本を読め本を!で爆笑。あの表情は絶品ですね。

それにしても、ネットを巡ると原作ファンから、道明寺が嵌まり役だと大絶賛ですね。
ごくせんの沢田慎、きみはペットのモモ、花より男子の道明寺司・・・
人気漫画の原作に思い入れたっぷりの人たちから絶賛されてきた潤クンは、本当にスゴイ!

もちろん、彼がビジュアル・雰囲気を絵に近づける努力をしたこともあるでしょうが、
潤クンは漫画原作のものの方がやりやすいのではないかと思うんですよ。
ドラマや映画って、監督や演出家のイメージを俳優が体現するという側面があると思うのですが、
潤クンのような我の強い人は、監督という他人がイメージしたものを体現させられるよりも、
漫画の絵という共通認識のあるものから、自分独自の方法論でキャラクターを創造することの方が性に合っているのかも。
まあ、潤クンには、漫画という二次元に命を吹き込むだけの人間的多面性・柔軟性・奥行き・知性を持っているということだけどね。

<花より男子BBS>・・・左上のリンクからどうぞ。

|

« 読めた! | Main | 一番違和感があったのが・・・ »