« 知り合いの大学生の感想 | Main | 松潤の演技は、ひとつのエンターティメント。 »

November 09, 2005

別シナリオ(空港シーン)

空港のシーン、摩耶さんとねねさんの書き込み読んで、いろいろ考えてしまいました。
そして、私の納得いく別シナリオを考えてみました。

類も静と一緒にフランスに旅立つのは、青天の霹靂だったわけですから、
司は怒り狂って類をぶっ飛ばし、その辺のスーツケースとか、ベンチとか蹴り飛ばして暴れる。
周りからとりおさえられながら、悪態をつく。
「ぶっ殺す!おまえ一人じゃ何にもできねえじゃねえか。パリで犬の糞にまみれて野垂れ死にしやがれ!」などと、手がつけられない暴れ振り。
でもその目には涙が溢れていて、寂しさがいっぱい。
そんな中、類はフッとニヒルに笑って搭乗口を入っていく。

空港のベンチに司が一人ポツンとうつむいて座っている。
周りに誰もいないことに気がついて、焦って空港の人込みを掻き分けて、金網のところまで走って行って、ドラマにあったように、「類~!頑張れよ~、気をつけてなあ~」と力いっぱい手を振る。

その様子を見て、つくしは結構いい人かも・・・と思い始める。

司は、空港で別れるとき類を殴り悪態をついたことを後悔して手紙を書く。(もちろん、つくしのことが好きなのか?とかも聞く)
リンゴ一個もテーブルの上にあって、椿に、「何なのそのリンゴ?」と聞かれ、
「一緒に送るんだよ」と答えて、意味ありげに笑う。
数・・・以降はドラマのままです。

いかがでしょう?

ここで司が暴れることによって、
司の暴力やイジメは、自分の不安や甘えを隠すための虚勢に過ぎないとわかり、野獣プリンスの謎解きにもなり、
突然のキャラ変えではなく、自然な流れに感じられると思うんですがねえ。。。


<花より男子BBS>・・・左上リンクからどうぞ。

|

« 知り合いの大学生の感想 | Main | 松潤の演技は、ひとつのエンターティメント。 »