« スケステ | Main | 本当の優しさとは。。。 »

October 14, 2005

Mステ(LaiLaiLai)

8月5日(金) 23時2分
たった今、Mステの録画を見ました。
話はほとんどさせてもらえませんでしたが、
LaiLaiLai、素敵だった~。
もはや可愛い若々しい嵐ではなく、
大人の渋さとキレのいいダンスが魅力的なコラボになっていた。
嵐も新しい段階にステップアップしたんだなあと思った。
潤クン、歌詞をチラッと間違えたようだけど、生歌としてはまあ良かったわ~。

その後、先輩Gの歌と踊りを見た。
そして、もう一度、嵐を見たら、本当に泣けてきた。
身体のバネが全然違うし、今この一瞬に賭けて歌って踊っている・・・という、真剣・真摯なオーラが胸に迫ってくる。
どうして、こんな素晴らしい子達より、あのGの方が、日本人は圧倒的に好きなの?
この子達の魅力を、みんな、もっとわかってあげてよ~!
人の邪魔なんか決してしないで、
自分たちの努力だけで、ひたすら頑張っているだけなのよ。
みんなわかってあげてよ~~~!!!!!
今はもう、涙涙・・・で、顔がボロボロです。。。


MステのS〇〇Pについて。

名前:ミツコ 日付:8月9日(火) 0時47分
S〇〇Pファンの方がたくさんいらっしゃるようですが、敢えて言わせていただきます。
先日のMステのS〇〇Pはいただけませんでした。
皆様がおっしゃるように、S〇〇Pがここまでになるにはたいへんや苦難の道のりがあったのでしょうし、
嵐も学ぶべき点がたくさんあると思います。
でも、多くのミュージシャンやファンが出演することを切に願っている番組で、
テレビをなめているとしか思えませんでした。
嵐がどんなに人気者になっても、あんな風には絶対なってほしくないと思いました。

何故こんなことをここで言うかといいますと、
『なまあらし』の榊原郁恵さんがゲストの回で、潤クンが、Mステでタモリさんの後ろにビタッとくっついて困らせているように見えた木村クンと
同じようなことをしていたからです。
大ちゃんに絡んで、大ちゃんが困って逃げようとしているのにやめず、ニノもやめさせようとして、榊原さんは、「いいの、遊んでいて?」と生番
組で言っていました。
つまり、潤クンもリラックスしたら、生番組でそういうことをする可能性があると思うのです。

私は人気がイマイチでも、潤クンファンであること、嵐ファンであることに誇りを持っていますから、
何を言われても、どう思われても平気です。
でもどんなに大人気になっても、誇りを持てない人のファンでい続けることはできないでしょうね。

きよみさん
トロッコから落ちたところは私は見ていませんが、
更紗さんのレポやネットでいろいろ読む限り、
トロッコがうまく作動せずに落とされたようですね。
なのに、2部で同じことを挑戦して成功させる潤クンは、エライのかアホなのか。。。
そのチャレンジ精神が、スケステを実現させたわけだけど、
スピードに挑戦するというのは、今までにない試みなわけで、
本当にハラハラさせられます。
ケガをしたかどうかは、ファンはずっと知らされることはないでしょうね。。。

|

« スケステ | Main | 本当の優しさとは。。。 »