« 星フリのアンケートの意義 | Main | 所詮ジャニーズ »

October 16, 2005

『H』の発言(稼ぎ時)



名前:ミツコ 日付:9月1日(木) 22時11分
こっこさんの投げかけを読んで、
「あたりさわりのある男になりたい」と言っていた潤クンが、また何か物議をかもすことを言ったか・・・
と、ワクワクしながら、今日仕事帰りHを立ち読みしてきたけど、
当然のことばかりのコメント。(ちなみに私もあたりさわりのある管理人を目指しています)

あのね、ファンと相思相愛と思っているのも本音なら、稼ぎ時と思っているのも本音なんだと思う。
彼の中には人一倍多くの人格や視点や感性があるから、汲めど尽きぬ魅力が溢れているわけだし、
お金に象徴されるような、超現実的な面を持っているから、多くのスタッフを動かし、あれだけ素晴らしいコンサートを作り上げることができるんだと思う。
プロデューサー的資質とも言えるけど。

それに、そういう彼だから、ジャニーズの夢の王子様に留まらずに、俳優として、例えばビジネス界の裏で暗躍する底知れぬ男・・・みたいな現実的な役も違和感なくできるだろうと想像できる。
私は、ファンに冷や水を浴びせるような彼の言葉に、彼の無限の可能性を感じるのね。
狭い世界・価値観の中で生きてはいない証拠だと思うから。

こんなことを書いたら、せっかく問題提起してくださったこっこさんを傷つけてしまうかも・・・と思うけど、
「人一人傷つける勇気がなければ、何百何千人を救うことができない」という言葉を、今思い出しました。
あたりさわりのある人間というのは、その言動で誰かを傷つけてしまう可能性が高いってことなんだよね。

でも、あたりさわりないことだけを言っていたら、同じところをグルグル廻っているだけで、何の進歩も深まりも生まれないと思う。
仲間じゃない発言も、甘えの負のスパイラルに陥りたくないという気持ちからだと思うのね。

ということで、潤クンには、これからもドシドシ本音発言して欲しいなあと思います。
彼が年上にモテル理由は、ツッコミどころ満載だからなわけで、
聖人君子のような男には、力強さもセクシーさも感じないもの。


義父のこと。。。

名前:ミツコ 日付:9月2日(金) 17時19分
まさみさん、はじめまして。
私が前々から、星フリを仲間内のサイトにしたくないと言っているのは、
まさみさんのような方が、気楽にご意見・感想を書きこみできる雰囲気にしたいと思ってのことでしたので、真摯にお考えを書いてくださって、とってもうれしいです。
おっしゃること、いちいちうなづいてしまいます。

私は潤クンがアイドルなのに、お金の話をするのが新鮮な驚きでした。
それも芸能界でよくあるハングリーとか成り上がり・・・とかいうコンプレックスの裏返しみたいな感じではなく、
ごく当たり前の欲求として、お金が欲しい、家が欲しいとストレートに言うのは、すがすがしく好ましいものでした。
稼ぎ時というのも、日常会話での普通の言葉だと思っています。

でも、こっこさんのようにショックを受けられる人もいらっしゃる。
まさみさんがおっしゃるように、それぞれの受け取り方の違いなので仕方ないのですが、
この感性の違いはどこから来るんだろう???と考えてしまいました。

それで思い当たったのが、義父のことです。
あたりさわりのないいい人で、私は嫌な思いなど全然したことがないんです。
でも、ダンナの祖父が一代で築いた会社を引き継いだ途端、あっという間に会社は傾き、そして倒産。
ですから私には、いい人やっていたって、200人以上の従業員とその家族を路頭に迷わすことになったらしょうがないだろう・・・という思いが骨身に染みてあるんです。

私の感じ方・考え方が一般的だとか正しいとか思っているわけではなく、
そういう体験を経てきているから、仕方ないんです。

ファンはこれまでの経験で培ってきたそれぞれのフィルターを通して、潤クンの言葉を好き勝手に解釈するしかないんですよね。
そして彼の言動に翻弄され、自分の中で折り合いをつけながらファンをやっていく。
折り合いがつかなくなったら、遠のいていく。。。
でも何かの折に、自分の中に潜んでいた秘密の部分に火がつけられて、また燃え盛っていくこともある。

潤クンの感性も、ファン一人一人の感性も、それぞれの歴史を背負っているわけだから、
それが合えば幸福な出会いだし、
合わなくても、だからこそ興味を引かれる場合もあるし、
どうしても受け入れられない場合もある。
どうしようもないことなのでしょうねえ。。。


「どうして松潤だけが歌わないの?」

名前:ミツコ 日付:9月3日(土) 12時13分
いちごさん、はじめまして。
初登場、とってもうれしいです。
いちごさんの書き込みを読んで、潤クンは、ごく平凡な家庭で、幸せに育った健全な男の子だったんだなあ・・・ということを思い出させてもらって、すごくさわやかな気持ちになりました。
私達は、潤クンの華やかな外見や、色っぽいダンス・演技などに魅了されて、過度な期待をしてしまうんですが、その中身は、働いて、稼いで、家庭を持って・・・という普通の幸せを求める22歳の男なんですものね。
とっても肝心で大事なことを、いちごさんに気づかせていただきました。ありがとうございます。
これを機会に、どんどん星フリに登場してくださいませね。

ところで、友達にメールで、「バラエティ番組で、どうして松潤だけが歌わないの?」
と、真剣に聞かれてしまいました。
何と答えればいいのでしょう???


こっこさんと潤クンの同じ魅力。

名前:ミツコ 日付:9月4日(日) 14時54分
今、今朝のこっこさんのブログを読んで、なんて魅力的な人だろう・・・と思ってしまいました。
そして、私が潤クンに惹かれる理由もやっとわかったような気がしました。
二人とも、独自の感受性を持っていて、その時々に感じた気持ちを正直に吐露される。
人からどう思われようと、
こっこさんのブログにあった「それが私だから」と、気持ちの揺れや、ショックを飾らずに発信する。
誰が見ているかわからないから・・・と、自分を防御することをしない。
そういうこっこさんや潤クンのピュアな心に触れて、
読む方も、自分が忘れかけてしまっている本当の自分・ピュアな自分が触発されて、
新たな自分探しの旅に出ることができる。

だから、潤クンファンをやめられないし、
こっこさんが潤クンから離れて欲しくなくて、
必死で考えて、書き込みをして。。。

|

« 星フリのアンケートの意義 | Main | 所詮ジャニーズ »