« JJのインタビュー | Main | 潤クンの家族と品。 »

October 14, 2005

『東京タワー』DVD鑑賞

7月27日(水) 21時17分
やっと、東京タワーDVD見ました。
本編の寺島・松潤ペアを中心に見て、メイキング、インタビューなどを見ていったら、
耕二に恋する喜美子ではなく、松潤に恋する寺島しのぶ・・・としか見えなくなりました。
寺島さん、正直な人とは思っていましたが、
あそこまで、恋するオーラ出しまくりだと、潤クンもちょっとヤバイかも・・・とか思わなかったかな。
だって、メイキングの寺島さんは、潤クンと仕事するのが、うれしくてうれしくて・・・という感じで、
潤クンの方は、久々に映像の仕事をするのが楽しくて・・・という感じがしました。

未公開映像のバスケットシーン、私はなくて正解だったような気がします。
耕二も透も、高校生には無理ありすぎ。
吉田の母をものにしよう・・・というのは、セリフだけの方が、想像力が喚起されて良かったと思いますもの。

一時停止、巻き戻しを一番駆使したのは、
二人が重なり合っているシーン。
しっかり確認しなくてはね。。。

余さん、平山さん、ローザちゃんの朗読も良かったですね。。。
それぞれに、あれだけストーリーがあるなら、連続ドラマも作れそう。。。

余さんの朗読が朗読っぽくなくて、魅力いっぱいでサスガ~!と思って、
その後、潤クンの朗読を聞いたら、差が歴然としそうだなあ・・・と思って、恐る恐る改めて聞いたんですが、
若い力強さがあって、なかなか魅力的だったのが、ビックリでした。

久々に東京タワー本編を見て気がついたのですが、寺島さんなどに比べると、潤クン、声ができていない・・・というか、
うすっぺらいのね。
これについては、舞台を続けてやったせいか、
『プロポーズ』の方が、しっかり声が出ていたように思います。

|

« JJのインタビュー | Main | 潤クンの家族と品。 »