« 『花より男子』決定! | Main | 嵐6周年おめでとう♪ »

October 16, 2005

なぜミンテレに出演?

プロデューサーの役割。

名前:ミツコ 日付:9月9日(金) 18時15分
やっとミンテレ見ました。
はあ~。何ですか、アレ?
潤クンが自分もコントとかやりたい・・・と言って、やっとやらせてもらえたのが、アレですか?
確かに素敵だったし、苦節5ケ月のファンにはヨダレもんなんだけど、
青木さんを引き立てるだけの、若いイケメンだったら誰でもいいような役回リじゃないですか!!
松本潤というタレントの可能性を探ろう・・・なんていう気持ちが全然ないんだなと思っちゃった。

あのね、さっき、『女王の教室』の番宣をやっていて、
内藤剛志さんが、「この番組の本当の女王様は誰ですか?」と聞かれて、
「これだけ社会的賛否が起こるようなドラマを作るプロデューサーが女王様です」と答えていて、なるほどなあと思ったの。
いろんな人の意見を聞いていたら、あんなドラマ作れないよね。
確固たる信念で、ブルドーザーのように自分の意志を貫くからできるんだと思った。

それで、ミンテレのプロデューサーって誰なんだろう?と思って、公式HP見たけど、名前も挨拶も影も形も見えない。
ミンテレには、作り手の意志とか、コンサプトとか、志とかが、まるで見えないんだよね。
ハッキリ言って、作り手の潤クンに対する愛が感じられない。
よい番組・よい作品というのは、スタッフからの出演者全員に対する愛が感じられるものだと思うんだよね。

その点、花男の番組HP(なんとすでにアクセスランキング3位)には、プロデューサーの挨拶やら、制作意図がハッキリ書かれていて、
原作で好きだったシーンの投稿を受け付けていて、よい作品を作ろうとしている意気込みが感じられる。
是非、突っ張って、芯の通ったドラマを作ってもらいたいものだと思いました。

アリーさん
>あとはもうちょいやせてくれれば…首周りがどうしても…(な、なんでもありませーん!!!)

な、なんでもありますよ~。
夏コンが終って、また太った?
身長はどうしようもありませんが、自己管理できることに関しては、プロの目も、ファンの目も厳しいと思いますよ。


名前:ミツコ 日付:9月10日(土) 17時4分
ミンテレ、潤クン・青木ミニドラマのところだけ見直しました。
潤クンにしか出せない艶っぽさが出ていていいじゃ~んと思っちゃった。(←心変わりが早~い。でもほとんどの人は1回しか見ないんだから1回目の印象が大事なんだけどね)
そして、亀梨クンは青木先生にいつも疎外されるまだおこちゃま。
仁クンは、実は変なスター。
潤クンは、カツンにはデカイ態度をとる青木先生が途端にメロメロになる憧れの君・・・ということで、
潤クンには一番年上らしい、いい男の役をやらせてくれているのかしら・・・なんていう甘々なファン解釈したりして。(実はカツンに対する私の対抗意識バレバレなんだけど)

青木さやかさん、物陰に隠れて、「なんだ、あの女~!」と鬼の形相になり、道にへたばって、「ジュンク~ン!」と叫ぶ様子がまるで我が身を見るようで。。。
振り払っても振り払っても、あの映像が私の脳内から離れず・・・(グスン)

ミンテレに今後も出演するのかしら?

名前:ミツコ 日付:9月12日(月) 21時55分
クロさん、大丈夫ですか? 壊れてますよ。(←人のことは言えない私)

ミンテレ、10月から時間移動のリニューアルで、出演者未定。
さて、潤クンは出演するのでしょうか???
もう結構です・・・と断わられるのも運命。
今後もどうぞよろしく・・・と言われたら、続けるのでしょうか?

もし今後も出演するとしたら、彼のことだから、現在の借りてきた猫状態から、嵐コン同様、よりよいものを作ろうと構成とかに次第に口を出すようになる気がするんですよ。
私は彼には俳優として楽しませてもらいたいと思っている人なので、
バラエティの司会で成功するということは、俳優として大きくなっていくためのイメージ戦略としては、うう・・・ん・・・なんです。

そこで、なぜ彼が司会に・・・という謎を解くために、中居クンとの共通点を考えてしまいました。
彼も誰よりもスマップのことを考え、コンサートの構成などを考え、スマップを率いてきたそうですね。
視聴者は司会者のトークにばかり目が行くけれど、その陰で、出演者・スタッフといった大勢の人を動かす力が重要な資質なんだと思います。
そういう意味で潤クンにも司会ができるのではないかと期待されたのかも・・・などと思ってしまいました。

現在のミンテレは、素晴らしい可能性がたくさんあるのに(ラグアフェアの歌、コントの面白さ、魅力も人気もある出演者などなど)、
それをコンセプトに従って整理することができないからメチャメチャなのであって、
やりかたによっては、面白い音楽と笑いのバラエティに変貌を遂げることも十分あり得ると思うんですよ。

それでも私は、バラエティの司会を潤クンが調子よくやるということに抵抗があるんです。
ハラハラも辛いけど、
逆に慣れると、彼はオレ様風味が出てくるでしょ。
俳優としてオレ様の役柄は大いに結構。
でもお茶の間ではねえ。。。。。

でも、私達がどう思おうと、彼は自分が面白いと思うことを追求していくでしょうね。。。
あら技で、銀座の父に「映画のプロデューサーなんかやると成功する」と言われて喜んでいて、
キタロウさんに、「出る方でなくていいのか?」と言われ、
「食べられたらいい」と、いともアッサリ答えていましたから、
何でも面白い刺激的なことをやって、多くの人を楽しませて、お金を稼げたら、彼は本望なのかしら・・・なんて思います。

ミンテレは荒療治の一つ?

名前:ミツコ 日付:9月13日(火) 21時35分
潤クンは、金田一少年、沢田慎、モモ、東京タワーの耕二、WSS、エデンの東、そして花男の道明寺・・・
同年代がたくさんいるジャニーズにあっては、どれもこれも、やりたい人が山といるであろう役を与えられてきた、いわばサラブレッドだと思うんですよ。
ミンテレだって、ゴールデンタイムのバラエティの司会という大抜擢だと思うの。
でも、それにしては番組が始まってからの事務所のフォローがなさすぎると思うんですよ。
同じ事務所のカツンはあれだけアピールする場を与えられているのに、
潤クンはまるで継子扱いのように、私には思えるわけですよ。
日テレだって、ジャニーズを怒らせるわけにいかないだろうに、なぜ?

事務所は、潤クンを千尋の谷に突き落として、何倍もたくましくなって這い上がってくるのを期待しているのでしょうか?
実際、青木さやかさんとか自分の力で現在のあの活躍を勝ち取ったのでしょうし、
ミンテレに出ているお笑いの人達は、まさに這い上がろうという人たちですよね。

俳優という面でも、お笑いの人がシリアスな役で随分活躍していますよね。(東京タワーの宮迫さんなんかも、いやらしさがにじみ出ていてよかったし、ビートたけしさんもお笑いの出身ですね。)

そんなこんな考えると、以前にも言ったように潤クンのナルシズムの殻を破るのが、ミンテレ出演の目的の一つだったりして。。。
あの混沌の中で自分の役割を自分の力でゲットしろ!ということでしょうか。。。
雑誌で潤クンが、「想像していた22歳はもっと売れていた・・・」というようなことを言っていましたが、
これだけいい役を与えられて、演技の面での結果も出しているのに、一般的人気ということではイマイチな彼への荒療治の一つ?

もし、10月からもミンテレ出演があるとすれば、
道明寺司という多面的キャラクターを創りあげるのと同時進行でやらなければならないという、物理的にも精神的にもものすごくキツイ状況になるわけですが、
もしかしたら、そういう状況だからこそ、カッコヨク見せたいとか、観る人を魅了しよう・・・とかいう欲を持つ余裕もなく、
創り過ぎず、いい具合な道明寺司ができる可能性もあるかしら・・・なんて思ったりします。
だって、俺カッコイイでしょ・・・って感じの男より、
なりふりかまわず夢中で何かに取り組んでいる男の方が、ずっとカッコヨク見えることってあると思いますもの。



ミンテレ潤に翻弄されている私。

名前:ミツコ 日付:9月14日(水) 23時33分
今日のミンテレ、やっとハラハラしなくてもすむようになったし、
さりげなくて、可愛くて、
目立たないけど、まあ、多くを望むまい。
大事なドラマも始まるし、こんなとこで仕方ないかな・・・と思ったら、
ちーぼさんの檄文が!
うう・・・む。

小窓に映るいろんな人の顔を見ていると、なかなか興味深いです。
亀梨クン、ドラマが続いて充実と自信を持ったのか、キリリといい顔していますね。
仁クンは相変わらず・・・(自粛)
田中聖クンの表情も、彼の中身が見える気がします。
潤クンは、さわやかニコニコで、彼なりにゴールデンのバラエティでのあるべき表情を演出している気がして、私はこれでいいのでは・・・と思うのですが。。。

例えば、リニューアル後も出演が続いて、道明寺に興味を持った人がミンテレを見た時、
野獣だったりアンポンタンだったりする道明寺とはまったく違う、ニュートラルな松潤に驚かせる・・・という演出もアリかな・・・なんて思ったりするんですが。。。

それにしても私、ミンテレ潤クンに翻弄されて、言うことがコロコロ変わっていますね。
適当にスルーしてやってくださいませ。

|

« 『花より男子』決定! | Main | 嵐6周年おめでとう♪ »