« September 2005 | Main | November 2005 »

October 30, 2005

潤さまにはひん曲がった心もあり?

友達が別の友達のメールを、許可をもらって転送してくれました。
「花より男子は、むかしアニメでしてたとき、小学生の娘と見てた。
なんかなつかしくて、つい見てるわ(;^_^A
「道ミョウジはぴったりやね~類は髪のイメージが違う…」とか娘といいながら。
私もかなりミーハー」

私も鏡に映った道明寺のひん曲がったニヤリ!に、壊れてしまいました。
あんな顔、他の俳優さんでも見たことあります?!皆様!
私達の松潤さまはスゴイ俳優ですよ。
ひん曲がった心も、彼の中にはあるんでしょうかねえ。。。
だって、演じるって、やっぱり自分の中にある引き出しから探し出す作業だと思いますもの。

パーティでのミリタリー調の衣裳には萌えまくりですよ。
今にも、上着を脱いで、ウィズミー~♪と、甲高い声で歌って踊り出しそうな気がしました。
松田クンと阿部クンが、もろ肌脱いだ道明寺にエロク絡んで~(妄想・・・・・・・)

あのトンデモ衣裳で堂々と登場した道明寺のおかげで、花より男子のドラマが、これは最高級な漫画の世界だよ~!とつきぬけた気がしました。
アイドル人生の集大成が、ドラマの世界に活かされた稀有な例だと思いましたよ。

珊瑚さんの、「道明寺の描き方1つでドラマ全体の質や奥行きが全然違う物になっちゃう。」というコメント、なるほど~です。
彼の表情や演技で、同じ漫画の世界でも、おこちゃまドラマではなく、上質な心理ドラマになりましたものね。

はじめましての皆様、このBBSに登場してくださって、とてもうれしいです。
おそらく潤クン本人も、ドラマのスタッフの何人かも、もしかしたら、原作者の神尾葉子さんも見ていてくれていると思います。
ですから、正直な感想を気軽に書いてくださったら、うれしいです。
そういう声を求めていると思いますから。

<花より男子BBS>・・・左上のリンクからどうぞ。

|

おじゃまんぼうーーメチャ可愛い!!!

おじゃまんぼうの潤クン、メチャ可愛かったですよ。
私の中では、可愛さという点では、潤暦NO。1かもしれません。
カツンに対して先輩カゼ吹かせているのに、なめられているんですよ。
それで、「踊るポンポコリン」を歌うハメになったのですが、
歌詞もあやしくて(実際間違っていて)、目をキョドギョドさせて左右に動かして、もうあんな顔見たことがありません。(アイツはいくつ知らない顔を持っているんだ!)
もう、本当に可愛らしいの。

小窓では麻木さんが、小さな声で「ガンバッテ」って言っているんですが、
潤クンが歌い出してキョドキョドした途端、ズッコケちゃって、麻木さんも面白かった。

今日は、歌笑ですね。忘れそうです。
ドラマが入ると雑誌・番宣と露出が多くてファンもたいへんですが、本人はどんなに忙しいんでしょうね。
タフな身体と精神がないとできませんね。

トコさん、
トコさんみたいに優しくて正直で思いやりがある素敵な女性をフル男がいるんですか?!
その男、もったいないことをしましたね。
パートナーが浮かれて幸せっていうのは、男冥利に尽きるのにね。
わかってないなあ~。

<星フリメインBBS>・・・左上のリンクからどうぞ。


|

October 29, 2005

いいーーーーー

うううさん、私にも言わせてください。
いいーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

もう、オバサンが少女の頃夢中で読んでいた、少女漫画の世界ですね。
貧乏でケナゲな女の子が、王子さまに見初められて。。。
でも、その王子さまが可哀想な人で、ひねくれていて。。。

でも、あのイジメ三人娘だけは、許せない!

せいら☆ さん、ホント、まぢおもしろぃ!!
まさか、日本のドラマでこんな漫画の世界そのものが見れるとは思いませんでした。

今回は心置きなくリピできます。
お肌がマシだったもの。

<花より男子BBS>
http://www3.ezbbs.net/06/jun_hanadan/



|

October 28, 2005

漫画の世界の再現なのよ~。

(公式BBSに載せたものです)
花より男子の原作者の神尾先生も松本潤・道明寺の瞳にやられたようで。。。(←わかる人にはわかるんですよ。彼の魅力は)

一番強烈だった瞳は、食卓での最後の横顔、
暗いバックで、目だけが上を向いてギラッと光りましたね。
映像と本人の意識とのコラボでしょうが、素晴らしい表現力です。(スタッフの皆様、スゴイです!)

昨日の朝日の夕刊で記者座談会で、あまりに漫画の世界で中年にはツライ・・・というようなコメントがありましたが、
漫画の世界を再現したと思わせるなんて、スゴクないですか?
最後、つくしを誘拐させて車の中から見ているなんて、漫画でなきゃアリエナ~イですよね。
でも、いかに本当っぽく見せるかじゃなくて、これは漫画の世界なんだ!と開きなおって、非現実のクオリティを高めようとしている姿勢がとっても気持ちいいです。

それにしても、車から誘拐の様子を見ている道明寺の顔が、
やけに幼くて、それでいて危なくてきれいで、ぞっとしましたね。

井上真央ちゃんのような、健全で元気印の女の子には、
潤クンのようなエロイ危険性がある男の子を組み合わせることで、
お互いの魅力が引き立ちますね。

<花より男子BBS>
http://www3.ezbbs.net/06/jun_hanadan/

|

October 27, 2005

道明寺の歩き方

花より男子の道明寺のセリフのない表情も好きだけど、歩き方が、まさにザ・松本潤!で、大大好きなの。横断歩道を渡るとき、クラブに類を探しに入って来た時etc、肩を左右にちょっと揺らすような感じで、メチャカッコイイ!
だけど、オバカな道明寺・・・とか読むと、あの歩き方は頭いい男の歩き方にしか私には見えないんですよ。
潤クン、歩き方すごく研究して役作りしているよね。
プロポーズの浩介は、ホケホケした歩き方でドジない新人消防士の雰囲気を出していたし、
モモは、ガニ股風味の歩き方で可愛らしさを出していたわ。
そしたら、オバカな道明寺やるときは、オバカらしい歩き方に変えるのかしらね?

ところで知り合いの高校生から、花より男子の初回の感想をバッチリ聞きました。
すごく面白くて、お姉ちゃんと二人で誰だよコイツ!とかいいながら、ギャンギャン言って見たそうで、
普段あまりドラマとか見ないけれど、これは絶対次も見るそうです。
松潤は、歌番組とかで、いつもニコニコしてたから優しいイメージを持っていたので、怖くてビックリ。
特に最初の頃の、突然殴るのが、ビビッテしまったそう。
演技は頑張っててうまかった。
でも、お母さんの方が、表情を変えない分もっと怖かった。
食事しているときの松潤がすごく孤独そうだった。
小栗旬クン(名前を知らなかったけど)は、電車男と同じイメージだった。
阿部クン(もちろん名前を知らなかった)がトロそうで見ていて面白かった。
つくしがものすごく演技が上手で、
感情がものすごく高ぶって真剣に見ていたから、最後殴ったときは、スッキリ・・・
だそうです。

それから学校では、ドラマの話をするような雰囲気が今までなかったのに、他の人たちが花より男子の話をしていてビックリしたそうです。

<花より男子BBS>
http://www3.ezbbs.net/06/jun_hanadan/

|

視聴率アップのためには。。。

関西の友達のお嬢さんの女子校の①クラスの話だと、
花より男子、残念ながら不評みたいで、原作はいじめはサラっと流してるのにテレビは強調しすぎで、気持ち悪いって。二回目以降の展開しだいやねって。野ブタもいじめだからねぇ・・・
だそうです。

ジェイさん、「驚異的な数字を取れるようになるためは性別や世代を超えて支持される”何か”」って、
私は、”わかりやすさ”ではないかと思うんですよ。
例えば、キミペは素晴らしいドラマだったけど、スミレちゃんの心情に共感するより、
渡る世間・・・の方に共感する人の方がずっと多いと思うんですよね。
キミペは高度なドラマだったから、今までにない新鮮な魅力でハマル人も多かったけど、理解できない人も多かったので、視聴率がイマイチだったのではないかと思うんですよ。

ところで、初登場のお若い方々が続々登場されて、すごくうれしいです。

ニックさんは、司落ちなんでしょうか?
そしたら、すごくうれしいです。
原作も台湾版もよくご存知の、しかも類ファンの方が、日本版ドラマでは潤クンに落ちるなんて、最高!ですね。

亜里沙さん、色々言われる掲示板で泣きそうになるくらい凹んだんですか?
私の友達なんか、↑に書いたように、かなりヒドイ不評をそのまま書いてきますよ。
私は、耳に痛いことも言ってくれるのが本当の友達だと思っているんです。
この掲示板もかなり凹むことを書いていると思うのですが、どうして亜里沙さんは書き込む気になられたのでしょうね?
一見キツイ言葉でも、底に流れる何かを感じてくださったのだったらうれしいです。

sakuraさん、ピアさん、こちらの掲示板でもよろしくお願いしますね。
感じたこと、思ったこと、そのまま書いてくださいませ。
賛否があるほど、盛り上がりますし。

<花より男子BBS>
http://www3.ezbbs.net/06/jun_hanadan/

|

「運と勘はいつまでも枯れないものだと思っている」

ロッテが優勝しましたね。
私にはどうしても、投げる哲学者と呼ばれた頭脳明晰な小宮山投手のことを思ってしまうのです。
彼はかつて、チームを愛するがゆえに無能な監督や球団を批判し、そのため嫌われ、突然クビになったのです。トレードに出せば1億2億になる働き盛りのエースが、ゼロ円で球団に捨てられたのです。
でもすぐに横浜に入り、大リーグのメッツ、そして、バレンタイン監督と共にロッテに戻ってきて、40歳にして、あれほど念願だったロッテの優勝の一角をになうことができました。
自分の信念を貫いた結果どうなるか・・・という生きた例を彼に見せてもらいました。

潤クンも強い自分がある人。
でも、Rayのインタビューにあるように、ジャニーズで選択肢を与えられているというのは、本当に恵まれていますね。
自分の選択が間違っていなかった・・・と思いたいために頑張りますものね。

「運と勘はいつまでも枯れないものだと思っている」という自信溢れる言葉。
自分を信じて選んだものの結果がいいから、自分の勘を信じられるようになる。
そうやって勘を養ってきたから、運がよくなる。
運がよくなれば、周りの事象に対して、さらに研ぎ澄まされた感性が働くようになって、
自信を持って次の選択ができるようになる。
そういう良い循環ができてきているんでしょうね。

ピアさん、はじめまして。
若い方がどんどん星フリに登場されるのは、私がとっても望んでいることなので、すごくうれしいです。
私も庶民ですが、潤クンに関しては、つくしの教育費のようにお金が飛んでいきます。
今日のように、何回でも気ままに登場してくださったらうれしいです。

<星フリメインBBS>
http://www1.ezbbs.net/07/junkun/

|

October 26, 2005

生きている目&歌笑

10月25日(火) 20時32分
fufuさんの黒タンクトップ潤、ページを開くたびに、
あの眼が訴えてくるものが違うの。
最初は、ただあのパワーに圧倒されたんだけど、
次は狂気の危ない目に見え、
その次は寂しい切ない目になり、
そして、コイツ何考えてんだ?という疑いの目になり、
しまいには、オドオド怯えている目にも見えてくるの。
不思議だねえ。
こういうのを目が生きているって言うんでしょうね。
唇をかんでいるような感じも面白い味わいをプラスしているわ。
とにかくfufuさん、スゴイ。

やっと歌笑見ました。
面白かったですね。視聴率がアップするのも当然だと思った。
ベスト10形式のみにすることによって、番組が安定して、それぞれの芸人さんたちの持ち味が存分に発揮されていいわ。
それにしても青木さやかさんとか友近さんとか、年齢がいってから人気になった女性タレントさんは肝がすわっていて気持ちがいい。
次回は、潤クンが友近艶子さんに説教されて欲しいな。
「松潤、あんたミンテレっていう、まさかの坂をよく踏ん張ったね~。その調子やで~。。。」とかってね。

<星フリメインBBS>
http://www1.ezbbs.net/07/junkun/

|

松潤・道明寺は強烈なインパクトあり。

10月25日(火) 20時45分
松潤・道明寺、なかなか評判が悪いようで、いいですねえ。。。
以前、あら技のゲストの真矢みきさんに潤クンが、
『踊る走査線』見て、「なんだ、コイツ~」(すごく嫌な感じで)言っていて、
真矢さんも、「あれからしばらくは外をまともに歩けなかった」というようなことを言っていましたね。
悪役は嫌われてナンボ。

それに、ジャニーズとか若手俳優とかをよく知らないオジサン・オバサン以上にもかなりのインパクトを与えて、顔を知ってもらえたかも。
だって私、ごくせんの再放送をとっても面白く見ていたけど、生徒達の顔の区別が全然ついていなくて、
そういえば、よく沢田とヤンクミが言っているなあ・・・と思っていたくらいなのです。
7話の取り調べ室に入って来た時の暗い眼にやられなければ、松本潤の存在を知らずに、ごくせん12話を見終っていたと思うんです。
ファンになってからごくせんを見なおすと、もうもう素晴らしい萌えポイントが数々ありますよね。
でも、興味のない人は素通りでしょうねえ。。。

ですから、今回の花より男子の道明寺、好きになる人がいるかどうかはわからないですが、
たくさんの人に、松本潤の存在を知らしめることにはなると思います。

<花より男子BBS>
http://www3.ezbbs.net/06/jun_hanadan/

|

学校で話題になっているようで。。。

10月25日(火) 0時57分
お久しぶりの方や、はじめましての方が登場されて、とってもうれしいです。
連ドラに出て、次はどうなるのかしら・・・というワクワク感はたまりませんね。

今日、近所の大学生の女の子に、「花より男子、録画していたら見せて欲しい」と言われました。
「大学に行ったら、周りの子達が皆、花より男子を見ていて、ものすごく盛り上がっていたし、
お母さんも見ていて、すごく面白かったと言っていたから」だそうです。
それで、他の子達が一番盛り上がっていたのは、F4はオダギリジョーとか玉木宏がいいとかの方がいいとかだったそうです。

潤クンでなく別の人がいいとか言うのは、せっかくドラマが面白いから、道明寺のような魅力的な役は自分が好きな俳優さんにやって欲しいという気持ちからなのではないかと思うんですよね。

皆それぞれ好きなタイプって違うし、好きな人の道明寺を見たいという気持ちはわかりますが、
あんなに鬼畜で、しかも可愛らしさがあって、愛情に飢えた悲しさがあって、これからオバカも全開して・・・なんていうキャラをやれるのは潤クン以外いないと思うんですよ。
そう思いません?華菜子さん。

初登場の華菜子さん、これからもドンドン思ったことを気楽に書いてくださいね。待っています。

|

October 24, 2005

花より男子(第1回)

<奇跡のドラマ! (花より男子)>

10月23日(日) 16時19分
fufuさん、最高!(fufu's Landをご覧くださいませ)
またしても、私的第1位は、黒タンクトップ潤に変更になりました。
fufuさんが演じている潤クンを描くと、研ぎ澄まされた繊細さと、ハガネのような強さと、輝くオーラを放ちますね。
スゴイです。
私の中では写楽を超えています。

fufuさん、ガシッガシッとたくましく着実に絵力(こういう言葉があるかわかりませんが)をアップさせていますね。(←まるで潤クンみたい)
あれほど感激したベルナルド潤も、今思うとチョロイ。

そうです。面白いドラマ・映画って、ホントありませんね~。
話題のものを一応チェックするのですが、私には薄っぺく思えたり、理解できなかったりして、その先を見ようと思わないんですよね。
何故なんでしょう。
若い頃は夢中で見まくっていたのに。。。

ただ私について言えることは、虚構の世界より現実を自分の意志で生きて行くことの方が面白くなったのかもしれません。
現実は思い通りにはいかないことだらけ。
リスクを背負って生きている。

そういう私にとって、心踊る面白いドラマに出会うことは、まさに奇跡です。
花より男子は、その奇蹟になりそうな予感がありますね。

<友達の感想>

10月23日(日) 14時36分
キラさん、台湾版についてありがとうございます。
つまり、日本版の一話のラストは、台湾版ではつくしが道明寺に赤札を貼るシーンになることなのですね。
台湾版より日本版の方がいくつかのシーンをまとめている感じなのでしょうかね。

ある友達の感想です。
「ほかの三人がイケメンじゃなさすぎるねー加賀まりこが年すぎるわ。ライトあてまくりだけど。杉本彩とか高橋恵子とか。いじめが野ブタとダブるのが残念ね。
松潤は、うーんウェストサイドはこんな感じかな?と思うけどまだ魅力でるとこまではいってないかな。殴られた顔みて今後に期待。」
だそうです。


<公式BBSに投稿したものです>

10月23日(日) 14時28分
スタッフの皆様ヘ

第一話を本当に面白くドキドキ見させていただきました。
私は原作その他いっさい見たことがなかったのですが、脚本・映像その他から、原作漫画に対する敬意、視聴者に対する真摯なスタンスが感じられました。
そして、道明寺母子の人間ドラマを組み入れたことによって、ドラマにグ~ンと奥行きが増したようです。
そして、類とつくしの表面的な好意と、道明寺とつくしが深いところで惹かれていくであろうということを暗示する二重構造がガッチリできているため、安心してストーリーに心をまかせられます。
また、つくしの親の愛情がたっぷり詰まったお弁当に対する道明寺の嫉妬を、あのような形で表現する組み立ての複雑さにも感心させられます。
志の高さとエンターティメントがガッチリ手を結んでいて、本当に素晴らしいです。

<台湾版は?>

10月22日(土) 22時54分
台湾版をご覧になった方にお尋ねしたいのですが、
番宣で、『流星花園』を流したとき、バンダナの道明寺を走ってきたつくしが殴って、道明寺がビックリするシーンがありますが、
あれが今回の日本版のラスト、つくしが殴って、道明寺が倒れて恋に落ちたかもしれないを暗示したシーンに該当するものですか?
もしそうなら、台湾版はとってもシンプルですね。

<肌荒れ>

10月22日(土) 16時1分
リピートしています。
とにかく、見ている最中、このドラマ面白い!って思えるのがいいわ~。
ありそうな話なのに、しらけさせるドラマもあるけど、
ありえない話なのにのめり込ませるのは、脚本、演出、スタッフ、キャストの総合力ですね。

今日のまごまご嵐の5人トークの潤クン、顔はスッキリしているし、肌あれはほとんどわからず(まごまごでもわかるときはわかりますよね)、
本当に美しく魅力的なの。
ですから、このドラマでもあんな風に綺麗にとってもらうことは可能だったと思うし、そうして欲しかった。

でも本人は麻美さんのエキストラ・レポにあったように(麻美さん、ジェイさんレポありがとうございます)、モニターチェックをしっかりしているそうなので、肌荒れが映っているのも十分承知なのでしょう。

今日のAJSでは、スタッフとのいい関係をとっても楽しんでいる様子。
潤クンは自分がきれいに映るよりも、良い作品を作るために、スタッフにすべて任せ、このドラマに身を預けているんでしょうね。
主役が自分をこう撮れ、ああ撮ってくれ・・・とやり始めたら、スタッフや共演者のテンション下がるもんね。
当たり前っちゃあ当たり前だけど、私のようなファンには辛かったりして。。。イタタタです。

ところで、加賀さんの眉の段差は、表情は変えないけど、眉が変・・・ということで、彼女のいびつさを表すためのメイクかしら?なんて思ったりして。

<良かったよ~>

10月21日(金) 23時11分
いや~、プールの潤クン、怖かったですねえ~。
悪役のキレップリと、寂しそうな母性本能くすぐるところと、
殴られてポカ~ンとした可愛いところと、
演技・表情は、私的には、ほぼ満点に近いわ~。
ただ、お肌がねえ。。。(照明さん、腕の見せ所ですから、頑張ってください)

真央ちゃん、スゴイですね~。最高ですね。
またまた、共演女優さんのブレイクのキッカケを作っちゃうんでしょうか。

私は原作も何もまったく見ていませんが、息を呑んで見ましたよ。
面白かったですよ。


<出だし、いいぞ~!>

10月21日(金) 22時15分
おうおう、出だしイイゾ~!
ワックワック、潤さまの悪の表情、最高!

|

October 21, 2005

ブログと掲示板

10月21日(金) 18時4分
もう、胸がドッキドッキです。
今までは、平気で知り合いのアッチコッチに宣伝しまくっていたのに、いざ始まるとなったら、見て~!って再度、念を押していいものやら・・・。
でも、潤クンも迷惑メールで「見て~」とメールしてきましたので、私もまたメールするか~。

私、今日の番宣、録画しただけでまだ見ていないんです。
あまり、前もって見すぎると実際ドラマ見た時の感激が薄れそうで。。。

シロツメクサさん、ブログ拝見していますよ~。
ウフフ。すっごく面白いです。
あのね、私、星フリは自立した女性(もちろん男性も大歓迎だけど)が集まってくるところだと思っているんですよ。
ですから、個人のブログを持っているたくさんの潤クンファンが、星フリで繋がっていられたら、すごくうれしいです。
個人ブログと掲示板のそれぞれ良いところを生かして、欠けているところを補い合えれば理想的ですよね。


|

つくしと道明寺の写真(TVガイド予告から)

10月20日(木) 23時15分
今日、職場でおおっぴらに松潤ファンをカミングアウトして、『花より男子』を見るように言ってきました。
花男のドラマが始まることは結構知っていて、「誰かのファンなの?」「小栗旬?」とか聞かれて、
「松潤」と答えたときには、沈黙の空気が。。。
いやあ、これほど人気がないどころか、反松潤が多いとは予想を遥かに上回っていました。
皆、男を見る目がないね。可哀想に。。。人生を誤らないように願うよ。(←そういうおまえは大丈夫か?)

で、帰りにTVガイドとテレビジョンを見てきましたが、
来週のTVガイドの予告の表紙、おお~、つくしと道明寺そのものじゃないですか!(原作を読んでいない私が言うのもなんですが・・・)
道明寺が愛しいつくしを守るという雰囲気が出ていて、最高!
でもよく見ると、潤クンの顔はアイドル誌などでおなじみな決め顔で、
違うのは、真央ちゃんの肩に置いている手と、
幸せを満面に表して、安心しきって潤クンに身を預けている真央ちゃんがいるだけなんだよね。

こういう恋愛ものは、相手役との呼吸が命。
仲間さんとも小雪さんとも、この呼吸の合い具合が本当に素敵だった。
他の誰でもない、お互いこの相手としか作り出せない独特で繊細な世界を作りあげていて、息を呑んだもの。
真央ちゃんとも新たな愛の世界ができそうですね。
1枚の写真が、二人の関係性を如実に表すことができるんですね~。


|

「ジャニーズはいいぞ~」と叫びたいのに。

10月20日(木) 1時30分
迫りくる花男で盛り上がる中、マイペースな私です。

広島カープの野村謙二郎選手の球場での引退挨拶、「子供達よ~、野球はいいぞ~。野球は楽しいぞ~」に泣けました。
いろんなたいへんなことがあっても、最後に次の世代に向けて晴れ晴れとした顔で叫べるって、なんて素敵なんだろうと思いました。

そして私も「ジャニーズはいいぞ~」と叫びたい衝動に駆られました。
でもちょうどその時、たまたまついていたTVで某先輩が、片方の足をもう一方の膝の上に乗せて椅子に座っていました。
とても公共のテレビで見せる態度ではありませんでした。
ああ、ファンでない人が見るジャニーズのイメージはこうなんだなあと思いました。
どんなにコンサートで素晴らしくても、一般の人にとっては、テレビで見かけるイメージがすべて。

私は、「ジャニーズはいいぞ~。ジャニーズは素晴らしいぞ~」と、日本中の人に向けて叫びたい!
でも、あのような姿を見せられると叫べない。

でも潤クンは、ドラマでどんなに野獣でも鬼畜でも、
歌笑でめだか師匠に見せた「前をちょっと・・・」というような言葉と態度、
これこそ、そそられるツボなんですよ。
この路線を貫いて欲しいなあ。

更紗さん、ブログ開設おめでとうございます。
私もラジオでの潤クンの息継ぎのシーという音が気になっていました。
そしたら、先日の王様のブランチで、小栗クンも同じような音を出してしゃべっていました。
小栗クンも舞台出演がとても多いですよね。
潤クンも以前はそんなことがなかったような。
舞台出演と関係があるんでしょうか???




|

なぜ潤クンの演技が好きか?

10月18日(火) 23時1分
俳優や女優さんって、だれそれが好きとか、芝居が上手いとかいう言われ方はするけど、
潤クンのように、「松本潤の演技が好き」という言われ方をする人って、そうそういないような気がするのね。
これってどういうことなんだろう?と思っていたけど、
夕べのパリーグのプレイオフを見て、これだ!って思ったの。

私、ロッテの薮田投手がホワ~ッとしていてキュンとさせられて好きなの。(←マニアックですみません)
だから、8回表の2アウト満塁のピンチはもう、ドッキドッキで「薮田ガンバレ~!」と必死で応援したわ。(ゴメンネ、アリーさん)
誰か一人に思い入れを持って見ると何でも俄然面白くなるんだよね。
一球一球、投手、捕手、打者の心理の読み合いをして、様々な球種やどこにボールが落ちるかとか予想して、
そうきたか~!とワクワクして、
手に汗握る・・・ってこういうことだと実感したわ。

潤クンの演技って、こういうところがあると思うの。
次に何がくるかわからない。
ほとんどの俳優さんって、その俳優がセリフをしゃべっている感じで、驚きってないんだよね。
でも潤クンの演技は、見る者の予想を裏切るハラハラドキドキ感があるの。
それも、コーナーコーナーをついてくる繊細さがあって、共演者・演出家・見る者との心理戦の、瞬間瞬間の結果のような気がする。

人間って、境界線上で興奮するんだと思う。
大接戦の試合が面白いように、
潤クンの微妙なラインを行き来する渾身の演技に興奮する。

|

October 20, 2005

歌笑&ジャニーズ全体の発展。。。

歌笑初回。

名前:ミツコ 日付:10月17日(月) 1時49分
司会なのに、両脇を今田さん、陣内さんにはさまれて、オマケに長井さんまでいて、
お坊ちゃまを皆でサポートしているみたいだった。
終ってから潤さま、両脇の二人をプールに沈めて、「なんでオレにしゃべらせないんだ~!」とかやっていませんよね。。。

アリーさん、私、母親的愛じゃないと思いますよ。(←どこまでもツッコミますねえ。。。)
もし母親だったら、ニノのお母さんのように、芸能界やめたいと言われたら、「あら、そう」だと思う。
でも、fufuさんも書いているように、潤クンは私にとって希望であり夢なんだよね。
いつまでも夢を見せて欲しいから、ついいろいろ言っちゃうんだと思う。



名前:ミツコ 日付:10月18日(火) 2時13分
歌笑のラストでアッコさんとカツンの『あの鐘を鳴らすのはあなた』のコラボが素敵で羨ましくて、ファン心はイジイジ切なくて。。。

でもね、以前ティオさんが、「カツンがもっと人気になってジャニーズの魅力を広めて欲しい」というようなことを書かれていて、目からウロコと言うか、スゴイなあ、エライなあと感心していたのですが、
潤クンもこういうスケールの大きい考え方する人のような気がしてきたんです。
人間だから、当然単純でない葛藤があるかもしれませんが、
彼は基本的に自分のいる場所をものすごく愛して、
その発展を望む人だと思うんですよ。
そして愛せないところには身を置くことができない。例えば中学はあまり行っていなかったようですしね。(AJSでも言っていましたが)

ですから、きっとジャニーズも大好きで、嵐のみならずジャニーズ全体のことも考えているんだと思うの。
そして切磋琢磨と同時に、ダメなものは淘汰されるべきという厳しさも、ジャニーズ全体の発展を考えれば当然だと思うんだよね。

いずれにしても、歌笑はお笑いにしても旬の人がたくさん出ていて、
今飛ぶ鳥を落とす勢いのカツンとも一緒で、
ありがたいことだなあと思っています。

さっこさん、小栗旬クンのトークショーレポありがとうございました。
共演者の生の声って、興味津々ですよね。
王様のブランチで、松田クンや阿部クンは話が思わぬ方向から飛んでくるけど、
小栗クンは律儀で真面目な感じがしたのですが、
彼は、思っていたよりもどうでしたか?

ひでのははさん、「冬の時代も星フリがあったからファンでいつづけられた」というコメント、ものすごくうれしいです。
私も読んでくれる人がいると思うので書きつづけていられるのだと思います。
星フリのアクセス数は加速度がついたように伸びていますし、
潤クンのTV番組があった日などは特別アクセス数が多いですから、
書き込み数が少なくても、他の人の感想を知りたい人がたくさんいるんだろうなあと思っています。

|

花より男子記者会見&番宣

まさか。。。

名前:ミツコ 日付:10月14日(金) 0時42分
花男の記者会見、潤クンメチャ楽しそうでしたね!
自分がリーダーシップ発揮しなくっちゃ!みたいな感じで、なんかやけに前に出てきていましたね。
嵐が主題歌って、まさか道明寺の高音ソロとか・・・あっ、何でもありましぇ~ん。。。

こっこさん、レセプションで話した人の誰ひとり松本潤を知りませんでした(泣)
ごくせんやキミペのことを説明した相手もいるのですが、これも誰も知りませんでした。
そこで、ジャニーズの・・・と言おうかと思ったのですが結局言えず、相手も特に松本潤には興味を持たず、
『花より男子』見ますね・・・と言って、話題は別に移って・・・という感じでした。
でも、「ジャニーズの・・・」と言ったとき相手がどんな反応をするかをリサーチする貴重なチャンスだったのに・・・と後悔しています。

お久しぶりの方が続々と登場されていますね。
すっごくうれしいです。
これからもどうぞよろしくお願いします。

ふみこさん、はじめまして。
お月見ドライブに反応されての登場、うれしいです。
URL行ってみたのですが、ページが表示されませんでした。
何かの間違いでしょうかしら?
これからも気楽に思ったことを書き込んでくださいね。

ワル~な御曹司オーラ、キャ~♪

名前:ミツコ 日付:10月14日(金) 18時35分
「庶民の皆さん、こんにちわ」は、御曹司・司様が乗り移ったご発言でしょうなあ。。。
役になりきる彼は、俺様=嫌なヤツ・道明寺司の世界を生きておられるのしょう。。。
嵐の新曲も出るし、ドラマもやっているし、今はまさに庶民からの搾取どき・・・

慎をやっている頃、クールで感じの悪い振る舞いで、ファンをやめた子が結構いると聞いています。
まあ、人それぞれ求めるものが違いますからね。

私は道明寺様に、札束で両頬をぶたれて蹴り上げられても、喜んでヒーヒーついて行きますことよ。
野獣プリンスにメッチャクッチャにされたら本望。
ヒ~ッ!楽しみ~♪


病んでいる道明寺さま。

名前:ミツコ 日付:10月14日(金) 23時51分
番宣、リピートしていました!
我らが潤さまが、あんな小娘に惚れるなんて、ありえねーっつーの!・・・と思っていたけど、
病的な道明寺さまが、健全な精神のあのけなげなつくしに落ちちゃうのわかる!って思えた予告編でした。

つくし家の庶民ぶりが、あんまり普通でよかったわ~。
加賀さんも素敵! 彼女の歴史が見えるような貫禄だった。
司さまは、いっちゃってましたね。。。
まあ、潤さまは、いつも導入が微妙ですから、これからどうなっていくか・・・と、期待大です。

立派な肉体にセツナクなる私。

名前:ミツコ 日付:10月15日(土) 0時52分
あのね、黒のタンクトップになって、立派な肉体を見た時、なんか胸キュンとなって悲しくなったの。
本当なら、素敵な男性の肉体・・・キャ~ステキ!のはずなのに、
潤クンはモモの時のあのガリガリが本来の身体なのに、
一生懸命鍛えて、ああいう肉体を作ったんだよね。
エライ・・・んだけど、俳優ってたいへんな仕事だね・・・って。
いっつも上を向いて、努力して、妥協せずに、自分に厳しくて・・・
それがあの肉体に象徴されているような気がして。。。イタタタだね。

花より男子、素敵なドラマになりそうな予感。
私は潤クンが好きすぎるから、客観的に見れないけど、
つくしちゃんは、真央ちゃんで最高!だね。
つくし家と道明寺家の内面的対比も、半端じゃなくていいわ~。
花男が、急遽10月からにならなければ、夏木さんがお母さんだったかもしれないって残念に思っていたけど、
加賀さんと潤クンって冷たい親子関係だそうだけど、根底に流れるものが、夏木さんよりウェットな日本人という感じで、すご~くお似合い。
潤クンは、女優さんをその気にさせる名手だからね。

そしてスタッフの熱意が画面から伝わってきてドキドキする。
それだけで引き込まれるものってあるよね。
似たような雰囲気のセットで、似たような俳優さんがとっかえひっかえ出てくるような、よくあるドラマでは全然ない感じ。


王様のブランチ

名前:ミツコ 日付:10月15日(土) 11時57分
王様のブランチ、よかったですよ~。
我らが潤さまは、変に落ちつきがなく、顔も丸かったですが、ハンサムな丸さ。
イヤ~、あんな丸くて顔が短くて、それでもあんなにハンサムで美しい男って、世界中探してもいないんじゃない?ってくらい、ある意味レアもの。
TVジョンでもそうだったけど、真央ちゃんと一緒だと、真央ちゃんがドッシリ落ちついていて、潤クンがそばでワラワラ変なテンション。
F3の潤・真央についてのコメントがあったけど、
阿部ちゃんが、顔の印象よりずっと若々しくて可愛い雰囲気と発言。
ドラマのVTRは、つくし家の人々がトボケテていて、最高!

ごくせんにしても、ヤンクミがドジで魅力的だったから共感できたのと同じで、
つくしとその家族に共感してドラマを楽しめそう。

王様のブランチ2

名前:ミツコ 日付:10月15日(土) 16時24分
私はセリフをそのまま文字に起こす・・・とか、レポするとかが苦手なので、私の印象だけ。
潤クンのスタジオでのビジュアルは、2年半前のキミペの時のはなまるマーケットのような感じだと思ってくださればいいと思います。
もちろんあれより、太っていますし、顔もパンパン、首も太いですが、
前がグイ~と開いたインナーにジャケットで、
クリクリヘアが目のあたりまで来ていて、モモより短髪バージョンなだけという感じでした。
基本的にスタジオ生出演の潤クンインタビューは、可愛らしく、
G嵐やまごまご嵐の時の、オレ様ふんぞり返りオーラはなくなっちゃいますね。
それから、真央ちゃんと一緒だとTVジョンでもそうでしたが、虚言癖が出るらしく、キッズウォー見ていないのに見ていたと言ったり(真央ちゃんに「見ていないって言っていたじゃない」と言われていましたが)、
阿部ちゃんに、何でも持っていてドラエモンみたいと言われてビックリしていたり、
潤クン、リーダー格としてしっかり引っ張っていっているつもりなのに、実は共演者達に翻弄されているみたいな感じでした。

公式HPにも載っていた、原作者の神尾さんの似顔絵付きの台本を持ってきていて、
潤クン、ものすごく感激して喜んでいたから、
fufuさんの絵、絶対喜んでいると思いましたよ。
それにここだけの話、fufuさんの絵の方が、創造性があってバラエティに富んでいて上手だもの。

あゆみさん、カウントダウン続けていただけるなら、お好きなだけお願いします。
毎日の書き込み内容がどんどん深くなリ、しかも知性の片鱗がアッチコッチにちりばめられていて、あゆみさんがおっしゃっていた「書くことは考えること」をまさに実践されているようでうなってしまいます。
ですから、花男の放送日が近づくと、あゆみさんのカウントダウンが終ってしまうのかととても寂しく思っていましたので、続けられるなら本当にうれしいです。その時はメインBBSと花男BBSのどちらがいいのでしょうね。

びっぐべあさんの「冬の時代にも負けずに応援してきたファンの、ちょっとした記念日ですよね。」というコメントにウルッときてしまいました。
何にしろ、何かを信じて一生懸命やっていれば、当然周りとの軋轢があったり、必ずしも平坦な道ではありませんが、それによって得たものは計り知れなく大きいですね。
逃げていたら得る物はないですもの。

<キャラに一貫性のあるつくしvs一貫性のない道明寺>

名前:ミツコ 日付:10月16日(日) 16時3分
真央ちゃんは自分がしっかりあって、今どきの子によくある、周りの空気に合わせたヘラヘラしたところがない。
だから何があっても自分を貫く強さのあるつくしにピッタリ。

一方道明寺は、一人の中にいろんなキャラが混在していて、しかもどんどん変わっていくらしいから、
番宣の演技を見た限り、ドラマの中にハマルか、はたまた浮いてしまうかはなんとも言えない。
演技力のみならず、演出・編集に負うところが大きいかもしれないですね。

でも、つくし家の人たちの英徳学園に行っている気持ちを表情だけで見せているやり方がすごく面白かったので、
表情重視の作り方をするのであれば、潤クンの得意とするところ。
映画風味のある作り方だったけど、黒澤明監督の乱のように、俳優を遠景からばかり撮るようなやり方だってあるわけだし、
表情で気持ちのバトルを表現するようなドラマになったらいいなあ。。。

<キャラに一貫性のあるつくしvs一貫性のない道明寺>ということを考えれば、
井上真央ちゃんのような一本筋の通った子が相手役になったということは、ラッキーかもしれない。
安心してアッチャコッチャに演技で冒険できますもの。

ところでアリーさん、真剣にダメ出しするのはSだからでしょうかしらね???
私がなぜダメ出しできるかと言えば、自分がダメ出しされても、それをプラスに転化できる人間だからだと思うんですよ。
この歳までいろんなことを乗り越えてきましたので、
どういう人が信頼に足る人かわかるようになりましたしね。

ただ、私の意見は私の偏見にすぎないわけで、
多くの人が、それぞれ独自の視点から意見や感想を言うことで、初めて客観性が出てくると思うので、皆様もよろしくお願いいたします。

|

ドライブは一人かな?

Enjoy&キミペの最新号

名前:ミツコ 日付:10月10日(月) 23時16分
Enjoyの写真、思わせぶりですね~。
これはどういうシチュエーションで撮った写真か妄想してみろよ・・・という潤さまからのお題をいただいたようなものです。
私には彼女と一緒としか思えないですね。
そう書くと、キ~!とハンカチをかんでしまいそうな人が星フリにもたくさんいそう。
でもまあ、妄想が一番安上がりで楽しい娯楽だと思いますけどね。

ところで、KISSの最新号のキミペご覧になりましたか?
私は家族のことや、モモとスミレちゃんの関係もあそこまでやって欲しくなかったなあ。。。
ここから先は、読む人の妄想力に委ねる・・・くらいの余韻があるうちに終って欲しかったなあ。。。


ドライブは一人かな?

名前:ミツコ 日付:10月12日(水) 21時20分
皆様が書かれたのを読んで、また考えてしまいましたよ。
そして、ハタ!と思いました。

ENJOYの写真は、きっと一人でドライブ中に撮ったものですよ。
大好きな彼女と一緒の時は、「月がきれいねえ・・・」という会話はしても、
わざわざ月の写真とるとは思えないんですよ。
月より彼女と一緒の時間の方が楽しいから。。。

でも、大好きな彼女となかなか会えなかったり、
或いは、たった今会ってきたばかりだとすると、
美しい月に彼女を重ね合わせてしまう。
或いは、この月を今彼女も見ているかなあ・・・と感傷にふけってしまう。。。
そして思わずカメラにおさめる。。。

どうでしょう?
もっとキ~ッ!となる人がいそう。。。

ところで、TVライフのアップの写真、きれいですねえ。。。
月より美しいよ~。
だって潤クンには、意志があるし、感情があるし、知性があるもの。

|

マンガチックを極めようとしているの?

10月5日(水) 22時55分
TVガイドをご覧になりましたか?
白タートルにクロスのネックレス、そしてジャケットのウッソ~?という長さ、
あれはいつの時代のどこのお話なんでしょう?という摩訶不思議ないでたちですね~。
私は原作を読んでいないので、あの道明寺はアリなのでしょうか?
マンガチックを極めようとしているようにしか見えないのですが。。。

そしてテレビジョンの真央ちゃんとのインタビュー。
慣れない場所で、今まで縁のなかったタイプの女の子を、
モテまくってきた俺様が、煙に巻いてやろうみたいな感じで、変にハイテンションになって、でまかせをボロボロ言っているみたい。
余裕で先輩づらしてたのに、いつまにかシッカリものの真央ちゃんに主導権握られてるかもよ。
危うし潤さま。

お母さん役は夏木マリさん・・・という声にもかかわらず、加賀まりこさんになりましたが、ピッタリという声ですね。
お二人ともゴージャス感が共通項なのでしょうが、
加賀さんと言えば、若かりし頃は、『小悪魔』が代名詞だった人。
夏木さんも悪魔チックなところがありますよね。
ゴージャスと悪魔チックは表裏一体なのでしょうか。。。
そうすると、潤クンも年を重ねていってら、ゴージャス感が欲しい役には配役される可能性が高いですね。
日本人でそういう男優ってなかなかいませんからね。
ゴージャス松潤とか言われたりして。。。アハ。

|

台湾国慶節のレセプションで花男の宣伝をしてきました。

10月7日(金) 1時41分
台湾大使館主催の国慶節のレセプションに行ってきました。
石原慎太郎さんや江崎玲於奈さんの挨拶や、小柴昌俊さんとかもいらして、
それはそれは華やかなパーティでしたよ。
そんな中、私は日台友好の御旗の元に、『花より男子』の宣伝をしまくりましたよ。
去年は、誰にも話かけることができずにただ食べていたのに、
今年は名刺を作って、次から次へと話しかけていったんです。(←エライでしょ)
どの人も、私がファンサイトをやっていると言った途端、顔がほころんで急に親しみを感じたように饒舌になるんです。
平沼赳夫さんや浜四津敏子さんには、しっかり宣伝してきましたよ。
石原さん親子にも話したかったのですが、あっというまに会場からいなくなっていました。
私の恩師の台湾大使も、冒頭の挨拶で、全員の前で『花より男子』のことをしっかり話してくれました。(←私に脅かされてですが。。アハハ)

なんか私、無我夢中でやりましたよ。
こんなチャンスを黙ってやり過ごすことができなかったんです。
でも一人の人に言われたの。
やるなら徹底的にやらなくちゃ・・・って。
例えば、チラシを作って会場の前で全員に配っておいて、その上で一人一人と話せばよかったのに・・・と。
なるほど~でした。
でも、もう1年待たなきゃ、これだけ多くの日台の関係者が一堂に集まることはないんですよね。。。トホホ。。。

でも花男の宣伝をしたおかげで、
大小のマスコミ、医学、宗教、教育、企業、その他もろもろの関係の人と話ができて、面白かったし思わぬ収穫でした。
恥かしさを捨てて一歩前に出ると、今まで知らなかった世界が見えました。

で、思ったこと。
私達は、ああして欲しい、こうであったらいいのになあと思ったり言ったりするけど、
ほんのわずかなことでも実行するのは、本当にたいへんなことなんだなあ・・・って。

そして、去年と比べて、今年のレセプションはずっとなごやかで華やいでいて、
1年間の大使の地道な活動の成果が伺える気がしました。
日台友好も、諦めずに地道にやっていくしかないんですね。。。


私の原動力

名前:ミツコ 日付:10月10日(月) 0時58分
WAKOさん、「その行動力や実行力は・・・ただ、潤君を愛すればこそだけとは思えないですよね」のコメント、確かにそうです。

潤クンのためもあるけど、レセプションの主催者の台湾大使・大使館、台湾、出席者達、花男ドラマ関係者・・・すべての人たちにとって、絶対プラスのことだという確信があったからできたんです。

それと、考えに考えた末、誰もしないようなことを勇気をふりしぼって実行したことが、今までに何度もあるのですが、
そのすべてが、とってもよい結果を生んでいるんです。
ですから、今回も最初はうまくいかなくても、結局はやってよかった・・・という結果になるだろうという無意識が働いたのだと思います。

きょうチラっと立ち読みした本に、
「アマチュアは人からどう思われるかを気にして、
プロは自分にどう思われるかを気にする」とあって、
それだ!と思いました。
プロを本気と置きかえれば、
本気になれば人からどう思われるかなんか気にならないし、
本気だから、よい結果を生むんだと思いました。

北のsakuraさんですよね。お久しぶりです。
毎日ロムしてくださっていたのですね。うれしいです。
「潤くんがもしかしたら今欲しがっているかもしれないモノは、司役にはあったほうが良かったかもしれないけど、モモや慎にはなくても良かったモノだし・・・」というコメント、うなってしまいました。
つまり、今が道明寺をやる天の時だということですよね。
潤クンは、この天の時に、花男で何を捕まえるのでしょうか?
とっても楽しみです。
北のsakuraさんにはHNを変えていただいて、是非頻繁に登場していただきたいものだと思っています。

|

台湾大使と花より男子

10月2日(日) 1時37分
大学時代の恩師の駐日台湾大使夫妻と今まで、飲んできました。
『流星花園』と言っても、?で、
『花より男子』と言ったら、おお~!でした。
「私、日本版ドラマで主演する松本潤のファンサイトの管理人しているんです。中国メディアが、台湾版を持ち上げて、日本側のキャストとかをけなしてましたよ」と言ったら、
「それは、台湾と日本が仲良くやることに横槍を入れているんだ」と言われて、なるほど~でした。

そして大使は、「『東京タワー』のような映画を作ると、男女二組の話なんかどうでもよくて、日本の観光PRになるから、スポンサーがつきやすいんだよ。だから、台北にある世界で一番高いビルの101タワーを入れた映画を作ったら、スポンサーがいくらでもつくよ。」とか言っていました。
私、「その『東京タワー』の男女の1組が松本潤なんです!」と勢い込んで言ってしまいましたよ。

そして、「だいたい、先生が駐日大使になったなんていうのも奇蹟みたいなものだし(おっと失礼!)、台湾やアジア各国で大人気になった『花より男子』の日本版の主役のファンサイトの管理人を、私がやっているなんていうこの巡り合わせってすごい縁だし、私、やれること何でもやりますよ~」
と大見得切っちゃったんです。
大使は大乗り気で、「明日、広報の者に電話させるから話をしてやってくれ」と言われたのです。

私、大使の講演会を勤め先で主催して大大成功だったもので、結構期待されちゃったみたいなんです。

花男の成功のために、日台友好のために、潤クンのために、やる気は満々なのですが、
具体的に何をしたらいいのかわからないんです。

どうしたらいいんでしょう?
皆様、何かアイディアありませんでしょうか?

麻美さん、エキストラご苦労様でした。そして、いつもレポありがとうございます。

WAKOさん、潤クンの仕事は道明寺だけではありませんから、謝ることないですよ。

台湾大使と私。

名前:ミツコ 日付:10月3日(月) 22時51分
たくさんの方々から、いろんな案をありがとうございました。
台湾大使館に伝えておきました。
大使には、どこかで挨拶をするときは、必ず『花より男子』の宣伝をするように頼もうと思っています。
だって、おととい私が言うまで、日本版のドラマを知りませんでしたから。

大学時代ゼミを選ぶとき、たくさんいる教官の中から、まったく迷うことなく現在の駐日台湾大使の若き日の先生を選びました。
潤クンに何の迷いもなく落ちたのと同じようなものかもしれません。
先生は、当時の蒋介石政権に反対して、台湾政府からも日本政府からもにらまれていた政治犯だったのです。
そのため36年間台湾に帰ることができず、
李登輝政権になってやっと帰ることができ、
そして去年、駐日大使として戻ってこられました。

そして講演会を私の勤め先で行うことになったのですが、台湾と中国と日本という政治的に非常に難しい状況にあるため、
勤め先のトップの腰が引けてしまって、
私は難しい立場に立たされました。
講演会は成功させたい、でも勤め先にどんなことがあっても迷惑をかけられないという、薄氷を踏む思いで様々な交渉を行いました。
参加者を集めるのも本当にたいへんで、興味があるということと、実際足を運ぶ人との間には雲泥の差があることがわかりました。
その代わり、出席した人たちのまっすぐで長年の思いを込めた質問と、それに答える大使の情熱溢れる答えとで、緊迫したやりとりが続き、
出席した人たちから、大大満足の賞賛の声がどんどん届きました。

私は日台の架け橋になるため、やれるだけのことをやっていこうと思っていましたが、
なんと、潤クンが『花より男子』で道明寺役をやることになって、
私がかかわってきた二本の線が、ここで出会うことになったのです。

一ファンにすぎない私には具体的には何もできることはないかもしれませんが、
何かの役に立ちたいと思って行動していれば、思いがけない何かに出会うかもしれない。
先のことはまったく見えないけれど、36年間政治犯扱いだった先生が大使として戻ってくることがあるのも人生。

まあ、焦らずボチボチとやっていこうと思います。
微妙な話などのため、これから星フリに書くことはあまりないかもしれませんが、
見えないところで、それなりに頑張っているんだと思っておいてくださいませ。


Seven Teen&講演会

名前:ミツコ 日付:10月4日(火) 21時54分
Seven Teenの左ページの短か!は、ねらったものだから、すんごくカッコイイ♪
だけど、右ページのお顔のお肉は、はからずも・・・だからねえ。。。
元の体積が少ないから、ちょっと増えると膨張率が。。。

ちーぼさん、そうです。イベントは花も嵐も踏み越えてやっと実現した講演会でした。
裏事情を知っていた私は、いろんなことが気になって、参加した人が本当はどう感じたのかとか、客観的にはどうだったのかとかは、言われないとわからないんだということがわかって、
星フリのアンケートや率直な感想を発信していくことは、とっても意味あることなんだと、自分が主催する立場になってわかりました。

|

October 19, 2005

潤クンがブレイクしない第2の理由

9月30日(金) 17時53分
おう、ゆかこさんのクラブエキストラレポ、
潤クンの本番を前に、難しい顔をしていらだっている様子とかがリアルで、思わず吸いこまれるように読んでしまいました。
変顔が印象に残るゆかこさん、面白いです。
ゆかこさんのレポ、もっともっと読んでみたいと思いました。

ところで、「稼ぎ時」発言について、私はOK派だったのですが、
最近のメールで、
「例えばヨン様が来日の目的を”外貨を稼ぎにきました”と答えたら、映画の成功などに関係してくると思うから、潤クンも発言に気をつけた方が
いい」という意見があって、
ナルホド~と、目からウロコでした。
そんなにおおっぴらでなくても、ヨン様の小さなインタビュー記事で「稼ぎ時」という言葉を熱狂的なファンが見たら、
夢がス~ッと引いていってしまう・・・というのは大いにあり得ると思います。

でも、例えば、泉谷しげるさんなんかが、「今稼がずにいつ稼ぐんじゃボケ~」とか、めんたまひんむいて言ったとしても、誰も気にも留めません
よね。

つまり、イメージと言葉にギャップがあると、幻滅しちゃうってことなんだなあと思いました。

それで、ハタ!と思いました。
嵐関係のブログなどを見ていると、
慎やモモで潤クンに落ちたのに、いつのまにか、嵐の他メンのファンに変わっていく人が結構いるんですよ。
潤クンファンに特にこの傾向が強い気がして、どうしてだろう???と気になっていたんです。
今、私なリの答えを見つけた気がしました。
潤クンはドラマの虚像のイメージと、実像が違う・・・と言うよりも、
あまりに多種多様な実像があって、ついていけなくなっちゃう・・・、或いは失望しちゃう・・・ということがあるのかもしれないと思いました。

そして、彼が今一つブレイクしない理由の第2は、
虚像を大事にしない・・・つまり正直過ぎる・・・ということもあるのではないかと思いました。

|

傲慢な少年性

9月28日(水) 19時21分
TV stationとテレビジョン情報、ありがとうございます。
仕事帰りに携帯で星フリをチェックして、本屋で潤クンが出ているところだけチェックできるので、本当にありがたいです。
でも、もうドッキドッキ、心臓バックバックで見ましたよ。
おお~、いいじゃないですか!(突然、教えてくれたジーナさんと麻美さんが神様に思えましたよ)
特に、TV stationは、畏れ多くも道明寺さま~と、しもじもの者はひれ伏したくなるオーラがありました。
あの右側に垂れ下がった、ヒラヒラコンブこそが、
上流・お金持階級の証し~でしたね。
だって、あんな手の込んだムダにしか思えない髪の毛の垂れ下がりは、お金とヒマと酔狂がなくてはできません。
貧乏人は、美容院代をケチらないと、嵐コンにも行けないんですから。

少年性について、あれから考えてしまいました。
傲慢さを少年性の一つと定義づけたmakiさんにうなってしまったからです。
で、ふとひらめいたのです。
親の愛を疑わない傲慢さだなあ・・・って。
例えばキャルのように、親の愛を求めてやまない少年もいて、
そういう寂しい少年性に女性が惹かれていくこともあるけれど、
潤クン(たぶん嵐の5人とも)は、親が自分のすべてを愛してくれて当たり前・・・という傲慢さがあるのだと思うんです。
そして変なコンプレックスを持たないから、嵐5人が足を引っ張り合うこともない。
こういう少年性というのは、どんなに年をとっても持ちつづけられる素晴らしい資質だと思います。

|

亀梨クンも潤クンもピッチャー気質

9月24日(土) 11時46分
今日は亀梨クンの金田一少年SPですね。
まともに見れるんだろうか、自分。

亀梨クンは、軟式少年野球のピッチャーとして世界大会経験者だそうですが、潤クンとかぶるものを感じるのね。
話によると最年少ながらカツンを引っ張って行こうという気概を持っているのは彼らしいですし。。。

あのね、優れたピッチャーっていうのは、
ヨレヨレになっても、最後までマウンドにしがみついて、試合の勝敗の全責任を負おうとするもんなんだよね。
負けてヘラヘラしている野手なんかいたら、にらみつけるくらいの悔しさと根性がないとやっていられない。
目立ちたがり、自信過剰くらいでないと、信頼を勝ち得るピッチャーにはなれない。

潤クンは元キャッチャーだけど、こういうピッチャー気質の持ち主だと思うの。
嵐を野球チームに例えると、潤クンは勝敗のカギを握るのは自分だという自負心を背負って孤高のマウンドに立つピッチャー。
翔クンがチームを支えていくキャプテン。
ニノはニ遊間を自在に動きまわって、どんな打球でも止めてチームを救うショートかな。

さて、今夜の金田一少年で、亀梨クンは潤クンのライバルになれるでしょうか。

私がライバルと思うのは、例えば、不良少年の夢に初登場して、オオ~!と思った松田翔太クン。
今までのどんなジャンルにも分類されない、彼独自の世界を持つ俳優の片鱗が見えたから。
潤クンをごくせんで初めて見た時も、まったく新しいジャンルの俳優だと思って、新鮮な驚きに打ちのめされたもの。
何が飛び出してくるか想像もつかない未曾有を感じさせる若い俳優が、私にとっては潤クンのライバル。
さてさて、今夜はどうなりますことやら。。。

|

品の良さと人気の関係。

9月20日(火) 18時41分
おお~、るりこさんお待ちしていました。
エデンとプロポーズのアンケートが度肝を抜くくらい素晴らしくて、夏コンヘの回答がなくて残念に思っていたところでした。

プロポーズのアンケートの
>今回のような精神性が高い役を「クサくならず」
>これほど品よくこなせる役者さんも珍しいと思います。
というコメント、うなってしまいました。
そうですね。ごく普通っぽい熱い男の子を品よく演じたというのは、彼の可能性をとても広げたと思います。
そして、嵐や潤クンの人気がイマイチというのは、
もしかしてこの品のよさのせいかも・・・と思いはじめました。

誰を好きになるか・・・というのは、無意識・潜在意識の問題であって、理屈じゃどうしようもないこと。
そして、結局は類は友を呼ぶ。
すごい問題発言をしちゃうけど、品のある人間より、品のない人間の方がずっと多いから、品のないタレントの方が親しみを感じられてバラエティ
なんかで人気者になる・・・というのが現状だと思うの。

潤クンや嵐を好きだと公言している人達というのは、例えば、麻木さん、夏木マリさん、寺島しのぶさん(公言はしていないけど、しのぶれど色に
バンバンでにけり)、パフィのユミちゃん、森公美子さん・・・。
高い精神性が私には感じられる大好きな人達ばかりです。
そして坂本教授、山下達郎さん、勘三郎さん、内藤剛志さん、首藤クン・・・などと個人的付き合いがあるとのこと。
こういう人たちと同類なんだから、潤クン自身の中身もおしてしるべし。

そんなこんな考えたら、今の日本での人気の現状も仕方ないかな・・・と思ってしまう。
でも高い質を目指して頑張っている姿というのは、多くの人の心を打つと思うから、今のスタンスを崩さずにいて欲しいと思う。
だって、品というのは、自分の信じる道を追求していくところから生まれると思うし、
信じる道をいくことはとっても難しいことで、当然あれやこれや困難がつきまとう。
それでも悩みながらも自分をまっとうしようとするところに品というオーラが立ち上るのであって、
あっちに合わせてフラフラ、こっちに合わせてヘラヘラしている人に品が感じられるはずがないもの。

ぼろこさんの質問のパフィに催眠術をかけられた・・・という話、
なつ☆さんやまさみさん、いちごさんもかな、ずっと以前からファンだったという方々、どなたか知っていたら教えてくださいませ。

さっこさん、アンケートについて、
>質問に答える事で、普段考えない事をじっくり考えられるしね。
とおっしゃってくださって、とってもうれしいです。

アンケートを例えば、好きな曲をクリックするだけ・・・というように、もっと多くの方が簡単に参加しやすいものも追加しようか・・・と思った
りもするのですが、
答えるために思いがけないことを考えなくてはいけなかったりするから、お互いに刺激し合って読んでも面白いものになるのではないか・・・と思
うんですよね。
わずか30人くらいの回答ですが、今までいろんなものを見て感じてきた人たちですから、
この人達を満足させるものを作れば、そんなに間違いがないという信頼される指標になれたらいいなあと思っています。

|

オーラの泉

9月27日(火) 20時44分
潤クンが出たいと雑誌で言っていた『オーラの泉』を、夕べたまたま見ました。
風間トオルさんがゲストだったのですが、もうあまりの完璧なハンサムぶりに驚異すら覚えましたね。おいくつなのでしょう?
その非の打ち所がない美しい顔が、最初は江原さんの霊的な話を胡散臭そうに拒否しているのがわかって、でも次第に心が解けるように変化してい
く様子に吸いこまれていって、
ヘタなドラマより遥かに面白かったです。
いやあ、人間の表情って、眉一つ動かさなくても、饒舌に気持ちを表すんだなあ・・・と思いました。
もし、この番組に潤クンが出たら、もう星フリでツッコミの嵐で盛り上がるでしょうねえ。。。
まな板の鯉状態ですよ。

で、思ったんです。
潤クンがこういう精神世界や霊的世界に興味があるのは、単に未知の世界だから好奇心があるのであって、
巻き込まれて気になって仕方がないような人だったら、オーラの泉のような番組には怖くて出たくないんじゃないのかなって。
それから自分大好きだから、未知の方向から分析してもらいたいのかなって。

彼は、精神世界にも興味があるけど、
現実世界にも興味も欲もありまくりだから、
バランスがとれて、危ない人にはならないと思うけどな。

|

ミンテレのカツンの脅威

10月1日(土) 16時40分
またしても最近のメールからです。
「今回のミンテレを見て、初めてカトゥーンのパフォーマンスを素晴らしいと感じ、キンキキッズのアニバーサリーを歌った時、亀梨くんと赤西くんのソロにその手を止められてしまった。彼等は高い音楽性を持っていて、新しいタイプのジャニーズタレントに育てるつもりなのかもと思った。初めてカトゥーンに脅威を感じ、嵐には嵐の良さがあると百もわかっているけど、
おちおちしてらんないゾ~!と心底思った。」
というような主旨でした。

私も同感でした。
今まで、殺陣をやろうとダンスをしようと、うすっぺらいなあと思っていたのに、
今回の仁亀のソロには思わず惹き込まれました。
ウマイ・ヘタ以前に声がハスキーでセクシー。
よくカツンは品がないとか言われるのですが、
プレスリーとかミックジャガーのように、
人間のみだらな本能をかき乱して、大勢の女性が虜にされずにはいられない猥雑さがある。
そして、それがとても単純でわかりやすい。

潤クンはどんなにR指定ダンスをしても、そこはかとなく品があって、それはそれでとっても素晴らしい資質だけど、
歌声で女性の奥底の欲望を刺激する・・・というのは、難しい気がする。

まあ、人それぞれ、持っているものが違うから、ないものねだりをしても仕方がない。

そんなことを考えると、ミンテレでカツンに音楽パフォーマンスをさせて、潤クンに司会という役割をあてたというのは、わかる気がする。
潤クンには知性がある。
そして人間が好きだから、相手と自分との距離を測りながらコミュニケーションすることに、大いに可能性があると思いますもの。

|

ピアスの深層心理

9月25日(日) 15時43分
若い子がピアスしたり、身体に傷つけるのは、親からもらった自分の身体を否定する深層心理だという説を聞いたことがあります。
ですから、あんなにオシャレでアクセサリージャラジャラな潤クンが耳に穴を開けないのは、ご両親を否定していないんだなと思って、好ましく
思っていました。
役作りのためなら、ササミだけで頑張るような彼でも、道明寺に近づくためには簡単そうなピアスを結局はしないと決めたのは、↑の深層心理が働
いたのかもと思っています。

亀梨クンの金田一少年、頑張っていましたねえ。
私の評価としては、潤クンの一ちゃんと似たようなレベルかな。
ただ亀梨クンはもはや青年で、潤クンの方がまだ少年の可愛らしさがありましたね。
潤クンは、その後のごくせんで驚異の変貌を遂げ、その後バラエティに富んだ人物像を創造していますから、
亀梨クンはこれからどうなるか・・・ですね。

ジンクス?

名前:ミツコ 日付:9月26日(月) 22時48分
「運気が下がるからピアスをしない・・・とかジンクスにこだわるのはやめたほうがいい」というような個人メールをいただいたので、
私の個人的考えをここで返事させていただきますね。

私は潤クンがジンクスにこだわる人っていう印象がないんです。(ピアス以外何かありましたっけ?)
そして、人間の行動は潜在意識・深層心理が決めるものだと思っているんですよ。
理由なんか、後からついてくる。
ピアスは、とにかくしたくなかったんだと思うんです。
ピアスが平気なら、とっくの昔にしていたでしょうし。。。
でも道明寺はしている。制作者側もするのが当たり前・・・みたいな感じだし、
そうだ! ピアスすると運気が下がるって何かで言ってたな・・・
それを理由にしよう!
ドラマの運気も下がったら困るでしょ?と、納得させよう!

・・・てな感じくらいなものではないかと、私は思うんですがね。
自分がやりたいことなら、運気も何も気にしないと思いますよ。アイツは。

それから「事前にいつも悪いことを想定しておくとかにビックリ」されたそうですが、
私なんか何か決めたり行動したりする時、いつも最悪の事態を考えていますよ。
最悪でも命までとられることはないな・・・と思うから大胆なことができるし言えるんですよ。
私が思うに、潤クンは最悪、芸能界をやめてもいいという覚悟でいろんなことをやっている気がするんですよ。
そうでなかったら、ひるんでしまうことってたくさんある気がします。

|

ファンヘの注意(カツン方式vs嵐方式)

9月20日(火) 18時44分
噂のTVガイドで、カツンがファンのいきすぎた行動を自粛するように呼びかけたメッセージを読んできました。

アマノジャクな私がまず思ったのは、宣伝がウマイなあということ。
ファンの迷惑行動を規制するならJ-Webでもアイドル誌でもいいわけで、
あえて一般の多くの人達が見るTV雑誌に載せるという戦略が素晴らしいと思いました。
ファンに対するキツイメッセージだけど、カツンの誰も傷つかず、そしてカツンはこんなに人気があるんだよというプロパギャンダになる。

アイドルを売ったり守ったりするというのはこういうこと、つまり事務所がガードしてアイドルはファンに夢を与えることに専念することだと思う
のね。

でも潤クンはおととしの夏コンの新潟からの帰りの新幹線でのファンの態度に苦言を呈したり、
去年も雑誌で、ファンの迷惑行動をやめてほしいことを言っていた。
コンサート中も注意したり、トロッコで身体に触るファンがいれば背を向けてしまうし。。。
嵐でそういうこと言ったりしたりするのは潤クンだけなんだよね。
人間って勝手だから、自分が悪くてもそれを指摘されたり、せっかく真近で見られるチャンスだったのに背を向けられたりすると腹が立ってきたり
するんだよね。
私は彼のこういう悪役を買って出る態度は好きだけど、そうでないファンもたくさんいるだろうねえ。。。

それで、先日のAJSで『大人と子供のギリ』について、
「自分が傷つくのがわかっていて、でもその何かを思うがために、そうせざるを得なくてやった瞬間ってすごく大人になる感じがする」
と言っていたのを思い出しました。
事務所が守ってくれれば傷つかずにすむけど、
大人になるチャンスもなくしてしまう。

以前、まさみさんがコンサート中に優しく注意したら、「松本なんて嫌い!!」と言われ、凄くやりきれないような切ない顔をしたことを教えてくれ
ましたが、
自分を守るよりも、彼にはもっと守るべきだと思う大きなことがあるんでしょうね。。。

嵐のマネージメントを誰がどんな風に考えてやっているのかわかりませんが、
カツン方式と嵐方式のどちらがいいのか。。。。。

|

他のタレントさんとの比較もOK。

9月26日(月) 17時41分
あんさんが「書こうか悩んだ・・・」そうですが、
ドンドン書いてくださいませ。
私は以前、あたりさわりのある管理人を目指している・・・と書きましたが、それはあたりさわりのある星フリを目指していることでもあるんで
す。
「あたりさわりのある男になりたい」と言っている潤クンにとっては、そういうファンサイトがふさわしいと思いますから。

”他のタレントさんと比較しない”というようなネットの暗黙の了解への挑戦もその一つだと思っています。
他の人に比べて、こういう点が潤クンが素敵だ・・・とか、こういうところは誰それにはかなわないなあというようなことは、彼を応援する意味で
貴重な情報ですし、潤クン本人が知りたいことだと思います。

AJSに直接メールしても、それは一人の狭い考えのままですが、星フリに書けば大勢のファンが読んで、気づかないことに気づかされ、そこから
さらにいろんな意見が出てきて、発展性が生まれます。

例えば今回の亀梨クンの金田一少年の演技がよかった~とファンが思ったことを知れば、
はなまるカフェで、青の炎やセンゴクプーを見て、「メチャメチャ悔しかった」と言っていた彼ですもの、
それをバネにすると思います。

潤クンがどんなに様々なものを観ていても、自分自身のことは人から言われないとわからないし、
自分とは違う感想を喜んで受け入れる人だと思います。
だって、今月号のロードショーで、一緒に映画を見に行く友達が一番気楽な友で、価値観が違っていても、見終ってからいろんなことをワイワイ言
うのが楽しい・・・というようなことを言っていましたよね。
星フリに書いてくださる方々は、たくさんのものを見てきて、しかも心のこもった文を書いてくださる方ばかりなので、安心して「語り合いましょ
う」と言えます。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

ところで、加賀まりこさんにはかつてのドラマ共演のせいで頭が上がらなそうな人なんですね。
そういう年上女性を今回も落とせるかどうか・・・・・ウフフ。。。
でも結局は、相手が本物のプロであればあるほど、彼の仕事ぶりに惚れるかどうかでしょうねえ。。。

|

星フリを作ってよかった~。。。

9月22日(木) 0時3分
新生こっこさんの登場、とってもうれしいです。
今日ほど星フリを作ってよかったと思ったことはありません。
潤クンの一言にショックを受けたこっこさんは、そのまま潤クンファンをやめていたかもしれないのに、
たくさんの人が、こっこさんの正直な告白に共感する部分があって、
必死で考えて声をかけつづけた。。。
そして紆余曲折を経て、こっこさんは再び登場された。

もし、こうしてネットがなければ、一人の、或いは数人の友達の狭い世界で悩んだり、憤慨するだけだけど、
星フリやブログで自分とは違う解釈や思いを知って、お互いにまた考えて、
こっこさんだけじゃなく、多くのファンがさらに潤クンの魅力を知り、
そして新たな自分も発見していく。
だって潤クンは、一人で理解するには手ごわすぎるもの。

・・・な~んて、こっこさんからメールもらった潤クンが一番ホッとしているかもね。
罪なやつだ。こっこさんは。ウフフ。。。

うにさん、はじめまして。
潤クンが本当にファンの一人一人を大切に思っていることを実感してくださってうれしいです。
だって、彼の愛情の表現って独特で毅然としているので、わかる人にはわかるけど、わからない人にはわからないものだと思いますもの。
最近ファンになられたのでしょうか。
新鮮な思いをいつでも気楽に書き込みしてくださいね。


ハッキリ見る勇気ないなあ。。。

名前:ミツコ 日付:9月22日(木) 22時28分
おお~、あやちゃん、ブログ読んだけど、文章上手だし、
「見た目も中身もいいから皆寄り付く。」とか、そうだそうだ、よくぞ言った!と思いましたよ。
そして、「眉毛なみに濃くしてみたら??」にバカウケ!

私ね、ヤンキーでもヤクザでも仲良くなれちゃう人だから、
D嵐の度胸試し、お芝居お芝居・・・って、アマノジャク子で見てたのね。
でもね、夕べは髪の毛乾かしながら見えない目でボンヤリ見てたけど、
もう1回潤クンの顔ハッキリ見る勇気ないなあ。。。

花男のジェイさんのネタバレも原作漫画も読んでないの。
期待しすぎて、ドラマにガッカリだったら嫌だから。。。

というように、私、潤クンについてはスゴ~ク小心者。
みんな強いなあ。。。

更紗さん、長い間の思いを吐き出したから、先に進めそうですか。

|

思ったほど売れていない22歳だけど。。。

9月18日(日) 23時30分
美しい中秋の名月、潤クンはいったいどこで誰と見ているんでしょうねえ。。。(感傷。。。)

「22歳はもっと売れていると思った」は、デビュー時はイケイケドンドンで、このまま登っていくと思ったのでしょうかねえ。。。
私が慎に落ちて嵐と知った時、そういえばそんな名前のものが存在していたような・・・と、古い記憶の奥から取り出してきた・・・という感じで
したものね。
もしあの時、ごくせんの再放送をたまたま見ていなければ、嵐のアの字も意識の中に存在していないでしょうなあ。。。

なぜイマイチ売れていないのか?=なぜ、あら技やまごまご嵐といったとっても良い番組の視聴率がイマイチなのか?
視聴率が良ければ、全国放送にもなるのに。。。

なぜ、あんなに素晴らしかったキミペの視聴率がイマイチだったのか?
あと5%高ければ、次々とドラマや映画出演があったように思うんだよね。

不思議なのね。なぜ?って。

俳優のしての松潤は、韓国や台湾などの方が日本でより人気があるようだし、
日本人は見る目がないの?

ところで、あゆみさんの「くえない男」、大人の表現だなあって感心してしまいました。
食えない男=一筋縄ではいかない男。
単純ではないから飽きない男とも言えるから、
イマイチ売れなくても、長続きするってことかな。

なんて書いていたらテレビで今、三島由紀夫の『春の雪』の撮影風景が出ていて、妻夫木クンが。。。
そして行定監督の撮影風景が。。。
同じシーンを15回も20回もとりなおして、
スタッフは連日2~3時間の睡眠時間で。。。
これを見ていたら、人気とか売れる・・・とかいうフワフワしたものを論じても仕方ないような気がしてきた。
行定監督のように、一つのことに情熱をかけて追求していくエネルギーがあるかどうか。。。
潤クンには、コレがある。
よりよいものを創ろうという根源的な欲求がある。
その彼が、花より男子のスタッフを「若くて熱があって気持ち良い」と言っているのだから、火花散るような撮影現場になるかも。
幸せだね、潤クン。

売れるとか人気とか、思ったほどではなかったかもしれないけれど、
その代わりに手に入れたものが計り知れないのかも。
人気などという実体のないものに振り回されて大人に利用されるより、
実体のあるものを、自分の手で一つずつ獲得したものの方がずっと価値あるし、長く使えるものだものね。


エキストラ話。

名前:ミツコ 日付:9月19日(月) 1時46分
花男公式HPで、セレブ高校生のエキストラ募集してますね。
いよいよ収録が始まるんだなあ・・・て、2年半前のキミペエキストラを思い出しましたよ。(遠い目)

空港から人込みを掻き分けてタクシー乗り場まで走っていくところ、時間にして数十秒くらいじゃないかな・・・
それだけのシーンを撮るために、空港ではなく、
桜木町の会議場のようなところに、スーツケースを持って、朝6時に集合。
スチュワデスやパイロットの制服を着た人がいる中で、旅行客ということで、何度も何度も行ったり来たり歩かされて、
そのうち、モモらしき人が遥か遠くに現れて、
モモが何度か遠くを走っていたわ。。。

それから1階に移動して、タクシー乗り場から見える空港の内部にも人が見えるように・・・ということで、また行ったり来たり歩かされて。。。
待っている間、潤クンがスタッフからカメラを借りて、いろいろ聞きながらカメラをアチコチに向けていたのが印象的だった。
背はあまり大きくなかったなあ。。。

最終回の空港シーンの放送では、私はまったく映っていなかったし、
人が映っていたというよりも、人が大勢いるらしいという雰囲気作りに使われただけ・・・って感じだったわ。
それにしても、たった数十秒のシーンのために、
すごい人と労力と時間を使うんだなあ・・・と驚いた。

普通、ドラマはテレビで見るだけだけど、こうして作る過程に参加できたりするのも、別の意味で面白いよね。

ところで、道明寺邸がスゴイらしいですが、
以前雑誌で潤クンが、テーブルがはるか遠くまで長くて真ん中に果物が置かれていて、じいやがコートをかけてくれて、ばあやに寝るまで本を読ん
でくれて・・・という貴族になりたいとか言っていて、
皆でバカにして笑ったことあったけど、花男で実現しそうですね。
いやはや・・・言霊、言霊。
あいつは言ったこと実現しちゃうわ~。

|

「知らねーよ」発言について。

9月18日(日) 1時25分
「知らねーよ」発言は、もしかしたら同じように日焼けを心配するメールがたくさんきていて、
本当は、日焼け止めクリームなんかバッチリ塗っていて十分ケアしているけど、
ファンを煽るためにわざとそんな言い方したとか・・・。
だって、こもみさんのメールも最後の「潤版、司でメロメロにしてやって下さい」を削って読んだそうですから、
ラジオで読む前に結構考えているんだと思うんだよね。

もし私がメールしたものを読まれて、「知らねえよー」とかぞんざいに言われたとしたら、私なら、ニャロメ~!とリベンジに燃えますね。
どうやったらアイツをギャフンと言わせられるか・・・と日夜作戦を練るの。楽しいわ~。
でも心配でやっとの思いでメールしたのに、そう言われてショックを受ける人もいるかも。
結局、言った言葉より受け取り手の問題になってくるんだよね。
人間って、同じ言葉でも、人が言われたことには鈍感だけど、
自分が言われたことにはズキッとくることってあると思うもの。
まあ、大多数の潤クンファンは、彼のそういう物言いを楽しめるからファンでいられると思うんだけどね。

|

米長邦雄さんの話。

9月16日(金) 17時19分
ぴきさん、私も現実生活では気心の知れない人と話すの、苦手です。
何人かグループになると、必ずと言っていいほど中心になってバンバン話す人がいて、
まわりの人はそれに同調しないと加われない・・・というパターンで成り立っていることが多いですよね。
何か言うと、まずそれを否定することからしか話が進められない人もいるし、
人の話をろくに聞かず、自説のみにこだわる人もいます。
そういう中で自分を表現するのはものすごく難しいし、
私はその場にいる人みんなの話を聞きたいんです。

私が掲示板が好きなのは、そういう理由からなんだと思います。
そうかな~???と疑問に思われても、とりあえず読んでもらえて、考えてもらえて、時には、反論や別の視点からの考えなども教えてもらえる。
これが本当のコミュニケーションなんじゃないかと思っているんです。
それに、例えば星フリは松本潤クンについて語る・・・というテーマがハッキリしていますから、
興味のない人は読まないという前提があるので、こんなことを話題にしていいのかしら?と悩むこともないですもの。

それから私、将棋の米長邦雄さんが大好きなんですが、
彼は、若手の棋士達を定期的に自宅に呼んで、
将棋を教えてもらって、50歳にしてはじめて名人になったんですよ。
私も彼のように、世代の違う人や価値観の違う人たちからいろんなことを教えてもらいたいんです。
ほとんどレスはしませんが、星フリに書かれたたくさんの言葉に目からウロコだったり、深い共感だったり、何かが引っ掛かったりしています。
話題が松本潤という狭いものに限られているからこそ、
お互いの切り口の違いがわかったり、深まりがあったり、論議が積み重ねられたりするんだと思うんですよ。

米長さんが言っていたのですが、
その時話したいことを全部吐き出すと、
また次には別の話すことが湧き上がってくるんだそうです。
話したいことを話さずためておくと、新しいことが思い浮かんでこないんだそうです。

私も毎日毎日、よく書きたいことが浮かんでくるなあと思うのですが(読んでいる方は、いっつもおんなじだわ~とウンザリしているかもしれない
ですが)、
皆さんの書き込みを読んだり、潤クンの何かに触れると、書かずにはいられなくなって・・・という感じなのです。

ということで、ぴきさんはじめ皆様、
思っていることを気楽に吐き出してくださいませ。
誰からのレスもなくても、誰かの琴線に触れているはずだと思いますもの。

|

嵐6周年おめでとう♪

何年、何十年後の嵐の姿。

名前:ミツコ 日付:9月15日(木) 23時46分
慎に陥ちて、ミーハー友達に「松本潤って子がものすごくいいわあ・・・」とメールしたら、
「嵐で残るのは松潤だけだと思う」という返事がきて、
その友達に教えられた『USO』を見たら、なんて地味な子達が赤いスーツを着て、後ろの席にチンマリ座っているんだ・・・松潤以外、顔の区別が
つかん・・・
というのが、私と嵐との最初の出会い。
でもその後、スッピンアラシのビデオや『なまあらし』で、なんていい子達のグループで、
潤クンが嵐のメンバーでいてくれて本当に良かった~と思っていたの。
でも、他のメンバーの個人仕事にすごく嫉妬していた。
それが、びっぐべあさんと同じで、いつのまにか素直に喜べるようになっていたのね。
どうしてなんでしょう??

人間同士が集団になったとき、ともすれば足の引っ張り合いということだってあり得ると思うんだけど、
嵐の場合は、お互いが引っ張り上げていると思うの。
舞台だって、大野クンのセンゴクプーでブレイクして、ニノの蜷川さんの舞台、WSSや理由なき反抗、エデンの東、そして相葉ちゃんの燕のいる駅
・・・と、
誰かの成功が、次々と他メンの意欲や能力を引っ張り上げているという連鎖だよね。
だから仲良くいられるんだと思うの。
このメンバーと一緒にいることが、自分にとって絶対にプラスに作用するんだという信頼感があるから、
嵐というGに貢献しようと思うし、それがお互いの幸福感につながるんだと思うの。

ニノがやめようと思って親に言ったことがあって、映画監督になる夢を実現させたい・・・ようなことを最近のニッキで書いていましたよね。
私はアマノジャクな人だから、ニノがこれから先も嵐にいることで、本当にやりたいことができないなら、いつでもやめるよ・・・という意思表示
にも思えたの。
こういう姿勢のおかげで、嵐が馴れ合いにならずにすむと思うし、
映画監督という客観的視点で嵐を見ている人が内部にいるというのは、中からの刺激も大いにあるということだから、本当に素晴らしいことだと思
う。

いずれにしても私は、嵐のそれぞれが芸能界の中で(ジャニーズという枠内におさまらず)、俳優であり、タレントであり、歌手であり、ダンサー
であり、映画監督であり、舞台演出家であり、プロデューサーであり、いろんな分野で確固たるものを築いて、
何年、何十年後に、やっていることが違う強烈な個性の5人として、タキシードを着てすっくと立って勢揃いしている姿を思い浮かべる。
お互いを心底尊敬し合っている5人としてね。

嵐6周年おめでとう♪

|

October 16, 2005

なぜミンテレに出演?

プロデューサーの役割。

名前:ミツコ 日付:9月9日(金) 18時15分
やっとミンテレ見ました。
はあ~。何ですか、アレ?
潤クンが自分もコントとかやりたい・・・と言って、やっとやらせてもらえたのが、アレですか?
確かに素敵だったし、苦節5ケ月のファンにはヨダレもんなんだけど、
青木さんを引き立てるだけの、若いイケメンだったら誰でもいいような役回リじゃないですか!!
松本潤というタレントの可能性を探ろう・・・なんていう気持ちが全然ないんだなと思っちゃった。

あのね、さっき、『女王の教室』の番宣をやっていて、
内藤剛志さんが、「この番組の本当の女王様は誰ですか?」と聞かれて、
「これだけ社会的賛否が起こるようなドラマを作るプロデューサーが女王様です」と答えていて、なるほどなあと思ったの。
いろんな人の意見を聞いていたら、あんなドラマ作れないよね。
確固たる信念で、ブルドーザーのように自分の意志を貫くからできるんだと思った。

それで、ミンテレのプロデューサーって誰なんだろう?と思って、公式HP見たけど、名前も挨拶も影も形も見えない。
ミンテレには、作り手の意志とか、コンサプトとか、志とかが、まるで見えないんだよね。
ハッキリ言って、作り手の潤クンに対する愛が感じられない。
よい番組・よい作品というのは、スタッフからの出演者全員に対する愛が感じられるものだと思うんだよね。

その点、花男の番組HP(なんとすでにアクセスランキング3位)には、プロデューサーの挨拶やら、制作意図がハッキリ書かれていて、
原作で好きだったシーンの投稿を受け付けていて、よい作品を作ろうとしている意気込みが感じられる。
是非、突っ張って、芯の通ったドラマを作ってもらいたいものだと思いました。

アリーさん
>あとはもうちょいやせてくれれば…首周りがどうしても…(な、なんでもありませーん!!!)

な、なんでもありますよ~。
夏コンが終って、また太った?
身長はどうしようもありませんが、自己管理できることに関しては、プロの目も、ファンの目も厳しいと思いますよ。


名前:ミツコ 日付:9月10日(土) 17時4分
ミンテレ、潤クン・青木ミニドラマのところだけ見直しました。
潤クンにしか出せない艶っぽさが出ていていいじゃ~んと思っちゃった。(←心変わりが早~い。でもほとんどの人は1回しか見ないんだから1回目の印象が大事なんだけどね)
そして、亀梨クンは青木先生にいつも疎外されるまだおこちゃま。
仁クンは、実は変なスター。
潤クンは、カツンにはデカイ態度をとる青木先生が途端にメロメロになる憧れの君・・・ということで、
潤クンには一番年上らしい、いい男の役をやらせてくれているのかしら・・・なんていう甘々なファン解釈したりして。(実はカツンに対する私の対抗意識バレバレなんだけど)

青木さやかさん、物陰に隠れて、「なんだ、あの女~!」と鬼の形相になり、道にへたばって、「ジュンク~ン!」と叫ぶ様子がまるで我が身を見るようで。。。
振り払っても振り払っても、あの映像が私の脳内から離れず・・・(グスン)

ミンテレに今後も出演するのかしら?

名前:ミツコ 日付:9月12日(月) 21時55分
クロさん、大丈夫ですか? 壊れてますよ。(←人のことは言えない私)

ミンテレ、10月から時間移動のリニューアルで、出演者未定。
さて、潤クンは出演するのでしょうか???
もう結構です・・・と断わられるのも運命。
今後もどうぞよろしく・・・と言われたら、続けるのでしょうか?

もし今後も出演するとしたら、彼のことだから、現在の借りてきた猫状態から、嵐コン同様、よりよいものを作ろうと構成とかに次第に口を出すようになる気がするんですよ。
私は彼には俳優として楽しませてもらいたいと思っている人なので、
バラエティの司会で成功するということは、俳優として大きくなっていくためのイメージ戦略としては、うう・・・ん・・・なんです。

そこで、なぜ彼が司会に・・・という謎を解くために、中居クンとの共通点を考えてしまいました。
彼も誰よりもスマップのことを考え、コンサートの構成などを考え、スマップを率いてきたそうですね。
視聴者は司会者のトークにばかり目が行くけれど、その陰で、出演者・スタッフといった大勢の人を動かす力が重要な資質なんだと思います。
そういう意味で潤クンにも司会ができるのではないかと期待されたのかも・・・などと思ってしまいました。

現在のミンテレは、素晴らしい可能性がたくさんあるのに(ラグアフェアの歌、コントの面白さ、魅力も人気もある出演者などなど)、
それをコンセプトに従って整理することができないからメチャメチャなのであって、
やりかたによっては、面白い音楽と笑いのバラエティに変貌を遂げることも十分あり得ると思うんですよ。

それでも私は、バラエティの司会を潤クンが調子よくやるということに抵抗があるんです。
ハラハラも辛いけど、
逆に慣れると、彼はオレ様風味が出てくるでしょ。
俳優としてオレ様の役柄は大いに結構。
でもお茶の間ではねえ。。。。。

でも、私達がどう思おうと、彼は自分が面白いと思うことを追求していくでしょうね。。。
あら技で、銀座の父に「映画のプロデューサーなんかやると成功する」と言われて喜んでいて、
キタロウさんに、「出る方でなくていいのか?」と言われ、
「食べられたらいい」と、いともアッサリ答えていましたから、
何でも面白い刺激的なことをやって、多くの人を楽しませて、お金を稼げたら、彼は本望なのかしら・・・なんて思います。

ミンテレは荒療治の一つ?

名前:ミツコ 日付:9月13日(火) 21時35分
潤クンは、金田一少年、沢田慎、モモ、東京タワーの耕二、WSS、エデンの東、そして花男の道明寺・・・
同年代がたくさんいるジャニーズにあっては、どれもこれも、やりたい人が山といるであろう役を与えられてきた、いわばサラブレッドだと思うんですよ。
ミンテレだって、ゴールデンタイムのバラエティの司会という大抜擢だと思うの。
でも、それにしては番組が始まってからの事務所のフォローがなさすぎると思うんですよ。
同じ事務所のカツンはあれだけアピールする場を与えられているのに、
潤クンはまるで継子扱いのように、私には思えるわけですよ。
日テレだって、ジャニーズを怒らせるわけにいかないだろうに、なぜ?

事務所は、潤クンを千尋の谷に突き落として、何倍もたくましくなって這い上がってくるのを期待しているのでしょうか?
実際、青木さやかさんとか自分の力で現在のあの活躍を勝ち取ったのでしょうし、
ミンテレに出ているお笑いの人達は、まさに這い上がろうという人たちですよね。

俳優という面でも、お笑いの人がシリアスな役で随分活躍していますよね。(東京タワーの宮迫さんなんかも、いやらしさがにじみ出ていてよかったし、ビートたけしさんもお笑いの出身ですね。)

そんなこんな考えると、以前にも言ったように潤クンのナルシズムの殻を破るのが、ミンテレ出演の目的の一つだったりして。。。
あの混沌の中で自分の役割を自分の力でゲットしろ!ということでしょうか。。。
雑誌で潤クンが、「想像していた22歳はもっと売れていた・・・」というようなことを言っていましたが、
これだけいい役を与えられて、演技の面での結果も出しているのに、一般的人気ということではイマイチな彼への荒療治の一つ?

もし、10月からもミンテレ出演があるとすれば、
道明寺司という多面的キャラクターを創りあげるのと同時進行でやらなければならないという、物理的にも精神的にもものすごくキツイ状況になるわけですが、
もしかしたら、そういう状況だからこそ、カッコヨク見せたいとか、観る人を魅了しよう・・・とかいう欲を持つ余裕もなく、
創り過ぎず、いい具合な道明寺司ができる可能性もあるかしら・・・なんて思ったりします。
だって、俺カッコイイでしょ・・・って感じの男より、
なりふりかまわず夢中で何かに取り組んでいる男の方が、ずっとカッコヨク見えることってあると思いますもの。



ミンテレ潤に翻弄されている私。

名前:ミツコ 日付:9月14日(水) 23時33分
今日のミンテレ、やっとハラハラしなくてもすむようになったし、
さりげなくて、可愛くて、
目立たないけど、まあ、多くを望むまい。
大事なドラマも始まるし、こんなとこで仕方ないかな・・・と思ったら、
ちーぼさんの檄文が!
うう・・・む。

小窓に映るいろんな人の顔を見ていると、なかなか興味深いです。
亀梨クン、ドラマが続いて充実と自信を持ったのか、キリリといい顔していますね。
仁クンは相変わらず・・・(自粛)
田中聖クンの表情も、彼の中身が見える気がします。
潤クンは、さわやかニコニコで、彼なりにゴールデンのバラエティでのあるべき表情を演出している気がして、私はこれでいいのでは・・・と思うのですが。。。

例えば、リニューアル後も出演が続いて、道明寺に興味を持った人がミンテレを見た時、
野獣だったりアンポンタンだったりする道明寺とはまったく違う、ニュートラルな松潤に驚かせる・・・という演出もアリかな・・・なんて思ったりするんですが。。。

それにしても私、ミンテレ潤クンに翻弄されて、言うことがコロコロ変わっていますね。
適当にスルーしてやってくださいませ。

|

『花より男子』決定!

苦節2年半。。。

名前:ミツコ 日付:9月7日(水) 22時12分
苦節2年半、待ちに待った連ドラ出演ですねえ~。
朝、このニュース知ったのに、なんだか感極まって書き込みできませんでした。
キミペの公式BBSから始まり星フリまでの2年半、
潤クンもいろいろあったでしょうが、私達もいろいろありましたね。。。
長かったね・・・葵さん。

Oneコンのアンケートの集計やまとめ、今ジェイさんが全部やってくれています。
回答いただいた方もたぶん38名で、過去最高です。
こうして多くの方々の協力で星フリが成り立っていて、そして一緒に喜びを共有できる。
私は本当に幸せです。
ありがとう潤クン。
ありがとう皆様。

クッキーさん、メインBBSでははじめましてですね。
アンケートの回答ありがとうございました。
これから一緒に潤クンを応援していきましょう!
書き込みをすることで、私は元気になっていますよ。
末長くよろしくお願いいたします。

遥さんもメインBBSでは、はじめましてですね。
慎から3年半経過した、高校生潤クンが見れますね。
さてさて、遥さんがどんな感想を持たれるかドキドキものです。
これからも早い情報、よろしくお願いします。


大事なのは、身長じゃないわい。

名前:ミツコ 日付:9月9日(金) 0時14分
ジェイさん、Oneコンのアンケート総括、素晴らしい!エクセレント!です。(私の書いた人数は間違えていましたね。・・・汗)
必要にして十分な情報がコンパクトにまとめられていて、潤クン達の貴重な資料になると思います。
AJSや他メンラジオ、J-Webに送らせていただきます。ありがとうございました。
それからそれぞれの方の回答も、後から追加・修正されたものもありますので、機会がありましたら、皆様読み直してくださいませ。
熱い想いがビッシリと詰まったものですので。

あゆみさん、花男までのカウントダウン、是非是非お願いします。
夏コンまでのカウントダウンで、だんだんあゆみさんがヘバッテくるのが見えて、なかなかそそられましたよ。ウフ。

キラさん、はじめまして。
キミペの公式BBSで花の名前のHNだった方なんですね。
うう・・・ん、わかりません。
台湾のF4に浮気されたそうですが、そんなに魅力的だったんですね。。。
これを機会に、台湾版との比較など思う存分書いてくださいませ。
ゆーみんさんもお願いいたします。

それにしても、長年の原作ファン、台湾版ファン、F4ファン(しかもアジア中?)が入り乱れて、始まる前からの賛否の盛りあがり。
いやあ、話題性満点ですね。。。

なんか潤クンのドラマ・映画・舞台の仕事って、華やかなものが多いと思いません?
数は少なくても、おいしい役ばっかり。
おいしいはずの役を凡庸にしてしまう俳優もいるでしょうが、
潤クンは、おいしい役をさらにおいしく見せてくれますよね。

道明寺には身長が・・・と言われていますが、
背が高くなくても、大事なのは学園を牛耳るような威圧感なんじゃないかと思うのね。
例えば、ゴッドファーザーのアルパチーノのように、小柄でも大男達を圧倒する存在感を出すのが、俳優の醍醐味だと思うので、
潤クンがどんな演技で道明寺司を魅力的なキャラに作り上げるか、とっても楽しみ。

fufuさんの腰フリ潤ちゃん、またまた進化してます。
さっき見て、思わず爆笑!

「背が低いけど、じゃ、どうする?」が面白い。

名前:ミツコ 日付:9月9日(金) 7時48分
ネットだけでなく、なんと中国メディアまで、潤クンの身長叩き。
台湾じゃなくて、中国まで登場したことで、この作品のアジアでの人気がわかって、面白いですねえ~。

背が高いイケメンなんかいくらでもいるのに、
背が低いことは承知の上で潤クンがキャスティングされたわけで、
彼の演技力が期待されてのことだと思うんですよ。

Oneコンのパンフレットのインタビューで、
「”・・・だから”だとその時点で投げている。
”・・・だけど・・・”どうする?とやっていきたい」
というようなことを言っています。
道明寺に関して言えば、「背は低いけど・・・、じゃ、どうする?」っていうところに、面白さがあると思うのね。

潤クンは、マイナスがあればあるだけ燃えるタイプのようですので、どんな新しい松潤を見せてくれるか楽しみです。


総叩きは、光栄だわ~♪

名前:ミツコ 日付:9月10日(土) 17時4分
ミンテレで、意外なほど社会人姿が似合っているのを見て、
この潤クンが高校生やるんじゃ、黙っていたって老けたオーラが充満して、その辺の高校生じゃビビル俺様になるし、
ヘアスタイルなんか変えなくても十分道明寺司になりえるわ~と思っちゃった。

それにしても、今の中国本土と台湾は政治的にはかなり敵対関係にあるのに、
中国本土のメディアが台湾版キャストを支持する見解を出しているということは、驚くべきこと。
公式HPによれば、「『流星花園』のタイトルで放送された連続ドラマは、世界13ヶ国で高視聴率を記録し、社会現象を巻き起こす大ヒット作に。」だそうで、
これの日本の本家本元で作られたドラマとなれば、当然その13カ国でも注目されることは必至だし、
もしかしたら、長く各国で愛されるドラマにもなるかもしれない。

こんなすごいドラマの一番おいしい役やらせてもらえるんだもの、総たたきにあうのも当然。
光栄なことだわ。

ジェイさんが、『歌と踊りのベストパフォーマンス』などの具体的な数字の集計などをこれから出してくれるそうで、時間がかかりますのでもうしばらくお待ちくださいませ。
花男のニュースがあったために、とりあえず急いで必要最小限の結果を出してくれていたのです。
ジェイさんには、本当に感謝・感謝です。

花男はアジアや世界に向けて。

名前:ミツコ 日付:9月14日(水) 18時12分
asanoさん、花男についての貴重な情報の数々、いつもありがとうございます。
瀬戸口プロデューサーの奥様が小渕優子議員ということは、もしかしたら、そういう理由もあって花男のプロデューサーになったのかしら・・・なんて思ったりします。
すでにアジアで大人気のドラマですから、日本版もアジアや世界を視野に入れて制作され、
元首相のお嬢さんで国会議員でもある方のご主人がプロデューサーということは、何かと好都合もあるかもしれませんもの。
でもまあ、ドラマの質が良くなければ話になりませんが。。。

それにしても、台湾版のファンにとやかく言われる筋合いはありませんよね。
冬ソナを日本でドラマ化する・・・とかだったら、いろいろ言われても仕方ないですが、
日本の漫画が原作で、日本が舞台で、日本でドラマ化されるんですもの。
でも、繰り返しになりますが、結果がすべてですね。

まりさん、テレビ雑誌情報ありがとうございます。
とっても助かります。
ところで、全何回と出ていましたか?
公式HPでも放送回数が書かれていないんですよね。
キミペは最初から全10回ということで、大森さん一人が脚本でしたし、
ごくせんは、複数脚本家(二人?)で、11回放送予定が好評のため1話(中沢裕子さん親子がメインの第8話)がプラスされたと聞きました。
花男は脚本が4人、演出が3人、
まさか、評判次第では、来年まで延長なんてことはないですよね。
私の個人的好みで言えば、11回くらいでビシッと中身の濃いものがいいのですが。。。

あゆみさん、「浮気現場に踏み込まれて・・・」とか「あんぽんたん」とか、鋭いツッコミ、バカウケです。
毎日書くことを絞りだそうと思うと、その人の本質が出てきちゃいますから、あゆみさんが実は人間洞察の鋭いとっても面白い人だとわかって、すごく楽しませてもらっています。

ジェイさん、完璧を目指さず、思いついたこと何でもいいですから星フリのアチコチに書きまくってくださいませ。
そのうち、しのぶれど色に出にけり・・・なジェイさんの本質(←どんな?)が溢れかえって、ウフフ・・・になりますよ。(期待大)

|

所詮ジャニーズ

「所詮ジャニーズは・・・」とは、決して言わない人たち。。。

名前:ミツコ 日付:9月4日(日) 2時10分
いちごさんから、私ならどう思いますか?と振られたので、思うことをチラチラと。。。

残念ながら、私の周りは「所詮ジャニーズは・・・」の人達ばかりです。(私も潤クンを知るまではそうでしたし)
そういう人にいくら嵐や潤クンの素晴らしさを説明しても、相手にされないですね。

でもね、去年、あら技を全国放送にしてもらいたくて、できるだけのことをしようと、大学時代のサークルのメーリングリストに投稿したんですよ。
各方面の第一戦で仕事している人たちがいますから。
そしたら、協力してくれた人が二人。
一人は、卒業後医学部に入りなおして、60歳の今でも外科手術をバリバリやっている女医さん。
もう一人は、自分で会社を作って、海外にも進出してやっている社長さん。
どちらも以前から、私と個人的な付き合いがあって、本当に尊敬できる素敵な人たちなんですが、
好奇心旺盛で、自分にできることならなんでも協力するという姿勢で、知り合いのフジTV関係者に連絡をとってくれたり、
あら技を全国放送にするための具体的な方策をいろいろ考えてくれたり、
もちろん番組も見て、コメントを寄せてくれました。

そういう人たちは、絶対、所詮ジャニーズは・・・なんて言いませんね。
一生懸命生きて、仕事をしている人は、
同じように、一生懸命ガンバッテいる人のことがわかるし、人間の価値判断も自分でするんですよ。
世間一般の目なんか全く信用していません。
ですから、私もいちごさんと同じように、所詮ジャニーズは・・・と思うような人は、その程度の人でしかないと思っています。

ただ、私も潤クンや嵐を尊敬していますが、
彼らが100%完全な人間とは思っていません。
不完全で未熟で、可能性がたくさんあるから魅力的なんだと思っています。
びっぐべあさんやちーぼさんと同じように、耳障りな言い方は直して欲しいと思っています。

こうして、星フリをやっているのは、
彼らには知らない世界を経験しているたくさんのファンが、潤クンを刺激したり、
ファン同士がお互い刺激しあって、一緒に成長できたらいいなあと思ってのことなんです。
だって、ファンが成長し、見る目が肥えてくることが、嵐の成長にもつながるし、
潤クンや嵐が成長することで、厳しい芸能界の中で本物として生き残っていける可能性が高まると思っていますから。
こういうことも、モチツモタレツだと私は思っています。
ですから、このところの、まさみさんやいちごさんの登場で、
これぞ私が望んでいる星フリだと、とてもうれしく思っているんです。

私も、発言したことでよく叩かれるタイプの人間ですが、最初は傷ついたりしましたが、
今では、その傷が勲章だと思っています。
だって、そのたびに、あまりに多くのことを学んで、一つ一つが私の血肉となっているからです。

まさみさんが、潤クンの本当の意味での優しさについて語ってくれていますが、まったく同感です。
強くなければ、人には優しくできませんもの。
そして、潤クンの強さは、たくさん傷ついたことを糧として、一歩づつ階段を上がるようにして培ってきたものだろうなあと想像しています。


所詮ジャニーズは、事務所の戦略?

名前:ミツコ 日付:9月5日(月) 22時35分
まいこさん、はじめまして。
こんな風に、ちょっと言いたいわ~と、星フリに気軽に(本当は気軽ではないかもしれませんが)書き込みしてくださるの、大歓迎です。
かつてのアイドルのお話、水道で頭洗ってた・・・など、すごくリアルで興味深いです。
これからも、いろんなことを教えてくださいませ。

りんでんさん、アンケートBBSとコンネタバレBBSにも登場してくださいましたよね。
たしか、エデンの東のアンケートも回答してくださったようで、改めてお礼を申し上げます。
おっしゃるように、彼は自分自身を裏切ることができない人だと思います。
でもその結果、ファンの理想とかイメージを裏切ることはあり得るでしょうね。。。
でも私には、期待される松本潤像よりも、自分自身を大事にする彼が好きです。

ところで、所詮ジャニーズをまだ引張ります。
私ね、ジャニーズ事務所自体が、所詮ジャニーズを演出しているのではないかと思うのです。
例えば、各種映画賞をジャニーズのタレントは辞退していますよね。
芸能界に限らず、イメージ戦略というのは最も大事なことなのに、なぜ演技派というブランドが生まれる映画賞を総辞退しているのか、不思議でした。
で考えてみたのです。
演技派と呼ばれることで、タレント自身がバラエティやコンサート、その他のグループ活動より、俳優活動の質を求めるようになって、収入面で大きく後退する可能性があるのかもと思ったのです。
つまり、ブランドよりお金、所詮ジャニーズと思われても実をとるのが、ジャニーズの基本戦略なのかもしれないですね。

Mステでポルノグラフティの人がジャニーズの選考に落ちたと言っていましたが、
もしジャニーズに入っていたら、あの逸材はどんな風に生かされたんだろう?と思いました。
バラエティやって、グループ組んで、ドラマやって・・・だったのでしょうか。。。

いずれにしろ、潤クンはジャニーズに採用され、歌・ダンス・バラエティ・演技のどの分野においても所詮ジャニーズと言われても仕方のない枠組の中で仕事をしている。
でも彼が言うところの「たかがジャニーズ、されどジャニーズ」。
自分に与えられたジャニーズタレントという運命の中で、自分にしかできないことを模索し開拓しているように思う。

そういう意味でWAKOさん、身近なプロの方に是非DVDなどを見せてあげてくださいませ。
どの分野でも、本物のプロは本物を見分ける目を持っていると思うのです。
もしかしたら、されどジャニーズになりえる貴重な出会いが生まれるかもしれませんよ。

シロツメクサさん
>こちらは回転が早くて、長縄跳びのように、入り込むタイミングを逃してしまいそう・・・

入り込むタイミングなんかないですよ。
いつでも、なんでも、潤クン関連で言いたいことがあったら書いてくださいませ。
スルーされっぱなしのことがあるかもしれないですが、皆、シロツメクサさんの独自な(天邪鬼とも言う、アハハ)語りを楽しんでいますよ。
あまのじゃくということに関しては私も負けませんし。

Oneコンサートのアンケート、皆様、ありがとうございました。
明日の夜からでも、少しづつ集計をアップしていこうと思っています。

ジャニーズの目指すところ。。。

名前:ミツコ 日付:9月6日(火) 21時48分
JINJINさんには何度かお目にかかったことがありますが、
今日の書き込みを読んで、はじめてJINJINさんその人に触れることができた気がします。
ありがとうございます。
こういうことを出会いと呼ぶのでしょうね。。。
たかが掲示板、されど掲示板。。。

まりさん、メインBBSヘの登場、うれしいです。
ホント、潤クンパワーは凄いですね。
星フリヘの書き込みを続けられることが、まりさんのさらなる前進の一歩になることができれば、光栄に思います。

まりさんやJINJINさんの書き込みを読んで、
潤クンが酷寒の滝に打たれながら、
「嵐のこの5人にしかできないことをして、世界中の人を幸せにしたい!」と叫んだことを思い出しました。
彼らだけしかできないことをしながら、今まさにこうして多くの人達を幸せにしているんだなあと実感しています。

所詮ジャニーズ・・・と、専門家や無関心な人達に言われたとしても、
こうして、多くの人達に生きる喜びや楽しみ・パワーを与えることが、ジャニーズのエンターティメントの目指すところなのかもしれない・・・と、今思いました。

|

『H』の発言(稼ぎ時)



名前:ミツコ 日付:9月1日(木) 22時11分
こっこさんの投げかけを読んで、
「あたりさわりのある男になりたい」と言っていた潤クンが、また何か物議をかもすことを言ったか・・・
と、ワクワクしながら、今日仕事帰りHを立ち読みしてきたけど、
当然のことばかりのコメント。(ちなみに私もあたりさわりのある管理人を目指しています)

あのね、ファンと相思相愛と思っているのも本音なら、稼ぎ時と思っているのも本音なんだと思う。
彼の中には人一倍多くの人格や視点や感性があるから、汲めど尽きぬ魅力が溢れているわけだし、
お金に象徴されるような、超現実的な面を持っているから、多くのスタッフを動かし、あれだけ素晴らしいコンサートを作り上げることができるんだと思う。
プロデューサー的資質とも言えるけど。

それに、そういう彼だから、ジャニーズの夢の王子様に留まらずに、俳優として、例えばビジネス界の裏で暗躍する底知れぬ男・・・みたいな現実的な役も違和感なくできるだろうと想像できる。
私は、ファンに冷や水を浴びせるような彼の言葉に、彼の無限の可能性を感じるのね。
狭い世界・価値観の中で生きてはいない証拠だと思うから。

こんなことを書いたら、せっかく問題提起してくださったこっこさんを傷つけてしまうかも・・・と思うけど、
「人一人傷つける勇気がなければ、何百何千人を救うことができない」という言葉を、今思い出しました。
あたりさわりのある人間というのは、その言動で誰かを傷つけてしまう可能性が高いってことなんだよね。

でも、あたりさわりないことだけを言っていたら、同じところをグルグル廻っているだけで、何の進歩も深まりも生まれないと思う。
仲間じゃない発言も、甘えの負のスパイラルに陥りたくないという気持ちからだと思うのね。

ということで、潤クンには、これからもドシドシ本音発言して欲しいなあと思います。
彼が年上にモテル理由は、ツッコミどころ満載だからなわけで、
聖人君子のような男には、力強さもセクシーさも感じないもの。


義父のこと。。。

名前:ミツコ 日付:9月2日(金) 17時19分
まさみさん、はじめまして。
私が前々から、星フリを仲間内のサイトにしたくないと言っているのは、
まさみさんのような方が、気楽にご意見・感想を書きこみできる雰囲気にしたいと思ってのことでしたので、真摯にお考えを書いてくださって、とってもうれしいです。
おっしゃること、いちいちうなづいてしまいます。

私は潤クンがアイドルなのに、お金の話をするのが新鮮な驚きでした。
それも芸能界でよくあるハングリーとか成り上がり・・・とかいうコンプレックスの裏返しみたいな感じではなく、
ごく当たり前の欲求として、お金が欲しい、家が欲しいとストレートに言うのは、すがすがしく好ましいものでした。
稼ぎ時というのも、日常会話での普通の言葉だと思っています。

でも、こっこさんのようにショックを受けられる人もいらっしゃる。
まさみさんがおっしゃるように、それぞれの受け取り方の違いなので仕方ないのですが、
この感性の違いはどこから来るんだろう???と考えてしまいました。

それで思い当たったのが、義父のことです。
あたりさわりのないいい人で、私は嫌な思いなど全然したことがないんです。
でも、ダンナの祖父が一代で築いた会社を引き継いだ途端、あっという間に会社は傾き、そして倒産。
ですから私には、いい人やっていたって、200人以上の従業員とその家族を路頭に迷わすことになったらしょうがないだろう・・・という思いが骨身に染みてあるんです。

私の感じ方・考え方が一般的だとか正しいとか思っているわけではなく、
そういう体験を経てきているから、仕方ないんです。

ファンはこれまでの経験で培ってきたそれぞれのフィルターを通して、潤クンの言葉を好き勝手に解釈するしかないんですよね。
そして彼の言動に翻弄され、自分の中で折り合いをつけながらファンをやっていく。
折り合いがつかなくなったら、遠のいていく。。。
でも何かの折に、自分の中に潜んでいた秘密の部分に火がつけられて、また燃え盛っていくこともある。

潤クンの感性も、ファン一人一人の感性も、それぞれの歴史を背負っているわけだから、
それが合えば幸福な出会いだし、
合わなくても、だからこそ興味を引かれる場合もあるし、
どうしても受け入れられない場合もある。
どうしようもないことなのでしょうねえ。。。


「どうして松潤だけが歌わないの?」

名前:ミツコ 日付:9月3日(土) 12時13分
いちごさん、はじめまして。
初登場、とってもうれしいです。
いちごさんの書き込みを読んで、潤クンは、ごく平凡な家庭で、幸せに育った健全な男の子だったんだなあ・・・ということを思い出させてもらって、すごくさわやかな気持ちになりました。
私達は、潤クンの華やかな外見や、色っぽいダンス・演技などに魅了されて、過度な期待をしてしまうんですが、その中身は、働いて、稼いで、家庭を持って・・・という普通の幸せを求める22歳の男なんですものね。
とっても肝心で大事なことを、いちごさんに気づかせていただきました。ありがとうございます。
これを機会に、どんどん星フリに登場してくださいませね。

ところで、友達にメールで、「バラエティ番組で、どうして松潤だけが歌わないの?」
と、真剣に聞かれてしまいました。
何と答えればいいのでしょう???


こっこさんと潤クンの同じ魅力。

名前:ミツコ 日付:9月4日(日) 14時54分
今、今朝のこっこさんのブログを読んで、なんて魅力的な人だろう・・・と思ってしまいました。
そして、私が潤クンに惹かれる理由もやっとわかったような気がしました。
二人とも、独自の感受性を持っていて、その時々に感じた気持ちを正直に吐露される。
人からどう思われようと、
こっこさんのブログにあった「それが私だから」と、気持ちの揺れや、ショックを飾らずに発信する。
誰が見ているかわからないから・・・と、自分を防御することをしない。
そういうこっこさんや潤クンのピュアな心に触れて、
読む方も、自分が忘れかけてしまっている本当の自分・ピュアな自分が触発されて、
新たな自分探しの旅に出ることができる。

だから、潤クンファンをやめられないし、
こっこさんが潤クンから離れて欲しくなくて、
必死で考えて、書き込みをして。。。

|

星フリのアンケートの意義

8月31日(水) 23時59分
私ね。潤クンのことを考えると、とにかく胸がキュンとなって、泣きたくなりそうで、なんと表現したらいいのかわからない気持ちになるんで
す。
これが、愛とか恋とか言うのかはよくわからないけど、
確実に言えることは、そんな潤クンの役に立ちたいと思っていること。
アンケートも去年の夏コン終了後に初めてやったけど、
皆同じように嵐のコンサートを楽しんだはずなのに、具体的な好みとなると、それぞれの人がなんと違うんだろう、そして私とも違うんだろう・・
・と驚きました。
気がつかなかったことだらけで、こういうアンケートをすることは絶対に潤クンの役に立つはずだと確信して、
その後も機会があるごとにアンケートをしてきました。

そして、今回潤クンから、「コンサートの感想をJ-WEBに送って欲しい。必ず目を通すから。」というコメントがあって、
ああ・・・私がしてきたことは間違っていなかったのだ。
こういうことを必要としているから、さらに多くの人の感想を求めているんだと思いました。

今まで、多くの方がアンケートで、
よい点・よくない点を率直に書いてくださいました。
私が思うに、こういうことをキチンと書いてくださる方というのは、
甘い言葉だけが愛の言葉ではないということを、
実感されているのではないかと思うのです。
聞いたときは辛くても、それを糧として現実に向き合ってこられた体験がおありなのではないかと思うのです。
つまり潤クンと似た資質を持っている方々が星フリに集まってきて、アンケートなどに協力してくださっているように思え、本当に誇らしくうれし
いのです。

J-Webに夏コンの感想を送られた方もたくさんおられるでしょうが、
星フリのアンケートは、質問が具体的ですし、後で集計もしますので、別の価値があると思います。
また、J-Webに送ったものは、他のファンは読むことができませんが、星フリのアンケートはお互いが読んで、なるほど~と刺激し合うことがで
きます。

私は、このアンケートを通じて、「よかったねえ~」とか「楽しかったねえ~」という言葉がいかに漠然として曖昧なものであるかを実感していま
す。
満足度を数値化したり、好きなパフォーマンスに順位をつけたりすることで、「よかった・楽しかった」という気持ちが、いかに千差万別であるか
を知ることでき、
このことが、実際の人間関係でも、役に立っていると思います。

ということで、”ONE”コンサートのアンケート、9月4日(日)が締め切りですので、よろしくお願いいたします。
普段はロムだけの方も、是非是非ご協力いただきたく、お待ちしております。

|

MYOJOの潤ソロの写真

8月26日(金) 1時12分
皆様、MYOJOの潤ソロの写真をご覧になりましたか?
この一瞬を切り取ったくれた一人のカメラマンのおかげで、あのエロイダンスが、崇高な芸術品として、永遠の命を得た気がします。

優れた写真は、一目でその人物の背景や状況や魂のあり方が見える。
私はあのMYOJOのシャープな潤ソロ写真は、どんな優れた報道写真にも勝るものに見えました。
だって、ここまで彼を育ててくれた演出家、振り付け師、先輩、影響を受けた作品、力を与えてくれるファンなど、ありとあらゆるものが結晶と
なって、あの1枚の写真を誕生させたように思いますもの。

そして松本潤の肉体の魅力は、サイボーグではないこと。
サイボーグだったらどんなにダンスが上手でも、見る者を跳ね返すけど、
潤クンの場合はどんなに鍛え、指先まで神経を行き届かせて踊っても、
そこには柔らかい遊びが残り、見る者の心を吸い寄せてしまう。
彼の肉体と精神の柔軟さが、底知れぬ魔力となって、私達を狂わせるんだよね。

あのMYOJOの写真を撮ったカメラマンも、その魔力に吸い寄せらたのかもしれない。。。

|

沢田慎に落ちる必然性。。。

8月23日(火) 1時39分
今日は、なんだかとっても元気がなくて、何もしたくなくて、星フリヘの書き込みもパスして寝ようなんて思っていたのですが、
ふうきさんのメインBBSヘの初書き込みで、「星フリはバイブル」なんて書いていただいちゃって、
なんかビックリして目が覚めちゃったです。
ありがとうございます。

あのね、よく潤クンは好きだけど、結婚相手にはちょっと・・・というような声を聞くんですが、
私、潤クンは口は悪いけど、気はやさしい男の典型だと思っているんで、結婚にもお薦めタイプだと思っているんです。
でもね、今日の私みたいにまったくダメ人間で何もしたくなく自己嫌悪になっちゃったりすると、
こんな自分でも受け入れてくれるかしら・・・なんて思っちゃう。
結局、潤クンは結婚相手としてはどうかしら?というのは、ダメな私を受けいれてくれなさそう・・・ってことかもしれないと思っちゃった。
そんな心配してもしょうがないのにねえ。。。

そっか~、こっこさんは「はけ口でもいいよ」に落ちたんですね。
こっこさんの説明を読んでいると落ちるべきして落ちた。。。落ちる必然性があった・・・という感じですね。

私は、ごくせんの7話で、慎が取り調べ室に入ってくるときの暗い眼にドキッとして、
その後の、妹を守るためにヤンクミに何も言わないでくれと頼むところで、心底ビックリして感動しちゃったんです。
自分を捨てて妹を守る抜く・・・ということが、いかにもドラマや映画の作り話の安っぽさではなくて、
この若い男の子の全存在をかけての崇高な思いに思えて、私の魂が揺らいじゃったんです。
この時の沢田慎に落ちたのも、私にとっての何か必然があったのだろうか・・・・?と、こっこさんの書き込みを読んで、今思いました。


創り過ぎずにちょうどいいところを自分でみつける(byジョニーデップ)

名前:ミツコ 日付:9月11日(日) 23時59分
うわ~、fufuさんの慎、二話で車にイタズラされてキレテいる生瀬教頭に向かって、ニヤッとしたところですよね。
あの時のあの顔!と特定できる表情を数え切れないくらい持っている潤クンもスゴイし、それを描くfufuさんもただ者ではない。
私、真田クンのファンを20年近くしてきたけど、あの表情・・・と特定できるのは、『高校教師』で水鳥を眺めながら泣くところ・・・くらいしかないのね。
でも今じゃ、ハリウッド、イギリス、中国映画・・・と国際スターということらしい。。。
彼も、「所詮アクションスターでしょ」とさんざん言われたなあ。。。(遠い目)

WAKOさん、ジョニー・ディップが、「役創りは創り過ぎずにちょうどいいところを自分でみつける」と言ったのですね。
ふうむ。深い。
この言葉、どこかで聞いたことあるなあ・・・と思って考えていたのですが、
演劇をやっている人が、「発声のトレーニングは、一番楽に声が出るところを自分で見つける過程」と言っていたことを思い出しました。
「ちょうどいいところを自分でみつける」と言葉で言うのは簡単だけど、現実には試行錯誤の上、演じる側も見る側も心地良い領域を探りあてることなのでしょうか。。。
モモなんか、まさにそういう過程を経た気がしますが、だからこそ魅力的な役作りができたのでしょうかねえ。。。

|

潤クンは、アナキンのような悪を魅力的に表現すると思う。

8月21日(日) 14時59分
スターウォーズ見てきました。
アナキンのような役を潤クンにやって欲しいです。
アナキンは、人間誰もが持っている善と悪(ジキルとハイド)を、悲しいまでに切なく演じていましたね。
美しく強かったはずの勇士が、愛する者を失いたくないという弱さのために、ハイドになっていく。。。
潤クンなら、悪魔に魂を売り渡してからを、あのインパクトのある顔と、人間の深い悲しみをたたえた眼の演技で、アナキンのような恐ろしい役を
魅力的に演じることができると思う。

プロポーズを見て、松潤は二つ以上の異なった感情を同時に表現できる俳優だと思ったの。
例えば、ベッドの上で財前さんを見上げる目は、自嘲と甘えを同時に表現し、
炎の中から出て来た時は、やった~という誇りと照れの両方が出ていたし、
プロポーズしているときは、力強い決意を語ると同時に受け入れてもらえるだろうかという不安も表現していた。

こういう俳優って、そうそういないと思うんだけど。。。

|

ハッピーバースディ~♪

クレヨンしんちゃんな潤クン、ハッピーバースディ~♪

名前:ミツコ 日付:8月30日(火) 18時36分
おお~、fufuさんのHAPPY BIRTHDAY TO JUN、
私の思い描く潤クンの本質にドンピシャ!です。
焼き海苔まゆ毛(by相葉)にしもっぷくれなお顔、シニカルにゆがんだ唇に、おねえさまを射抜く流し目。
これぞまさに、クレヨンしんちゃんではありませんか。
カッコヨク見えたいとササミづくしで頑張るけど、イマイチポヨヨ~ンなお腹とか、
斜に構えてスポットライトの中に立つお姿は、愛しさ100万倍。

私の中の潤クンは、クレヨンしんちゃんのように、
キレイなおねえさん大好きで、デレデレ~としながらも、
寺島さんのような真っ向勝負は、手のひらで転がしながら、ウシシシ。。。。。
「いなり寿司~!」をシレ~とやるのと同じような流れで、
コンサートで、腰振ってエロエロダンスしてるの。

ということで、22歳おめでとう♪
今のまま、ヤンチャで、スケベで、傲慢で、研ぎ澄まされた頭脳で、可愛らしさでいてね。


18人→48人

名前:ミツコ 日付:8月31日(水) 1時23分
ぴぃさん、初登場うれしいです。
縦横無尽に暴れまわっていただいて、星フリを若手パワーで圧倒していただきたいと期待しています。
耕二落ちだそうですが、人妻でない人の耕二落ちのポイントは何だったのか、是非お聞きしたいです。

1年前の8月30日の過去ログを見てみたんですよ。
ハッピーバースディメッセージは18人だったのが、
今年は48人でした。
この増加は、この1年間の潤クンの仕事の充実ぶり、魅力に磨きがかかってきたことを示しているんでしょうねえ。。。

|

ミンテレは、ナルシズムの殻を破らせるため?

芸人の海に放り投げられたミンテレ。

名前:ミツコ 日付:8月17日(水) 22時16分
夕食食べながらミンテレ見ていて、
ああ・・・これがゴールデンタイムのバラエティなんだなあ・・・と思った。
D嵐やまご嵐とは全然違う、華やかなオーラがあるんだよね。
内容がどうとかじゃなくて、日本中のいろんな家庭で何気に見ているんだろうなあという輝き。
そんな中、カツン、和田さん、あやや、優ちゃんには、1回の番組中、何回もおいしい場が与えられている。
なのに潤クンは、海千山千の芸人達の海に放り投げられて、さあ、ここから這い上がってみろ!と突き放されたお坊ちゃまみたい。。。
サザンの桑田さんの歌マネ(上手かった!)をして、上から吊られた芸人さんが、
「終らすな。何でもいいからおいしいとこ拾って突っ込んでみろ!」と叫んでたけど、あれは潤クンに向けて言った言葉かな?
あの芸人さん達は、テレビに映る何秒かに命賭けてんだろうねええ。。。
台本にあることしか言わないジャニーズに、そう叫ばずにいられなかったのだろうか。。。
それとも、自分が少しでも目立つためのエジキにされたんだろうか。。。
いずれにしても、厳しい状況におかれているねえ。。。

先日の唐沢寿明さんが、
オーディションに落ちまくり、しかも、実はすでに決まっていたり・・・とか、
主役を引き立てるための脇役に使われて、ヒドイ目にあった話とかしていたけど、
そういう悔しさがバネになったんだということがよくわかるインタビューだった。

潤クン、応援しているよ~。愛してるよ~。


ミンテレHPに、感想メールしてきました。

名前:ミツコ 日付:8月18日(木) 0時40分
摩耶さんと葵さんの書き込みを読んで、私も!と思い、
ミンテレHPに、↓のように感想メールを送ってきました。

*****************

ミンナのテレビ、いつも拝見しています。
コントも楽しいし、特にRAG FAIRの歌は素晴らしいです。
でも、雑多な感じで番組自体がしまっていない気がするのは、
司会という柱がビシッと存在しないからだと思います。
松本潤さんが一応メイン司会者ということらしいですが、
今回もエレキコミックという芸人の方が横について、
話を持っていってしまって、
誰が司会かわからない状態になっていました。
松本潤さんが司会者なら、司会を任せるべきだと思います。
そうでないと、いつまでたっても司会者は育たないし、番組も迷走し続けると思います。


ミンテレ・コント見て、笑ってしまう自分が悲しい。。。

名前:ミツコ 日付:8月19日(金) 0時20分
ミンテレのコント見て、笑ってしまう自分が悲しい。。。
ミンテレのコントって、ドリフとかシャボン玉ホリデーとかみたいで、古典的で年寄りにはわかりやすいんよ。
和田さんの「付いてるもん付いてんだろ~」の迫力には脱帽しちゃったし、
仁クンのボ~ッとした二枚目って、コントには使いやすいんだろうなあ・・・って思った。
潤クン、コント是非やりたいって言っていたけど、
顔がいかにも利発そうで、コントの台本作るの難しいかもしれないって思った。

うう・・・ん。
でもドリフで言えば、長さんが潤クンで、高木ブーさんが仁クン?とも考えられるか。(なんちゅう例えや)

まあ、潤クンがドラマに次々出て、あらまた~?!ってくらい余裕ぶっこいているのと、
ミンテレのような番組で、おいたわしや~と心がかきむしられるのと、
ファン心理としては、どちらが盛り上がるんだろうか・・・と思ったりして。。。(泣)


ミンテレは、ナルシズムの殻を破らせるため?

名前:ミツコ 日付:8月19日(金) 18時39分
さっき、SMILE AGAINを更新したら、たまたま一番上に来たタイトルが、”彼女に言われたい言葉が、「超バカ」”だった。

昨日私、満4年の定期検診だったんだけど、
主治医が大学病院の診察が人数が多すぎてこれ以上無理なんで、土曜日に個人病院を借りてそこでも診ている・・・と聞いて、
真剣に「アホじゃないですか?!」って言ってしまった。
それに対して、フッと自嘲気味に、「自分でも本当にそう思うけど、抜けられないんです」と言っていた。
毎日、始発で病院に行って、終電で帰ってくるという激務で、それでも仕事が増えて増えて、すでに倒れて生死をさまよったことがあり。
それでも断われない彼。
「ストライキしたら?」「医者にストライキ権はないんです」
「仮病は?」「僕にはできません」
あ~、そんなんだから、皆、アンタに甘えてオンブニダッコするんだよ~!って、腹が立ってきた。

4年前、2つの病気が同時にわかり、そこに至るまでの経過でスッカリ医者不信になっていた私は、
自分が納得するまで調べまくり、病院を訪ね歩き、
8件目で彼に出会い、どんな質問にも、納得のいく答えを誠実に答えてくれた彼とその同僚に、自分の命を託した。
入院中にも仕事に通えるように手配してくれ、
手術後に彼が提示したあらゆる治療を私が拒否したにもかかわらず、
何度か一緒に飲みにも付き合ってくれた。
私にとっては、本当に命の恩人。
でもその彼は、今は自分の命を日々削って働いている。

彼のように真面目で一生懸命で人のために頑張っている人たちが、いろんな分野を支えているのだろうし、
ジャニーズにも似たような状況で働いている人たちがいるのだと思う。
前にも書いたけど、ノー!と言えることの大事さ。
命は一つしかなくて、誰も助けてくれないよ。

私はいろんな経験をして、どんな分野でも生き残るには生き残る理由があると思うようになった。
例えば、ミンテレのアッコさん。
歌の圧倒的パワー!
そして、コントをするときの開き直り!
スゴイ!です。

なぜ潤クンがミンテレの司会に決まったのか、誰が決めたのかわからないけれど、
もしかして、彼のナルシズムをコテンパンに叩きのめすことが目的だったりして・・・なんて思いはじめました。

彼の人並み外れたように思えるナルシズムは、アイドルとして、俳優として、素晴らしい武器になっていると思うけれど、
実は、それが足かせ手かせになって、大きく成長することの妨げになるのかもしれない。
ノーと言えない私の主治医ももしかしたら、自分がいないとこの病院は成り立っていかないと思いたいナルシズムの塊かもしれない。

摩耶さんがSMAPの中居クンのかつての話を教えてくださいましたが、
彼の司会者として成功するまでの奮闘が、SMAPの起爆剤になったのかもしれないので、
もしかして、潤クンにも嵐がもっとパワフルな集団になるための使命を、ミンテレで与えられているのかもしれないと思ったりする。
潤クンがナルシズムの殻を自らのパワーでぶち破り、捨て身で開き直った時、
潤クン自身にも、嵐にも、大きく道が開けてくるのかもしれない。


勇気ある俳優になるために&ミンテレ

名前:ミツコ 日付:8月20日(土) 0時7分
事務所が何を考えているか?
ジュリーさんは、映画スターを育てたい・・・と以前言っていたそうな。。。(潤クンのことではなく、漠然と)
それから、どんなにイメージアップにつながることでも、お金にならない仕事はさせない・・・とも雑誌で言っていたそうですね。。。

私だったら、せっかく今まで良い仕事をしてきたのだから、映像の仕事選びはものすごく慎重になると思う。
今までの彼の映像や舞台の仕事のビデオを持って、これぞ!と思う映像・舞台製作者に売り込みに行くわね。自信満々でね。
と同時に、バラエティやコンサートでお金を稼いでもらう。
他で稼ぐ方法があるから、俳優の仕事もやる価値があるものを選べるんだから。
そして舞台で、みっちり確固とした土台を作る。

また一方で、ミンテレのようなナルシズムや無用なプライドを捨てざるを得ないような仕事もさせる。
いい気になってつぶれていった多くの先輩の二の舞にならないように。。。

たまたま今、朝日の今日の夕刊を読んだら、犬童一心という映画監督が、今一番オファーが多いであろう紫咲コウさんのことを書いていて、その中の一節が、私がさっき書いたことに通じるような気がして、ちょこっと書きます。
「俳優を望みながら、役を演じることにモラルや世間体やそう見られたい自分が紛れ込んでいる人たちが多い。優れた俳優は勇気を持っている。面白そうと思ったら、つまらないことにとらわれず、その役に飛び込んでいく勇気・・・」

松本潤という人は、優れた俳優になれる才能を持っているけれど、
幸か不幸か、アイドル的な人気もあり、こうであって欲しいと望んでいる大勢のファンがいる。
それがこう見られたい自分へのとらわれにもなりうる。
それを捨てることができるかどうか・・・が、勇気ある俳優になれるかどうか・・・の分岐点なのかもしれない。。。

なんて、思っちゃって、まるで事務所のやり方を追従しているわ~。
でも、そろそろ映像の仕事をして欲しい時期だわ。
演劇界のゴールデンエイジに選ばれた人たちは、ドラマなどで大活躍だものね。。。

それにしてもミンテレについて、こんなにあなたのことを思って考えてくれて、
HPに意見を書き送るファンがいて、
潤クンは幸せものだよ。

以前書いた、狗留孫山の醍醐の教えに、
「行動があれば、反省があり。反省のあるところに進歩あり。」とあったわね。
渦中にいる本人には見えなくても、真剣に見ているファンには見えることがある。
逃げないファンでありたいわ。

|

October 14, 2005

”う○こ”呼ばわりに、嵐の仲の良さの秘密がわかった!

8月17日(水) 17時36分
福岡で、潤クンがニノに”う○こ”呼ばわりされて、崩れ落ちながら大笑いしていた・・・というレポがありましたが、
これを読んで、嵐5人の仲の良さの秘密がわかった気がしました。

お互いが、一見ヒドイ言葉のように思えるものを、面白がって受け入れるから、和気藹々と楽しくいられるんだよね。
誰か一人でも、「なんだよ~!」と本気で怒ったり、
本番が終ってから、「何であんなこと言ったんだ?!」とか言うんだったら、
嵐のあの雰囲気はできないだろうねえ。。。

潤クンがキレル話もネタにされ、そのネタを喜んでいる潤クンがいるから、OKなんだよね。

MCは、どこまで打ち合わせをしているのかわからないけれど、
毎回出たとこ勝負で、5人がお互いの話を拾いあって、ツッコミを入れ合って、バカ言い合って。。。
これって、お互いが気分を害することは絶対にない・・・という信頼感があるからできることなんだろうねえ。。。

何故、気分を悪くすることがないか?
それは、自分に自信があって、人から言われたちょっとした言葉で傷つくことなんかない、確固とした自己があるからなんだよね。

潤クンとかニノなんかは、かなり毒舌っぽいことを言うけど、
何故、平気でそんなことが言えるか・・・と言えば、
自分がそんなこと言われたって、平気だし、面白がる人間だからだと思う。

嵐コンは、何度行ってもまた行きたくなる・・・というリピーターの多いコンサートだけど、
それは、MCはじめいろんなことが毎回変わってくるし、何が出てくるか予測がつかないから。

それができるのは、嵐5人の間の信頼感やスタッフ・ジュニアなどとの信頼があるから。
そして、毎回の変化にすばやく対応できるのも、自分ならできるという、それぞれの自己に対する信頼があるからだと思う。
そうでなかったら、そんなことできない・無理だ・・・と足を引っ張り合って、結局同じことを繰り返すしかないもの。


|

演劇界のゴールデンエイジ

8月13日(土) 1時31分
読売新聞の8月6日の夕刊に、演劇界のゴールデンエイジとして、成宮寛貴クン、森山未来クン、藤原竜也クン、生田斗真クン、中村勘太郎&七之助兄弟、そして、我等が松本潤クンがあげられていたのは、皆さん、他サイトでご存知だと思います。

こうして見ると、森山クンと藤原クンとは接点がありませんが、他の人は全部、潤クンの親しい友達たち。

舞台で評価されるというのは、厳しい稽古を積んで、生身の身体で、まったくごまかしようのない実力を認められること。
高い評価を受けるに至るまで、壁にぶち当たリ、演出家からおこられ、自信をなくし、自問自答しながら、それでも食いついていき、でもまた叩かれ・・・・を繰り返してきたのだと思います。
そういうお互いの辛さ・悲しみがわかりあえるから友達になれる。
バカ言ったり、毒舌を言い合っても、底に流れる優しさが骨身に染みる。
そして互いに元気をもらい合って、また次に頑張れる。

よかったね。潤クン。
エデンの東、本当に素晴らしかったもの。
そして、いい友達が持てて幸せだね、潤クン。


勘三郎さんと唐沢寿明さんなどとの対談

名前:ミツコ 日付:8月14日(日) 1時33分
まごまご嵐が終ってそのままテレビをつけていたら、唐沢寿明さんと中村勘三郎さんの対談が始まったの。
「ジャニーズの人たち・・・」と唐沢さんが言うんで、えッ?!と急に真剣に見ちゃった。
唐沢さんが、「ジャニーズの人でも、すごい芝居することあるし・・・」と言ったら、
勘三郎さんは我が意を得たリという感じで、
唐沢さん「彼らは2分前まで司会やったりしているのに、パッと集中してすごかったりする。自分達のように俳優だけやっていると、時間があるだけに甘えが出ちゃって、集中するまでに時間がかかったりする。結局集中力だね」
勘三郎さん「それと、人間だね。人間だよ」と言っておられました。
その後、唐沢さんは、「時代はもう主役・脇役と分ける時代じゃないのに、自分より下の年代でも、主役を引き立てるために、力のない人を脇に集めたりする。」
と言ったら、勘三郎さんが、
「ラストサムライの真田見た?よくあんなヒドイ役引き受けたよね。おいしいのは明らかに渡辺謙の役で、真田は何もしゃべらないのに光ってた・・・」ようなことを言っていました。
そのあと勘三郎さんは、鶴瓶師匠、野田秀樹さん、官籐カンクロウさん、渡辺えりこさん、大竹しのぶさんとインタビューを続けていくんですが、
面白くてドンドン惹きこまれて見てしまいました。
渡辺えりこさんは、コクーン歌舞伎の初日に、1幕と2幕の間に楽屋にきて、「だめだよ、だめ」とタバコをスパスパしながらダメ出ししたとか。「だって、こうやったらもっとよくなるのに・・・と思ったら、黙ってられなくなったの」って。
こういう人を勘三郎さんは、大親友と呼ぶの。
そして大竹しのぶさんは、勘三郎さんが死んだら、「純粋な人だった。役者バカだったと言ってあげるわ」と言っていました。
このインタビューの間、勘三郎さんは、目を輝かせて、相手の話が面白くて仕方ないって感じなの。
それを見ていて、人間って、いろんなことを知れば知るほどもっと知りたくなって、さらに純粋になっていくんだなあ・・・って思った。
きっと、潤クンの話もこんな風に興味深々で聞いてくれるんだろうと思った。
私が大人の男に落ちることがあるとすれば、こういう男だな・・・と思うほど魅力的だった。
そして、こういう人に可愛がってもらって、自宅に入り浸れるなんて、潤クンはなんて果報者なんだろうと思ったわ。
勘三郎さんからの影響は、トンデモナク大きそう。

|

仁&潤 /翔・潤

仁&潤

名前:ミツコ 日付:8月12日(金) 1時52分
うわさのDuetの仁・潤対談を読んできました。
まあ、なんというか似た者同士ですねえ。
顔が満月と三日月の違いだけで、
態度のデカイ先輩と生意気な後輩。
だけど、歳も1つ違うかどうか・・・という微妙な関係。
キャラもかぶるしね。。。

どっちも自己中で、人の話を聞いているような振りして、実は思い通りにしている・・・とか。。。
心を開けなかった・・・とか言っていたけど、
そりゃそうだろうねえ。。。

私、人間凸凹相性理論との発案者なんですが、
例えば、潤クンと大ちゃんなんかは、実にこの凸凹がうまい具合に噛み合っていて、抜群の相性だけど、
仁・潤は、凸同士で、お互い同じ匂いを感じて近づきたいし、中身を知りたいと思っても、凸がぶつかりあうものね。

この二人、同じグループでなくて本当によかったよ。ふう~。

翔・潤の対比

名前:ミツコ 日付:8月13日(土) 11時48分
こっこさんのブログの、翔クン・潤クンの対比が面白かったので、私も。。。

私の凸凹相性理論でいけば、確かに二人とも凸同士。
でも、この二人がぶつからずにすむのは、
潤クンがどこまでも凸なのに、翔クンの凸を貫けない中途半端さに救われているような気がするの。
翔クンはものすごい努力家で能力もあるのに、
例えば、芸能界にあって、「慶応出たってたいしたことナイッス」というスタンスだし、
学校の友達たちの中にいれば、「ジャニーズたってたいしたことないよ」というスタンスで、たぶんいそう。。。
そういうスタンスでいる方が、反感買われずにすむから。

印象的だったのは、WSSの大阪の千秋楽での二人の挨拶のあまりの違い。
潤クンは、真っ直ぐ上を見て、「これからも精進して、またウェストサイドに呼んでもらえるような役者になりたいです」と毅然として言ったのに対して、
翔クンのトニーは、ハッキリ言って、潤クンのベルナルドよりもずっと素晴らしかったと思うのに、
ああ、やっと終ったよ、ヤレヤレ・・・というオーラ全開で、「ずっとヨーヨー(ラップのこと)やっていると思ってたのに、まさかウェストサイドやることになるとは・・・」とヘラヘラ言っていて、
翔クントニーの頑張りに大拍手を贈リたかった私は肩透かしされちゃったんです。

それと、よく翔潤が何故絡まないのか?という話題になるんだけど、(あら技のクイズで翔クンが優勝しても、他の3人にピタ~とくっついて喜んでいるのに、潤クンとは、すごく離れていたり)
私が思うに、翔クンは秩序の中に居心地の良さを感じる人だと思うの。
例えば、頑張れば点数が良くなる・・・とか、年功序列とか・・・常識を重んじる・・・とか。
だから、潤クンが2ツ年下で、翔クン大好き(スッピンアラシのビデオの最後なんか、翔クンに愛を告白していましたね)と慕っている間は、とっても可愛い後輩だったけど、
潤クンがあれよあれよというまに生意気になって、
自分を通り越して、スタッフに指示を出したり、芸能界の大先輩とタメのような付き合いをしたりするようになると、何とも言えない居心地の悪さを感じたりするんじゃないのかなあ・・・なんて、
私は自分勝手に想像したりしています。


一番シビアなのは、ファン。

名前:ミツコ 日付:8月15日(月) 1時22分
翔・潤コンビの謎解き、いろんな視点からの分析、
とっても面白く読ませていただきました。
こういうのって、私すごく好きです。

名古屋ッ子さん
>親心、なんだろうか?違う気がする。
>いつまでもファンでいさせてね、と願う裏返しじゃないかな・・・

あっ!と、私の心が腑に落ちました。
そうなんです。
いつまでもファンでいさせて欲しいから、辛口も言うし、アンケートをしたりするんですよ。
あのね、一番シビアなのは、実はファンだと思うんです。
今回のコンサートだって、素晴らしいから、追加公演のチケットを欲しい人がたくさんいるし、
地方まで追いかけていく。
ガッカリするようなものだったら、チケットは売りに出されるよね。
潤クンが雑誌で、「ファンは変わるものだけど、家族は変わらないもの」と言っていたけど、
そういうシビアな現実を骨身に染みているから、
ファンが満足して楽しめるものを作ろうと頑張っているんだと思うの。
だって魅力を感じなくなったら、昨日まで「キャ~素敵、大好き~」と言っていた人たちが、黙っていなくなるんだもの。

潤クンも嵐も、本当に厳しい現実を生きていて、
そして、私達に夢を与えてくれている。
本当なら、身も心ものんびり休める時間を持って欲しいけどね。。。。。

|

私は『Mrs.ハイド』

8月11日(木) 15時59分
HNを『Mrs.ハイド』に変えようかと、真剣に思案中です。
だってさ~、いい人なんかやっていると自分も窮屈だし、人も窮屈にするよね。
映画だってドラマだって、悪女が魅力的じゃん。
皆に嫌われまくっても、我が道を行くカッコヨサ!

fufuさんのOneコンの5人の絵、私的には久々(?)のヒット!
ニノが、あの踊り・歌のイメージが一瞬に凝縮されていて、ドキッとしました。
潤クンのタレ目のゆる~いエロさ。うッふ~ん。。。
そういえば、札幌で、陶酔の表情していた映像の潤クンを見て、
後ろから若いお嬢さんの、「自己満じゃ~ん」という冷めた大声が聞こえてきました。
まあ、同じものを見ても、人によって感じ方が180度違ってくるいい例ですが、
そういうものにトライしているから面白いし、刺激的。


狗留孫山のご住職

名前:ミツコ 日付:8月15日(月) 22時37分
テレビから、「クルソンザン」と聞こえてきて、えっ?!と見た私。
潤クンが、18歳の時、『真夜中の嵐』で極寒の滝に打たれて、「嵐の5人にしかできないことをして、世界中の人たちを幸せにしたい!」と叫んだとき、
そばで、念仏を唱えてくれていた、あの狗留孫山のご住職が出ていました。
「男らしさとは・・・耐えること」と答えていた、味のある素敵な方が、
あの寺(真言宗・修善寺)に預かっている出征兵士3000枚の写真を家族に返す運動をしているというニュースでした。
今、HPを見たら、『醍醐の教え』ということで、
    夢(目標)がある人には希望がある
    希望がある人には想いがある
    想いがある人には計画がある
    計画がある人には行動がある
    行動がある人には反省がある
    反省がある人には進歩がある
    進歩のある人には夢がある
と載っていました。
あのご住職、潤クンのその後も、見守ってくれているといいなあ。。。

|

本当の優しさとは。。。

アホなのか?という疑問

名前:ミツコ 日付:8月9日(火) 2時43分
私の↓の書き込みについて、少し補足させてくださいませ。

私はプロ野球も結構好きで、よく見ていました。
素晴らしい才能や努力にもかかわらず、ケガで選手生命を断たれた多くのピッチャーを知っています。
男気があって、チームのためにケガを隠して獅子奮迅の働きをする。
マウンド上でのそういう姿は見る人の魂を揺さぶり、本当に魅力的です。
その一方で、ジャイアンツの工藤投手のように、
何を言われようと書かれようと、自分の身体第一を貫いて、40歳を過ぎても第一線で活躍しているピッチャーもいます。
工藤投手がダイエーからジャイアンツに移ったときのダイエーファンの彼の人間性に対する怒りは凄まじいものがありました。

私はかつては、身を削ってチームのため、ファンのためというピッチャーが好きでした。
でも、自分が大病をして、何が生死を分けるか・・・ということを突き詰めて考えざるを得ない状況になって、
私は工藤投手のようになりたいと思いました。
我が身第一で生き抜くことが最優先事項なんです。
生きてさえいれば、なんとかなります。

潤クンは、生き急いでいる感じがするんです。
私は彼のチャレンジ精神が大好きですが、
引く勇気というのも大事だと思うのです。

今回のトロッコ落下の件の真相はわかりませんが、
私には、あのソロダンスを猛スピードのトロッコに乗ってまで、
センターステージで踊る価値を見出せないのです。
つまり危険性とその効果をハカリにかけて、
判断する冷静さも必要だと思うのです。

そういう意味で、エライのかアホなのかと書きましたが、
人間の性格って、なかなか変われるものではありませんから、
彼に対するいとおしさと切なさをアホという言葉で表現しました。

こんな説明をしなくても、わかる人にはわかると思います。
ネットで発信する言葉は、受け取り手の感性の問題だと思っていますから。
似たような体験をしている人はスンナリ理解できるし、共感もしやすい。
相性のよい人の言葉は素直に受け入れられるけど、逆は難しい。

ということで、私は自分が思うことを、責任を持って発信していこうと思っています。


Oneの特典映像

名前:ミツコ 日付:8月9日(火) 17時18分
アルバムOneの特典映像見ました。
潤クン、まさに業界人。
若手敏腕音楽ディレクター(←死語?)って感じで、
女性アイドルに、「ねえ、君のこれからの音作りについて、ゆっくりできるところで話そう」とか言って、肩に手をまわしていそう。。。(ドラ
マ、ドラマ、ハハハハ・・・)

それにしても、モリをやった中3の時は、小学生にしか見えず、
今は、とても21歳のアイドルには見えない。
この短期集中成長は、いったいなんなの?


本当の優しさとは。。。

名前:ミツコ 日付:8月10日(水) 15時58分
葵さんヘ
>ミツコさんは今の嵐クンに人気とか仕事とか不安を感じてる??
>もろもろ読んでいてそう感じたのですが・・・

私は管理人の一人として・・・ではなく、一ファンとして思ったことをできるだけ正直に書いていますので、
その時感じた悔しさとか心配とかがつい前面に出てきてしまうのだと思います。
でも誰かが書いていた『成長する者だけが生き残る』は、まさに潤クンに当てはまる言葉だと思いますし、成長しない嵐を彼が居心地がよいと感じ
るはずがないですから、仕事上での不安は感じていません。

でも、身体については心配しています。
肌荒れも胃腸からきていると思いますし、
あまりにハードで忙しいスケジュールで、しかもケガもつきものですもの。
うらあらし★メールでも、風邪のことは一言もかかず、楽しいことだけ。
健康な身体があってこその、仕事であり、プライベートだと思いますから。

某方から、「ミツコさんの書き込みは、まるでお母さんだ。厳しいことやら心配やら・・・」と言われました。
そうなんでしょうねえ。。。

あいこさん
>ここは優しい人達ばかりで感激です…

私ね、本当のやさしさって何だろうって思うんですよ。
潤クンが、マナーを守らないファンに厳しかったりするのは、
そうしないと、嵐メンや他の大勢のファンを守れないからですよね。
私も、ここから先は絶対許さないという線引きは明確にしていこうと思っています。
それが本当の優しさだと思いますから。


何故、身体を鍛えたんでしょうねえ。。。

名前:ミツコ 日付:7月30日(土) 11時51分
ジェイさん、はじめまして。
怒涛の4回アンコールの代々木初日のレポ、ありがとうございました。
今までロムだけだったのが、書き込みせずにはいられないほどヤラレテしまった嵐コンだったのですね。
大事なファンをカツンに盗られてしまわないように・・・という、潤くん達の執念でしょうか?!(←シツコイ)

ところで、潤クンの身体が随分とたくましくなったようで。。。
今までも、髪をはじめて伸ばしたら、ゴクセンだった・・・
ジム通いはじめたら、東京タワーだった・・・
という前例がありますよね。。。
潤クンって、日頃からコツコツというより、
テスト前に抜群の集中力で・・・というタイプのようで。。。。。。(←無用な煽り?)

ジャニーズファンって、大人になりきらないギリギリのところの男の子が好きですよね。
まだ見ていませんが、今回のR指定ダンスは、そういうファンヘの挑戦ですね。
当然、賛否は覚悟の上でしょうが、
「俺は、従来のジャニーズではない!」という宣戦布告でしょうか?
そして、大人の俳優へステップアップする手段でしょうか?

|

Mステ(LaiLaiLai)

8月5日(金) 23時2分
たった今、Mステの録画を見ました。
話はほとんどさせてもらえませんでしたが、
LaiLaiLai、素敵だった~。
もはや可愛い若々しい嵐ではなく、
大人の渋さとキレのいいダンスが魅力的なコラボになっていた。
嵐も新しい段階にステップアップしたんだなあと思った。
潤クン、歌詞をチラッと間違えたようだけど、生歌としてはまあ良かったわ~。

その後、先輩Gの歌と踊りを見た。
そして、もう一度、嵐を見たら、本当に泣けてきた。
身体のバネが全然違うし、今この一瞬に賭けて歌って踊っている・・・という、真剣・真摯なオーラが胸に迫ってくる。
どうして、こんな素晴らしい子達より、あのGの方が、日本人は圧倒的に好きなの?
この子達の魅力を、みんな、もっとわかってあげてよ~!
人の邪魔なんか決してしないで、
自分たちの努力だけで、ひたすら頑張っているだけなのよ。
みんなわかってあげてよ~~~!!!!!
今はもう、涙涙・・・で、顔がボロボロです。。。


MステのS〇〇Pについて。

名前:ミツコ 日付:8月9日(火) 0時47分
S〇〇Pファンの方がたくさんいらっしゃるようですが、敢えて言わせていただきます。
先日のMステのS〇〇Pはいただけませんでした。
皆様がおっしゃるように、S〇〇Pがここまでになるにはたいへんや苦難の道のりがあったのでしょうし、
嵐も学ぶべき点がたくさんあると思います。
でも、多くのミュージシャンやファンが出演することを切に願っている番組で、
テレビをなめているとしか思えませんでした。
嵐がどんなに人気者になっても、あんな風には絶対なってほしくないと思いました。

何故こんなことをここで言うかといいますと、
『なまあらし』の榊原郁恵さんがゲストの回で、潤クンが、Mステでタモリさんの後ろにビタッとくっついて困らせているように見えた木村クンと
同じようなことをしていたからです。
大ちゃんに絡んで、大ちゃんが困って逃げようとしているのにやめず、ニノもやめさせようとして、榊原さんは、「いいの、遊んでいて?」と生番
組で言っていました。
つまり、潤クンもリラックスしたら、生番組でそういうことをする可能性があると思うのです。

私は人気がイマイチでも、潤クンファンであること、嵐ファンであることに誇りを持っていますから、
何を言われても、どう思われても平気です。
でもどんなに大人気になっても、誇りを持てない人のファンでい続けることはできないでしょうね。

きよみさん
トロッコから落ちたところは私は見ていませんが、
更紗さんのレポやネットでいろいろ読む限り、
トロッコがうまく作動せずに落とされたようですね。
なのに、2部で同じことを挑戦して成功させる潤クンは、エライのかアホなのか。。。
そのチャレンジ精神が、スケステを実現させたわけだけど、
スピードに挑戦するというのは、今までにない試みなわけで、
本当にハラハラさせられます。
ケガをしたかどうかは、ファンはずっと知らされることはないでしょうね。。。

|

スケステ

8月3日(水) 2時27分
潤クン考案というあのステージ、
”ジャニーズ・ムービング・ステージ”なんて、誰も呼ばないよ~。
発案者の名前をとって、【マツジュン】とか呼んで欲しいけど、(ほら、ハリウッドで、背が低い男優が台に乗ることを、日本人俳優・早川雪舟か
ら”セッシュウ”と言われるそうだから)
まあ、言い易いように、【ジュンステ】でもいいなあ。。。
缶ケリの時、メインステージのことを、”本ステ”と呼んでいたから、結局は短い言い方が定着するんでしょうね。
【スケステ】あたりに落ちつきそうだけど、
潤クンの発案だということを、名前に残して欲しいなあ。。。

特許関係も、専門家に相談すべきだと思うんですよ。
結論がどうであれ、こういうことをきっかけに、
法的なことなんかも勉強になるし。。。

潤クンって、すごく男気があって、
ファンに対しても毅然とした態度をとるし、
嵐を守るためには、身を呈して闘う人だと思うの。
でも、自分の利益とか権利を主張したりすることは、根本的にいいヤツなもので、甘いところがある気がするのね。
ここぞというところでは、非情になって筋を通すことが、長い目で見た時、自分のためだけでなく、
あらゆる人にとって良かったという結果になることってあると思うんだよね。


正直言うと。。。

名前:ミツコ 日付:8月2日(火) 22時18分
代々木の前半戦が終って、腑抜けです。
書きたいことがあり過ぎて、でも、それを言葉にする元気がまだありません。
とにかく、松本潤・最高!
嵐・最高!です。
あのエロダンス! Daysのバレエダンス、スケルトン空母の考案、私の男の見る目に狂いはなかった!

ところで私は、星フリを仲間うちのサイトにしたくない、
松本潤を応援するために、いろいろな年齢や状況のファンが、率直な感想や意見を交換できるサイトにしたい・・・と、ずっと思っています。
ですから、正直申し上げて、
今回のコンサート期間中に、オフ会のようなことをやることは、最後の最後まで迷いました。
文字と言葉だけの関係の方が、私が理想とするサイト実現にはベターなのではないか・・・と思ったのです。
でも、楽しいコンサートの後、ファン同士でワイワイ盛りあがりたいですよね。
私がそうだから、他の人もそうかな・・・と思って、
場所などを設定しました。

そして、たくさんの「はじめまして」の方にお会いしました。
そして思ったことは、星フリをわざわざ選んで参加してくださる方は、なんて素敵な人達なんだろう・・・ということです。
東京タワーの透のセリフで、「人は空気で惹かれ合う」というのがありましたが、
文字によるコミュニケーションでも、きっと空気で惹かれ、実際会っても、その空気を共有することができるんだな・・・と思いました。
年齢に関係なく、大人な方達でした。
そして、エロイ話の盛り上がり方は半端なく、
皆様、松本潤を通して、日々研究に余念がないんだなあと感激した次第です。

まあ、何が言いたいかと言うと、
いろんな方にお会いして、ものすごく面白かった!
コンサートと同じくらい楽しかった!ということです。

そして、それと同時に、
文字だけのコミュニケーションを望んでいらっしゃる方にとっても、
居心地のよい星フリであり続けたいなあと、改めて思いました。

ということで、皆様、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

|

2005夏コン(One)

逆風要素がテンコ盛り

名前:ミツコ 日付:7月29日(金) 19時32分
今頃、代々木では盛り上がっているでしょうね。。。
私は、明日の夜が、初参戦です。

明日の夜、私はどんな状態で戻ってくるでしょうか?
昇天して腰抜けになっているか、
いつものように、あれやこれや文句を言っているのでしょうか?

それにしても、今回のコンは評判いいですねえ。。。

おととしの暮れから去年の正月にかけての最後の冬コンは、
初日から音が止まったり、サンザン言われていましたものね。

今年の夏コンは、カツンの下克上の影に怯え、
アルバムの新曲も知らないファンが多いし、
代々木が3公演も追加になったため、チケットが余りまくりな、
嵐にとっては逆風要素がテンコ盛りな1年ぶりのコンサート。
こういう状況に追い込まれるほど、やってやろうじゃないか!と燃えて、コンサート作りをしたのでしょうか???


トホホ・・・です。

名前:ミツコ 日付:7月31日(日) 2時57分
さっき帰ってきました。
なんと、乗換の駅でベンチに座って待っていたら、寝てしまって、終電が行ってしまったのです。
しかたなく、4つ前の駅までしか行かない電車に乗って、その後はタクシーで帰ってきました。

ああ・・・品も知性も美貌もある奥様が、
潤クンのウチワを思いっきり目立つように置いて、
ホームのベンチで酔っ払って、眠りこけている姿は・・・トホホ。。。(ごめんよ~潤クン)

きよみさん、はじめまして。
今回のコンサートに感激して、星フリに登場してくださって、とってもうれしいです。
生で見る潤クンのダンスは、本当に感動ものですものね。
なんといっても、彼は、常に進歩しているのが最大の魅力ですね。
一緒に彼を追いかけていきましょう。
これからも、どうぞよろしくお願いいたします。

ネタバレに、今の感想を忘れないうちに書いてきます。

代々木30日2部(今年の初コン) / ミツコ ♀ [関東]

うう・・・ん。ネタバレを読み過ぎたなあ。。。
見る前に、すっかりイメージができてしまっていて、
驚きの感覚が薄れてしまったようで残念です。

まず、潤クンのセクシーソロダンス。
R指定とかそんな感じじゃなくて、
一つの芸術品として、素晴らしかった~。
ジャニーズ・・・とか、嵐とか、そういう枠を大きく超えた、
本当の意味での大人のダンスだと思った。
たくましくなったのに反比例するかのように、身体がさらに柔軟になって、
あんな美しくたくましくセクシーに踊る人は、いるんだろうか???と思った。
成長するということは、こういうことなんだ!と、目の前で見せてくれました。
松本潤、あなたは筆舌に尽くしがたく素晴らしい!!!
映像の中で、女性達に身体をいじられているときの表情は、さりげなくエロクて、ああ・・・男の人ってこうなんだ・・・と、妙に納得させられる
ほど、子宮にくるものがありました。
ただ、残念だったのは、バックの映像と潤クンのダンスを同時に見ることはできないので、
そこを工夫して欲しいなあということ。

大ちゃんと二人で、白いフリフリのブラウスを着て踊るダンスも、夢のように素敵だった。
潤クンは、ああいうスローで優雅な踊りが本当に美しいですね。タメイキです。

RIGHT BACK TO YOUは、去年のダンスの方が断然いいですね。

スケルトンの舞台が、ズンズンと迫ってくるときは、胸が高鳴りました。
ああいうダイナミックな演出というのは、それだけで、この場にいられるという臨場感があって、興奮してしまいます。

アリーナのAブロックにいたのですが、
花道で、潤クンがこちらをほとんど見ずに、スタンドの方ばかり向いていたのが、不満で不満で、
しまいには、腹が立ってきて、
ただでさえ重心の低い、あのダボダボのジーパンを後ろから、ズリッとひっぱり降ろそうと思いましたよ。
ホント、冗談じゃなくそう思いましたもの。

まあ、スケルトンから1度だけ、こちらを見下ろしてくれて、近くの人たちが皆、目が合ったと言っていましたがね。

総合的な印象は、潤クンの上記のダンス二つは、ずば抜けて素晴らしかったし、
スケルトン空母装置もスゴカッタ~。
でも、コンサート自体は、物足りなかったなあ・・・ということです。


No.943 - 2005/07/31(Sun) 03:23


7月31日2部 / ミツコ ♀ [関東]

今日はね、昨日の2部よりも、MCも面白いし、すべてがビシ~としていて、すごく良かった~です。私の思い込みかと思ったのですが、一緒に
見た人もそういう感想だったので、そうなんでしょう。

志村けんさんも見にきていたし、WSSの演出のジョーイさんもいらしていたからかしら・・・なんて思ったりして。。。
MCの内容も、ジョーイさんのワークショップに嵐と三宅健クンが1週間参加して、
動物になってみたりしたのを再現していました。
相葉ちゃんが、MCで中心的に活躍していて、
2年前の夏コンで、「すみません」を連発していて自信なさげだったのが、
今ではウソのようです。

潤ファンのツボは、マツジュン・サンバの衣裳のままで、『夏の名前』も『Days』も、歌い踊ったこと。
『Days』なんか、あのクラシックバレエのような優雅で美しいダンスですよ。
終ってはけていくとき、「すみませんでした」と言い、
着替えて、あのR指定ダンスをはじめるときは、
「今度は、エッチなダンスですから、笑わないでくださいね」と言うのが、ちょっと照れが入って、お可愛らしかったです。

それにしても、あのエロダンスは、素晴らしいですね~(タメイキ)
アイドルがセクシー風に踊ってみました・・・という薄っぺらさがゼロで、
中身の詰まった大人の男の肉体が、バネのように自在に動く。。。
絡んだ女性ダンサーが、なんと軽く感じられたことか。。。

大ちゃんとのキスはなかったのですが、
大潤で立ったまま向き合って、潤クンが腰をいやらしく激しく振って、終ったら大ちゃんが片腕を上に突き上げて、
私的には、これはかなりヤバカッタです。

スケルトン空母の上では、手を振ったり、ファンサービスに余念がなかった潤クンが、
最後の方で『素晴らしき世界』を歌っている時は、
こちらにズンズン迫ってくる空母の上に突っ立って、あらぬ方を茫然と見ていて、
その姿のりりしさ美しさに心を奪われました。


No.948 - 2005/08/01(Mon) 01:04


★ マツジュンサンバ衣裳で『Days』を踊ったこと。 / ミツコ ♀ [関東]

潤クンがスケルトン空母のことを、「長さ90メートル、幅18メートル、高さ4メートル、TELEMIXさん頑張ってくれました」と、誇ら
しげに言っていましたが、
その言い方からして、たぶん潤クンのアイディアだと思ったし、
アイディアを実現させるために人を動かす力のすごさに感嘆したし、
それを、自分が考えたとは言わず、「TELEMIXさん頑張ってくれました」という言い方をしたのが、いかにも潤クンだなあと思い、うれしく
なりました。

それから、マツジュンサンバの衣裳で、『夏の名前』も『Days』で踊ったことですが、
嵐メンの誰が提案したのか忘れましたが、
それに対して潤クンは、「え~?! 着替えずに踊ったら、少なくとも2曲はこのまま踊らなくてはいけないよ。いいの~?」という感じで、本人
は乗り気ではありませんでした。
私も、『Days』のバレエ風ダンスが大好きだったので、
「え~、ちょっとやめてよ~。この回しか見れないファンだってたくさんいるよ~」と、直前に会った長野のあゆみさん親子のことを思ったので
す。

そこで潤クンは、会場のファンに問い掛けたのです。
「着替えて欲しい人~?」に対して、パラパラのごく薄~い反応。
「このまま踊って欲しい人~?」には、圧倒的大拍手の反応だったのです。
そこで仕方なく潤クンは、「真面目に踊るから笑わないで」と言って、マツケンサンバの衣裳で次の2曲も踊ったのです。
彼は、茶化す気持ちはまったくなかったと思います。
会場は大受けでしたが、終ったとき、「すみませんでした」と言って頭を下げた潤クンに、複雑な思いがあったのだと思います。
こうなったら、絶対にDVDを発売しなくちゃいけないですよね。(生の感動にはかなわないですが。。。)


No.950 - 2005/08/01(Mon) 12:42


★ 奇跡の5人組の男の子。 / ミツコ ♀ [関東]

スタンド1階1列目(一番バックステ側)で見ました。
そして、3回目にして一番嵐コンを堪能した気がします。目の前に嵐メンがよく来てくれたし、バックステの踊りも、真横からですが、よく見え
て、
潤クンが、本当に大きく身体を使ってダイナミックに踊っているのがよくわかりました。
潤クンが近くに来て、投げキスとか、お手振りとかあったのですが、何気に避けられているような・・・(←自意識過剰)

コンサートが終盤に近づくにしたがって、泣けてきてしまいました。
持てる力をめいっぱいに使って楽しませようという心意気、
この1年で格段の進歩を遂げた潤クンの努力、
嵐5人の歳を重ねるほどアップしていく仲の良さと話術・・・・・・。

そんなこんなで、胸がいっぱいになってしまったのです。

ところで、ごくせんで松潤を知って、
その直後に見た、スッピンアラシのビデオ(嵐ファーストコンサートとその裏側)が、
嵐の5人を知った最初だったのですが、
あの時の驚きをよく思い出します。

え~?! こんなに素直で、優しくて、賢くて、健全で、ピュアで、一生懸命がんばって・・・
こんな子達が、この世の中にいたの?!
それも、汚れきった芸能界(特にジャニーズ)に・・・と。

あれから5年の月日が経ち、
きっと辛い思いもたくさんして、それぞれ大人になってきたのに、
私が最初に感じた、この世のものとも思えない奇蹟の5人の男の子が、
そのまま、今回のコンサートの中に感じられたのです。
そして、あの最初に直感したものが、間違っていなかったのだなあ・・・と確信しました。


No.955 - 2005/08/03(Wed) 17:34


★ MCの大きな進歩。 / ミツコ ♀ [関東]

コンサート全体で一番進歩を感じたのは、MCです。

去年の夏コンの星フリのアンケートで、↓のようなことをやめて欲しいという意見がありました。
・MCで、立ち位置を決めて、向き合って話すこと
・MCが終わった後「本編に戻りますので、お立ち下さい」という言葉
・MCが長くて、のりのりの体が落ち着いてしまうこと

これらは、明らかに改善されていました。

去年までは、MCコーナーが独立してあって、
観客の休憩も含めて、5人が日常ネタを話す(場合によっては、ダラダラと・・・)という感じでした。

でも、今年の夏コンは、
缶けりと大宮SKとマツジュンサンバを組み合わせて、
その繋ぎにオシャベリをする(ゲストに関連させた話も多かった)・・・という感じで、
去年までの突っ立ったまま話すという静的MCから、
身体を使ったパフォーマンスを組み合せた動的MCに、見事に変貌を遂げました。

そして、バラエティ経験のおかげか、
各メンがのびのびと個性を発揮して、
毒とほのぼのが絶妙にバランスをとりながら、
なんとも楽しい5人の世界が展開されていくんですよ。
素晴らしい!!!です。


No.956 - 2005/08/03(Wed) 17:38


★ 印象に残った、コンサート中の松潤。 / ミツコ ♀ [関東]

今回のコンサート中で、印象に残った松潤について。(8月1日2部)

缶ケリで鬼になって、客席に隠れた他メンを探すとき、
「客電つけて。○○して。・・・」などと専門用語を駆使して、
コンサートスタッフも含めた総責任者のような口調で指示を出したこと。
あれを見た時、聞いたとき、潤クンは、コンサート中はアイドルを演じてファンを楽しませているけれど、
脳内は、スタッフの責任者であリ、演出家であり、常に全体を把握しようとしているんだろうなあと思いました。

それから、2階の北スタンドをトロッコで移動したとき、
最前列の人たちが、一斉に潤クンに触れ、服をひっぱり続け、
潤クンはおこって、その人たちに背を向け、1階の方に手を振り、
しまいには、しゃがみ込んで、2階の人達には触られないようにしたこと。
同じような状況でも、大ちゃんはされるがままだったそうです(←友の話)
私は、潤クンの態度が好きだし、タレントがファンを育てるものだと思っています。
それにしても、私が見た限り、2階最前列の人たちは、前の人が手を出すと、次の人も、次の人も・・・で、
自分はそんなことはしない・・・という意志表示が見えた人がいなかったこと。
全員が潤クンファンとも限らないだろうし、
逆に、好きなタレントに危ない思いをさせても平気というのも信じられないし、
これが集団心理ってものなんだなあと、本当に情けなかった。

こんなファンをどんな気持ちで潤クンは見ていたんだろう・・・・・と、思いました。

そして、MC中、汗を拭いたコンサートグッズのタオルを、「このタオル、全然汗吸わねえぇ・・・」と、ボロッと言ってしまって、他メン達に
フォローされまくっていたのが、すごくおかしかった。
ジャンケンに負けて缶けりの鬼になるのをすごく嫌がっていたし、
ニノに缶を蹴られてしまって、モロ落ち込んでいて、
それに対して、ニノを先頭に残り4人がそろって、両手を広げて飛行機のマネのように、花道をウィニングランしたのが、すごく面白かった。
潤クンにとってコンサートは、ありのままの彼でいられて、彼のダメ部分を他メンに補ってもらうのが、心地良い空間なんだろうなあと思いまし
た。


No.957 - 2005/08/03(Wed) 18:39


★ なーはるさん&仙台参戦の方々、ありがとうございます。 / ミツコ ♀ [関東]

おっ、なーはるさんの登場、当てにせずに待っていたもので、うれしいです。
ヒョンなことから、星フリのオフ会にいらっしゃることになったのですが、
こういうのを縁と言うのでしょうねえ。。。

さすがのなーはるさんも、私達のさらなるアダルティ会話を書くのは自粛されましたか。
いいんですよ。バンバン書いていただいて。
なーはるさんの手にかかると思えば、私達の言動にも磨きがかかるというものです。
それにしても、あの薄暗・狭い場所が、エロ話には持って来いだったかもしれませんね。

で、私達の会話の一部がバラされちゃったので、
私も、なーはるさんのメールの一部を。。。
「オフ会のみなさんの毒舌なご意見も爆笑もので
×(漢字一文字)のMCよりずっと面白かったので(おい)・・・」だそうです。
オイ、漢字一文字クン達。
MC、私達に負けないようにね!

仙台参戦の方々、熱気と興奮と夢うつつが伝わってくる素晴らしいレポ、ありがとうございます。
こんな風に、参戦後すぐの臨場感溢れる言葉に触れることができるのは、本当に幸せです。

ジュンスケが無かったと知った時は、私も落ち込んでしまいましたが、
そんなことを跳ね返すような楽しいコンサートだったようですね。
潤クンや嵐って、そういうマイナスがあった方が、一生懸命考えて、いっそう燃えるタイプのようですね。


No.969 - 2005/08/05(Fri) 12:20


札幌・小樽

名前:ミツコ 日付:8月8日(月) 19時1分
札幌、1泊2日の二人旅から帰ってきました。
いやあ、楽しかったです。
嵐コンもですが、
札幌・小樽と、休んでは食べ、休んでは飲み、休んでは語り倒してきました。
潤クンが好きにならなければ、こんな旅行をすることなどありえなかったので、本当に幸せだと思いました。

日曜日は小樽に行ったのですが、オルゴール館で、スマップやキンキの曲のオルゴールを2000円前後で売っていたので、
嵐の曲も是非、コンサート会場で売って欲しいと思って、
お店の人に、著作権はどうなっているのか・・・とかシツコク聞いてしまいました。(←得意技)
嵐のフィギアがクルクル回るオルゴールも楽しいけど、
『Blue』が入って、美しいオルゴールなんかあったらいいなあ。。。

★ 札幌でトロッコから落ちた状況。 / ミツコ ♀ [関東]

札幌1部、2部ともに入りました。
1部はアリーナの本ステに向かって一番後ろの一番右端の席にいました。
潤クンのセクシー・ソロ、女性との実際の絡みが終ったら、
前に出て、突然消えたのです。
えッ?! ステージから落ちたの?と、メチャ心配になりました。
けれども、そのすぐ後、猛スピードで走ってきて、センターステージで踊りました。
ですから、落ちたのではなく、本ステから飛び降りたのだと思いました。

2部は2階スタンドから見たのですが、
同じ場面で、トロッコに乗ってセンターステージに来て踊りました。
そのトロッコのスピードたるや、まさしく疾走!という感じで、速い速い!
あんな早いトロッコの移動は見たことないし、
私が知っている嵐コンの中で、あのような凄いスピードはありえませんでしたから、
ものすごくかっこよかったです。
でも、それと同時に、ものすごく怖かったです。

2部を見て、1部はあのスピードのトロッコに身体がついていかず、
あるいは、スタッフとの連携がうまく行かず落ちたんだな・・・と思いなおしました。
あのスピードは、本当に危険です。
2部では棒につかまっていたようですが、1部のトロッコについてはわかりません。

2部は、時計を見たら10分過ぎていたのに始まらず、それから少し経ってから始まりました。

2部のはじめの頃の潤クンの観客への煽りは、
「嫌なことはすべて忘れて、楽しもうぜ~」みたいなことを何度も、
それも明るくではなく、かなりキツイ調子で言うので、
何か嫌なことあったのかな・・・と思いました。
そして、終り頃にもまた、「嫌なことは忘れて・・・」と言っていました。

アンコールで花道を5人全員で走る場面があったのですが、
潤クンは、ニノも相葉ちゃんも、猛スピードで追いぬいて走っていました。

私が知る限りでは、潤クンはケガをしていてもそれを隠して、ちゃんとダンスをしたり、走ったりする人です。
ですから、今回のことも、本人しか本当のことはわからないでしょうね。。。

ソロダンス、皆に見やすいように、途中からセンターで踊るように変更し、
しかも、せっかくのカッコイイ流れが途切れないように、あの疾走トロッコを考えたのでしょうが、
裸身が明るいライトにさらされて、淫靡なエロさがなくなってしまうと思いました。


No.980 - 2005/08/08(Mon) 17:50


★ 札幌で思い出したこと。 / ミツコ ♀ [関東]

1部
*スタンド1階で、EYES WITH DELIGHTを一緒に踊っているオジサンを相葉ちゃんが見つけて、そのおじさんの映像が映って、ホ
ント上手に踊ってくれた。

*大ちゃんがマシュマロを食べると背が伸びるという情報をTVで仕入れてきて、ジャンケンで負けた人がマシュマロを1日10個ずつ3ヶ月間食
べ続けることになリ、大ちゃんが負ける。
それぞれの身長がいくつかという話になり、大ちゃんが答えると、ニノが「プロフィール上のじゃなくて、本当の」とか言っていました。ちなみに
潤クンは173センチくらいと答えていました。

*翔クンが朝、お父さんに起こされ、札幌に行くと言ったら、カニを買ってきてくれと言われたそう。

2部
*ニノが18歳でもオネショをしたことや、相葉ちゃんがリハーサル中にもらしたことを言っていました。
ニノが犬を飼うとおねしょを犬のせいにできていいよと言っていたのが受けていました。

*潤クンは、小さい頃、身体中にできものみたいなのがどんどん増えていく夢を10回くらい見たことがあるということや、
ゴンドラの上にいると、落下して泡吹いている自分を想像してビクッとなることがあるそう。

*アンコールは五里霧中まで3回でしたが、
「もう1回コール」がやまず、5人で固まって、どうするどうする?って感じが可愛かったです。

*1部も2部もトロッコに乗ったのが北側相葉ちゃん、南側大ちゃんと、変わらずでした。
2階スタンド席3列目で、相葉ちゃんとほとんど目の高さが同じでしたが、近くにきたとき強烈なライトが後ろから来て、相葉ちゃんの顔はあまり
見えませんでした。

*近くの人が潤クンのサイン色紙をゲットしたので、見て触らせてもらいました。
まあ、潤クンの字は、小さくて几帳面で、ビッシリ書いていました。
ちなみに私が好きになった男の共通点は、字が小さくて、いつも同じ字を書く几帳面さなんです。
何故なんでしょうねえ???

*翔クンのサイン色紙が通路に落ちたときは、両方向から、ダッシュで飛んできて、凄まじい奪い合いでした。


No.981 - 2005/08/09(Tue) 17:44


★ 札幌の絶品ラーメン屋さん。 / ミツコ ♀ [関東]

「子猫ちゃ~ん」ですか?
札幌で言わなかったのかな?
札幌、特に2部は、1部でトロッコから落ちたせいなのか、
「楽しんでるか~い? そりゃそうだよね、金払ってるもん。」とか、なかなかブラックでした。
コンサート中、突然「金」が出てきて、思わず、札幌までやってきた費用が頭の中、駆け巡りましたよ。
去年の福岡オーラスは結構安く行けたので、そのつもりでいたら、
8月6、7日の土日、北海道旅費が一番高い時。
それでも、嵐のコンサートにやってくる自分、病気だと思いましたよ。

まあ、おかげさまで、”スープカレー”(ご存知ですか?野菜たっぷりなヘルシーでスパイシーなスープと雑穀入りご飯)とか、新鮮な魚介類を焼
いたものを路傍で食べたり、ソフトクリームとか、いろいろおいしいものを食べさせてもらいましたよ。
特にラーメン。
コンサートの1部と2部の間、すすき野の有名ラーメン店に行こうとしたら、
札幌ドームでの野球の試合が終ったのと重なって、あまりの人で地下鉄に乗れないんですよ。
そこで、空いている逆方向の地下鉄に飛び乗り、あてもなく次の駅(美園)で降りて、駅員さんに聞いたの。
「この辺でおいしいラーメン屋さんありませんか?」って。
で、紹介された、ここが札幌?っていうくらい地味~で閑散とした通りにひっそりあった『彩美』というお店。
いやあ、おいしかったですね。
味噌ラーメンを食べたんですが、麺が黄色くてシコシコで、私の人生最高!においしいラーメンだと思いました。チャーシューも脂身がほとんどな
く柔らかくて、
ああ、あのラーメンを食べにまた札幌に行きたいですよ。
私、あら技でベスト1に選ばれたラーメン屋さんとか行ったりしたんですが、
これが~?ってくらい、ガッカリが多いんで、期待していなかったのですが、
無名にも優れたものアリ!でした。


No.1011 - 2005/08/15(Mon) 17:34


★ 潤クンがキレタ話が好きな私は○ゾ? / ミツコ ♀ [関東]

名古屋ッ子さん、ふうきさん、瑞稀☆さん、ジーナさん、りこさん、さっこさん、
名古屋コンレポありがとうございます。

ふうきさん、はじめまして。
コンレポしてくださって、うれしいです。
>踊ってるときの周りの空気、袋に詰めて
>持って帰ればよかったと・・・
ああ、なんて素敵な表現なんでしょう。。。
潤クンが踊っているとき作り出す空気って、ホント言葉で言い表せない程の美しい輝きがありますものね。

ジーナさん
心理テストで潤クン、浮気をしない!と出たんですね。
ホッとしました。(でも、ということは、私との浮気もあり得ないわけ? )

瑞稀☆さん
着物の柄の説明、ホ~!と感心してしまいました。
そんなことに全然注目していなかったので、面白いです。

さっこさん
潤クンのキレタ話にドキドキ興奮してしまう私は、マ○ッ気があるかもです。


No.1030 - 2005/08/19(Fri) 00:35


★ 盛り上がるだけ、楽しいだけがコンサートではないと思う。 / ミツコ ♀ [関東]

たくさんの方々のレポ、本当に感謝しています。
参加できなかったコンサートは脳内で想像し、
参加したコンサートは、あっというまに忘れてしまったことを思い出すことができます。
そして、2005夏”One”コンの貴重な記録ともなりました。
本当にありがとうございます。

オーラスの私のツボどころなどを書きたいと思います。

*最初の挨拶で、「ハニー達、いちゃいちゃしようぜ~」と潤クンに言われ、ああ、コイツは自分のキャラや魅力を充分にわかった上で煽りやがっ
て、コンニャロ~!と思ったのですが、
あの一言で、私はコンサートの間中、潤クンとイチャイチャしている妄想にとりつかれて、思うつぼにハメラレテ悔しかった。。。。。

*疾走トロッコ上の彼は、髪も服も風にたなびいて、メチャメチャかっこよかった~。
ただ、あのソロは、男と女の秘め事を表現したもので、ラスト再び淫靡な世界に戻っていくことであのダンスは完結すると私は思っている。
だからトロッコのスピード感と明るいセンターで裸体をさらしたことで、それまでのダンスとは別物になってしまった。
彼のサービス精神&チャレンジ精神をとるか、
それまでのダンスの世界観をとるか・・・
どちらがいいとも言いがたいものがあると思う。

*アルバムが出る前のコンサートということで、代々木前半はめいっぱい力が入っていたように思う。5人一緒のダンスでも、潤クンはひときわ身
体を大きく使ってダイナミックに踊っていて感動した。
代々木のオーラスでは、そんな感じはなくなっていて、改めて最初の頃の意気込みの強さが想像され、いとおしくなってしまった。

*大ちゃんや相葉ちゃんが泣いたことで、ニノも泣こう(?)としたのに対して、潤クンが「俺達みたいな冷たい人間は泣けないんだから」と言っ
たのが、不思議な感動を覚えた。
潤クンの冷たさというのは、例えば、トロッコで二階席の前を通るとき、触ろうとする人たちがいれば必ずクルリと背を向けて1階の方に手を振る
・・・といった、自分の意志を明確に示すことにもあると思う。
私も冷たい人間であるという自覚があるから、彼のこの言葉が心にひっかかったのかもしれない。

*岡田准一クンを「透」と紹介し、紹介された岡田クンは嵐と一緒に花道を手を振りながらゆっくり歩くんだけど、潤クンの後にくっついて歩いて
いるようで、微笑ましかった。

今回のオーラスは、私にとっては盛り上がるというよりもシミジミと心に染み入るコンサートだった。
とにかく潤クンも嵐も綺麗だった。
彼らが発するオーラが美しかった。
それは、例えばアルバム発売前にコンサートをやらなければならない裏事情、大人のかけひきとか、いろいろあったのかもしれない。
でもそれを真っ直ぐとらえて、精一杯やれる限りのことをやってきたという自負が美しいオーラとなって私の心を打ち、嵐の存在そのものがピュア
な輝きを放っていた。
我が身を振りかえれば、汚れた心、思い通りにならない現実、その他もろもろを抱えている。
だからこそ、嵐の魂の美しさがまぶしく、心惹かれていく。

盛り上がるだけ、楽しいだけがコンサートではないと思う。
私のように、潤クンや嵐の魂のありよう、そこに至るまでの数多くの複雑な道程に思いをはせて、心が洗われる人間がいてもいいのではないかと思
う。


No.1066 - 2005/08/27(Sat) 00:53


寂しくて切なくて・・・そして、ありがとう。。。

名前:ミツコ 日付:8月25日(木) 0時13分
オーラスから帰ってきました。
なんか、寂しくて切なくて。。。

この寂しさが何なのかわからなくて。。。
思いっきり感動したいのに、それもできない自分。
このわけのわからない感情を帰りの電車の中で考えていました。

二年前の初めての嵐コン"How's it going?"の時は、潤クンに出会えた、嵐に出会えた幸せで胸がいっぱいだった。
あの時は、綺麗で可愛くて踊りが素晴らしく上手でセクシーで、夢のような存在だった。
あれから二年経って、WSSとエデンの東を経て、
潤クンは、本物の男に成長した。

本物の男とは、自らの力で考え、大勢の人を納得させ、行動をし、結果をキチンと出す男。
その見事なまでの成長に、私はただただ圧倒され、畏敬の念を抱かされ、ひれ伏すしかない。
そんな今回の"One"のコンサートだった。

あまりに急激に階段を登っていってしまう松本潤のレベルに、
すぐに追いついていけないことから生じる寂しさなのだろうか。。。

いつだって彼は私を驚かせてくれる。
こんな頭脳と能力を持った男が、マンションの前で子犬のような可愛らしい眼でスミレちゃんを見上げたモモなの?
そのときどきでまったく違う顔を見せる松本潤という男。
でも中身は、いつだって一人の彼。
いくつもの違った松潤を見せるためには、それだけ多くのものを吸収し、深い感情体験をしているんだろうなあと思う。
だって、彼の踊りには、重みがあるもの。
薄っぺらで軽い踊りではないもの。
コンサートの最後に見せた満足しきった笑顔にも、多くの困難が刻まれた痕が、私には見えた。

そして、今の私には、そんな彼に「ありがとう。本当に素晴らしいコンサートだったよ。ご苦労様。。。」と言いたい。
ありがとう。。。


|

潤クンの家族と品。

7月28日(木) 15時23分
JJを読みなおしています。
初めて読んだときは、自販機に押しつけられたみたいに、潤クンに完全敗北と思ったのですが、
二度読んだら、さらにきてしまいました。
ツボはたくさんあるのですが、その中で家族やお父さんの話が印象的でした。
潤クンの仕事のことはほとんど話さず、
ライブは見に来るけど、楽屋にきたのは、エデンの東がはじめてとのこと。

きっと、親と子で、まったく別人格なんだという明確な線引きができているんでしょうね。
だから、息子自慢とかもしないでしょうし、
自分は自分の世界で頑張っている家族のような気がします。
はなまるカフェのお姉さんについての話からも、こんな感じがうかがえますよね。

これって、簡単なようで、なかなかできることではないと思うんですよ。
息子のこと、弟のこと、気になるし、皆に言いたいし・・・。
でも、それが決して彼にとっても家族にとっても良いことではないと判断すれば、それに添って、自分の感情をコントロールしなければならない。

私、ここに潤クンの品のよさの原点があるような気がするんです。

例えば、雑誌やAJSで、本当は言いたいことがたくさんあるのかもしれない。
でも立場上話せないことがたくさんあって、
それでも、読んでくれる人、聞いてくれる人に誠実に何かを伝えたい。。。
こういうせめぎあいが、彼の品を醸し出しているんだと思うんです。
だから、いつだったかのAJSで、スタッフ達との言いたい放題の覇王ぶりを発揮した回は、私は好きになれないんです。

東京タワーは、剥き出しのエロではなく、様々なバリエーションのラブシーンを創造し、ギリギリのところで踏ん張ったところに、えも言われぬ品
が出て、
それが見るものの想像力を刺激して、かえってエロくなったと思うのです。
今回DVDで見て一番感激したのは、ジャグジーでの潤クンのニキビが目立つ生々しいシーン。。。。。
これこそ、生身がさらされて、その人の持っている本当の気品が試されるところだと思うのですが、
彼の中から突き上げてくるものを静かに抑えた、本当に素敵な松本潤がいました。

|

『東京タワー』DVD鑑賞

7月27日(水) 21時17分
やっと、東京タワーDVD見ました。
本編の寺島・松潤ペアを中心に見て、メイキング、インタビューなどを見ていったら、
耕二に恋する喜美子ではなく、松潤に恋する寺島しのぶ・・・としか見えなくなりました。
寺島さん、正直な人とは思っていましたが、
あそこまで、恋するオーラ出しまくりだと、潤クンもちょっとヤバイかも・・・とか思わなかったかな。
だって、メイキングの寺島さんは、潤クンと仕事するのが、うれしくてうれしくて・・・という感じで、
潤クンの方は、久々に映像の仕事をするのが楽しくて・・・という感じがしました。

未公開映像のバスケットシーン、私はなくて正解だったような気がします。
耕二も透も、高校生には無理ありすぎ。
吉田の母をものにしよう・・・というのは、セリフだけの方が、想像力が喚起されて良かったと思いますもの。

一時停止、巻き戻しを一番駆使したのは、
二人が重なり合っているシーン。
しっかり確認しなくてはね。。。

余さん、平山さん、ローザちゃんの朗読も良かったですね。。。
それぞれに、あれだけストーリーがあるなら、連続ドラマも作れそう。。。

余さんの朗読が朗読っぽくなくて、魅力いっぱいでサスガ~!と思って、
その後、潤クンの朗読を聞いたら、差が歴然としそうだなあ・・・と思って、恐る恐る改めて聞いたんですが、
若い力強さがあって、なかなか魅力的だったのが、ビックリでした。

久々に東京タワー本編を見て気がついたのですが、寺島さんなどに比べると、潤クン、声ができていない・・・というか、
うすっぺらいのね。
これについては、舞台を続けてやったせいか、
『プロポーズ』の方が、しっかり声が出ていたように思います。

|

October 08, 2005

JJのインタビュー

7月26日(火) 0時13分

今日は『JJ』からでも、何か書こうと思って、ざっと読んだんですが、
潤クンの内面のあまりのすごさに圧倒されて、
手も足も声も出ません。
私、彼のファンになってはじめて・・・というか、
私の人生ではじめてというくらい、完全敗北でペッチャンコにされてしまいました。

本やインタビューを読んで、この人はなんてスゴイんだろうと尊敬の気持ちを持つことはありますが、
潤クンについて言えば、
この2年あまり、彼を追いかけつづけていて、
かなり彼のことを知っているつもりなのに、
JJのインタビューは、私の知らない松本潤が、汲めど尽きない泉のように溢れ出てきて、
何一つ、まともに対峙できないんです。
シンプルだけど重い言葉の奥に、
日々の様々な分野にわたる彼のハードな体験が透けて見えて、
ただただ、圧倒されます。

今まで私は、潤クンをひとりの俳優・タレントとして、いろんなことを考えたり、感じたりしてきましたが、
今回のJJを読んだら、一人の男としての、
その高度でトンデモナイ魅力にガッチリとからめとられてしまって、
今はじめて、喜美子さんの気持ちがわかったような気がしました。
体ではなく、言葉でおかされるということがあるんだと知りました。
寺島さんが落ちちゃうのも当然だわ・・・。ふうぅ。。。

東京タワーのDVD、今までと別の気持ちで見てしまいそうで、怖いです。

|

鏡に映った写真&JJの写真

7月23日(土) 22時0分
ROADSHOWをパラパラめくって、潤クンの写真のページになったとき、
えっ? と一瞬、時が止まって、これ潤クン?!となりました。
期待したもの(先月号のようなもの)がまったく裏切られた驚きでした。
そして、はぁ・・・とためいきでした。
なんて美しいの。。。
それも、少し屈折したような妖しさ。。。
ほんのわずかな淫靡さも隠れているような。。。(鏡を使った効果でもあるんでしょうね)

そして思いました。
神様は、厳しいなあ・・・って。
今のこの時期の松本潤の、この魅力を永遠に残す映画とか作らしてはくれないのね・・・と。
たくさんの映画が作られているのに、誰もこの松潤の、他の誰もが持っていない魅力を使ってくれないのね~って。

でも、そんな時、映画『麻雀放浪記』のドサ健の言葉が、急に頭に浮かんだの。
「勝ちつづけることはないんだ。もし勝ちつづけたら、その時は命をなくす」って。
その映画を見た時は、若くてわからなかったけど、今はその意味がわかる気がする。

私は、彼の美貌・演技力が正当に評価されていないようで悔しい。。。
でも、もし、素晴らしいチャンスが彼にドンドンきて、華やかな活躍で・・・となっていたら、どうなんだろう。。。
若くしてチヤホヤされて、或いは美貌を頼りすぎて、つぶれていったスター達は、世界中にいるだろうなあ・・・って。

潤クンが芸能界で生き残っていく道は厳しいなあ。。。
でも、それは潤クンだけではなく、
この世に生を受けた者である限り、誰もがその厳しさを思い知らされる。
その厳しさとどう付き合っていくかが、生きるってことなんだろうなあ・・・と、思わせられた、ROADSHOWの鏡に映った潤クンでした。


子供の目の演技&JJの写真

夕べの『女王の教室』で、いじめられているプクプクほっぺの和美ちゃんを見たら、『僕らの勇気・未満都市』のモリを連想しました。
この和美ちゃんをはじめ、子役達が本当に上手で引き込まれる演技をする。
ヤッパリ目なんですね。
子供って、顔の大きさの割に目が大きくて、目であらゆる感情が表現されていて、
ふと、潤クンって、子供顔なのかも・・・と思った。
だから、表情の変化が顕著で魅力的なんだけど、
ごく普通っぽい役を連想するのが難しいのかしら。。。

『僕らの勇気・未満都市』も『女王の教室』と同じように、追いつめられた子供達が、どういう行動をするか・・・というドラマだけど、
もし、まだご覧になっていない方がいらしたら、是非!
まったく期待しないで見たけど、潤クンのモリ+ドラマとして本当に面白い。

それから、潤クンの「人を信用しない人間」発言だけど(←こだわる)、
『女王の教室』の、和美の味方の進藤さんに通じるものがある気がするの。
人間の裏表が見えてしまう頭の良さと、冷めた発言。
進藤さんのような、人を見るスタンスが潤クンの根底にある気がする。

JJの写真、好きだわ~。
ROADSHOWの鏡の写真同様、カメラマンの意志が感じられる写真は、即、お買い求めしてしまう。
松本潤という被写体を使って、まったく新たな芸術作品を作ろうという強い意欲が、どうだ~!ってくらい迫ってくる写真が好き。
そういう写真って、カメラマンだけじゃなく、
潤クン本人が、カメラに挑んでいるように見えるもの。

|

ミンテレは残酷

今夜のミンテレ。

名前:ミツコ 日付:7月21日(木) 1時32分
ミンテレ、やっと安心して見れるようになりました。(ホッ)
優ちゃんとあややの『恋のバカンス』が、ヨカッタ~。
あれを聞いたら、潤クンは、今後もミンテレで歌わない方がいいと思いましたよ。
素顔のアッコさんも、ドンドン乗ってきているのがわかるし、
Chemistryのマネのコントも面白かったし。。。
潤クンには、あまり見せ場がないですが、
今、超売り出し中のカツンを従えて(いいでしょ、この表現)、
ゴールデンのバラエティ番組の司会をやるってだけで、スゴイことよ。

カトちゃんとかアッコさんとか、ドリフとか、ザ・ピーナッツとか、
アンパンマンとか、幅広い年代を意識して作っている音楽バラエティですもの、
この番組で初めて潤クンを知る人もいるのでは。。。


試行錯誤中なのがよくわかりますし、人気番組でもないのでしょうが、
既成のもの(例えば、Mステ)に、ただハメラレテ出演するより、
得るものは、計り知れないくらい大きい気がします。
きっとEnjoyしているんだろうなあ・・・というのが、伝わってきます。

ああ、何はさておき、可愛かった~。
カツンのメンバーと見比べると、顔がホント丸いですね。

ROADSHOW&ミンテレ

名前:ミツコ 日付:7月22日(金) 18時41分
雑誌『ROADSHOW』のキスについてのコメント、ドキッとくる言葉で、思わず引きこまれて読んでしまいました。
潤クンって、短い簡単な言葉で、誰も気づかなかった深いことや本質的なことを言うんだよね。
これって、いつもいろんなことを考えていて、論理的に組みたてられているから、
いざという時、端的でわかりやすい言葉が出てくるんだと思う。

それで思ったの。
今はまだ始めたばかりの司会の仕事だけど、
もしかしたら、本物になれるかもしれない・・・って。
だって、潤クンは、↑であげたように、自分の言葉を持っているもの。
バラエティで、お茶の間のみんなに受け入れるタイプの司会者には、向くかどうかはわからないけど、
企画と彼の個性の幸福な出会いがあったとき、良質な番組を作る司会ができるかもしれない。

今週のミンテレ見ていて思ったの。
ミンテレって、残酷な番組だなあって。
大勢のレギュラーが、毎週いろんなことをやらされるから、本物かどうかすぐわかる。
Mステのように、たま~に出て、一番良いところだけチラッと出して終わりではないから、
確固たる地力があるか、薄っぺらな基盤しかないのか、一目瞭然。
潤クンが本物になれる可能性があるとすれば、演技!
だから、コントはいい勉強になると思う。(彦星の大きな目をキョロキョロさせた表情は、サスガ松潤だった。)
しゃべりも、彼独自なものを作り上げていける可能性があると思う。
でも歌は、ファン限定にしておいた方がいいと思うし、
お茶の間でご飯を食べながらチラ見している人たちを、オ~!と思わせるのは、
何をやるにしても、たいへんなことだなあと思う。

|

ファンはタレントを映す鏡。

7月16日(土) 18時7分
ジャニーズ関連で、また、事件が報道されています。
異常なスケジュール管理の犠牲なのか、
はたまた、クビを覚悟で起こした事件なのか・・・
真相はわかりませんが、
ジャニーズ事務所は、芸能界にあって、巨大な権力を持ちますから、その庇護のもとにあるというプラス面と、
その管理下にあることから派生する、マイナス面があるんだと思うんです。

私、潤クンには、事務所を利用して、のし上がってやろう・・・くらいの図太さをもって欲しいなあと思うんです。
(そう思っているかもしれないですが・・・)
そして、ジャニーズのイメージを破壊するくらい強烈なものを生み出さないと、
いつまでも、ああ、あのジャニタレ・・・と、一般的に見られてしまう。(永遠の課題だと思うし、私の野望でもあるのですが)

そういう意味で、今日のAJSの、
ファンの心配に対する、ダイエット拒否発言は、
彼の真意はわかりませんが、
一筋縄ではいかない、彼の人間性が垣間見えて、
タヌキやなあ・・・と、ウフフしてしまいました。


トンガリ第2弾

名前:ミツコ 日付:7月19日(火) 23時50分
もし潤クンが、18歳で、嵐5人で力を合わせて頑張ってやっていこうとしていたとき、
上からの命令で、関西のジャニーズGのメンバーと掛け持ちでやることになって、
しかも、ドラマもある・・・という状態にされていたら、
私は、黙っていませんね。
こんな非人間的なやり方は、許せません。

以前にも、ここで書きましたが、
潤クンが、今年のデイリースポーツ5月10日のインタビューで、(今、それを見て書いています)
「昔はとんがっていましたよ。10代の頃は自分が理解しないことに対しては徹底してノーと言っていた」と言っていて、
彼のこのノーと言える性格が、彼を守ったのではないかと・・・
そして、誰かがノーと言うことによって、理不尽なことがまかり通ることが防がれたのではないかとも思うのです。

今回のことは、結局は、ジャニーズの権力機構のひずみが生んだ悲劇だと思うんですよ。
そして、ジャニーズの1個人・1グループの問題ではなく、
嵐も含めた、ジャニーズ全体への、目に見えない形での影響が、ジワジワとあるのではないかと思っています。


ファンはタレントを映す鏡。

名前:ミツコ 日付:7月20日(水) 13時40分
今回のことは、ジャニーズの1タレントのことではないと思っているので、発言させていただいています。

10代や20代はじめの子が、きちんと状況判断して、
イエスやノーを言える・・・というのは、本当にたいへんなことで、
仮に自分がこうだと思っても、客観的には間違っているかもしれない・・・と思えば、とりあえず、周りに合わせておいたり、上の言うことを聞いておく方が無難だと思うのは、当然だと思うのです。

でも、今は、ネットが発達していて、とても大きな影響力を持っています。
自分の味方だと思える人たちが、様々な意見を自分に向けに発信してくれている・・・ということが、
どれほど、ありがたいことかと思うのです。

私が星フリの今後について迷った時、いろいろな方の様々な感性の書き込みとメールをいただき、
どれほど、参考になって、力になったかわかりません。
結果として、星フリ上では、さしたる変化はないかもしれませんが、
皆様の書いてくださったものが、私の引き出しの中に蓄積されて、血肉となっているのです。
本当にありがたいことです。
そして、それはたぶん、潤クンについても、同じことが言えるんだろうと、自分の経験を通して思いました。

いただいたメールの中で、
「ファンはタレントを映す鏡。ファンを見れば、タレントがどんな人か分かるし逆も真なり。そういうところを見ている人は結構いる。星フリのような質の高いファンの、良識あるサイトが存在していることが、潤クンのイメージアップに繋がっていると思う。」
というような主旨のものがありました。
本当にありがたい言葉だと思いました。

ですから、自分が応援する若いタレントが、間違った方向に行かないように、
少しでも適切な判断ができるように、
日頃から、ファンサイトで、様々なことに対して、率直な意見を交換していることは、とても意義あることだと思うのです。

どんなに優れた能力と魅力を持っていたとしても、
ジャニーズ・芸能界という狭い世界で生きているわけで、
私達ファンは、彼らの知らない世界を経験しているんです。
一人の経験は狭くてチッポケかもしれないけれど、
ファン全体を見れば、千差万別スゴイものだと思います。

ということで、これからも私は、トンガッタリ、壊れたりしていくと思いますが、
どうぞよろしくお願いいたします。

|

私は、トンガッテいきます!

7月18日(月) 17時42分
私の衝撃発言から始まった、星フリの今後への模索ですが、
BBS上だけではなく、メールで、たくさんのご意見をいただきました。
それぞれの方の星フリヘの思い、個人的事情、知れば知るほど、迷いました。

でもそんな中、ある方から「ミツコさんがトンガッテいる限り、星フリはよどみませんよ」という言葉をいただきました。
そっか~!と、眼からウロコでした。

私は、これから、もっともっとトンガッテいこう!と決めました。
私が書いたことが、賛否両論を招いたら、ヨシ! ヤッタゼ~!と、ガッツポーズですね。
キミペの公式BBSも、6話の賛否両論あたりから加速度的に盛り上がったと思いますし、
ドラマ「女王の教室」も賛否で騒然としているから、見てみようと思うし、実際見ると、ゾクゾクするほど面白い。

今日が締め切りの『プロポーズ』のアンケートを見ると、
皆さん、結構、のびのび辛口書いていますよね。
これが、星フリの特徴だと思うんですよ。
辛口でも何でも、いろんな角度から検証するファンサイト!

ミツコの悪友の、トンデモ感想まで受け入れてくださって(受け入れがたい人もたくさんいるでしょうが・・・)、
MAIN BBSヘどうぞ・・・と誘ってくださる方々までいらっしゃる。

こういうものは、読むと面白いけれど、自分が書くのは躊躇する・・・ということなんだと思うんですよ。
でも、読む人へのサービスだと思って、私はドンドン書いていこうと思いますので、皆様、よろしくお願いいたします。
こんなこと書いたら、ファンサイトで浮いてしまうのでは・・・と心配される方もいらっしゃると思いますが、
浮いてナンボ!
笑われてナンボ!
考えこませてナンボ!です。

今回、いろんな方からメールの中に、
私個人に対する印象・感想が結構あったんですが、
ビックリしましたねえ。。。
私って、こんな風に見える・思われているんだって。
ホント、自分のことはわからない。
人から言われて初めて気がつくことが山とあるんだってわかりました。
だから、潤クンも、ファンやファンでない人からのコメントで、初めて自分を知る・・・ということが、すごくあるだろうなあと、改めて思いました。

彼の仕事は、自己満足よりも、他人からどう見えるかが勝負なわけだから、
これからも、星フリは、率直な感想や意見をドンドン載せていけたらなあと思います。

私への個人メールで、是非、星フリに載せて欲しいのに・・・というのが結構ありました。
私だけに知ってもらっても、何の発展性もないじゃないですか~。
皆に(特に潤クンに)読んでもらって初めて価値が出てくるのに、
何を好きこのんで、埋もれさせる~!と、正直、腹が立ってきます。
皆が待っているんですよ。そういう感想・意見!

・・・と、トンガリ第1弾でした。




名前:ミツコ 日付:7月19日(火) 17時10分
皐月ちゃん
お母さんが八つ当たりしてきたら、
しっかりイヤミで切り返してあげましょう。(参照→ネタバレBBSの、ミツコの悪友vsミツコ)
お互いストレス解消になって、明日への元気が出ますよ。
そして、お母さんのボケ防止にも繋がるでしょう。。。

Enjoyの虹の写真、いいですねえ。。。
心が洗われるわ~。
忙しい中にあっても、そういうものに眼を向ける感受性が好きだわ。
そう、身近な幸せ・・・
同じ状況にあっても、不満に思う人もいれば、そこから幸せを見出そうとする人もいる。。。

潤クンの寝顔が隣にあったら、どうするか?
私の妄想は過激すぎて、とても書けません(汗だく・・・)
トンガリ宣言したばかりなのにね。。。(小心者)

|

健康管理が第一。

7月17日(日) 22時43分
AJSでの、「やせる気ない発言」は、
体重管理くらい、その気になったら、いつでもできる・・・という気持ちの現れだと思います。
だって、肌荒れについても、きっとたくさんのファンからメールが届いたのでしょうが、まったく触れていませんものね。

でも、その気になって(例えば、映画監督からやせるように言われたら)、頑張ってやせるんでしょうが、
そのあとのリバウンドや、体調管理まで、潤クンは考えているのでしょうか???

マット・デイモンが、『戦火の勇気』で、すごいダイエットをして、役者魂を見せたけど、
そのために、副腎をやられて、長く苦しむことになったり、
ダイエットに成功しても、その後のリバウンドのすごいタレントさんもいますよね。

食事を減らして、体重を減らそうとすると、
そのストレスのため、体重が減ったと安心した途端、どっと食べてしまいます。
すでに少ない食事量で機能する身体になってしまっていますから、以前と同じ量を食べても、どんどん太ってしまう・・・というのが、リバウンドの原理ですね。

そういう私も、やせてはリバウンドするを繰り返して、
20代前半に比べて、15キロも太ってしまったんですよ。

そんな時、病気がわかりました。
そして、健康によいとされる食事に切り替えたら、
なんと、1ヶ月で8キロもやせたんです。
やせるつもりはさらさらなくて、身体を自然療法で改善しようとしたら、
食事の量は変えず、質を変えただけで、あっという間にやせたんです。

玄米・野菜を中心とし、
サラダ油は、自然の油ではなく、工業製品なので、
ゴマ油とオリーブオイルに変え、
肉を減らし、植物性たんぱく質と魚介類をとるようにし、
朝晩の簡単な体操を加えただけなんです。

そして、減肥茶とも呼ばれる、プーアール茶の濃いのを飲み始めたら、
数日で、また2キロやせ、
プハンという吸い玉を使ったら、2日くらいで、さらに2キロやせ・・・
ということで、
結局、短期間で、12キロはやせました。

あれから4年経って、2キロくらい戻りましたが、
少し気をつけるくらいの食生活(つまり、まったく我慢しない食生活)と、
血行・新陳代謝をよくするように気をつけるだけで、
健康な生活を送っています。

つまり、私にとっては、体重管理=健康管理なんですよ。

ですから、私には、潤クンの肌荒れも体重増加も、
彼の、内臓を含む、全身状態の問題のような気がするんです。

夢のない話を書いてしまいましたが、
潤クンが、第一線で長く輝いて活躍して欲しいからです。
多くのファンも、それを願って、AJSにメールしたのだと思いますから。

繰り返しますが、
【無理なダイエットは、百害あって一利なし。
身体を健康にすることが、肌荒れにも体重管理にも肝要である。】
ということです。


私だったら。。。(あやちゃんヘ)

名前:ミツコ 日付:7月16日(土) 22時13分
あやちゃんの質問は、
吹奏楽部のコンクールの日、自分達の出番が終ってから、結果発表まで6時間あるから、札幌の嵐コンサートに行ける。
その間、24校の演奏を聞いているか、それとも嵐のコンサートに行くか?ということですね。

私は迷った時、世界中の人に嫌われても、自分にだけは嫌われないようにしようと思って、決心します。

もし嵐のコンサートに行ったとしたら、
先生や親に叱られ(それも、かなりこっぴどく)、仲間からは白い目で見られ、それが、その日だけのことではなく、
その後、延々と影響を及ぼすかもしれない。
それでも、嵐のコンサートに行きたいか・・・ですよね。

本当に嵐のコンサートに行きたくて、行ったとしたら、
人から何を言われようと、気にならないですよね。
それで、人に大いに迷惑をかけたとしたら、それを償おうと、その後、一生懸命、頑張りますよね。
自分の責任で決めたことだから。

何年か経った時、あの時の自分を思い起こして、好きでいられるか、嫌いになるか・・・
それは、あやちゃんにしかわからないし、
あやちゃんにとって、何が一番大事なのか・・・を考えて、決めたらいいと、私は思います。



|

寺島しのぶさんのインタビュー

7月15日(金) 19時47分
今日の朝日の夕刊の寺島しのぶさんのインタビュー。
「恋愛なら年下がいい。しっかりしようとしている年下は大歓迎。上でも下でも絶対に嫌なのは口のうまい人。ぽつりぽつりと重みのある言葉を言う人にひかれる。」
うう・・・ん。ちょっと潤クンとかぶらないですか?
エデンの東の初日を観にいらしていましたよね。
夏木マリさんも、前楽にいらしたようで。
お二人とも、自分の指針がハッキリしていて、お付き合いで観にくる・・・という人ではなさそう。
そういういい女に興味を持たれるっていうことは、いい男の予備軍。
お二人を見ていても思うけど、いい女は、長い時間をかけて”なるもの”。
同じように、最初からいい男がいるのではなく、たくさんの経験を経て、”なるもの”。
いい女は、底の浅い男は、対象外。
だって、いい女になる過程で、たくさんの辛い思いを知っているから、
深いところで共感できるかどうかが勝負だと思うから。

そして、寺島しのぶさんは続けています。
「恋愛がうまくいくと、いい女になれる。いい女であれば、いい俳優になれると信じている。」

亀梨クンの3代目金田一少年決定を、真っ黒な心で聞いていた私は、
寺島さんのこの言葉に、とっても救われた。
じっくり時間をかけて、いい男になるしか、いい俳優になる道はないんだなあ・・・って思って。

|

破壊王・橋本真也さんが。。。

7月11日(月) 19時46分
破壊王の橋本真也さんが。。。
そうですか。。。。。
キミペで突然、上半身裸のプロレスラーが出てきたときには、あまりの違和感で、何じゃ~?!と思ったのですが、
あの時のモモは、大きなプロレスラーに抱えられて、
本当に可愛らしい少年になっていて、
今では、大好きなシーンです。

どんなに若くても、亡くなる人がいる。
橋本真也さんの笑顔の写真に、胸が痛みます。

大きな病気をした私は、いつも生と死が念頭にあります。
そして、せっかく生かされているんだから、価値のあることをしたいと思っています。
でも、こんなチッポケで、健康も能力もない私に何ができるか・・・と思った時、
大好きな潤クンのためなら、何でもできると思ったのです。

潤クンが、ボロボロになって、めげて、自信をなくしたとき、
星フリを見たら、癒されて、元気になるようなサイトにしたいんです。
迷ったとき、星フリのいろんな書き込みを読んで、何かヒントがつかめるようなBBSにしたいんです。

それが、私の願いなんです。

潤クン宛てにメールするように書く・・・というのは、
素晴らしいアイディアだと思ったのですが、
実際やってみると、恥かしいこと、恥かしいこと。。。(赤面)

私は、結構、いろんなタレントさんのことを話題にしますが、
賛否のあるのは承知の上で、ギリを探っています。
芸能界で活躍していくために、他の人にない彼の際立つ特性は、いったい何なのか・・・とかを考えると、
私の場合は、どうしても、潤クン以外の人を話題にしたくなるんです。

きっと、松本潤を語る方法論は、人それぞれなのでしょう。
ですから、お互いの方法論を尊重しあっていければいいのかなあ・・・と思っています。

|

ミンテレ潤は、カッコイイ!

面白いじゃないですか、ミンテレ!

名前:ミツコ 日付:7月9日(土) 19時2分
やっとミンテレ見ました。
というか見れました。
賛否あるようで、私はどっちの感覚だろうって、ドッキドッキだったの。
いやあ、面白いじゃないですか!
メッチャ可愛いじゃないですか!
彦星コントの、照れを必死で吹っ切るように、ガンバッテ股広げている様子は、涙もんだよ。
エライよ、松潤!
その調子だよ、松潤!
いいぞ、松潤!
トークも程よく毒が効いていて、耳に心地良いわ~。
クリスさんの「ガンバッテね」のあまりのタイミングの良さが、バカウケ。
出演者達の呼吸が合ってきて、見ている私は、右目のハジッコに涙を一粒残したまま、笑いっぱなしだった。

でもね。
アッコさんの新人オーディションの仁クンが、面白すぎて、またまた心おだやかでなくなって、
スターウォーズの歌と踊りで、何とも言えない気持ちになっちゃった。
これが嵐だったらなあ・・・って。
ミンテレは、ドンドン面白くなって、楽しさとせつなさと同時に味わわなくてはならない番組になってしまいました。(切涙)
でもやっと、潤クンがミンテレに出演していて良かったねえ・・・と思えるようになったわ。


ミンテレ潤は、カッコイイ!

名前:ミツコ 日付:7月10日(日) 18時58分
fufuさんの「見てまちゅか~?」のアップ、
似ているという点では、私の中でナンバー1ですね。
あの、お可愛いらしい癒し潤のオーラそのままです。

私ね、潤クンが綺麗で可愛いだけで、
もうそれだけで、日常生活がバラ色になって、元気になっちゃうの。
今回のミンテレは、それに加えて、初々しい恥じらい(ぽっ)があったじゃないですか。
同じ松本潤の笑いでも、Dの嵐は、どこかシニカルだけど、
ミンテレでは、棘を抜いたアイドル笑顔。
もう最強に元気モリモリになりましたよ。

夕べ、ドラマ『女王の教室』を初めて見て、
オ~!天海祐希、カッコイイじゃん。
私も、女王になってみたいもんじゃ!と思って見てたの。
でもね、カッコイイがず~っと続くと、単調になって、かっこよくなくなっちゃうんだって、気がついたの。

それで思ったの。
沢田慎は、本当にかっこよかったけれど、
潤クンがあのイメージを持ちつづけていたら、
今ほど魅力的じゃなかったんではないかって。
ミンテレの潤クンには、沢田慎のカケラもないけど、
はいつくばって、ボロボロになりながらも必死でくらいついている姿は、慎とは全然違う意味で、すこぶるカッコイイよ~。
守りに入った男は、カッコ悪いもの。

|

プロポーズ・火消しの恋

胸がいっぱいで。。。

名前:ミツコ 日付:6月29日(水) 17時50分
仕事帰りに、夕食の買い物をして、トイレに入って、
家に帰る途中で、今日は荷物が軽いなあ・・・と、ふと思いました。
そうなんです。
買った食料を全部、トイレの個室に忘れてきたのです。
慌てて戻って、私が使った個室には、忘れた食料のビニール袋が残っていました。
よかった~。
そして、また茫然としながら家に着く寸前に、郵便局に寄らなければいけなかったことに気づきました。

もう、ドキドキなんだか、バカなんだか、わかわからない状態の私です。
今夜のドラマのことを思うだけで、胸がいっぱいで、こみ上げてきそうで・・・・・。

いろいろ。。。

名前:ミツコ 日付:6月29日(水) 23時53分
30分強、感極まりMAX状態で見ていました。
うう・・ん。舞台でキャルをやっているような感じで、力が入りっぱなしでしたね。。。
潤クン、もっと力を抜いて~・・・と、思いながら見ていました。
ベッドの上のシーンあたりから、やっと本領発揮かな・・・と思っているうちに終わってしまいました。
同じストーリーでも、じっくり感情の流れを追ってくれれば、いいドラマになったのかもしれないけれど、
一気すぎましたね~。。。
キミペの第1話も、ハイテンションで、こりゃたいへんだわ、どうしましょう・・・でしたから、
このドラマも、じっくり回を重ねれば、いい味が出てきたのかも。(でも、いつまでもそんなこと言ってられませんね)
一途で初々しい役作りは、なかなか素敵でしたし、ホント可愛かった~。(こんなにいろんな顔を持った俳優っているかのかしら?)
消防士の場面が、私的には興味深かったし、
なぜ、財前さんにあそこまで惚れ抜いたのか・・・という納得のいく理由がなかったのが残念。


ファンでない人の感想。

名前:ミツコ 日付:6月30日(木) 19時27分
ファンでない友達からの感想メールあり。

<あの美しい顔で消防士は無理やろーと思ったけど、意外と自然で、どこにでもいそうな役もできるんやねープロポーズされたことのないプロポーズトラウマの私は①話だけで寝てしまった。>

そこで、私は↓のように返事をしたの。

<え~、ホント? 力が入りすぎていなかった?
この感想、私のHPに載せていい?>

そしたら、次のような返事。

<(HPに載せても)いいよ。(松潤)よかったんじゃない? 見てる方が力入ってたんじゃ(笑) 13歳上にしても、もう少し魅力ある女はいないんかなーとは思ったけど・・・>

正直に思ったこと言う人だから(そうでなかったら、私と20年以上友達ではいない)、
本当に、そう思ったんだと思う。


コミカルな演技の素敵さ!

名前:ミツコ 日付:6月30日(木) 20時46分
今回は予告映像もいっさい見ず、ドラマもまだ1回しか見ていません。
一期一会の感覚があるうちに、感想を書きたいと思っています。

言いたいことは、山とありますが、
それでも、今回の収穫は、潤クンのコミカルな演技です。
西村雅彦さんに頭をポカポカされたりした時の反応の素敵さ!
目を見張りました。
こういう演技があんなに自然にできれば、役柄の範囲がグ~ッと広がるだけでなく、
演じる役に、コミカルな側面がプラスされて、
人物そのものが魅力的になってきますよね。
キミペでも、コメディタッチが、とてもよい隠し味になっていたと思います。

ただ今回のドラマに関して言えば、あのコミカルな演技で、可愛らしさがさらに強調されて、
財前さんと親子には見えなかったけれど、
浩介は、実は母親なしに育ったのではないか・・・などと憶測しなくては、
財前さんをあそこまで慕う気持ちが理解できないようになってしまった気がします。


他人には、どうすることもできない才能。

名前:ミツコ 日付:6月30日(木) 23時49分
リピートを開始する前に、言いたいことを言っちゃいます。
前半、力み過ぎ・・・というか、緩急がなさすぎだったと思うのですが、
そんなことは、演出の人が指摘すればいいだけのことで、
なぜ、その指摘をしなかったのか。(←責任転化)
オムニバスで短いのだから、ストーリーのダイジェスト版にするのではなく、
ポイントを絞って、心に染みるドラマにすることもできたと思うのですよ。
(脚本家、出て来い!)

でも、潤クンの目力や表情の深みというのは、演出家がどのように指導しようとも、本人の才能がないことにはどうにもならない。
制服姿がカッコイイという俳優はたくさんいるかもしれないけれど、
制服姿があんなに美しく品があるという俳優が、そうそういるとは思えない。
つまり、潤クンは、他人にはどうすることもできない、俳優としての大きな才能と武器を持っている・・・ということを、改めて今回のドラマで認識させられました。
だから皆、次は是非、連続ドラマを・・・と、積極的に望んじゃうんですよね。

どんな仕事でも、すぐ馴染んで、違和感なく溶け込める才能を持った役者さんもいるでしょうが、
潤クンのように、時間とエネルギーをかけて、新しいキャラを創りあげるタイプの俳優もいるわけです。

潤クンに、どうか映像の仕事のチャンスを与えてくださいませ。
ジックリと時間をかけて、芳醇な香を放つ、世界中に類を見ない俳優に育ちますよ~。


西村・松潤コンビを、是非また~!

名前:ミツコ 日付:7月1日(金) 19時43分
リピートしました。

そして、西村雅彦さんの怖い上司(動きがビシッと綺麗でしたね)と、ヘタレの新人消防士クンのコンビ、最高!でした。

典型的美人の仲間さんが、コミカルなヤンクミやトリックでブレイクしたように、
潤クンも、もしかしたら、こういう意外な魅力が突破口になるかもしれない・・・なんて思いました。
西村さんを初めて知ったのも、古畑任三郎のコミカルな部下役でしたしね。

エロイ年上キラーと、こういうダメダメ新人クンの、両方とも魅力的なんて、スゴイ!じゃないですか~。
西村雅彦・松本潤コンビのドラマ、
一般視聴者にも受けそうに思うんですが、どうでしょう。

それから、やはり、ベッドの上の、自信を失って自暴自棄になっているときの、エロイ表情ですねえ。。。
もうもう素晴らしい~!!!
短時間に、複雑な心境のうつろいを表現して、ゼッピ~ン!
もし、他の俳優さんが、こんな表情したら、私、嫉妬に悶絶すると思うの。
でも、そんな経験はないですね。
それだけ、松本潤の表情演技は、貴重品なんですよ。

そして、一転して、五月人形のような(秀月のCMに使って欲しい)、消防兜からのぞいた見開いた目。
今までの潤クンにはなかった、一本気な顔で、
これも素敵。

最後のミリタリィー調花婿姿は、浩介ではなく、松本潤のサービスショットでしたね。
美しい花嫁姿というのはあっても、美しい花婿姿というのは、前代未聞です。。。。。



|

October 01, 2005

ジョニーデップと松本潤。

6月25日(土) 22時12分
ジョニーデップ好きの潤クン。
彼のような映画俳優になりたいんでしょうね。

私が思うジョニーデップの魅力って、
カッコイイと、そこからはずしたところとの、境界線上の危うさだと思うのね。
そのはずし方が、まさに彼独特なわけで、
例えば、『ブロウ』のラストシーンの情けなさがあるから、胸キュンとなって、ジョニーデップの危ういカッコヨサが際立ってくるんだよね。

潤クンも、ジョニーデップのはずし方に影響受けているんじゃないかと思うところがあるんだよね。
皆がハイテンションで、イケイケ!のミンテレの渦中にあって、
ダサダサなD嵐スーツを着るとか、
ド田舎の孫になるのに、エロ赤パンツを、敢えて見えるようにはく・・・とか。

潤クンもいつの日にか、
股間に目覚まし時計を入れて、ブルブル全身を振るわせながら、
めんたまひんむいて、
それでも、せつない色気を振りまくような、
パイレーツオブカリビアン的役柄を演じて欲しいと思う私です。


|

ミンテレとD嵐スーツ

6月23日(木) 18時47分
夕べのミンテレでのD嵐スーツ。
いくら収録が重なったからと言って、別番組の衣装でそのまま出てくるというのは、
潤クンの場合、考えられないと思うんですよ。
出かけるときも、私服を何着も試したり、雑誌の撮影でも、いくつかの服を着てみる・・・という人ですもの。

ですから、何らかの意図があって、D嵐スーツを着たと思うので、可能性をいくつか考えてみました。

①収録が重なったということを、視聴者に信じさせるため。

②これからは司会1本で行くという意志表示。

③地味な司会だけだから、ファンヘ盛り上がりネタを提供するため。

④ヘアスタイルにばかり注目されるから、衣装にも注目してもらうため、今回は敢えてダサイD嵐スーツを着た。

⑤スタイリストが用意したものが、すべて気にいらなかった。

⑥Dの嵐にも出ている嵐のメンバーであるというアピール。

⑦D嵐スーツが、一番似合ってカッコヨク見えると錯覚しているため。

⑧オレに歌ったり踊ったりコントしたりさせなきゃ、手抜きするぞという、スタッフへの脅し。

⑨その他


6月24日(金) 18時35分
潤クンにとってミンテレって、
例えば、企業に入って、研究・技術職のようなところで、かなりの結果を出して、
本人も周りも、この分野でさらにいい仕事をしていくだろうと当然のように期待していたのに、
突然、最も不得意と思われる営業にまわされ、
しかも、後輩達の業績アップをサポートするのが主な仕事・・・みたいな感じだと思うんですよ。

でも、ものは考えようで、営業で消費者のニーズを肌で感じて、
研究・技術職に戻ったとき、今までには考えられなかった発想が出てきて、
飛躍的な開発ができる・・・ってことだってあると思うんだよね。

潤クンもミンテレで、ニコニコ顔でヨイショしながら、
摩耶さんがおっしゃるようなこと、思っているかもしれない。
でも、そういう感情って、そういうことを実際に体験しなきゃわからないから、
俳優として、人の気持ちを表現するとき、絶対役に立つと思うんだよね。

それから、見る側も、
例えば、ドラマや映画なんかでも、主人公が理不尽な仕打ちをされればされるほど、
感情移入して、のめり込んでいく・・・ってとこ、あるじゃないですか~。
ガンバレ松潤! めげるな松潤!みたいに。。。

ポポロで立ち読みしただけなので、言葉が忘れましたが、
おいしい実を実らせるためには、いろんなものを削ぎ落としていかなければいけない・・・ようなことを言っていましたよね。
もしかして、これって、ミンテレで、歌や踊りやコントはしないことで、
司会という新しい分野で、実を実らせようということかもしれない・・・なんて思いました。

確かに、カツンばっかり美味しいところを持っていってる気がしますが、
最初、誰が司会者かわけわからない状態から、
潤クンがメイン司会だというポジションになりましたものね。

あゆみさん、毎日のカウントダウン、本当にありがとうございます。
>娘の婿にするには減点よ!減点!

大ウケしましたが、
実際、娘婿になって、「お母さん・・・」なんて、
あの年上殺しの笑顔で言われたら、
フニャ~と、陥落間違いないですね。ウフフ。。。





|

川口能活選手と潤クン。

6月21日(火) 1時56分
川口能活選手の話を少し。。。
私、ファンでもないので、間違っていたら、摩耶さん、はるひさん、ご指摘くださいませ。

川口選手といえば、何と言っても印象的なのが、2002年ワールドカップのロシア戦勝利で、日本中が狂喜乱舞した瞬間、ベンチで見せた、面白くなさそうな冷めた顔。

週刊文春に、イギリスのポーツマスに移籍している間のエッセイが連載されていて、
時々読んでいましたが、
悲惨でしたね。。。
こんなヒドイ目にあいながら、なぜここに留まるのか・・・不思議でした。
日本代表の正GKとして、フランスワールドカップに出た選手ですもの、
他にいくらでも、試合に出させてくれるチームがあるんじゃないの・・・って思いました。
トルシエ監督との確執も自ら週刊誌に載せていましたよね。

自分の腹立たしい状況を、延々と公表し続けるのが不思議でしたが、
今にして思えば、この状況から絶対に這い上がってやる!という、とてつもなく強い意志があったからできたのでは・・・と思ったりします。

1センチが明暗を分け、国の威信をかけた試合を決する、たったひとりのGK。
例えば、去年のアジアカップのPK戦での、神がかり的セーブ。
彼を見ていると、天才と狂気って紙一重だなあと思えてくるんです。
 
なぜ今、川口選手の話を・・・かと言うと、
潤クンも、金田一少年、ごくせん、キミペ・・・と、スター街道まっしぐら・・・でもよかったはずなのに、
世間的には、今一つ。

でも、川口選手のこれまでの苦難の道のりからの復活を思うと、勇気づけられます。
そして、試合にあまり出ることができなかった、ポーツマスなどでの時期が、
潤クンの、あまりドラマに出られない時期と重なって思えて、
そういう時期が、決して無駄ではなく、
ハングリーさとか、研ぎ澄まされた感性とか、自分や周りを客観的に見れるようになったり・・・とか、
目に見えない財産になるんじゃないかなあと思うのです。

そして、エデンの東を見て、松本潤という人の非凡さに胸を打たれました。
天才と狂気が紙一重ということが、潤クンにも当てはまる気がするんです。
演技者としては、天才では全然ないのかもしれないですが、
舞台に立って、何かを客席に伝えようとする強烈なオーラがあります。
1日2公演、出ずっぱりの舞台で、演じながら雑念が思い浮かんだりしないんだろうか・・・などと、
凡人の私は考えたりしますが、
舞台の上で輝きつづける神様がついているような気がします。
イッチャッテル・・・という感じでしょうか。。。


| | Comments (0)

『ROADSHOW』の連載開始。

6月19日(日) 21時8分
我等が潤さまは、今度は、『ロードショー』に連載ですか~。。。
はあ。。。
ファンは、あ~んな潤さま、こ~んな潤さまと、ドラマ・映画・舞台で活躍される、見目麗しいお姿を妄想しながら、耐えがたきを耐え、しのび難きをしのんで、日々暮らしておりますのに、
批評される側ではなく、批評する側になられますか~。。。(まだ内容はわかりませんが)

まあ、ロードショーの連載が、潤クンに新しい縁や才能との出会いになって、
刺激的な作品に出ることに結びついていけばいいなあ・・・なんて、漠然と思ったりします。

それにしても、わずか21歳にして、
スポーツで言えば、古田選手や宮本選手のように、
現役選手でありながら、自分の身を置く世界を、広い視野で論評するような人間への道をたどろうとしているのでしょうか。。。
ひとりの男として、ドンドン先に行ってしまうようで、
fufuさんの絵の「モモ愛してる」が、「さようならモモ」のように思えて、ウッときてしまいます。


ロードショー、さすが映画スターを撮るカメラマンは違う!と、うならせる写真でしたねえ。。。ス・テ・キ♪
毎月、潤クンの写真とエッセイを載せることで、
海外スター好きの人たちに、松本潤の映画も観てもらおうという、宣伝活動の一環だといいなあ。。。
エッセイは、AJSの語りみたいに、気軽な感じでしたね。
回を重ねるにつれて、ネタ切れになって、掘り下げざるをえなくなって、マツジュン節炸裂になってきたら、面白いですね。
すでに片鱗は十分見えていましたが。。。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『パラダイス・キス』

6月17日(金) 4時12分
『パラダイス・キス』、知り合いに借りて、寝る前にちょっと・・・と思って読み始めたら、
一気に5巻全部読んじゃった。
5巻、泣いた。。。
ググググ・・・と泣いた。
人間の綺麗な心に涙がボタボタ落ちてきた。。。
今、読み終わって、一生懸命考えているんだけど、
漫画を読んで、こんなに泣いたことってないと思う。
それも、こんなに心が晴れ晴れとする泣き方って、経験ない気がする。。。
潤クンのおかげで、新たな世界を見せてもらったわ。
感謝。
これから、眠れるだろうか。。。


2005/06/17(Fri) 18:27
私は、人の表面的なやさしさを信じていないんです。(潤クンが自分のことを、「基本的に人を信用しない人間」と言ったのは、とても共感します。)

そんな私にとって、一見、冷めたキツイ男のように思えるジョージが、
人を本当に思いやるというのはどういうことなのか・・・を示してくれました。
キャロラインに自分の母親のような不幸な女になって欲しくなかったのと同時に、
そんな母と共に生きることを前提としている。

そんな彼のために、香がジョージの父親に頼みに行くところで、グワ~と涙が落ちました。
私自身が過去に何度か、この香と似たような行動をとったことがあるからかもしれません。
自立した女の愛情ってこういうことなんだと、自分が受け入れられたような気がしました。

最後に、ジョージがキャロラインのために残した洋服の数々に、彼の溢れるばかりの愛情を感じ、
去ることで与えることができるものがあるんだと、またまた涙。。。

『パラダイス・キス』は、愛の構造が何層にも折り重なっていて、
登場人物それぞれの複雑な心理の綾に身を委ねることができて、新鮮な面白さがありました。
そして高校生達のSEXシーンに誠実な優しさがあって、
心洗われる思いがしました。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

anego&オリコン1位への疑問

6月16日(木) 0時28分
anegoで仁クン、とうとうプロポーズしていましたね~。
傷ついた年上の女のすべてを受け入れる可愛い男の子というのは、
女性の永遠の夢ですなあ。。。
篠原涼子さんとの会話の裏の本音が、字幕で出るというのは、キミペでもありましたねえ。。。
あれってコミカルで、私、大好きだったんですよ。
ああいう手法って、キミペとanegoしか知らないんですが、よくあるんですか?
はるか年上へのプロポーズといい、潤クンと重なるなあ。。。
二人の大きな違いって、笑顔だと思うんだ。
仁クンは、はにかんだような笑顔。
潤クンは、つややかに輝くような笑顔。

ところで、J事務所に言いたいことの、もう一つは、
オリコン1位にこだわる必要ないんじゃないの・・・ということ。
ロングセラーになることを最初から諦めて、とにかくファンだけに売れるだけ売ってしまおう・・・というように思えるの。
1位かどうかなんて、ファンしか知らないよ。。。

ちーぼさんのキムタク親子の話を伺って、ずっとトップでいつづける人は、それなりの理由があるんだと思いました。
SMAPは、いくつかのロングセラー曲を持っていますよね。
一般の人に浸透するのは、ロングセラー曲ですものね。
嵐はSMAPとは違う独自の道を行って欲しいと思いますが、
成功した人達のものの考え方を参考にするのは、価値のあることだと思いますがね。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

リストラされるのは。。。

6月14日(火) 22時32分
私は、1年契約で、毎年毎年、今年こそクビかしら・・・という仕事を14年間やっています。
毎年のようにクビになる人がいますが、3年前に大量解雇がありました。
一緒に仕事していますから、お互いの能力はわかります。
でも、なぜこの人がクビになって、この人はクビにならないのか、その違いがまったくわかりませんでした。
そんな時、「リストラされるのは、文句を言わない人だ。企業はリストラするのに後ろめたさがあるから、クビにしても面倒なことにならない人間をリストラする」というのを読んで、
それだ!と納得しました。

私の職場で大量にクビになったのは、真面目でいい人で一生懸命頑張って能力があって文句を言わない人たち。
残ったのは、うるさくて、悪口を平気でバンバン言って、自分の権利にものすごく固執する人たち。
私は、悪口も言わないし、おとなしいけど(?)、過去にクビを覚悟で上層部とわたりあったことが2回あり。

何が言いたいかと言うと、嵐がジャニーズ事務所の中で、文句を言わないGという位置付けになってはいないかしら・・・と、危惧しているんです。
新しいGがどんどん誕生していく中、今回のアルバムの発売が、コンサート後になってしまったことに象徴される力関係が生じているのではないか・・・と、思ったりします。

私は、アルバムがコンサートに間に合わなくても、それはそれなりの楽しみ方が可能だし、そういうコンサートを嵐は作ってくると思います。
でも嫌なのは、常に最初の予定がくつがえされて、それにファンも嵐も合わせるのが当たり前・・・という、諦めの空気に慣らされてしまうことなんです。
文句を言わないタレント、マネージャー、ファン・・・

ケンカをしろとか言っているのではなく、不当なことには一歩も引かないオーラを放ちながら、粘り強く交渉していく・・・というようなタフさが、芸能界のみならず、どこの世界でも成功するには必要なことだと思うんですよ。

ファンも、諦めることに慣れていると、なめられるだけです。

ファンもいろんな考えの人がいるでしょうから、星フリで一緒にドウトカ・・・するつもりはありませんが、
ジャニーズWebにメールするくらいは、気持ちさえあればできることだと思います。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

宮本恒さまと、松本潤クン。

6月12日(日) 23時35分
ドイツ大会出場を決めた後、ニュースショーに次々と出演される宮本恒さまを見て、
潤クンに似ているなあ・・・って、思っちゃった。
2年半近くのブランクを経たから、客観的に比べられるんでしょう。
落ちついた物腰、目の表情が賢さを表し、口をひん曲げながら話す・・・etc.

あのね。結局、恒さまに落ちたのも、潤クンに落ちたのも、”らしくなさ”だったの。
初めて、TVのインタビューで恒さまを見た時、
えッ?! この人がサッカー選手?
こんな柔和で、知性と品のあるスポーツ選手っていたの?!という驚きだった。

ごくせんの慎にドキッとして、ネットで調べて、嵐と知った時の驚きたるや、信じられない!というのは、こういうことだと思った。
あんなに品と知的な落ちつきがあって、目ですべてを語る素晴らしい演技をする子が、
チャラチャラ・ジャニーズなんて、あり得ない!と思いましたもの。

そして、二人とも一見、不似合いなサッカー界とジャニーズに身を置きながら、
その功罪をしっかり見極めながら、自分のあるべき姿を模索している。

恒さまは、自伝的な著書『キャプテン』にあるように、
チームのキャプテンであることにアイデンティティをおいている。
潤クンも、相葉ちゃんが言ったように、「誰よりも嵐のことを考えてくれてありがとう」という人。
スター選手、アイドルスターでありながら、人知れないところで、チームやカンパニーの皆が活躍できるように心配りをしている。

去年、元ガンバ監督の竹本さん(現柏コーチ)の講演を聴く機会があったんだけど、
「宮本と稲本は、練習メニューを、絶対に楽な方法に流れず、誰が見ていなくてもキチンとやっていた。
天才と期待されたFWの○○は、練習で楽することばかり考えていたら、結局ものにならなかった。
宮本は、監督やコーチがどんなことを言っても、まずそれを実行して、その上で考えていた。
やる前に、それはおかしい・・・みたいなことは絶対に言わない。」
のようなことを言っていました。

アイドル誌で小橋クンが、潤クンの座長としての姿勢や、稽古でも決して気を抜かない・・・のようなことを誉めていましたが、
恒さまと通じるところがあると思うんですよ。

結局、私が好きになる人って、精神的なところで似ているんだなあと思います。


6月14日(火) 1時7分
さらにサッカーネタですが、
例えば、恒さまの大阪ガンバでの試合を見ていると(3年前頃)、それほどスゴイDFとも思えなかったんですよ。
「ガンバでの試合と(日本)代表戦では、気持ちが違う」みたいなこと言って、ガンバサポーターに叩かれていたりしましたねえ。。。

代表に選ばれ続ける選手と選ばれない選手の間の違いって、
もちろん、サッカーの能力もあるんだけど、
是非、チームに必要だ!というプラスαだと思うんですよ。
恒さまの場合は、チームをまとめる精神的・頭脳的支柱としての信頼感でしょうねえ。。。
そういう人がいるといないとでは、1点が天国と地獄を分けるサッカーでは、大違いでしょうから。。。

ドラマや映画の配役だって、この人が出れば必ず視聴率や動員数が保証される・・・というごく限られた人を除いては、
他の人が持っていないプラスαが大事ではないか・・・と思うんですよ。

潤クン、年下キラーキャラが続いていますが、
20歳そこそこで、30代40代の女性から可愛がられるのではなく、
虜にしてしまう精神的優位性を持つ俳優というのは、
松本潤以外、そうそういないと思うんですよ。
そういう余人をもって替えがたい魅力は、俳優としての武器なんだから、
それでガンガンOK!だと思うんです。
ただ、そういう役しかできないのではなく、チャンスさえあれば、どんな役でもできますよ・・・という準備を、舞台などでやっていくという、今の方向性は間違っていないように、私は思います。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

神々しいモモ。。。

6月11日(土) 12時57分
fufuさんの、モモのダンスの絵、あまりの素晴らしさ・神々しさに、ためいきしかでません。
以前、似顔絵は苦手だとおっしゃっていましたが、
わかる気がします。
似顔絵を得意とされる方の絵って、キッチリとしたご自身のスタイルがあって、
だからこそ、それぞれの人物のデフォルメが生きてくる・・・って感じですが、
fufuさんの絵は、似顔絵じゃないんですよね。
顔を描きながら、実は、その人の宇宙を表現している。
その瞬間の魂のありようや、背景にあるストーリーを、広く深く多彩に無限に膨らませることができる。

このダンスのモモは、
二度と戻ることができない19歳の松本潤の、
華奢ではかなげだった輝きを凝縮している。
暗い背景の中に、か細い裸体と手が浮かびあがっているから、
幼い顔とあいまって、ピュアな美しさに、吸い込まれていく。。。
さらに最高傑作の誕生ですね。

松本潤とfufuさんの魂のバトルは、どこまで発展して、
どんな素晴らしい芸術を生んでいくんでしょう。。。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

そんなバカな!怒り心頭!

6月10日(金) 21時11分
8月3日発売!!???
サクラ咲けの発売が遅れ、コンサートの追加・・・とか、いろいろ、何やってんだ!と思うことが多々ありましたが、
大阪も東京のコンサートもかなり終ってから、アルバム発売って、
いったい何ですか!!!!!

怒り心頭もだけど、嵐、これじゃ、ダメになっちゃうんじゃないかと、
本気で心配です。

今からでも、なんとかならないんですか!!!


6月10日(金) 23時0分
いろいろ書きたいことがあるんだけど、
アルバム8月3日発売と知ってから、腹が立って、気持ちがおさまりません。
かずさん、宮本選手の日記の、
>つまらないことで必要以上に怒ってしまって・・・怒ったところで良いことなんかないよなぁ。。。

と紹介してくださいましたが、
私、怒るってこと、大事なことだと思うんです。
妥協した方がいいことと、一歩も引かず主張すべきことを、しっかり区別することって、必要だと思うんです。

潤クンファンになって、事務所のやりかたに???ということが多々ありましたが、
多くのファンと同じように、私もまあ仕方ないな・・・と思ってきました。
私達が知らない事情があるんだろうし、潤クンや嵐の5人が頑張っているのを見ると、何も言えなくなってしまいます。

でも、今年に入ってからの流れを見ると、
マネージメントが、まったくなっていないんじゃないですか。
プロが仕事をしていく上で、当たり前の前提として行なわれる、
『期限を守る』という最低限のことができないというのは、
信用をゼロにします。

コンサートがいつから始まるから、アルバムはいつまでに発売・・・という期限があって、
それに向けて、いろんなところと調整や折衝を重ねるわけで、
そこで、嵐のマネージメントをする人が弱腰だと、相手のいいなりになって、
結局、ファンや嵐メンを裏切ることになってしまう。

私が心配するのは、そういうことです。
嵐を本気で思うなら、嫌われたって、どんなこと言われたって、強気でやらなければいけないことがあります。

いったい、嵐のマネージメントはどうなっているんですか???

コンサート前に、アルバムの発売ができるように、真剣にやってください!


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2005 | Main | November 2005 »