« 潤クンがブレイクしない第2の理由 | Main | 台湾国慶節のレセプションで花男の宣伝をしてきました。 »

October 20, 2005

台湾大使と花より男子

10月2日(日) 1時37分
大学時代の恩師の駐日台湾大使夫妻と今まで、飲んできました。
『流星花園』と言っても、?で、
『花より男子』と言ったら、おお~!でした。
「私、日本版ドラマで主演する松本潤のファンサイトの管理人しているんです。中国メディアが、台湾版を持ち上げて、日本側のキャストとかをけなしてましたよ」と言ったら、
「それは、台湾と日本が仲良くやることに横槍を入れているんだ」と言われて、なるほど~でした。

そして大使は、「『東京タワー』のような映画を作ると、男女二組の話なんかどうでもよくて、日本の観光PRになるから、スポンサーがつきやすいんだよ。だから、台北にある世界で一番高いビルの101タワーを入れた映画を作ったら、スポンサーがいくらでもつくよ。」とか言っていました。
私、「その『東京タワー』の男女の1組が松本潤なんです!」と勢い込んで言ってしまいましたよ。

そして、「だいたい、先生が駐日大使になったなんていうのも奇蹟みたいなものだし(おっと失礼!)、台湾やアジア各国で大人気になった『花より男子』の日本版の主役のファンサイトの管理人を、私がやっているなんていうこの巡り合わせってすごい縁だし、私、やれること何でもやりますよ~」
と大見得切っちゃったんです。
大使は大乗り気で、「明日、広報の者に電話させるから話をしてやってくれ」と言われたのです。

私、大使の講演会を勤め先で主催して大大成功だったもので、結構期待されちゃったみたいなんです。

花男の成功のために、日台友好のために、潤クンのために、やる気は満々なのですが、
具体的に何をしたらいいのかわからないんです。

どうしたらいいんでしょう?
皆様、何かアイディアありませんでしょうか?

麻美さん、エキストラご苦労様でした。そして、いつもレポありがとうございます。

WAKOさん、潤クンの仕事は道明寺だけではありませんから、謝ることないですよ。

台湾大使と私。

名前:ミツコ 日付:10月3日(月) 22時51分
たくさんの方々から、いろんな案をありがとうございました。
台湾大使館に伝えておきました。
大使には、どこかで挨拶をするときは、必ず『花より男子』の宣伝をするように頼もうと思っています。
だって、おととい私が言うまで、日本版のドラマを知りませんでしたから。

大学時代ゼミを選ぶとき、たくさんいる教官の中から、まったく迷うことなく現在の駐日台湾大使の若き日の先生を選びました。
潤クンに何の迷いもなく落ちたのと同じようなものかもしれません。
先生は、当時の蒋介石政権に反対して、台湾政府からも日本政府からもにらまれていた政治犯だったのです。
そのため36年間台湾に帰ることができず、
李登輝政権になってやっと帰ることができ、
そして去年、駐日大使として戻ってこられました。

そして講演会を私の勤め先で行うことになったのですが、台湾と中国と日本という政治的に非常に難しい状況にあるため、
勤め先のトップの腰が引けてしまって、
私は難しい立場に立たされました。
講演会は成功させたい、でも勤め先にどんなことがあっても迷惑をかけられないという、薄氷を踏む思いで様々な交渉を行いました。
参加者を集めるのも本当にたいへんで、興味があるということと、実際足を運ぶ人との間には雲泥の差があることがわかりました。
その代わり、出席した人たちのまっすぐで長年の思いを込めた質問と、それに答える大使の情熱溢れる答えとで、緊迫したやりとりが続き、
出席した人たちから、大大満足の賞賛の声がどんどん届きました。

私は日台の架け橋になるため、やれるだけのことをやっていこうと思っていましたが、
なんと、潤クンが『花より男子』で道明寺役をやることになって、
私がかかわってきた二本の線が、ここで出会うことになったのです。

一ファンにすぎない私には具体的には何もできることはないかもしれませんが、
何かの役に立ちたいと思って行動していれば、思いがけない何かに出会うかもしれない。
先のことはまったく見えないけれど、36年間政治犯扱いだった先生が大使として戻ってくることがあるのも人生。

まあ、焦らずボチボチとやっていこうと思います。
微妙な話などのため、これから星フリに書くことはあまりないかもしれませんが、
見えないところで、それなりに頑張っているんだと思っておいてくださいませ。


Seven Teen&講演会

名前:ミツコ 日付:10月4日(火) 21時54分
Seven Teenの左ページの短か!は、ねらったものだから、すんごくカッコイイ♪
だけど、右ページのお顔のお肉は、はからずも・・・だからねえ。。。
元の体積が少ないから、ちょっと増えると膨張率が。。。

ちーぼさん、そうです。イベントは花も嵐も踏み越えてやっと実現した講演会でした。
裏事情を知っていた私は、いろんなことが気になって、参加した人が本当はどう感じたのかとか、客観的にはどうだったのかとかは、言われないとわからないんだということがわかって、
星フリのアンケートや率直な感想を発信していくことは、とっても意味あることなんだと、自分が主催する立場になってわかりました。

|

« 潤クンがブレイクしない第2の理由 | Main | 台湾国慶節のレセプションで花男の宣伝をしてきました。 »