« 私は、トンガッテいきます! | Main | ミンテレは残酷 »

October 08, 2005

ファンはタレントを映す鏡。

7月16日(土) 18時7分
ジャニーズ関連で、また、事件が報道されています。
異常なスケジュール管理の犠牲なのか、
はたまた、クビを覚悟で起こした事件なのか・・・
真相はわかりませんが、
ジャニーズ事務所は、芸能界にあって、巨大な権力を持ちますから、その庇護のもとにあるというプラス面と、
その管理下にあることから派生する、マイナス面があるんだと思うんです。

私、潤クンには、事務所を利用して、のし上がってやろう・・・くらいの図太さをもって欲しいなあと思うんです。
(そう思っているかもしれないですが・・・)
そして、ジャニーズのイメージを破壊するくらい強烈なものを生み出さないと、
いつまでも、ああ、あのジャニタレ・・・と、一般的に見られてしまう。(永遠の課題だと思うし、私の野望でもあるのですが)

そういう意味で、今日のAJSの、
ファンの心配に対する、ダイエット拒否発言は、
彼の真意はわかりませんが、
一筋縄ではいかない、彼の人間性が垣間見えて、
タヌキやなあ・・・と、ウフフしてしまいました。


トンガリ第2弾

名前:ミツコ 日付:7月19日(火) 23時50分
もし潤クンが、18歳で、嵐5人で力を合わせて頑張ってやっていこうとしていたとき、
上からの命令で、関西のジャニーズGのメンバーと掛け持ちでやることになって、
しかも、ドラマもある・・・という状態にされていたら、
私は、黙っていませんね。
こんな非人間的なやり方は、許せません。

以前にも、ここで書きましたが、
潤クンが、今年のデイリースポーツ5月10日のインタビューで、(今、それを見て書いています)
「昔はとんがっていましたよ。10代の頃は自分が理解しないことに対しては徹底してノーと言っていた」と言っていて、
彼のこのノーと言える性格が、彼を守ったのではないかと・・・
そして、誰かがノーと言うことによって、理不尽なことがまかり通ることが防がれたのではないかとも思うのです。

今回のことは、結局は、ジャニーズの権力機構のひずみが生んだ悲劇だと思うんですよ。
そして、ジャニーズの1個人・1グループの問題ではなく、
嵐も含めた、ジャニーズ全体への、目に見えない形での影響が、ジワジワとあるのではないかと思っています。


ファンはタレントを映す鏡。

名前:ミツコ 日付:7月20日(水) 13時40分
今回のことは、ジャニーズの1タレントのことではないと思っているので、発言させていただいています。

10代や20代はじめの子が、きちんと状況判断して、
イエスやノーを言える・・・というのは、本当にたいへんなことで、
仮に自分がこうだと思っても、客観的には間違っているかもしれない・・・と思えば、とりあえず、周りに合わせておいたり、上の言うことを聞いておく方が無難だと思うのは、当然だと思うのです。

でも、今は、ネットが発達していて、とても大きな影響力を持っています。
自分の味方だと思える人たちが、様々な意見を自分に向けに発信してくれている・・・ということが、
どれほど、ありがたいことかと思うのです。

私が星フリの今後について迷った時、いろいろな方の様々な感性の書き込みとメールをいただき、
どれほど、参考になって、力になったかわかりません。
結果として、星フリ上では、さしたる変化はないかもしれませんが、
皆様の書いてくださったものが、私の引き出しの中に蓄積されて、血肉となっているのです。
本当にありがたいことです。
そして、それはたぶん、潤クンについても、同じことが言えるんだろうと、自分の経験を通して思いました。

いただいたメールの中で、
「ファンはタレントを映す鏡。ファンを見れば、タレントがどんな人か分かるし逆も真なり。そういうところを見ている人は結構いる。星フリのような質の高いファンの、良識あるサイトが存在していることが、潤クンのイメージアップに繋がっていると思う。」
というような主旨のものがありました。
本当にありがたい言葉だと思いました。

ですから、自分が応援する若いタレントが、間違った方向に行かないように、
少しでも適切な判断ができるように、
日頃から、ファンサイトで、様々なことに対して、率直な意見を交換していることは、とても意義あることだと思うのです。

どんなに優れた能力と魅力を持っていたとしても、
ジャニーズ・芸能界という狭い世界で生きているわけで、
私達ファンは、彼らの知らない世界を経験しているんです。
一人の経験は狭くてチッポケかもしれないけれど、
ファン全体を見れば、千差万別スゴイものだと思います。

ということで、これからも私は、トンガッタリ、壊れたりしていくと思いますが、
どうぞよろしくお願いいたします。

|

« 私は、トンガッテいきます! | Main | ミンテレは残酷 »