« 寺島しのぶさんのインタビュー | Main | 私は、トンガッテいきます! »

October 08, 2005

健康管理が第一。

7月17日(日) 22時43分
AJSでの、「やせる気ない発言」は、
体重管理くらい、その気になったら、いつでもできる・・・という気持ちの現れだと思います。
だって、肌荒れについても、きっとたくさんのファンからメールが届いたのでしょうが、まったく触れていませんものね。

でも、その気になって(例えば、映画監督からやせるように言われたら)、頑張ってやせるんでしょうが、
そのあとのリバウンドや、体調管理まで、潤クンは考えているのでしょうか???

マット・デイモンが、『戦火の勇気』で、すごいダイエットをして、役者魂を見せたけど、
そのために、副腎をやられて、長く苦しむことになったり、
ダイエットに成功しても、その後のリバウンドのすごいタレントさんもいますよね。

食事を減らして、体重を減らそうとすると、
そのストレスのため、体重が減ったと安心した途端、どっと食べてしまいます。
すでに少ない食事量で機能する身体になってしまっていますから、以前と同じ量を食べても、どんどん太ってしまう・・・というのが、リバウンドの原理ですね。

そういう私も、やせてはリバウンドするを繰り返して、
20代前半に比べて、15キロも太ってしまったんですよ。

そんな時、病気がわかりました。
そして、健康によいとされる食事に切り替えたら、
なんと、1ヶ月で8キロもやせたんです。
やせるつもりはさらさらなくて、身体を自然療法で改善しようとしたら、
食事の量は変えず、質を変えただけで、あっという間にやせたんです。

玄米・野菜を中心とし、
サラダ油は、自然の油ではなく、工業製品なので、
ゴマ油とオリーブオイルに変え、
肉を減らし、植物性たんぱく質と魚介類をとるようにし、
朝晩の簡単な体操を加えただけなんです。

そして、減肥茶とも呼ばれる、プーアール茶の濃いのを飲み始めたら、
数日で、また2キロやせ、
プハンという吸い玉を使ったら、2日くらいで、さらに2キロやせ・・・
ということで、
結局、短期間で、12キロはやせました。

あれから4年経って、2キロくらい戻りましたが、
少し気をつけるくらいの食生活(つまり、まったく我慢しない食生活)と、
血行・新陳代謝をよくするように気をつけるだけで、
健康な生活を送っています。

つまり、私にとっては、体重管理=健康管理なんですよ。

ですから、私には、潤クンの肌荒れも体重増加も、
彼の、内臓を含む、全身状態の問題のような気がするんです。

夢のない話を書いてしまいましたが、
潤クンが、第一線で長く輝いて活躍して欲しいからです。
多くのファンも、それを願って、AJSにメールしたのだと思いますから。

繰り返しますが、
【無理なダイエットは、百害あって一利なし。
身体を健康にすることが、肌荒れにも体重管理にも肝要である。】
ということです。


私だったら。。。(あやちゃんヘ)

名前:ミツコ 日付:7月16日(土) 22時13分
あやちゃんの質問は、
吹奏楽部のコンクールの日、自分達の出番が終ってから、結果発表まで6時間あるから、札幌の嵐コンサートに行ける。
その間、24校の演奏を聞いているか、それとも嵐のコンサートに行くか?ということですね。

私は迷った時、世界中の人に嫌われても、自分にだけは嫌われないようにしようと思って、決心します。

もし嵐のコンサートに行ったとしたら、
先生や親に叱られ(それも、かなりこっぴどく)、仲間からは白い目で見られ、それが、その日だけのことではなく、
その後、延々と影響を及ぼすかもしれない。
それでも、嵐のコンサートに行きたいか・・・ですよね。

本当に嵐のコンサートに行きたくて、行ったとしたら、
人から何を言われようと、気にならないですよね。
それで、人に大いに迷惑をかけたとしたら、それを償おうと、その後、一生懸命、頑張りますよね。
自分の責任で決めたことだから。

何年か経った時、あの時の自分を思い起こして、好きでいられるか、嫌いになるか・・・
それは、あやちゃんにしかわからないし、
あやちゃんにとって、何が一番大事なのか・・・を考えて、決めたらいいと、私は思います。



|

« 寺島しのぶさんのインタビュー | Main | 私は、トンガッテいきます! »