« 潤クンの家族と品。 | Main | スケステ »

October 14, 2005

2005夏コン(One)

逆風要素がテンコ盛り

名前:ミツコ 日付:7月29日(金) 19時32分
今頃、代々木では盛り上がっているでしょうね。。。
私は、明日の夜が、初参戦です。

明日の夜、私はどんな状態で戻ってくるでしょうか?
昇天して腰抜けになっているか、
いつものように、あれやこれや文句を言っているのでしょうか?

それにしても、今回のコンは評判いいですねえ。。。

おととしの暮れから去年の正月にかけての最後の冬コンは、
初日から音が止まったり、サンザン言われていましたものね。

今年の夏コンは、カツンの下克上の影に怯え、
アルバムの新曲も知らないファンが多いし、
代々木が3公演も追加になったため、チケットが余りまくりな、
嵐にとっては逆風要素がテンコ盛りな1年ぶりのコンサート。
こういう状況に追い込まれるほど、やってやろうじゃないか!と燃えて、コンサート作りをしたのでしょうか???


トホホ・・・です。

名前:ミツコ 日付:7月31日(日) 2時57分
さっき帰ってきました。
なんと、乗換の駅でベンチに座って待っていたら、寝てしまって、終電が行ってしまったのです。
しかたなく、4つ前の駅までしか行かない電車に乗って、その後はタクシーで帰ってきました。

ああ・・・品も知性も美貌もある奥様が、
潤クンのウチワを思いっきり目立つように置いて、
ホームのベンチで酔っ払って、眠りこけている姿は・・・トホホ。。。(ごめんよ~潤クン)

きよみさん、はじめまして。
今回のコンサートに感激して、星フリに登場してくださって、とってもうれしいです。
生で見る潤クンのダンスは、本当に感動ものですものね。
なんといっても、彼は、常に進歩しているのが最大の魅力ですね。
一緒に彼を追いかけていきましょう。
これからも、どうぞよろしくお願いいたします。

ネタバレに、今の感想を忘れないうちに書いてきます。

代々木30日2部(今年の初コン) / ミツコ ♀ [関東]

うう・・・ん。ネタバレを読み過ぎたなあ。。。
見る前に、すっかりイメージができてしまっていて、
驚きの感覚が薄れてしまったようで残念です。

まず、潤クンのセクシーソロダンス。
R指定とかそんな感じじゃなくて、
一つの芸術品として、素晴らしかった~。
ジャニーズ・・・とか、嵐とか、そういう枠を大きく超えた、
本当の意味での大人のダンスだと思った。
たくましくなったのに反比例するかのように、身体がさらに柔軟になって、
あんな美しくたくましくセクシーに踊る人は、いるんだろうか???と思った。
成長するということは、こういうことなんだ!と、目の前で見せてくれました。
松本潤、あなたは筆舌に尽くしがたく素晴らしい!!!
映像の中で、女性達に身体をいじられているときの表情は、さりげなくエロクて、ああ・・・男の人ってこうなんだ・・・と、妙に納得させられる
ほど、子宮にくるものがありました。
ただ、残念だったのは、バックの映像と潤クンのダンスを同時に見ることはできないので、
そこを工夫して欲しいなあということ。

大ちゃんと二人で、白いフリフリのブラウスを着て踊るダンスも、夢のように素敵だった。
潤クンは、ああいうスローで優雅な踊りが本当に美しいですね。タメイキです。

RIGHT BACK TO YOUは、去年のダンスの方が断然いいですね。

スケルトンの舞台が、ズンズンと迫ってくるときは、胸が高鳴りました。
ああいうダイナミックな演出というのは、それだけで、この場にいられるという臨場感があって、興奮してしまいます。

アリーナのAブロックにいたのですが、
花道で、潤クンがこちらをほとんど見ずに、スタンドの方ばかり向いていたのが、不満で不満で、
しまいには、腹が立ってきて、
ただでさえ重心の低い、あのダボダボのジーパンを後ろから、ズリッとひっぱり降ろそうと思いましたよ。
ホント、冗談じゃなくそう思いましたもの。

まあ、スケルトンから1度だけ、こちらを見下ろしてくれて、近くの人たちが皆、目が合ったと言っていましたがね。

総合的な印象は、潤クンの上記のダンス二つは、ずば抜けて素晴らしかったし、
スケルトン空母装置もスゴカッタ~。
でも、コンサート自体は、物足りなかったなあ・・・ということです。


No.943 - 2005/07/31(Sun) 03:23


7月31日2部 / ミツコ ♀ [関東]

今日はね、昨日の2部よりも、MCも面白いし、すべてがビシ~としていて、すごく良かった~です。私の思い込みかと思ったのですが、一緒に
見た人もそういう感想だったので、そうなんでしょう。

志村けんさんも見にきていたし、WSSの演出のジョーイさんもいらしていたからかしら・・・なんて思ったりして。。。
MCの内容も、ジョーイさんのワークショップに嵐と三宅健クンが1週間参加して、
動物になってみたりしたのを再現していました。
相葉ちゃんが、MCで中心的に活躍していて、
2年前の夏コンで、「すみません」を連発していて自信なさげだったのが、
今ではウソのようです。

潤ファンのツボは、マツジュン・サンバの衣裳のままで、『夏の名前』も『Days』も、歌い踊ったこと。
『Days』なんか、あのクラシックバレエのような優雅で美しいダンスですよ。
終ってはけていくとき、「すみませんでした」と言い、
着替えて、あのR指定ダンスをはじめるときは、
「今度は、エッチなダンスですから、笑わないでくださいね」と言うのが、ちょっと照れが入って、お可愛らしかったです。

それにしても、あのエロダンスは、素晴らしいですね~(タメイキ)
アイドルがセクシー風に踊ってみました・・・という薄っぺらさがゼロで、
中身の詰まった大人の男の肉体が、バネのように自在に動く。。。
絡んだ女性ダンサーが、なんと軽く感じられたことか。。。

大ちゃんとのキスはなかったのですが、
大潤で立ったまま向き合って、潤クンが腰をいやらしく激しく振って、終ったら大ちゃんが片腕を上に突き上げて、
私的には、これはかなりヤバカッタです。

スケルトン空母の上では、手を振ったり、ファンサービスに余念がなかった潤クンが、
最後の方で『素晴らしき世界』を歌っている時は、
こちらにズンズン迫ってくる空母の上に突っ立って、あらぬ方を茫然と見ていて、
その姿のりりしさ美しさに心を奪われました。


No.948 - 2005/08/01(Mon) 01:04


★ マツジュンサンバ衣裳で『Days』を踊ったこと。 / ミツコ ♀ [関東]

潤クンがスケルトン空母のことを、「長さ90メートル、幅18メートル、高さ4メートル、TELEMIXさん頑張ってくれました」と、誇ら
しげに言っていましたが、
その言い方からして、たぶん潤クンのアイディアだと思ったし、
アイディアを実現させるために人を動かす力のすごさに感嘆したし、
それを、自分が考えたとは言わず、「TELEMIXさん頑張ってくれました」という言い方をしたのが、いかにも潤クンだなあと思い、うれしく
なりました。

それから、マツジュンサンバの衣裳で、『夏の名前』も『Days』で踊ったことですが、
嵐メンの誰が提案したのか忘れましたが、
それに対して潤クンは、「え~?! 着替えずに踊ったら、少なくとも2曲はこのまま踊らなくてはいけないよ。いいの~?」という感じで、本人
は乗り気ではありませんでした。
私も、『Days』のバレエ風ダンスが大好きだったので、
「え~、ちょっとやめてよ~。この回しか見れないファンだってたくさんいるよ~」と、直前に会った長野のあゆみさん親子のことを思ったので
す。

そこで潤クンは、会場のファンに問い掛けたのです。
「着替えて欲しい人~?」に対して、パラパラのごく薄~い反応。
「このまま踊って欲しい人~?」には、圧倒的大拍手の反応だったのです。
そこで仕方なく潤クンは、「真面目に踊るから笑わないで」と言って、マツケンサンバの衣裳で次の2曲も踊ったのです。
彼は、茶化す気持ちはまったくなかったと思います。
会場は大受けでしたが、終ったとき、「すみませんでした」と言って頭を下げた潤クンに、複雑な思いがあったのだと思います。
こうなったら、絶対にDVDを発売しなくちゃいけないですよね。(生の感動にはかなわないですが。。。)


No.950 - 2005/08/01(Mon) 12:42


★ 奇跡の5人組の男の子。 / ミツコ ♀ [関東]

スタンド1階1列目(一番バックステ側)で見ました。
そして、3回目にして一番嵐コンを堪能した気がします。目の前に嵐メンがよく来てくれたし、バックステの踊りも、真横からですが、よく見え
て、
潤クンが、本当に大きく身体を使ってダイナミックに踊っているのがよくわかりました。
潤クンが近くに来て、投げキスとか、お手振りとかあったのですが、何気に避けられているような・・・(←自意識過剰)

コンサートが終盤に近づくにしたがって、泣けてきてしまいました。
持てる力をめいっぱいに使って楽しませようという心意気、
この1年で格段の進歩を遂げた潤クンの努力、
嵐5人の歳を重ねるほどアップしていく仲の良さと話術・・・・・・。

そんなこんなで、胸がいっぱいになってしまったのです。

ところで、ごくせんで松潤を知って、
その直後に見た、スッピンアラシのビデオ(嵐ファーストコンサートとその裏側)が、
嵐の5人を知った最初だったのですが、
あの時の驚きをよく思い出します。

え~?! こんなに素直で、優しくて、賢くて、健全で、ピュアで、一生懸命がんばって・・・
こんな子達が、この世の中にいたの?!
それも、汚れきった芸能界(特にジャニーズ)に・・・と。

あれから5年の月日が経ち、
きっと辛い思いもたくさんして、それぞれ大人になってきたのに、
私が最初に感じた、この世のものとも思えない奇蹟の5人の男の子が、
そのまま、今回のコンサートの中に感じられたのです。
そして、あの最初に直感したものが、間違っていなかったのだなあ・・・と確信しました。


No.955 - 2005/08/03(Wed) 17:34


★ MCの大きな進歩。 / ミツコ ♀ [関東]

コンサート全体で一番進歩を感じたのは、MCです。

去年の夏コンの星フリのアンケートで、↓のようなことをやめて欲しいという意見がありました。
・MCで、立ち位置を決めて、向き合って話すこと
・MCが終わった後「本編に戻りますので、お立ち下さい」という言葉
・MCが長くて、のりのりの体が落ち着いてしまうこと

これらは、明らかに改善されていました。

去年までは、MCコーナーが独立してあって、
観客の休憩も含めて、5人が日常ネタを話す(場合によっては、ダラダラと・・・)という感じでした。

でも、今年の夏コンは、
缶けりと大宮SKとマツジュンサンバを組み合わせて、
その繋ぎにオシャベリをする(ゲストに関連させた話も多かった)・・・という感じで、
去年までの突っ立ったまま話すという静的MCから、
身体を使ったパフォーマンスを組み合せた動的MCに、見事に変貌を遂げました。

そして、バラエティ経験のおかげか、
各メンがのびのびと個性を発揮して、
毒とほのぼのが絶妙にバランスをとりながら、
なんとも楽しい5人の世界が展開されていくんですよ。
素晴らしい!!!です。


No.956 - 2005/08/03(Wed) 17:38


★ 印象に残った、コンサート中の松潤。 / ミツコ ♀ [関東]

今回のコンサート中で、印象に残った松潤について。(8月1日2部)

缶ケリで鬼になって、客席に隠れた他メンを探すとき、
「客電つけて。○○して。・・・」などと専門用語を駆使して、
コンサートスタッフも含めた総責任者のような口調で指示を出したこと。
あれを見た時、聞いたとき、潤クンは、コンサート中はアイドルを演じてファンを楽しませているけれど、
脳内は、スタッフの責任者であリ、演出家であり、常に全体を把握しようとしているんだろうなあと思いました。

それから、2階の北スタンドをトロッコで移動したとき、
最前列の人たちが、一斉に潤クンに触れ、服をひっぱり続け、
潤クンはおこって、その人たちに背を向け、1階の方に手を振り、
しまいには、しゃがみ込んで、2階の人達には触られないようにしたこと。
同じような状況でも、大ちゃんはされるがままだったそうです(←友の話)
私は、潤クンの態度が好きだし、タレントがファンを育てるものだと思っています。
それにしても、私が見た限り、2階最前列の人たちは、前の人が手を出すと、次の人も、次の人も・・・で、
自分はそんなことはしない・・・という意志表示が見えた人がいなかったこと。
全員が潤クンファンとも限らないだろうし、
逆に、好きなタレントに危ない思いをさせても平気というのも信じられないし、
これが集団心理ってものなんだなあと、本当に情けなかった。

こんなファンをどんな気持ちで潤クンは見ていたんだろう・・・・・と、思いました。

そして、MC中、汗を拭いたコンサートグッズのタオルを、「このタオル、全然汗吸わねえぇ・・・」と、ボロッと言ってしまって、他メン達に
フォローされまくっていたのが、すごくおかしかった。
ジャンケンに負けて缶けりの鬼になるのをすごく嫌がっていたし、
ニノに缶を蹴られてしまって、モロ落ち込んでいて、
それに対して、ニノを先頭に残り4人がそろって、両手を広げて飛行機のマネのように、花道をウィニングランしたのが、すごく面白かった。
潤クンにとってコンサートは、ありのままの彼でいられて、彼のダメ部分を他メンに補ってもらうのが、心地良い空間なんだろうなあと思いまし
た。


No.957 - 2005/08/03(Wed) 18:39


★ なーはるさん&仙台参戦の方々、ありがとうございます。 / ミツコ ♀ [関東]

おっ、なーはるさんの登場、当てにせずに待っていたもので、うれしいです。
ヒョンなことから、星フリのオフ会にいらっしゃることになったのですが、
こういうのを縁と言うのでしょうねえ。。。

さすがのなーはるさんも、私達のさらなるアダルティ会話を書くのは自粛されましたか。
いいんですよ。バンバン書いていただいて。
なーはるさんの手にかかると思えば、私達の言動にも磨きがかかるというものです。
それにしても、あの薄暗・狭い場所が、エロ話には持って来いだったかもしれませんね。

で、私達の会話の一部がバラされちゃったので、
私も、なーはるさんのメールの一部を。。。
「オフ会のみなさんの毒舌なご意見も爆笑もので
×(漢字一文字)のMCよりずっと面白かったので(おい)・・・」だそうです。
オイ、漢字一文字クン達。
MC、私達に負けないようにね!

仙台参戦の方々、熱気と興奮と夢うつつが伝わってくる素晴らしいレポ、ありがとうございます。
こんな風に、参戦後すぐの臨場感溢れる言葉に触れることができるのは、本当に幸せです。

ジュンスケが無かったと知った時は、私も落ち込んでしまいましたが、
そんなことを跳ね返すような楽しいコンサートだったようですね。
潤クンや嵐って、そういうマイナスがあった方が、一生懸命考えて、いっそう燃えるタイプのようですね。


No.969 - 2005/08/05(Fri) 12:20


札幌・小樽

名前:ミツコ 日付:8月8日(月) 19時1分
札幌、1泊2日の二人旅から帰ってきました。
いやあ、楽しかったです。
嵐コンもですが、
札幌・小樽と、休んでは食べ、休んでは飲み、休んでは語り倒してきました。
潤クンが好きにならなければ、こんな旅行をすることなどありえなかったので、本当に幸せだと思いました。

日曜日は小樽に行ったのですが、オルゴール館で、スマップやキンキの曲のオルゴールを2000円前後で売っていたので、
嵐の曲も是非、コンサート会場で売って欲しいと思って、
お店の人に、著作権はどうなっているのか・・・とかシツコク聞いてしまいました。(←得意技)
嵐のフィギアがクルクル回るオルゴールも楽しいけど、
『Blue』が入って、美しいオルゴールなんかあったらいいなあ。。。

★ 札幌でトロッコから落ちた状況。 / ミツコ ♀ [関東]

札幌1部、2部ともに入りました。
1部はアリーナの本ステに向かって一番後ろの一番右端の席にいました。
潤クンのセクシー・ソロ、女性との実際の絡みが終ったら、
前に出て、突然消えたのです。
えッ?! ステージから落ちたの?と、メチャ心配になりました。
けれども、そのすぐ後、猛スピードで走ってきて、センターステージで踊りました。
ですから、落ちたのではなく、本ステから飛び降りたのだと思いました。

2部は2階スタンドから見たのですが、
同じ場面で、トロッコに乗ってセンターステージに来て踊りました。
そのトロッコのスピードたるや、まさしく疾走!という感じで、速い速い!
あんな早いトロッコの移動は見たことないし、
私が知っている嵐コンの中で、あのような凄いスピードはありえませんでしたから、
ものすごくかっこよかったです。
でも、それと同時に、ものすごく怖かったです。

2部を見て、1部はあのスピードのトロッコに身体がついていかず、
あるいは、スタッフとの連携がうまく行かず落ちたんだな・・・と思いなおしました。
あのスピードは、本当に危険です。
2部では棒につかまっていたようですが、1部のトロッコについてはわかりません。

2部は、時計を見たら10分過ぎていたのに始まらず、それから少し経ってから始まりました。

2部のはじめの頃の潤クンの観客への煽りは、
「嫌なことはすべて忘れて、楽しもうぜ~」みたいなことを何度も、
それも明るくではなく、かなりキツイ調子で言うので、
何か嫌なことあったのかな・・・と思いました。
そして、終り頃にもまた、「嫌なことは忘れて・・・」と言っていました。

アンコールで花道を5人全員で走る場面があったのですが、
潤クンは、ニノも相葉ちゃんも、猛スピードで追いぬいて走っていました。

私が知る限りでは、潤クンはケガをしていてもそれを隠して、ちゃんとダンスをしたり、走ったりする人です。
ですから、今回のことも、本人しか本当のことはわからないでしょうね。。。

ソロダンス、皆に見やすいように、途中からセンターで踊るように変更し、
しかも、せっかくのカッコイイ流れが途切れないように、あの疾走トロッコを考えたのでしょうが、
裸身が明るいライトにさらされて、淫靡なエロさがなくなってしまうと思いました。


No.980 - 2005/08/08(Mon) 17:50


★ 札幌で思い出したこと。 / ミツコ ♀ [関東]

1部
*スタンド1階で、EYES WITH DELIGHTを一緒に踊っているオジサンを相葉ちゃんが見つけて、そのおじさんの映像が映って、ホ
ント上手に踊ってくれた。

*大ちゃんがマシュマロを食べると背が伸びるという情報をTVで仕入れてきて、ジャンケンで負けた人がマシュマロを1日10個ずつ3ヶ月間食
べ続けることになリ、大ちゃんが負ける。
それぞれの身長がいくつかという話になり、大ちゃんが答えると、ニノが「プロフィール上のじゃなくて、本当の」とか言っていました。ちなみに
潤クンは173センチくらいと答えていました。

*翔クンが朝、お父さんに起こされ、札幌に行くと言ったら、カニを買ってきてくれと言われたそう。

2部
*ニノが18歳でもオネショをしたことや、相葉ちゃんがリハーサル中にもらしたことを言っていました。
ニノが犬を飼うとおねしょを犬のせいにできていいよと言っていたのが受けていました。

*潤クンは、小さい頃、身体中にできものみたいなのがどんどん増えていく夢を10回くらい見たことがあるということや、
ゴンドラの上にいると、落下して泡吹いている自分を想像してビクッとなることがあるそう。

*アンコールは五里霧中まで3回でしたが、
「もう1回コール」がやまず、5人で固まって、どうするどうする?って感じが可愛かったです。

*1部も2部もトロッコに乗ったのが北側相葉ちゃん、南側大ちゃんと、変わらずでした。
2階スタンド席3列目で、相葉ちゃんとほとんど目の高さが同じでしたが、近くにきたとき強烈なライトが後ろから来て、相葉ちゃんの顔はあまり
見えませんでした。

*近くの人が潤クンのサイン色紙をゲットしたので、見て触らせてもらいました。
まあ、潤クンの字は、小さくて几帳面で、ビッシリ書いていました。
ちなみに私が好きになった男の共通点は、字が小さくて、いつも同じ字を書く几帳面さなんです。
何故なんでしょうねえ???

*翔クンのサイン色紙が通路に落ちたときは、両方向から、ダッシュで飛んできて、凄まじい奪い合いでした。


No.981 - 2005/08/09(Tue) 17:44


★ 札幌の絶品ラーメン屋さん。 / ミツコ ♀ [関東]

「子猫ちゃ~ん」ですか?
札幌で言わなかったのかな?
札幌、特に2部は、1部でトロッコから落ちたせいなのか、
「楽しんでるか~い? そりゃそうだよね、金払ってるもん。」とか、なかなかブラックでした。
コンサート中、突然「金」が出てきて、思わず、札幌までやってきた費用が頭の中、駆け巡りましたよ。
去年の福岡オーラスは結構安く行けたので、そのつもりでいたら、
8月6、7日の土日、北海道旅費が一番高い時。
それでも、嵐のコンサートにやってくる自分、病気だと思いましたよ。

まあ、おかげさまで、”スープカレー”(ご存知ですか?野菜たっぷりなヘルシーでスパイシーなスープと雑穀入りご飯)とか、新鮮な魚介類を焼
いたものを路傍で食べたり、ソフトクリームとか、いろいろおいしいものを食べさせてもらいましたよ。
特にラーメン。
コンサートの1部と2部の間、すすき野の有名ラーメン店に行こうとしたら、
札幌ドームでの野球の試合が終ったのと重なって、あまりの人で地下鉄に乗れないんですよ。
そこで、空いている逆方向の地下鉄に飛び乗り、あてもなく次の駅(美園)で降りて、駅員さんに聞いたの。
「この辺でおいしいラーメン屋さんありませんか?」って。
で、紹介された、ここが札幌?っていうくらい地味~で閑散とした通りにひっそりあった『彩美』というお店。
いやあ、おいしかったですね。
味噌ラーメンを食べたんですが、麺が黄色くてシコシコで、私の人生最高!においしいラーメンだと思いました。チャーシューも脂身がほとんどな
く柔らかくて、
ああ、あのラーメンを食べにまた札幌に行きたいですよ。
私、あら技でベスト1に選ばれたラーメン屋さんとか行ったりしたんですが、
これが~?ってくらい、ガッカリが多いんで、期待していなかったのですが、
無名にも優れたものアリ!でした。


No.1011 - 2005/08/15(Mon) 17:34


★ 潤クンがキレタ話が好きな私は○ゾ? / ミツコ ♀ [関東]

名古屋ッ子さん、ふうきさん、瑞稀☆さん、ジーナさん、りこさん、さっこさん、
名古屋コンレポありがとうございます。

ふうきさん、はじめまして。
コンレポしてくださって、うれしいです。
>踊ってるときの周りの空気、袋に詰めて
>持って帰ればよかったと・・・
ああ、なんて素敵な表現なんでしょう。。。
潤クンが踊っているとき作り出す空気って、ホント言葉で言い表せない程の美しい輝きがありますものね。

ジーナさん
心理テストで潤クン、浮気をしない!と出たんですね。
ホッとしました。(でも、ということは、私との浮気もあり得ないわけ? )

瑞稀☆さん
着物の柄の説明、ホ~!と感心してしまいました。
そんなことに全然注目していなかったので、面白いです。

さっこさん
潤クンのキレタ話にドキドキ興奮してしまう私は、マ○ッ気があるかもです。


No.1030 - 2005/08/19(Fri) 00:35


★ 盛り上がるだけ、楽しいだけがコンサートではないと思う。 / ミツコ ♀ [関東]

たくさんの方々のレポ、本当に感謝しています。
参加できなかったコンサートは脳内で想像し、
参加したコンサートは、あっというまに忘れてしまったことを思い出すことができます。
そして、2005夏”One”コンの貴重な記録ともなりました。
本当にありがとうございます。

オーラスの私のツボどころなどを書きたいと思います。

*最初の挨拶で、「ハニー達、いちゃいちゃしようぜ~」と潤クンに言われ、ああ、コイツは自分のキャラや魅力を充分にわかった上で煽りやがっ
て、コンニャロ~!と思ったのですが、
あの一言で、私はコンサートの間中、潤クンとイチャイチャしている妄想にとりつかれて、思うつぼにハメラレテ悔しかった。。。。。

*疾走トロッコ上の彼は、髪も服も風にたなびいて、メチャメチャかっこよかった~。
ただ、あのソロは、男と女の秘め事を表現したもので、ラスト再び淫靡な世界に戻っていくことであのダンスは完結すると私は思っている。
だからトロッコのスピード感と明るいセンターで裸体をさらしたことで、それまでのダンスとは別物になってしまった。
彼のサービス精神&チャレンジ精神をとるか、
それまでのダンスの世界観をとるか・・・
どちらがいいとも言いがたいものがあると思う。

*アルバムが出る前のコンサートということで、代々木前半はめいっぱい力が入っていたように思う。5人一緒のダンスでも、潤クンはひときわ身
体を大きく使ってダイナミックに踊っていて感動した。
代々木のオーラスでは、そんな感じはなくなっていて、改めて最初の頃の意気込みの強さが想像され、いとおしくなってしまった。

*大ちゃんや相葉ちゃんが泣いたことで、ニノも泣こう(?)としたのに対して、潤クンが「俺達みたいな冷たい人間は泣けないんだから」と言っ
たのが、不思議な感動を覚えた。
潤クンの冷たさというのは、例えば、トロッコで二階席の前を通るとき、触ろうとする人たちがいれば必ずクルリと背を向けて1階の方に手を振る
・・・といった、自分の意志を明確に示すことにもあると思う。
私も冷たい人間であるという自覚があるから、彼のこの言葉が心にひっかかったのかもしれない。

*岡田准一クンを「透」と紹介し、紹介された岡田クンは嵐と一緒に花道を手を振りながらゆっくり歩くんだけど、潤クンの後にくっついて歩いて
いるようで、微笑ましかった。

今回のオーラスは、私にとっては盛り上がるというよりもシミジミと心に染み入るコンサートだった。
とにかく潤クンも嵐も綺麗だった。
彼らが発するオーラが美しかった。
それは、例えばアルバム発売前にコンサートをやらなければならない裏事情、大人のかけひきとか、いろいろあったのかもしれない。
でもそれを真っ直ぐとらえて、精一杯やれる限りのことをやってきたという自負が美しいオーラとなって私の心を打ち、嵐の存在そのものがピュア
な輝きを放っていた。
我が身を振りかえれば、汚れた心、思い通りにならない現実、その他もろもろを抱えている。
だからこそ、嵐の魂の美しさがまぶしく、心惹かれていく。

盛り上がるだけ、楽しいだけがコンサートではないと思う。
私のように、潤クンや嵐の魂のありよう、そこに至るまでの数多くの複雑な道程に思いをはせて、心が洗われる人間がいてもいいのではないかと思
う。


No.1066 - 2005/08/27(Sat) 00:53


寂しくて切なくて・・・そして、ありがとう。。。

名前:ミツコ 日付:8月25日(木) 0時13分
オーラスから帰ってきました。
なんか、寂しくて切なくて。。。

この寂しさが何なのかわからなくて。。。
思いっきり感動したいのに、それもできない自分。
このわけのわからない感情を帰りの電車の中で考えていました。

二年前の初めての嵐コン"How's it going?"の時は、潤クンに出会えた、嵐に出会えた幸せで胸がいっぱいだった。
あの時は、綺麗で可愛くて踊りが素晴らしく上手でセクシーで、夢のような存在だった。
あれから二年経って、WSSとエデンの東を経て、
潤クンは、本物の男に成長した。

本物の男とは、自らの力で考え、大勢の人を納得させ、行動をし、結果をキチンと出す男。
その見事なまでの成長に、私はただただ圧倒され、畏敬の念を抱かされ、ひれ伏すしかない。
そんな今回の"One"のコンサートだった。

あまりに急激に階段を登っていってしまう松本潤のレベルに、
すぐに追いついていけないことから生じる寂しさなのだろうか。。。

いつだって彼は私を驚かせてくれる。
こんな頭脳と能力を持った男が、マンションの前で子犬のような可愛らしい眼でスミレちゃんを見上げたモモなの?
そのときどきでまったく違う顔を見せる松本潤という男。
でも中身は、いつだって一人の彼。
いくつもの違った松潤を見せるためには、それだけ多くのものを吸収し、深い感情体験をしているんだろうなあと思う。
だって、彼の踊りには、重みがあるもの。
薄っぺらで軽い踊りではないもの。
コンサートの最後に見せた満足しきった笑顔にも、多くの困難が刻まれた痕が、私には見えた。

そして、今の私には、そんな彼に「ありがとう。本当に素晴らしいコンサートだったよ。ご苦労様。。。」と言いたい。
ありがとう。。。


|

« 潤クンの家族と品。 | Main | スケステ »