« 阿部寛さん。 | Main | イメージを定着させることが第一だと思うけど。。。 »

September 17, 2005

私にとっての松本潤は何?

5月31日(火) 21時51分
大阪の夜遅く、○○さんと二人で語り合いました。
「ミツコさんにとって、松本潤は何なの?」
うう~ん。
答えに窮しました。

恋人とも違う。
息子はすでに二人いるから、お腹いっぱい。
プロデューサー感覚もあるけど、そんな客観的なものではない。
真田クンファンであったときとの決定的違いは、潤クンには、エロイ気分にさせられることっていうのもあるけれど。。。(アハハ・・・)

で、東京楽の後、飲んでいたとき、ミンテレのあややの堂々とした安定感の話が出て、
「もし潤クンが、あややみたいな子だったら、私はファンにならない」と言った。

で、今の私の結論。
私は松本潤の欠けているところを埋めたい人間なのかもしれない・・・ということ。
キミペで、「相手(自分?)の欠けているところを補うことを恋と呼ぶと思う」というようなセリフがありましたから、
そういう意味では恋なのかもしれない。

潤クンは、人並み外れた魅力と才能を持った人だと思うけれど、
今の日本では、それほど認知されていない。
そして、凸凹があるからこそ魅力的に思えるそういう人が、手を伸ばして勝ちとろうとしていることに対して、私にも何かできることがあるのではないか・・・と思う。

星フリをやっているのも、私がそうだったように、安心して、潤クンへの思いを語れる場があることで、
自分も癒され、潤クンへの応援にもなると思う。
彼の活躍で、こんなにも日常が楽しく思えるようになる人がいるんだよ・・・ということを知って欲しい。
あなたのファンは、こんなにも素敵で、いろんな背景を持っていて、
それぞれが必死で生きているんだよって、知って欲しい。
それが、彼のエネルギーになると思うから。
そして、こうして書き込みをしている人たち同士で、お互い元気をもらい合っていますものね。

だから、潤クンの女性関係についても、全然嫉妬がない。
ひたすら、彼が幸せになって欲しいと思う。
潤クンは絶対素敵な人と結婚するだろうという、不思議な確信があるのね。
それは、彼が自分にどこまでも正直で、そういう人は、同じ匂いのする人を感じとる力があると思うから。

こういう私のような人間を何と呼べばいいんでしょうね。

ところで、風邪がひどくて、喉の痛みとせきがおさまらず、(薬はずっと飲みつづけていたけれど)
大阪に行けないのではないかと思っていた時、
更紗さんに、「寝る時、濡らしたマスクをするとよい」とアドバイスをもらい、
それを実行したら、次の日の朝には、喉の痛みが急に楽になり、
セキもおさまり、ビックリでした。
喉は乾燥に弱いですものね。
更紗さん、ありがとうございます。

と書いていたらビックリ。
更紗さんと私と、同じ時間にお互いのことを思っていたんですね。
うふふ、私は日曜日に道頓堀付近散策でしたよ~。


|

« 阿部寛さん。 | Main | イメージを定着させることが第一だと思うけど。。。 »