« 松本潤の毒=媚薬説 | Main | 肌あれとエデンの東 »

August 19, 2005

エデンの東、見てきました。

5月3日(火) 2時5分
2日の19:00~を、初観戦してきました。
ボロボロ、ボロボロ泣きに泣きました。
つい、あれやこれや文句をつけたがる私だけど、今回は何も言うことがありません。
とにかく良かった。
思考停止状態で、ただただヨカッタ~。
潤クンの素晴らしい演技を見終った時、スターって、こういう人のことを言うんだ・・・って、突然思いました。
以前、潤クンが、「スター性が欲しい」と何かで言っていて、
どうすれば、スター性が出てくるんだろう?って、ずっと思ってたのね。

今日、その答に出会った気がしました。
人の心を打つ芝居、歌、踊り、その他、そういうものを与えることができる人がスターなんだって思いました。

キャルの演技は、私達の心を振るわせました。
会場中が、すすり泣く声で溢れていました。

そして、カーテンコールで、もうもう光り輝いて可愛かったです。
ひとり正座して、おじぎをして、スター誕生!って思いましたね。
人を感動させる芸があってはじめてスターなんだと、シミジミ思いました。

ネタバレ感想は、そのうち書こうと思っています。
今は、書くことが思い浮かばないのです。
ニュー松本潤誕生の余韻に浸りたいんです。


5月3日(火) 17時17分
fufuさん、ずるい。
私が泣いたことだけ書いて。。。
ご自分だって、終った直後、「洗面器で(違ったかな?)顔洗ったみたいに泣いちゃった」と言ってたじゃないですか!
スゴイ表現だな・・・と感心したんですから。

でも、昨日のfufuさん、どうしちゃったの?っていうくらい、やたら綺麗でしたよ。
恋する乙女は、ホルモンが全身を、駆け巡る青春♪になっちゃうんでしょうか。。。うふふ。。。



|

« 松本潤の毒=媚薬説 | Main | 肌あれとエデンの東 »