« May 2005 | Main | August 2005 »

July 28, 2005

『男を見る目の善し悪し』の心理テスト

4月8日(金) 18時12分
テレビで次のような心理テストをしていました。

*恋人が東京に行くと言います。あなたなら、どう言いますか?
A。ここで待ってるわ。
B。私も連れてって。
C。行かないで。
D。じゃ、別れましょう。


4月9日(土) 14時43分
心理テストですが、【男(異性)を見る目のをはかる、怖~いテストです。
ちなみに私は、Bですが、「連れてって」ではなく、「私も行く」ですがね。
状況をいろいろ考えれば、簡単に選べるものではないですが、
心理テストですから、何も考えず、パッと選ぶものが答えですね。

答えは、明日にでも発表します。
それまで皆様、悶々としていてくださいませ。


4月10日(日) 22時50分
たまたま見た、BSの番組で、面白そうだと思って、録画ボタンを押していました。
今、確認しながら書いています。

このテストの解説としては、
<突然訪れた別れのシーン。人はこういう予期せぬ危機的状況に直面した時、恋愛に対する本当の意識が表面化します。>
とあります。
ですから、恋愛に対する自分の潜在的な傾向を、こういう機会に意識して、
選択を迫られた時、賢明な判断をするのに、役立つかもしれませんね。

A)「わたし、ずっと待ってるから!」は、
「男を見る目ゼロの“だめんずタイプ”」!
「ずっと待ってる」を選んだ人は、一見受身なように見えて、実は「不幸な自分」に酔いやすい所があります。
こういう人は、無意識のうちに、自分を不幸にするダメな男性ばかりを選んでしまう傾向があります。

(B)「私も連れてって!」は、
「情熱先行型のイチかバチかのギャンブラータイプ」。
「私も連れてって」というのは、情熱的な行動が全てを解決すると考えやすい人。
こういう人は、恋愛に関して「運任せ」が強く、大当たりか大はずれか、どちらかの可能性が高い、ギャンブラー的な傾向があります。

C)「いや!行かないで・・・」を選んだあなたは、
「相手を育てようとする、スパルタ教育タイプ」。
「いや!行かないで・・・」という発言は、相手を自分の好みに合わせようとする姿勢を表します。
「どんな相手でも自分好みに育てられる」という自信の持ち主ですが、そのためダメな相手にも深入りしやすいかも。
ただしダメ男に引っかかっても、振り回されることはあまりないでしょう。

D)「分かった。じゃぁ、別れましょう。」を選んだあなたは・・・
「本質を鋭く見抜き、成功を掴む勝ち組タイプ」。
別れを選択する人は、冷静な判断力を持っているタイプ。
情に流されず、自分にとってどんな異性が必要かを考え、それに合った相手を選ぶので、異性選びで失敗する事はほとんどないでしょう。

うう~ん、いかがですか?

番組では、佐藤藍子さんが(A)を選んで、「私、こういう心理テストやると、必ずこういう結果になるの~」と、凹みまくっていましたが、
「そういう傾向があるから、恋愛した時は、いろんな人に相談した方がいいですよ」と、心理の先生に言われていました。

永井大クンと、宮地真緒ちゃん(PIKA☆☆NCHIのボンの料亭のお嬢さんですよね?)が、(B)を選択していました。

(C)はいなくて、
BS-iの女子アナウンサーが、(D)を選んでいました。

星フリには、(D)の勝ち組はゼロでしたね。
うう~ん、納得いかないような。。。。。

さきょうさん、いらっしゃいませ。
>でもそんな私を心配する?家族の目線が 痛いと想うのは なぜでしょうか???

まだちょっと罪悪感のようなものを感じているからかしら?
でも、大丈夫!
そのうち、ああまたか・・・と、何の視線も感じなくなりますよ。(←これも悲しいか・・・ハハハ)

きっと、この星フリが、さきょうさんにとって、居心地の良い癒しの場所になると思いますよ。
これからも、どうぞ末長くよろしくお願いいたします。

サクラさん、はじめまして。
星フリは雰囲気のよいサイトですか? ありがとうございます。
類は友を呼びますから、サクラさんにとって星フリは居場所なんですよ。
のんびり、思ったことをドンドン書いてくださいませ。
そうですか。。。吹奏楽にかけた青春があったんですね。
サクラさんの言葉、全然ありふれたものじゃないですよ。
自分が経験したからこそ言える、重みのある素敵な言葉だと思います。
これからも、よろしくお願いしますね。
星フリには、いろんな経験を持った方が次々と参加してくださって、本当にありがたいです。

ゆーみんさん、
こ、こ、こ、(ニワトリみたいになっちゃった)、こ、国費留学生ですって!
何の分野かわかりませんが、ス、ス、スゴイ!ですね。
福岡でお会いしたとき、もっと突っ込んで質問クンしていればよかった。
今度、いろいろ教えてくださいね。

|

日本と中国の架け橋に!

4月12日(火) 22時27分
ニュースでは、盛んに中国の反日行動の様子を映しています。
そんな中での、嵐の北京語の勉強開始。
ねらいは、ものすごくグ~ッド!だと思います。
私達には、伺い知ることのできない、根深い反日感情は、
ちょっとしたキッカケで爆発することがあるわけですが、
政府レベルではない、芸能レベルでの交流が、
両国の国民感情に大きな影響があるというのは、
韓流ブームを見ても、わかります。

例えば、中国で、『ごくせん』とか放送されて、CDが売れて、コンサートもやって、
そういう人気アイドルが、中国の農村で、つたない中国語で、まごまご嵐をやったら、
日本人に対する感情も随分和らぐと思うんですよね。
まあ、そう簡単に思い通りになんかならないでしょうが、
北京語を勉強するなら、「日本と中国の架け橋になるんだ!」くらいの志を持った方がいいなあと思います。


4月12日(火) 21時39分
ちょ、ちょ、ちょっとfu,fu,fu,fu,fufuさん、
チャイナ潤、エロイなんてもんじゃなく、エロエロ、エロしまくりじゃないですか!!!!!!!!

私、立ち上がって、首をひねって、必死の思いで潤顔を拝ませてもらいましたよ。
その辺のエロ雑誌のお嬢さんより、ずっとずっと美しくて、陶酔の表情じゃないですか!!!!!!!

寝そべらせて、口を半開きにさせるなんて、やり手ババアの面目躍如ですね。

fufu潤の最高傑作?

|

教育とは、大きなローラーでならしていくこと。

4月10日(日) 15時21分
夕べ、MIDORIさんのお嬢さんについての書き込みを読んでから、
私が親ならどうするか・・・を、ずっと考えていました。

そして、私の結論。
「おかしな校則がたくさんあるから、あなたが生徒会に参加して、変更するように頑張ってみたら。私も応援するから。」と、煽る。
それに対して、お嬢さんがどう反応するかは、想像できないけれど、
可能性としては、
①校則が自分にとって、本当に重要問題なのか・・を考え直し、実は、別の問題を、校則問題にすりかえているかもと気づくかもしれない。
(例えば、新しい学校に適応できるかという不安とか、一目置かれるために突っ張っているとか)

②生徒会に入って、校則改革運動をしていく中で、教師の本音に触れたり、傷ついたり、信頼できる先生や友達ができたり、受験勉強よりもずっと価値のある、生きる上での勉強ができるかもしれない。
そういう経験を通して、世の中は理不尽なことだらけで、でもその中で、妥協したり、主張すべきことは主張したりする、柔軟性を身につけることができるかもしれない。

③うう・・・ん、あとは想像つかない。
でも、想像できない反応をされるから面白いし、親も鍛えられるし、それが醍醐味かもしれないですね。

fufuさんの潤クンの着物を着た絵。
引くどころか、グイッと前のめりに惹き込まれていきました。
ああいう着物を着せてみようという、fufuさんの発想に脱帽。
サスガ・・・としか言いようがないです。
潤クンの美しさって、他の誰かのような・・・という形容がまったくできない、彼独自の稀有なものなんだよね。
女物の着物を着て美しいと言えば、ナヨ~ッとした倒錯した性というイメージになるけど(金田一少年の時の成宮クンは、このタイプでしたね)、
潤クンの場合は、女物のド派手な着物を着ても、まったく着物に負けない美しさがさらに輝く。
例えば、黒地に鮮やかな柄の大振袖を着て、脚を踏ん張って、腕を組んで・・・
そこに、あの妖艶だけど男らしい顔が乗っかっている。。。。。。。

それにしても、松潤って、いじりがいのあるヤツなんですね。
妄想の世界で、美も醜も、善も悪も、男にも女にも、少年にもキワドイ大人にも、何にでもなりえる。
何故なんでしょうねえ???????


4月12日(火) 21時15分
MIDORIさん、
たいぶ前の、諸井薫さんのエッセイの中の、
「教育とは、大きなローラーでならしていくことだ。それでも頭をもたげてくるのが個性である。」
という言葉が印象に残っているんです。
いろんな考え方のひとつですが、
枠にはめられたり、つぶされたり、どんな外圧があっても、
私はこうでありたい、こうしたい、これが好きだ・・・というものでなければ、世の中で通用するほどの個性にはならないし、
見る人が見れば才能と思えるものにはならないということなんだと思うんです。
逆境にあった方が、自分の夢への思いが強くなったり、知恵を絞ったりとか、遠回りのようで、実はとても貴重な時期になることもあるのでは・・・なんて、思ったりもします。
私、辛いことがあると、考え方次第だと思って、プラスになるような考え方を必死で探したりするんです。


|

Matura Grazia(夏木ママと武志 )

4月7日(木) 22時27分
Matura Grazia、たった1ページのモノクロ写真のために、1000円払ってしまいました。(ジーナさんと一緒です)
夏木マリさんのご指名とのことで、寄り添っている写真は、
バレエ留学から大きく成長して帰ってきた武志に、母親として誇らしく、
また、一人の女として、甘美な想いで寄り添っているようで、
潤クンも、モモの頃より余裕の表情で、
彼の成長の証しのような写真です。
いいなあ。。。。。。。。。

麻耶さん
しばらく登場されていなかったので、心配していました。
登場後の怒涛のカキコで、今までたまりにたまっていたんだなあと思いました。
>潤くんが、こなれた人になって
「はいはい、どうも」なんて、、♪

ダンナに、「松潤が、今度、アッコと一緒に司会するんだ。峰竜太になったらどうしよう・・・」と言ったら、
「絶対、峰竜太になる」と、異常に喜んでいるんです。
峰さん好きだけど、潤クンは、いつまでもトンガッテいて欲しいよ~。

4月11日(月) 19時2分
Maturaの夏木さんと潤クンの写真に、まだ捕らわれています。
キミペでは、確実に親子だったのに、この写真は、男と女にも見えます。
松潤の魅力というのは、危うい境界線上を踏ん張っているところだと思うのね。
例えば、人間同士の飼い主とペットの恋だったり、女性教師とませた生徒の絆と淡い恋愛、チャラチャラ大学生とわりとブ○イクな遥か年上の人妻。
つまり、常識的には『なし』な関係を、松潤なら『あり』に思わせてしまう、凡庸な俳優では絶対に表現できない、凄まじいオーラだと思うのね。

だから、夏木さんとの関係だって、『あり』かもしれないという、妄想を可能にさせてくれる。
アイドルたるもの、俳優たるもの、妄想の材料にされてナンボだと思うんだわ。
それは、ファンだけじゃなくて、制作者にも、どれだけイメージを膨らませることができるかが、一緒に仕事をしたいと思われるかのポイントではないかと思う。

それにしても夏木さん、写真も文もトンガッテいますね。
トンガッテいる・・・ということはカッコヨサに繋がるし、
21歳の潤クンを魅了してしまう羨望の対象なんだけど、
とんがり続けるために、削ぎ落としてきたものが、きっとたくさんたくさんあるんだろうなあ・・・と、ある種の切なさも感じてしまう。
ふっと気を抜くところがないと、疲れちゃうんじゃないの・・・なんても思っちゃう。
今はまだ、カッコイイ・カップルの夏木・潤ペアが、
お互い、ふっと甘える対象になった時が、男と女の始まりのような気がする。

おお・・・、はるひさん、お久しぶりです。
いよいよ、星フリ本格デビューですね。
>理不尽な世界と、どう折り合いをつけていくのかを学ぶ場所が、学校だと思います。
はるひさんの、さすがの言葉を読んで、ふと、ネット世界も似たようなものかなと思ってしまいました。
理不尽なことがいっぱいあるけど、折り合いをつけながら、でも自分を見失わず、主張すべきは主張し、その中で成長していく。。。

珊瑚さん、ネタバレBBSに、理由なき反抗の素敵なレポ、ありがとうございました。
私、潤偏愛なため、ニノ舞台を見に行く予定は今のところないので、
珊瑚さんの文を読みながら、イメージを広げて楽しませていただきました。
私も、今までおなじみの堤さんじゃなくて、鈴木裕美さんという、まったく新しい才能に、どう潤クンが生かしてもらえるか楽しみ。
それに、潤クン、今まで結構、女性との縁で育ててもらっている気がするしね。
それにしても、珊瑚さんのように、ジャニーズ(だけかどうかわかりませんが)のいろんな人に興味関心があって、愛を注いで見に行かれる人たちと、私のように、潤のみにのめり込んでいく人との違いって、何なのでしょう???

今朝の地震ですが、こちらはたいしたことなかったですよ。
ご心配いただいた皆様、ありがとうございます。





|

手に負えないほど燃える~。

4月6日(水) 14時17分
皐月ちゃん
私の両親は、ケンカではなく、父が一方的に母を怒り、母はひたすら耐えているというパターンでしたから、
ケンカできるのは、対等だから・・・とも言えると思うんですよ。
私の母は、父が生きている間は、いつもいつも「離婚したい」「ひとりで暮らしたい」と言っていたのに、
父が亡くなってからは、父ヘの愛ばかり語っています。
それなら、生きている間になんとかしたらよかったのに・・・と、とても残念に思います。
でも、こんなことを書きながら、アニータの「アンタのお兄さん、ケンカの後は・・・」というセリフが思い浮かぶ私は、やっぱり病気だわ。

名古屋ッ子さん
潤クンって、手に負えなそうな女性にほど燃えるんじゃないかしら。(←仕事も)
まずは、アッコさん?!
でもアッコさんは、中身は可愛い女の子みたいだから、
落とすほどの対象でもないか。(←ザ・強気)

|

鈴木裕美さん

4月5日(火) 0時1分
夕べ、寝る前、テレビを消そうと思ったら、
エデンの東の演出の鈴木裕美さんが出ていました。
NHKBS2の演劇番組の司会というか、インタビュアーをしていました。
タレ目の普通のオバサンっぽい顔なんだけど、見ていると、しみじみ綺麗だなあ・・・と思いました。
インタビュアーとして、静かに耳を傾けていたんだけど、
穏やかで、優しく、温かい感じ。。。
でも、キレイだなあ・・・と、こんなにも惹きつけられたのは、
ほんわかした中に、キリッとした強さが感じられたからだと思う。

潤クンが、シアターガイドで、「裕美さんに、私はルールブックで、大枠を作るのが仕事・・・って言われた」というようなこと言っていましたが、
私、こういう考え方、好き。
枠の中では、自分の感性で自由にやってみて・・・と、大きな目で眺めているけれど、
決めた大枠をはずれることは絶対許さないという毅然とした姿勢があるから、素晴らしい舞台を作り上げてきたんだろうと思う。

以前、ここで私が書いた、限界設定を示す父性と、その中での温かく受け入れる母性の両方を兼ね備えた人のような気がする。

潤クンが、彼女と4時間話し合って、質問クンだと言われていましたが、
夕べの彼女の様子を見て、
潤クン、安心して、自分のありったけを彼女にさらして、受けいれてもらって、さらに疑問がわいてきて、納得し・・・、
またさらに・・・を繰り返したのかな?

私が男だったら、こういう女性を好きになるな・・・って思ったの。
静かに聞き入る姿勢を持ちながら、何かを聞かれたら、
それまで蓄積してきた豊かな懐の中から、ピリッとした言葉が出てくるような女性。

ああ、どうして私は、潤クンとかかわる女性を次々と好きになるんだろう???

でも、夕べの対談相手(名前がわからない男性演出家だった)の話が、イマイチ面白くなくて、
演劇界内だけで通じる言葉を話している気がして、
どうか、エデンの東がわかり易い舞台であって欲しいと祈ってしまいました。
だって、潤クン何かで、難しい・・・って言っていましたよね。

私、ニノの『シブヤから・・・』見たんだけど、理解できなかったの。
何が何だか、チンプンカンプンだった。
多くの人が絶賛しているみたいだけど、私がバカなだけ?
『エデンの東』は、バカでも楽しめるものにして欲しいなあ。。。


|

夏木マリさんと松本潤

4月3日(日) 15時35分
ミューズの楽譜(川井郁子さん司会)に、夏木マリさんが出演しているのを見ました。
高校時代は、GSのタックスマン(歌が流れましたが、セクシーで素敵だった)を追っかけていて、
根っからのミーハーだと言っていました。
今でも、好きな俳優さんが出るなら、台本も読まず、即、出演OKするそうです。
21歳の時の『絹の靴下』の大ヒットの後、ウナギ下がりになって売れない時代、地方のキャバレー廻りを8年くらいやっていたそうです。
お金はバンバンたまって、ベンツ買ったりブランド品買ったりしたけど、
歌はドンドン下手になっていって、しかもバンドの音が変なので、ある時、「ここの音が違うみたいだけど」と言ったら、「それが出せたら東京に行っている」と言われたとのこと。
その後、ボイストレーニングやダンスのレッスンをみっちリやるようになって、今に繋がっているようです。

私、前から思っていたのですが、潤クンと夏木マリさんって、似ている・・というか、同じ匂いがするのね。
顔がバタくさくて、いわゆる癒し系の真逆だけど、
本物を見る目、真実を感じる心、本質に惹きつけられる鋭い洞察力を持っている。
だから、妥協もできない代わり、そういうものを持っている質の高い人たちとの交友が広がっていく。
丸くない、トンガッタ人間性なんだけど、トンガッタ部分を、少しづつ、そして着実に増やしていって、
トンガリの数の多いコンペイ糖とか、ギザギザのダイヤモンドとか、
そういう魅力を放っている。
そして、誰でもない、夏木マリ、或いは、松本潤という、個性的という言葉が陳腐に思えるほどの異彩の人になりつつあるという感じ。
夏木マリさんは、カッコイイ女性という形容をされるけど、
カッコヨク見えるように行動しているのではなく、
自らの欲求に従って、よりよいものをストイックに追求していく姿が、カッコイイんでしょうね。。。

↓で、口パクでもいい・・・と、私は書きましたが、
潤クン本人は、どう思っているんだろう・・・って、ふと思いました。
昨日のAJSで(以下ネタバレ)、白鳥の湖やWSSでの、生のオーケストラの素晴らしさについて語っていたので、
複雑な思いと、もどかしさがあるのかもしれないなあ・・・なんて思いました。


|

宮崎哲弥さんが、ごくせん①みて、松潤好きを告白。

4月3日(日) 1時22分
ちーぼさん
>ニノがアンドレは順当なのかな。・・・ミツコさん、心外ですか?

心外です(←キッパリ) 
アンドレは、あの一途な瞳の潤さまです。
ひねたニノではありません。(fufuさん、心外ですか?)

アンドレは、幼い頃からオスカルだけを見て、オスカルだけを思って、
でも決して、その恋心を表に出さずに、オスカルを守ってきたのね。
私、これって、ヤンクミを思う慎に重なって思えるの。
芯の強い男の、抑えた恋心って、グ~ッとくるのよ。
ごくせん①のヤンクミと慎のその後のラブストーリー見たかったなあ。。。

そういえば、なーはるさんが今期のGSOS大賞のところのコメントに、沢田慎(松本潤)のことを、素敵な言葉で書いていてくれました。
そうよ、そうよ、そうなのよ・・・と、沢田慎熱が再燃しましたよ。

友達情報(not嵐ファン)によれば、
宮崎哲弥さんが、ごくせん①みてから岡田君より松潤が好きになったって、はずかしそうに告白してておかしかったそうです。

トコさん
ということは、婚礼衣装店にお勤めということですか?
たいへんそうだけど、ハッピーな方達をサポートする素敵なお仕事ですね。
チケット、舞台が始まってから、もう1回見たい・・・とか思う人が出てくることがよくありますよ。

|

口パクでも、カブセでもOK!

4月2日(土) 1時5分
私ね、以前から、嵐は口パクじゃなくて、生で歌えよ!と主張していた人なのね。
恥かいたり、場数を踏むことなしに、上達するわけないと思うから。

でもね、潤クンや嵐の過酷なスケジュール考えたら、
TVの歌番組は、口パク、或いはカブセでいいや・・・と、最近思い始めたの。
B’zなんて、ひと声聞いたら、もうそれだけで感動するね。
そういう人達と同じ歌番組で、魅力的に聞こえる実力をつけようなんて、おこがましいよね。
嵐は、嵐しかできないアピールの仕方を追求する・・・という戦略の方がいいのかもしれない。

俳優・司会・バラエティタレント・歌手・ダンサー・雑誌モデルその他、あまりにたくさんの、多岐にわたる仕事がありすぎる。
それがジャニーズの良さであり、悪さなわけで、
肉体的・精神的にバランスをとってやっていくのは、至難の技だと思う。
潤クンについて言えば、俳優としては間違いなく一流、或いは超一流になれる可能性大な人だと思うので、
まず、それを大事にして欲しいんだよね。
エデンの東の演出の鈴木裕美さんが、潤クンのことを、「俳優は、人の気持ちのスペシャリストであるという意識が非常に高い人」というようなことを言っていて、
まさしく同意・・・と思ったの。
いろんな種類の仕事が、俳優としての感受性のプラスになるような働き方をして欲しいなあと思うわけですよ。

潤クンはとってもアンビシャスな人だけど、一人のか弱い人間でもあるわけだから、
一番大事な芯は何なのか・・・ということを見極めて、
捨てる部分(例えば生歌にこだわらないとか)も必要かもしれない。

な~んて、自分では何もできないくせにエラソウなこと書いたけど、
今日1日、仕事で疲れ果てて、頭が痛くて、肩が凝って・・・
でも、Mステの嵐や潤クン見て、ホント癒されたのね。
こうして、感想書いているだけで、今日の疲れが抜けていく気がする。
ホントありがとうね、潤クン。
あまり無理しないでね。


|

MステSP

4月1日(金) 20時4分
生は、ハラハラドキドキしますね~。
なにせ、D嵐のイベントの歌がアレで、演奏がアレでしたからね~。
でも、安全策をとって、アレしなかったみたいですね。
ところで、サクラバンドは、何のために何したんでしょう?(←素朴な疑問)
ともかく歌が終って、ホッ。

昔の可愛い映像が見れてヨカッタ~。(ARASSHI映像はおなじみだけど、感謝カンゲキ雨嵐のは、はじめてだったので、ウレシイ~)
今、席で映っている半袖にベスト、あのヘアは、A DAY IN OUR LIFEの過去映像みたい。。。

潤クン、これからの司会のためか、やたら元気に仕切っていましたね。
fufuさんと同じく、キャルと司会の両立、精神的にもたいへんそう。

キャルの絵、ちょっと、柳楽クンっぽくないですか?
fufuさんのこの絵、今の私には、キャルというより、
これからキャルになるために、台本と向き合い、自分の内面の掘り起こしをしている潤クンのように見えます。


4月6日(水) 0時13分
1週間ぶりに、録画していたMステSPを改めて見ました。
A Day~って、私にとっては不思議な歌。
最初は、How’s~のコンサートで聞いたのかな?
印象にも残らないっていうか、正直、変な歌!って感じで、私の守備範囲外。
でも、去年の横アリのラストで、奇蹟の4回アンコールで翔クンが登場して、アカペラで静に静に、繰り返し繰り返し、次第に大きな音になって、会場全体を大きな波に包み込んだ感動は、最高の思い出として忘れられないし、
24時間TVの1日目、放送がタッキーのドラマに変わったとき、
目の前のミニコンサートで歌ったのも、この歌。
先日のサクライベントでも歌っていた。
嵐にとって、A Day~は、どんな意味のある歌なんだろう???
TVから、馴染みのあるこの歌が聞こえてきたので、慌ててTVを見たら、木更津キャッツアイをやっていた。
映像と、全くミスマッチ・・・・・
でも、或いは、だから、不思議とそそられる。
なんかが引っ掛かる。
いいとか悪いとか、好きとか嫌いとかじゃ判断できない、新人類の歌って感じ。
でも、先日のMステSP見て、ザワザワしたラップ、幾層にも重なり合った嵐メンの声とメロディ。
他の誰でもない、これぞ嵐の歌。
歌い継いで歌い継いで、10年20年経った時、
もしかしたら、嵐=A Day In Our Lifeと思われているかもしれない・・・なんて思った。
だって、山といるミュージシャン・グループの中で、嵐が際立つとしたら、この歌かもしれないと思ったんですもの。

それから、潤クン、舌を思いっきり何度も横に出していましたね。
それ見て、若いわねえ~と思っちゃった。
アレって、凄くエネルギーいるよね。
あんなに口あけて、舌をグイッと出して。。。
普通に生活していたら、あんなことする気がしないよ。
魅力的かどうか・・・と言われたら、微妙・・・と答えるしかないけど、
50歳、60歳になっても、スッキリした体型と、セクシーなお顔で、
恥かしげもなく、歌いながら舌出しする松潤であって欲しいなあと思っっちゃいました。


|

July 20, 2005

ありのままの松本潤でOK!

3月31日(木) 16時47分
ミンナのテレビの記者会見、潤クン緊張してましたね。
誰も潤クンにプロの司会者期待してオファーしていないと思うよ。
若くて頭がキレテ、年上女を転がすすべを本能的に知っている松潤が、
怖そうなアッコさんにどうツッコムか・・・
ここが新鮮な見所だと思うから、
アッコさんを麻木久仁子さんだと思って、手の平で転がしちゃいな。
ああいう強がっている人ほど、恐れを知らずに毒満載でツッコムと喜んじゃうと思うよ。
まあ、ありのままの潤クンでいればOK!ということだね。

ところで、夕べのUSG、アイドルの仮面の下の素顔を見たようで、シミジミしてしまいました。
いろんな意味で、ニノは天才なんだと改めて実感したし、
翔クンの馬力のすごさにビックリしたし、
嵐って、改めてスゴイグループだと思いました。
それだけに、潤クンが、とっても普通の子に見えて、
そんな平凡な子が、根性と努力で必死で嵐の中に存在し、
華やかに見える芸能界で、ツッパッテ生きているんだなあ・・・って思ってしまいました。
何度も潜ってカギを開ける様子は、ああ・・・これが松本潤なんだなあと、涙が出そうになりました。
だから、応援しなくては、支えなくては・・・と思わされちゃうんですね。

トコさん、はじめまして。
緊張されておられるようですが、気ままに思っていること書いていただくのが、一番ですよ。
名古屋っ子さんがおっしゃるように、「アンタもアホやなあ・・・」と思われたら、みんなホッとしますもの。
アホ道もみんなで行ったら、パラダイス♪
チケット、トコさんのご苦労の末、手に入れられたものでしょうから、定価+送料でお譲りできたらいいですね。
これからも、どうぞよろしくお願いいたします。


|

男らしさとは・・・

3月30日(水) 15時40分
いや~、今日は、サッカー運命のバーレーン戦、嵐のUSG、そして、潤クン4月から日テレ音楽バラエティ番組レギュラー決定と、たいへんな日ですなあ。。。

音楽バラエティ単独レギュラーと聞いて、そんなことより、俳優業やってよ、そのトレーニングに時間使ってよ・・・と思ったのですが、
ふと、『真夜中の嵐』で極寒の滝に打たれた後、ぶるぶる震える体で、
「男らしさとは・・・(しばし考える)・・・何でもやってみること!」と、晴れやかに言い切った時の顔を思い出しました。
そう、まだ21歳、何でもやってみること。
失敗したってOKだよ。(←オイ)

皆さん、漫画話にノッテマスなあ。。。
「日出処の天子」の厩戸皇子かあ・・・
あの漫画のラストの虚無感がゾ~としましたね。
いずれにしても、潤クンが聖徳太子を演じれば、端正な2枚目じゃなくて、外見の美しさに反する何かが底にありそうな人物になるでしょうねえ。。。

『天上の虹』(by里中満智子)はいかがでしょう?
万葉集の歌を背景に、持統天皇、天智天皇、天武天皇の歴史ロマン。
こういうスケールの大きいドラマやって欲しいなあ。。。

でもやっぱり我が青春のベルばらのアンドレ。
アンドレは、私の男性の理想像のひとつなんです。
週刊マーガレットに連載されている頃、むさぼるように読んでいて、
フランス革命の前夜、オスカルが自分の部屋にアンドレを呼んだところで、
私は北アルプス縦走に出かけました。
そして下山と同時に、白馬駅の売店に飛んでいって週刊マーガレットを買って、
オスカルとアンドレが結ばれたのを知ったのでした。
はあ~。
あの当時の少女マンガでは、ああいうシーンは画期的なことでしたよね。
あの時のオスカルの言葉は、私のバイブルのようなものなんです。
「血気にはやり、勇猛なのが男らしさではない。そばにいて優しく見守ってくれる男が、真に頼りにたる男らしい男だと気づいたとき、たいていの女は年老いてしまっている。よかった。気づくのが遅すぎないで・・・」
これは、それまでの私の男性観を180°変えた言葉だったんです。
そして今、この言葉の正しさをシミジミと実感していますが、
池田理代子さんが、ベルばらを描いたのは24歳の時。
スゴイですねえ。。。

まあ、潤クンだって、男女の機微や真実を、私達より知っていそうですものね。



|

抱かれたい男ランキング

3月29日(火) 17時35分
夕べの日テレの抱かれたい男ランキング、34位でしたね。
前回より10位くらいアップかな?
ドラマも出ていないし、バラエティは深夜と関東のみだし、歌番組は嵐のひとりとしてだから、
露出が多いわけではないけど、まあまあの結果でしたね。
ananのように、こちらから投票するのではなく、無作為に調査された結果ですから、
人気投票と馴染み度の合体のようなものかな。

ジャニーズにも芸能界にもほとんど興味のない友達が、
ウェストサイドストーリーに出ていたのも、麻木さんが松潤大好きというのも知っていたし、
嵐の中で一番カッコイイよね・・・とか言っていたのは、
ワイドショーを毎日つけているからなのよね。
だから、地味なドラマに出つづけるより、
WS(=ワイドショー)で扱ってくれるような舞台や映画などに出る方が、一般的認知度は上がるかもしれないですね。


|

お肌

3月28日(月) 17時41分
名古屋ッ子さん、はじめまして。
>びくともしない年季の入ったオバサマでございます。いや、むしろ、もっとやれーっ!という感じかな(笑)

いやあ、頼もしいコメント、そういう方こそ、星フリにピッタリ!
ここが、名古屋ッ子さんの居場所ですよ。

>「あーこの役は潤くんの方がピッタリッ!」てドラマ、ありました?あまり、ないのでは?

そうなんですよ。ドラマに出て欲しいと思いながら、
実際放映されたドラマを見ても、悔しい~! これこそ潤クンにやって欲しかったドラマとか役って、ないんですよ。

名古屋ッ子さんの書き込みを読んで、潤クンにどんな役やってもらいたいか・・・と考えてみたんですが、具体的にコレっていうのが思い浮かばないんです。
私の希望は、良質なドラマで、視聴率が良くて、潤クンの新鮮な魅力が炸裂して、潤クンがキレイでカッコヨクテ・・・なんですよ。ハハハ。。。

ところで、握手会の時、潤クンのお肌の状態がどうだったか?というのは、皆様のかなりの関心事だと思うのですが、
ライブハウスの真ん中辺から見た時は、ツルッとした感じでしたが、
握手するために待っているとき、向かって右側を見た時は、ボコボコしていて、やっぱりなあ・・・と思いました。
で、実際握手しながら、潤クンが話しかけてくれているとき見た顔は、
向かって左側でしたが、
大きな目と、意外にシャープで細い頬にばかり見えて、肌の状態は目に入りませんでした。
で、印象として、照明のおかげかもしれませんが、OZmagazineの写真と同じように、
リアルなんだけど、美しいんですよ。
どんなにハンサムでツルツルのお肌でも、美しい男とはとても言えない人は山といるでしょうが、
潤クンは、あの眼のせいなのでしょうか・・・
とにかく尋常じゃない、美しオーラを放っているんですよ。ハアア。。。



|

不良少年の夢&白のファルーカ

3月24日(木) 0時41分
私もあれから考えたんだけど、
潤クンがどんなに練習しても、オリンピック選手の演技を見慣れた私達が、
満足するようなアイスダンスを見せれるようになるというのは、
かなり難しいと思うんですよ。
それに、アイスダンスを見たければ、ドラマじゃなくて競技を見ればいいわけだから、
ドラマにするなら、ドラマ部分をメインに考えて、それなりの演技力ある相手役でないと、
今まで彼が築いてきた俳優としての力が発揮できないと思うのね。
新人でも、演技が上手な人は上手だから、なんとも言えないんだけど、
相手役は、浅田舞ちゃんにこだわる必要ないんじゃないかと思うの。
スケート部分は、画像処理技術を駆使するとかして、
例えば、宝塚とかの踊れて芝居のできる人とのコンビとかの方がベターじゃないかな?
ああ・・・でも、それじゃあ、夢がないなあ。。。
 
アリーさんがおっしゃるように、現実問題として、
ドラマや映画にするのは、とてつもなくたいへんなことなんだろうねえ。。。
なんとしても、それを実現するんだという執念とパワーのある制作者がいるかどうか・・・ですね。
ファンができるのは、提案だけだものね。


3月28日(月) 0時2分
不良少年の夢、まあまあ面白かったし、翔クンも良かったです。頑張っていましたね。
WSSで、一つ吹っ切れたのかな・・・とも思いました。
でも一番良かったのが、龍平クンの弟の松田翔太クン。
素敵でしたね~。
これが、初ドラマ?
新人でも上手い子は上手いんですね。
ああ、またまた潤クンのライバル出現です。ふうっ。

『白のファルーカ』、2巻の途中まで読みました。
松木恵の複雑な家庭背景が、潤クンの寂しい表情とマッチして、雰囲気ある役作りで、魅力的になりそう。
初ドラマでも松田翔太クンの例もあるように、浅田舞ちゃんも、女優としてちゃんと演技できるかもしれない。
でも、やっぱり難しいと思ったのは、主役二人がなんとかなっても、
脇役陣の多くが、やはりフィギア選手だということ。
芝居とアイスダンスの両方ができる人たちをそろえて、ドラマ・映画作りするのは、
本当にチャレンジングなことですね。
漫画のあの世界が、そのまま映像になったら、どんなに素敵だろう・・・って思いますが。。。


|

真摯&誠実

3月27日(日) 16時16分
握手したときの潤クンの言葉、やはり覚えていないんですよ。
もちろん、私が言った言葉は覚えていますが、
その内容に対して、彼が自分の言葉でちゃんと返してくれたという事実にビックリ・感激しちゃって、
その内容まで頭の中にインプットすることができなかったんですよ。
私の一言に対して、二言くらい返ってきたように思います。
そして、ATさんと同じく、握手したという感覚も記憶もないんです。

顔はシッカリ見ました。
他のメンバーが、想像通りなのに、
潤クンは近くで見ると、彫りが深いというか、確かにインパクトがあるというか、
もっとシャープで、目の訴えるものが深くて、にこやかなんだけど、もっと男を感じました。

以前、実際握手をすると、もっと距離を感じて寂しくなる・・・という話が話題になったことがありましたが、
私は、そんなことはありませんでした。
でも、もっと近く感じるようになったわけでもありません。
スターとファンという厳然たる線引きは改めて感じましたが、
そのギリギリのところまで彼が歩みよってくれて、
これ以上あり得ないというほどの、真摯で誠実な、ファンに対する姿勢を感じることができました。

千載一遇のチャンスで、潤クンからの言葉を心に残すことができなかったという私の大失敗を教訓に、
皆様、もし、このようなイベントに参加できる機会がありましたら、
是非、一瞬のうちに、手の感覚と、視覚と、相手の言葉を理解・記憶するトレーニングを、前もってやっておいてくださいませ。
そして、その聞いた言葉をすぐメモすることも忘れずに。

あっ、書き忘れていました。
ミニライブの最中に、潤クン、相葉ちゃんに、「なんで、急にグラマーになったんだよ」とか言って近づいていって、
相葉ちゃんの胸をモミモミしていました。
相葉ちゃんが、胸にタオルを入れていたのでした。

生の潤クンは、遠目も近くも、ホント美しかったです。
Dの嵐のカメラは、いったい何やっとんじゃ!ボケ!(あっ、失礼)
と言いたくなるほどでした。


|

「ずっと応援していたい」

3月26日(土) 22時48分
今日1日、自分の正当性を主張し、それに反する考えを意地になって否定する人と、その人をサポートする人たちと付き合ってきました。
私は、どんどん心を閉じ、寡黙になり、そんな私は、「どうしたの?」と気を使われ、
自分が自分が嫌になり、疲れ果てて、帰途につきました。
けれど、立ち寄った本屋で、『Top Stage』と『Look at Star plus』(←美しい潤クンです)の言葉を読んで、ふうっと力が抜けていきました。
特に、キャルを断崖絶壁から垂れ下がった氷柱に例えたところ。
「そこに存在するには、冷え続けるしかない」というのは、ついさっきまでの私。
その仲間に加わっているためには、頑なに身と心を縮め、凍りついているしかすべのなかった私には、
潤クンの言葉が温かい息吹のように感じられ、まるで氷が溶けていくように癒されていきました。

私が松本潤という、わずか21歳の男の子にのめり込んでいく理由の一つは、今まさに生きている彼の、ヴィヴィッドな感情に共感し、
共感が癒しを、そしてエネルギーを与えてくれるからだと思う。
嵐5人の仲の良いやりとりに癒される人もいるだろうけど、
私は、彼の仕事に深くのめり込んでいくことから生まれる新しい発見に癒されるような気がします。

ATさんが握手会で伝えた言葉は、
潤クンにとっては、「ずっと応援して欲しい」という願望であるかもしれないけれど、
私にとっては、「ずっと応援していたい」という願望でもあるのね。

潤クンが、作品・仕事に精魂傾け、そこから発する言葉が私にとって生きたものとして伝わってくる限り応援し続けるだろうけれど、
誰も明日のことはわからない。
ただ、今は、彼と共に一生懸命生きているだけ。
この楽しさが永遠に続いて欲しいと切に願うのみ。


|

サクラ咲けイベント。

3月25日(金) 2時2分
皆様、申し訳ありません。
当たっていて、同行者のATさんと一緒に行ってきました。

入口で、ハガキや写真付き身分証明書と、席番が書かれたカードと交換して、ライブハウスに入ると、椅子が備え付けられていて、まんなか近くの席に座りました。
結構、席が空いていて、当たっても同行者が来れない・・・とかあったのではないかと思ったりしました。

5人が登場すると、皆一斉に立ちあがったのですが、潤クンが可愛いのなんのって、美しいのなんのって、
ATさんと顔を見合わせて、キャーキャー言ってしまいました。
私の大・大好きな『感謝・感激・雨嵐』から始まって、
『Lucky Man』(あの変則側転付きの振りでした)、
『A Day In Our Life』(潤クンと大ちゃんで、顔を見合わせながら、♪キ~ミの~♪とか歌ってよかった~)
ガールズバンドが紹介されて、(100組くらいの応募の中から、潤クンと大ちゃんが審査員に加わって選んだそうです)
『サクラ咲け』をバンド演奏と共に歌いました。

途中、質問コーナーは、「今日の朝食、何を食べましたか?」に、潤クンが真っ先に、「ヨーグルトとコーヒー」と答え、さらに説明しようとしたら、「相葉ちゃんは~?」という声にさえぎられてしまいました。
「マイブームは?」の質問にも、潤クンが真っ先に、「吉田兄弟」(津軽三味線の)と答え、翔クン(かな?)、「姉妹はないの?」とか言ったら、潤クン、「姉妹は叶姉妹だけ」とか言っていました。
「兄と弟のどっち?」という客席からの質問に、「弟。髪の毛のサラサラした方」と答えていました。
結局、マイブームを答えたのは、潤クンだけだったのですが、客席からいろんな声がかかり、そのたびに、潤クン、キレそうになったりして(もちろんオフザケで)、ニノに、「これ以上言ったら、キレルから」とか何度も言われ、とりおさえられていました。

ニノが、「大宮SKを夏コンでやりたいから、ファンの皆が事務所に言って欲しい。もし、夏コンでなかったら、また事務所のエライ人に怒られたんだと思ってください。」と言っていました。
皆さん、Johnny's netに、「大宮SKをやって欲しい」とメールした方がいいと思うのですが。。。
ニノからファンのお願いだったと思います。

潤クンの最後のあいさつは、こういうイベントを是非やりたいとずっと思っていたけど、なかなか5人そろうのが難しくて、今回こうしてできてよかったです。今度は、地方でも是非やりたいです。」と、とっても丁寧でしっかりしたあいさつでした。

そして、舞台上にテーブルが置かれて、5人が並んで握手会でしたが、
係員の引率にしたがって、流れるようにドンドン押されての握手会でした。
一番最初が潤クンだったのですが、前のATさんに潤クンが、しっかり顔を見て、ハッキリ丁寧な言葉で返しているのを見て聞いて、感激してしまって、
自分の番になって、潤クンが私に何度も返してくれた言葉が、いまだ思い出せないんですよ。
頭が真っ白になったのか、パニクッタのか、手の感触も覚えていないんです。
でも、とにかく、キチンとこちらを見て、隣の翔クン(かな?)の前に私が行っていても、こちらに顔を向けて声をかけてくれていたんです。
遠目やTVで見るより、顔がずっと細くて小さくて、目が大きくて、すごい目力という感じでした。
その後、意識がなくて、気がついたら、目の前でニノが、ニッコリして「ありがとうございます」と言って、手を握ってくれていました。
そして、大ちゃんと握手して、係員に押されて舞台を降りました。

一生に一度、あるかないかの経験だったと思うのですが、
今日あったことが、現実なのか夢なのか・・・という感じです。

次は、ATさんにレポお願いします。


|

嵐の品の良さ=5人の頭の良さかな。

3月23日(水) 0時32分
KAT-TUNのガムだかなんだかのCM見ていて思ったんです。(←しつこい)
あ~、みんなカッコイイなあって。
嵐だったら、こうはいかないわなあ・・・って。
でも、もし、嵐に仁亀コンビがいたら、同じ役を取り合うとかいうライバルになりそうで、ほのぼのと嵐を見ていられなくなりそう。。。
ジャニーさん、よくぞ個性の違う5人を選んだくれたわ。ありがとう!って思ったの。

でもさらに思ったの。
もしかして、最初から個性がまったく違う5人が集められた・・・というより、
わけわからず、嵐にさせられた5人が、嵐内での存在価値をそれぞれが懸命に探してきた結果が、今の、キャラがかぶらない嵐になったのではないか・・・って。

何がビックリするかって、5人の頭の良さ。
あら技の常識の法廷なんか見てると(ネタバレ注意です)、クイズが正解かどうかなんて関係なく、
何故、それが答えだと思うか・・・というコメントが、ウィットに富んでいて、笑わされるし、感心させられるし、とにかく5人が、そろいもそろって機転が利いて、スゴイ。

嵐の品の良さって、頭の良さとも関係がある気がしてきました。
キャラがかぶらないように、お互いをつぶし合わないように、他メンバーを思いやる賢さが、嵐全体から品の良さを醸し出している気がしてきたんです。
そして、これが、5人が皆、自発的な感じがするのがポイントだと思うんですよ。

たまたま、テレビで、ドリフターズの高木ブーさんが、明るくしゃべりまくるのを見てビックリしたんですが、
いかりやさんが生きてる間は、「おまえはしゃべるな」と言われていたそうです。
ドリフとしてのキャラ分けが必要だったのでしょうね。

でも、嵐の中には、いわゆるいかりやさん的な人は存在しませんよね。
コンサートとかの中心が潤クンなら、大ちゃんは癒しの中心。
嵐の頭の良さはニノが中心だと、私は思うんですよ。
彼の自在に視点を動かすものの見方・考え方、スゴイのなんのって、本当にスゴイですよね。
そういう彼と日常的に接しているから、他の4人も鍛えられるんだと思うの。
お互いがお互いの特性に敬意を払っているのがわかるから、
品が感じられるし、
ファンも安心して見ていられるし、5人皆を好きになれるんじゃないかな・・・なんて、思ってしまいました。

東京タワーのアンケートと感想、AJSと、東宝のHPにメールしました。


|

アイスダンス・ドラマを、是非!

3月21日(月) 2時30分
東京タワー・アンケート、最後の④印象に残った・好きな表情をUPしました。
あのね、世界中にたくさん、俳優さんがいるけど、そのファンサイトで、印象に残った・好きな表情ベスト10なんて、やってるサイトあるかね?と、今、ふと思ったのね。
これって、潤クンが、本当に表情豊かで、その一つ一つを語るに値する深さ・面白さがあるという自負の証明だねって思っちゃった。ウフフ。。。

あんさん
>潤君はヘタでも存在感があります。「Vの嵐」を見てつくづく・・・

笑っちゃったじゃないんですか。いいとこついてきます。

それにしても、アイスダンスのドラマ、ぜひぜひ、実現して欲しいです。
今、ドラマもネタギレで、昔のヒットドラマの焼き直しや、パート2花盛りですよね。
星フリ見ても、フィギアスケート好きがたくさんいるし、とっても新鮮な題材だと思う。
モモも、潤クンが踊れるから舞い込んだ話だと思うし、
ベルナルドとアニータのマンボを見れば、アイスダンスいけると思うよ。
彼が、他の俳優さんの持っていない能力を生かしたドラマということで、
是非、実現して欲しいですね。
提案先って、ジャニーズ事務所、各テレビ局、映画会社のHPにメールするってことかしら。

麻耶さんの妄想、楽しい~。
そして、
>痛々しい性格が好きです。(涙)
ホント、ホント。
だから、ほおっておけなくて。。。(うざいって~)
おじょうさんの、「松潤は悪ぶった坊ちゃん」という指摘、ポイントついていますね。
どうして、潤クンって、あんなにお坊っちゃんっぽいんでしょ???
不思議~。

りこさん
私の廻りも、韓国ドラマ・韓国俳優に落ちているのが、アッチモコッチモ、ウジャウジャいます。
「あなたも落ちてくれたら、一緒に韓国にいけるのに・・・」とか言われるのですが、
どうして、韓国ドラマって、あんなに病気と不幸とかを結びつけて、安易にドラマを作るのでしょう。
何度も韓国ドラマ見ているんですが、私は乗れませんね~。
性格が、ひねくれてしまったのでしょうか。。。

珊瑚さん
KATーTUNと嵐は、“品”の違いですか。。。
私、KATーTUNはよく知らないのでコメントできませんが、
たしかに嵐は、品がありますね。
では、品って何?という疑問になるんですが、これも宿題ですね。
それこそ、人それぞれ、いろんな答えがありそうですが。。。
それにしても、5人のグループで人気にそれほど差がない・・・というのは、奇跡的なことじゃないですか。
その変が、SMAPにも通じるものがあるのかな。
私が思うに、これって、外からの人気だけじゃなくて、
5人の中での意識とも大いに関係ありそうな気がしますね。
24時間TVで、相葉ちゃんが、「松潤、誰よりも嵐のことを考えてくれてありがとう」と言っていましたが、
そういう人が存在するかどうかが、グループの運命を大きく左右するということがあると思いますね。

福岡の皆様は、落ちついておられるかな。
潤クンの存在が、心を強くしてくれたらいいですね。



|

« May 2005 | Main | August 2005 »