« 真摯&誠実 | Main | お肌 »

July 20, 2005

不良少年の夢&白のファルーカ

3月24日(木) 0時41分
私もあれから考えたんだけど、
潤クンがどんなに練習しても、オリンピック選手の演技を見慣れた私達が、
満足するようなアイスダンスを見せれるようになるというのは、
かなり難しいと思うんですよ。
それに、アイスダンスを見たければ、ドラマじゃなくて競技を見ればいいわけだから、
ドラマにするなら、ドラマ部分をメインに考えて、それなりの演技力ある相手役でないと、
今まで彼が築いてきた俳優としての力が発揮できないと思うのね。
新人でも、演技が上手な人は上手だから、なんとも言えないんだけど、
相手役は、浅田舞ちゃんにこだわる必要ないんじゃないかと思うの。
スケート部分は、画像処理技術を駆使するとかして、
例えば、宝塚とかの踊れて芝居のできる人とのコンビとかの方がベターじゃないかな?
ああ・・・でも、それじゃあ、夢がないなあ。。。
 
アリーさんがおっしゃるように、現実問題として、
ドラマや映画にするのは、とてつもなくたいへんなことなんだろうねえ。。。
なんとしても、それを実現するんだという執念とパワーのある制作者がいるかどうか・・・ですね。
ファンができるのは、提案だけだものね。


3月28日(月) 0時2分
不良少年の夢、まあまあ面白かったし、翔クンも良かったです。頑張っていましたね。
WSSで、一つ吹っ切れたのかな・・・とも思いました。
でも一番良かったのが、龍平クンの弟の松田翔太クン。
素敵でしたね~。
これが、初ドラマ?
新人でも上手い子は上手いんですね。
ああ、またまた潤クンのライバル出現です。ふうっ。

『白のファルーカ』、2巻の途中まで読みました。
松木恵の複雑な家庭背景が、潤クンの寂しい表情とマッチして、雰囲気ある役作りで、魅力的になりそう。
初ドラマでも松田翔太クンの例もあるように、浅田舞ちゃんも、女優としてちゃんと演技できるかもしれない。
でも、やっぱり難しいと思ったのは、主役二人がなんとかなっても、
脇役陣の多くが、やはりフィギア選手だということ。
芝居とアイスダンスの両方ができる人たちをそろえて、ドラマ・映画作りするのは、
本当にチャレンジングなことですね。
漫画のあの世界が、そのまま映像になったら、どんなに素敵だろう・・・って思いますが。。。


|

« 真摯&誠実 | Main | お肌 »