« 表情の対比。 | Main | 体の相性の良さ »

May 31, 2005

恋と愛の違い。

2月27日(日) 0時58分
オオ~、MIDORIさん、お久しぶりです。
登場がなかったので、どうされているのかしら・・・と、寂しかったです。
それにしても、恋愛経験豊富そうですね。
>それなりに楽しく、それなりにしんどい恋でした(^^)
いや~、深い話がありそうですね。

MIDORIさんにとって、『恋は・・・』に続く言葉は何かしら?・・・と興味を持ってしまいました。

ところで、アリーさんの、恋と愛の違いは?ヘの、とりあえずに私の答えは、
恋は、異性間のみ。愛は、あらゆることが対象。
で、異性間の恋と愛の違いは、
恋は、良い面のみを見ている状態。
愛は、悪い面も受けいれている状態かな。

だから、透は詩史に恋していたけど、愛には至っていない。
パリで二人の生活がうまくいくかどうかは、恋が愛に昇華できるかどうかにかかっていると思う。(愛があれば、経済力は、二人とも優秀な人達だし、なんとかすると思う)

耕二は、恋したことがあるのだろうか?
男性にとっての恋って、肉体的なことがあってのことらしいので、私にはわからないのだけれど、
耕二の場合、恋じゃなくて、愛を感じる。
ニットの帽子をかぶって、タバコを吸いながら、「由利はカンケエねえだろ」という言い方、とっても乱暴なのに愛を感じるんだよね。
自分の手の内にあって、いとおしんでいる感じ。

じゃ、喜美子に手を出すなよ~なんだけど、
恋は一人に対してしかできないけど、
愛は、同時に何人に対しても持てるんだろうと思う。
喜美子の夫や家庭の話を聞きながら、恋心はわかないかもしれないけれど、
愛は、わいてくるかもしれない。

|

« 表情の対比。 | Main | 体の相性の良さ »