« キミペ映画化希望 | Main | アイスダンス・ドラマを、是非! »

May 31, 2005

当たり役

3月20日(日) 18時53分
仲間さんにとって、ヤンクミは、まさに当たり役ですよね。
当たり役って、その人以外考えられない、その役者だから、魅力的で輝いたキャラクターになったってことですよね。
小雪さんにとっても、スミレちゃんは当たり役。
仲間さんも東京湾景やナイトホスホスピタルとか見たけど、他の女優さんでもOKだったんじゃないの?とか、
小雪さんも、ラストサムライだって、草なぎ君とのドラマだって、小雪さん以外でもよかったんじゃないの?とか思っちゃう。

そうすると、沢田慎もモモも『未満都市』のモリも、松潤以外考えられない当たり役(ハマリ役)だと思う。
耕二も、松潤だから、あんなに魅力的で憎めないキャラになったと思うから、耕二も当たり役だと思う。
ただ、金田一君は、潤クン頑張っていて、なかなか良かったと思うけど、他の若い俳優でもOKだったんじゃないかと思える。(堂本クンのは見ていないので、比べて・・・ということではなく)

そう考えると、今回の矢吹・小田切は、仁亀コンビにとって、当たり役とは言えないなあ・・・と思う。
その代わり、まだ色のついていない素材として、これからいろんな役をやらせてもらえるという可能性は大いにあると思う。

潤クンは、21歳にして、これほど当たり役(知るひとぞ知るという程度の当たり役だけど)があるというのは、本当にスゴイことなんだけど、
ヘタすると、新しい仕事をすればするほど、前のあの役の方が良かったのに・・・となる危険もある。
だから、今の仕事の選び方は、以前の当たり役と同じ土俵で比較できないジャンルのものばかりなので、なかなかグ~ッド!だと、私は思っているんです。

葵さん
ピンクの頬の骸骨が、腰砕けになってバラバラになる・・・。
ナイスな妄想だわ~。

珊瑚さん
女子高に赴任する化学の先生・・・と言えば、『高校教師①』 ・・・、
ああ・・・あれは生物の先生でした。
理科室のスクリーンに映った、白いセーラー服の桜井幸子さんの大きな横顔のカゲを、両手で抱えるようにキスする羽村先生。。。

それを、理科室の隅でそっと、熱い恋心と嫉妬で、いつも見つめている骸骨・・・
なんか、オペラ座の怪人っぽくなってきましたね。

fufuさんの絵は、おもわぬ妄想を膨らませてくれて、楽しいわ~。

アリーさん
潤クンのフィギアスケート(シングル)も、いいですねえ・・・
日本人の男子フィギア選手って、技術より何より、色気がないんですよ。
潤クンだったら、短い脚・・(あっ、失礼)をカバーする長い腕と、しなやかな手で、さぞや妖艶に踊ることでしょう・・・・・(妄想)

随分前ですが、一旦女子プロになった、カテリーナ・ビット選手が再びアマの選手権に戻って、全身黒タイツのシンプルなコスチュームで、ふくよかになった体のラインをあらわにして、妖艶に舞ったのが、今でも深く印象に残っています。

華やかなヒラヒラ・コスチュームで、高い技術の連続の若い選手たちには、成績は全然かなわなかった、かつての金メダリストでしたが、
シンプルにゆったりと、年齢の重みが、氷上に刻まれて、本当に素晴らしかった~。

潤クンも、年齢と共に、そういうものを表現する力があると思うから、これからも、是非、ダンスを続けて欲しいなあと思います。

あめじすとさん
書き込みを読んだだけで、かなりの地震だったのだとわかります。
これから、当分、たいへんそうですね。
ご報告、ありがとうございました。


|

« キミペ映画化希望 | Main | アイスダンス・ドラマを、是非! »