« W杯とイジメ。 | Main | 詩史と喜美子の対照的な生き方 »

April 09, 2005

閉ざされていた、喜美子の心。

2月7日(月) 22時7分
葵さん
>耕二の前であれだけ、わがままな貴美子が、だんなの、言うとおりに行動するのが不思議・・情かな・

これ、宿題だったんだけど、私の結論、出た~です。
あのね、喜美子は、ダンナに対して、閉じていたんですよ。心をシャットアウトしていたの。
よくあるでしょ。
この人に何を言っても無駄。何か言ったら、傷つけられるだけだから、黙って言うこと聞いているってこと。

そんなとき、耕二に出会った。
fufuさんも書いているように、最初、喜美子は眼中外だったと思うの。
でも、耕二に手を握られたり、誘われたりしているうちに、
少しづつ、自分が解放されていったんだと思う。
「ゴミじゃなくて、ネコじゃん」という、あまりに当たり前の言葉が、
凍りついていた喜美子の心には、ずっと待ち望んでいた、人間の温かい血の通った言葉だったのかもしれない。
そして、その耕二の温かさに身も心も溶けるように解放されていった。
今まで閉ざしていた分だけ、解放された時の喜びは、半端じゃなかったろうから、
それが耕二には、バージョンアップしていくように思えたんだろうね。。。

松潤・耕二は、酔っ払って早朝家まで押しかけていってキスしたりする、人妻殺しの残酷さと、
不憫なほど可愛らしい下着を脱いでいく喜美子を、
下から見上げる時の、欲情といとおしさを含んだ、何とも言えない表情などで、
喜美子をとろかしていく過程がよくわかって、素晴らしい演技だったと思う。


2月8日(火) 0時9分
みみぃさん
言われてみれば、確かに透は、子供ですね。
う~ん。だから、思索にふけまくりの、哲学者風な岡田・透が、
びしょぬれでパーティ会場に来たりとかの、子供じみた行動とのミスマッチが、「オイ、いいのかい、岡田クン?」と言いたくなっちゃうんだよね。
冒頭の窓辺に座って、半裸で詩史に話しかけるところなんか、
何度見てても、失笑しちゃう。(ゴメンネ、岡田クン)

私、耕二と一緒の時の透が、すごく好き。
ヤンチャな耕二を、さりげなく、そっと支えている感じで、ほっとする。
こういう自然な感じで、詩史への恋慕を表現することは、できなかったのかな?

ひらひらさん
全然反発もしないし、辛口でもないですよ。
まさしく、interesting!です。
一つの映画を、ひらひらさんは、外から客観的に、私は、中にドップリ浸かって見ている感じですね。

私が先週行った、渋谷の映画館では(若い女性が多かった)、
後半の、かっこわるい耕二に、ビックリするくらい、大爆笑がアッチコッチから何度も起こって、うれしかったですよ。
私もかっこわるい松潤・耕二大好きだし、コメディ・センスもあるんだなと思って、うれしかった。
それに、かっこわるいところがあるから、人間くさくて素敵。

吉田のお母さんは、恋とは言えないかもしれないけれど、「落ちた」んだと思う。
例えば、私がごくせんの7話で、松潤・慎に落ちたり、
モモの「ヤベ、止めらんないかも」で落ちた人が、たくさんいるように。。。

『ピクトアップ』の藤島ジュリーさんのインタビュー、是非読んでみたいです。
何月号ですか?

>どんなにタレントのイメージアップになったとしても利益をもたらさない仕事はさせない趣旨の話とか・・・

なるほどの見識ですね。
結局、芸能界もお金で動いているわけで、お金を生み出すところに、人も才能もお金も集まってくるわけですからね。

見当違いな例かもしれませんが、今日見たキネマ旬報の去年の日本映画の興行成績の一覧が載っていたんです。
あれほど、絶賛と賞をたくさんとっている『血と骨』は、5億円くらいなんですよ。
東京タワーは、すでに10億円くらいは行っているようで、目標の15億にも、この調子だと届きそうですね。
ジャニーズの基本方針としては、作り手のマスターベーションのような仕事より、観客がお金を払っても見たいものを提供する・・・ということなのでしょうか。

それから、東京タワーの宣伝に、黒木・岡田ペアのみを使って、
出資している、Jストームが何故黙っているのかしら?と思ったのですが、
松本潤の売り出しよりも、その方が宣伝効果が高いと判断したのかしらね。


ジーナさんヘ
>どうしても皆さん同様に話に加われなくて少し凹んでます。

凹まないでください。
この映画、登場人物が多くて、それぞれ魅力的で、いろんな立場で見れて、すごく面白いんですが、
その代わり、世代や、経験が違うと、まったくかみ合わない感想を持つことだって、当然あると思うんですよ。
でも、接点がなかろうが、話に入れなかろうが、ジーナさんはジーナさんで、
いつもと同じように、ゴーイングマイウェイで、思うこと、ドンドン書いてくださいな。
若い子が、どんな感想持つか、私、ものすごく興味ありますし、
レスできなくても(私、無理にレスつけることできない人なんで、どうか許してください)、
ジーナさんはじめ、世代の違う人の書き込み読むの、楽しいんです。

それに、ジーナさんのように、我が道を行く(誉めているんです)書き込みが多いと、
他の人も、流れに関係なく、思うことを気楽に書けると思うんです。

*若い(精神年齢、或いは、実年齢)方達に質問があるのですが、
自分の彼が、実はすごい年上と不倫していたと知った時、
それだけの理由で、別れますか?
つまり、由利ちゃんだったら、どうするか・・・ってことです。

みみぃさんの反論は、またしても目からウロコで、
面白いこと、この上ないです。
自分が誰かの立場だったら、私ならこう思う・・・ってことだと思いますから、
想像も、観た人の数だけあるということですね。
すごく勉強になります。

|

« W杯とイジメ。 | Main | 詩史と喜美子の対照的な生き方 »