« 中村勘九郎さん、七之助クンの件を語る。 | Main | 傷つくことへの抵抗。 »

April 17, 2005

「嫉妬」・・・。

2月16日(水) 22時17分
↓の友達の感想の付け足しですが、
同級生のお母さんと・・・というのはありえない!
というか、とても受け入れがたかったようです。
ちなみに、彼女は一男一女ありです。

アリーさん
>他の登場人物には何がしかの「嫉妬」という感情がありましたが、詩史には
>それが見当たらなかったからかもしれません。でも「嫉妬」って、一番人間
>らしい感情の一つだと思うのですが。

こんな風に、嫉妬という感情を肯定したコメントをされると、
自分が、救われるような気がします。
雑談BBSの皐月ちゃんの『人間向上すれば神になり、堕落すれば獣となる。その間が人間なのだ。』という言葉の、
一番獣に近づく感情が、嫉妬のような気がしていたのですが、
嫉妬を感じさせない詩史に、一番魅力を感じなかったという事実がありますね。

うう~ん、深いです。

ところで、「恋は水色」って、古い歌しか思い浮かばないのですが、
アリーさんにとっての、「恋は水色」は、どういう意味合いを持つのでしょうか?
想像力が乏しくて、すみません。

|

« 中村勘九郎さん、七之助クンの件を語る。 | Main | 傷つくことへの抵抗。 »