« 全てを受け入れるのも「愛」、意見を言ってあげるのも「愛」 | Main | 「嫉妬」・・・。 »

April 17, 2005

中村勘九郎さん、七之助クンの件を語る。

2月26日(土) 14時20分
あら技の後の軽部さんの番組に、中村勘九郎さんが生出演していて、
平成中村座のニューヨーク公演の様子や、篠山紀信さんの撮った写真やインタビューがあって、面白かったのですが、
<捨てられないもの>というコーナーで、最後に、
「この間の息子の新聞は、一生とっておこうと思ってますよ。勘九郎で成仏したつもりだったけど、つもりだっただけなんだろうね。勘九郎から勘三郎に変わるこの時期に与えられた試練だと思って、乗り越えていかなきゃって変えていかなきゃ、たいへんですよ、そりゃまあ。新聞一面に、’中村勘九郎、逮捕!’って大きく出ていて、次男が、ちっちゃいんだもの。いろんなことで、まだ言えないんですよ。もうちょっとで出るんで、そしたらちょっと、いろんなことを正式にお話しようと思っています。」
のようなことを言っていました。
活躍する人って、悪いことに蓋をしないで、ユーモアをまじえたりしながら、良い方に変えていこうとしますね。




|

« 全てを受け入れるのも「愛」、意見を言ってあげるのも「愛」 | Main | 「嫉妬」・・・。 »