« 詩史と喜美子の対照的な生き方 | Main | ミツコの悪友とは? »

April 09, 2005

本当に怖いのは。。。

2月15日(火) 1時3分
映画『東京タワー』の宣伝隊長・ミツコです。

また、別の友達(中高の二女あり)誘って、5回目を見てきました。

・黒木・岡田ペアは、あり得なさ過ぎ。
・岸谷五郎の方が、ずっといい。
・あんなダンナがいて、自分の人生を気に入っているのに、幸せでないというのがおかしい。
・松潤は、変な女につかまって、可哀想。
・人前で大騒ぎするなんて、不倫する資格なし。
・3万円受けとってくれたら、ホスト遊びするような感覚でよかったのに、受け取ってくれなかったから、恋されているような気になって、あんな風に歯止めがきかなくなってしまったんでしょ。
・松潤は、Jrの頃、おさげ髪させられたりして、可愛かった頃しか知らないが、久々に見ても、可愛かった。あれが地なんでしょ。
・寺島しのぶ・同級生が怖すぎて、松潤が可哀想だった。
・松潤に、岡田クンの役はできないでしょ。電話を黙って待っているには、エネルギッシュ過ぎる。
などなど・・・です。

そして、また、「実は・・・ダンナ以外に、付き合っている男性がいて・・・」という話になリ、
オイオイ、日本の主婦達の現状って。。。。。。。

つくづく、松潤とかにハマッテいる方が、どんなに健全で安全なことかと思い知りましたよ。
TV追っかけたり、コンサート・舞台・映画に行くっていうのは、目に見えるから、文句を言うダンナもいるんでしょうが、
本当に怖いのは、何も言わない・目に見えない行動なんだよ~と、痛感しました。

|

« 詩史と喜美子の対照的な生き方 | Main | ミツコの悪友とは? »