« 詩史は、残酷な女の子 | Main | ラストシーンは、詩史の自立の第一歩? »

March 29, 2005

何故、耕二が喜美子の家の前で待っていたか?

2月4日(金) 22時44分 (byミツコの悪友)
ミツコ・・・アルツ始まった? アタシのコメント忘れたなんて。
へてから、もう一度述べよ。なんて、ふんとに、タダより高い物無いわ。

あのシーン、観賞後はコージが賭に出たのかな?って思ったんさ。
そう、喜美子が大声出して人が来てしまったらByebye。黙って自分を受け
入れたら続行。ってさ。頭の中で理性は働いているけど今は、止められないで、どっちに転んでもイイ・・・ってな気持で無謀なことしたんちゃう?
自信たっぷりの人妻殺しのコージ。喜美子は又、自分に修まるって確信して
の行動だと思う。って言ったのさ。思い出したか? 

あんなん、映画でコナイに語らさせられたの始めてやわ。

2月5日(土) 0時39分 (byミツコ)
ア○ツは、お互いさま。アンタに言われとうないわい!
と、毒づいてみたものの、
我が悪友の「耕二はあの朝、賭けに出た」という指摘に、思わずうなってしまいました。
アンタ、無駄にそのボディと口を使って、男をブイブイ言わせてこなかったんやねえ。。。
改めて、その実力に兜を脱いだわ~。

潤クンが、何かの雑誌で、「あの朝、どうして喜美子の家に行ったか、考えてみて。二つくらい答えがあると思う」(違ったら、誰か訂正してください。なにせ、立ち読みなもので・・・)
と言っていたんだけど、
私の頭には、「振られるんじゃなくて、いつか自分から振るために、今は別れるわけにはいかない」という、あまりに平凡な答えしか思い浮かばなくて、こんな単純な答えを期待されているわけないと思ってたのよ。

サンキュ、我が悪友よ♪

|

« 詩史は、残酷な女の子 | Main | ラストシーンは、詩史の自立の第一歩? »