« 潤クン、40代の知的女性には、人気。 | Main | 高畑淳子さんと世良正則さん »

January 15, 2005

後が辛いぜ~。うふふ。

11月21日(日)
イミさん、いや、これからはイミちゃんだ~と思ったけど、
イミちゃんは、潤クンにだけ、特別に許された呼び方だね。
だから、潤クン以外は、イミさんと呼ばなくちゃなんないね。
昨日、AJS聞きながら、えっ?!あのイミさん?と思ったけど、
読まれた内容聞いて、確信したね。
もう、誰にもマネできないイミさんの女心ワールドのエッセンスだったもの。
潤クン、アイディアというより、イミさんワールドを心底楽しんじゃったみたいで、
イミさん、潤クンの彼女状態だったじゃないですか。
「だったらまだ、手をにぎるかなんかするな。」という言葉を聞いたときには、
ギャ~!!!と、胸が締めつけられて、妄想全開。
でも、でも、これはイミさんの手なんだよね・・・と思ったら、
ウウウ・・・・・。(嫉妬の涙)


11月23日(火)
イミさん、私のコメント、泣きそうになるくらい嬉しかったんですか?!
甘い、甘甘じゃ~。
潤クンとの心の距離が、ググッと近づけば近づくほど、
あとの寂しさが、辛いぜ~。
そばにきてくれたのに、また、遠くの人になっちゃうんだよ。
前よりもっと切なくなっちゃうよ。うふふ。(←嫉妬の、コッテリ・タップリ上塗り)

マリコさん
東京タワーを読んで、「何か感じるものがあったけど、なんていったらいいのかわからないんですけど、とにかくわからなかったんです。」という感想、
なんて素直で率直なんだろうと、ズシンと響いてきました。
能美健志先生の潤クンについての感想と同じように、
マリコさんの心の奥底の真っ白い部分を感じてしまいました。

|

« 潤クン、40代の知的女性には、人気。 | Main | 高畑淳子さんと世良正則さん »