« 誰かの不幸の上に成り立つ幸せも世の中あるわけで | Main | ホムンクルスの潤美人 »

December 06, 2004

「100人の人とキスするよりも、一人の人と100通りのキスをしたい」

9月7日(火) 22時32分
マークスさん
>不倫してしまいそうな時期もありましたが、どうしても踏み込めなかったですね。

私ね、不倫に限らず、いろんなことにおいて、ギリギリのところで踏みとどまるかどうかってことが、その人の品性だと思うんですよ。
人間ですもの、様々な煩悩があるし、欲もある。

でも、そういう葛藤を積み重ねたり、相手をおもんぱかったりすることが、
もしかしたら、恋愛の醍醐味かもしれない。

更紗さん
>「100人の人とキスするよりも、一人の人と100通りのキスをしたい」

なんて、官能的な言葉・・・と、ドキッとしましたが、
これは、キスという言葉で代表されているけど、
男女の付き合い方をさしているとも言えますよね。
100人と浅い付き合いをするよりも、
一人の人と、楽しみを、一緒に見つけ、作り、試し、失敗し、立ち上がり、そういう汲めど尽きぬ喜びを共有する方が、ずっと面白く充実して魅力
的なんだということだと思います。
ちょうど、私達が、松本潤という一人の俳優に出会ったことから、
次々と新しい魅力を発見し、楽しみができたようなものかもです。

ゆーみんさん
錦戸くんが歩いていたんですか~?!
スゴイ!
錦戸くんって、潤くんが自分と同じ匂いがするといって、
対談相手に指名した子ですよね。
潤くんの匂いがしましたか?

美潤さん
そうでしたね。今日が、去年の玉アリのオーラスでしたね。
近くの人が潤クンの脱いだTシャツを拾って、(争いになりませんでしたよ)
私、汗でグショグショのTシャツをニギニギして、
匂いを嗅がせてもらったんです。
清潔な無臭・・・で、スゴ~クさわやかな、幸せな気持ちになりました。
でも、今年のオーラスで脱いだTシャツは、争いになり、係員に没収されたそうですね。
潤くんだって、残念でしょうに。。。


|

« 誰かの不幸の上に成り立つ幸せも世の中あるわけで | Main | ホムンクルスの潤美人 »