« 沢田慎が、松本潤の演技の芯。 | Main | エリート・嵐 »

December 22, 2004

イ・ビョンホンの眼と、沢田慎の眼

10月12日(火)
慎で劇的変貌を遂げた裏には何があったか?
本当に知りたいですね。
女性ヘの恋が、真に男らしい、カッコイイ男になりたい!という強い願望を生んだのかも・・・なんて、妄想したりします。

ただ、金田一少年の事件簿で、初代の堂本剛くんのような高視聴率をとっていて、ものすごく評判が良かったら、
アイドル俳優として、金田一の続編や主演作が続き、
ごくせんの脇役、沢田慎を演じることはなかったかも・・・と思います。

沢田慎の成功をどう思いますか?という質問に、
「それまで、伸び悩んでいたと感じていたので、素直にうれしい」と答えていましたね。

ゆーみんさん
昨日、『美しい日々』で、イ・ビョンホンを見ました。
ガラス越しにじっと見つめる瞳に一瞬やられそうになり、
ああ・・・これが彼の魅力で、これに落ちちゃう女性が山といるだろうなあと思いました。
でも私は何とかふんばり、ビョンホン落ちしませんでした。(今のところは)

私が、慎の眼に落ちて、ビョンホンの眼に落ちなかったのは、
ビョンホンの眼には、演技の計算が見えたんです。
慎の暗い眼、モモの寂しい目は、
存在そのものの深さが、ズシ~ンと伝わってくるんです。
ああ、ホント、痛いファンですね。
聞き流してやってくださいませ。

ジーナさん、5者面談の話は初めて聞きました。
そういうこと、本人が雑誌で言っていたんですね。
小学時代、ものすごく成績が良かったそうですから、頭はスゴクいいけど、ワルだったって、メチャメチャかっこよくありません?
ああ、こんなこと言っちゃいけないかな?
でも、優等生の狭い世界じゃなくて、ものすごく振り幅の大きい内面世界を生きてきた感じがします。

BSのウェストサイド物語、見たかったけれど我慢しました。
できるだけ新鮮な気持ちで見たいと思ったので。

クロさん
映画版であった、ベルナルドの「アメリカ」のダンスは、舞台ではないそうですね。
とっても残念。
潤くんの演技・踊りを見た演出家が、踊りのシーンを増やし、
おいしい演技のシーンを増やしてくれないかしら。
舞台がより魅力的になるために、俳優の長所を生かし、短所を目立たなくするのが、演出家の仕事だと思いますけどね。


|

« 沢田慎が、松本潤の演技の芯。 | Main | エリート・嵐 »