« 『芸能界回転寿司論』 | Main | ベルナルドの世界にいっちゃってる »

December 13, 2004

「何も咲かない冬の日は、下ヘ下へと根をおろせ。」

9月28日(火) 18時23分
ニノ、倉本聡さんの15年ぶりの新作連ドラ決定ですか。
メチャメチャ、メチャメチャ、メチャメチャ、メチャメチャ、メチャメチャ悔しいです。
ウウウ~。ウウウウウウ~~~~~~~・・・・・・・・。(←うめき声)

悔しいけど、ニノとか大竹さんって、天才なんだと思う。
残念ながら潤くんは、努力の人。
スタートラインが違う。
蜷川さんとか、倉本さんとか、見る人が見れば、天才か凡才かは一目瞭然なんでしょう。

で、私が長年ファンやっていた、真田広之さんのことを思い出しました。
彼も努力の人。
今度も、超大作映画・亡国のイージスの主役が決まっているみたいだけど、
演技力だけだったら、私、潤くんの方が上だと思っている。
真田クン、脇役やったときなんか、眼も当てられないもの。(例えば、ラストサムライ)

じゃ、どうして、彼が、こうして第一線で活躍しつづけているかと言えば、
真摯な努力と、魂を売らずにきたからだと私は思っている。
潤くんと同じように、役のためなら、麻雀でも楽器でも身体作りでも、徹底的にやる。
だから、そんなに多くの仕事はできない。
若い頃は、JAC(=ジャパンアクションクラブ)で、ミュージカル舞台を何度かやっている。
彼の歌・踊りは、なかなかのものですよ。
実際、リトルショップオブホラーズで、様々な賞をもらっています。
そして、芸能マスコミに騒がれても、徹底して沈黙を守った。
スキャンダルを利用しようなんていう低俗とは、正反対のスタンスをとり続けた。

そういうことが結局は、自分の作品を、質を高いものにしたいと思う制作者たちへの信頼となっているのだと思う。
誇りある人のところへは、誇りある人が集まってくる。

真田くんの若かったときの好きな言葉。
「何も咲かない冬の日は、下ヘ下へと根をおろせ。」

潤くんも、俳優として、太く力強い幹の木になるように、
WSSで、たくさんの根を、目に見えない地中にはりめぐらしてください。


|

« 『芸能界回転寿司論』 | Main | ベルナルドの世界にいっちゃってる »