« あの眼にやられたのね | Main | 「100人の人とキスするよりも、一人の人と100通りのキスをしたい」 »

December 06, 2004

誰かの不幸の上に成り立つ幸せも世の中あるわけで

9月4日(土) 19時7分
潤くん、人妻を好きになってもあきらめるのですか。。。
潤くん、まだ青いな、若いな・・・と思いました。
だって、不倫って、だいたい、「夫と、或いは妻とウマク言っていないんだ」とかいうところから始まりません?
不幸なその人を、自分が幸せにしてあげられたら・・・なんて、思ったりしないのかしら?
キチンと別れてからならOKなのかしら?
なんか、私、マジになってきましたね。
だって、私、人妻ですもの。

まあ、東京タワーの場合、喜美子さんは、ご主人とは特に問題ないような人妻ですから、
そういうイメージで、潤くん、インタビューに答えたのかもしれませんが。


9月5日(日) 15時42分
>誰かの不幸の上に成り立つ幸せも世の中あるわけで。

更紗さんの、この大人のコメントにズシンときました。
誰だって、人の不幸の上に自分の幸せがあるなんて望まないけど、
はからずも、そうなってしまうことだってありえる。
修羅場をどう乗り切るかが、その人の本質なわけだけれど、
関わった人間の数だけ、物語があり、
見方を変えれば、様々な幸・不幸が存在する。

そんなこんなを思うと、潤くんって、あの色気・演技力・大人びた発言から、恋愛経験豊富そうに思うけど、
意外に、生真面目に女性を大切に想ってきた人のような気がしてきます。

先日テレビで、島田紳介さんが、「オレは本も映画も、年1本くらいしか見ないけど、面白いことが言える。何故かと言うと、頭で記憶しないで、
心で記憶するからだ。心で感動した事を、その感動と同じ熱さでしゃべれるからだ」と言っていましたが、
ふと、これって、潤くんにも当てはまるような気がしたんです。
恋愛経験がそれほど豊富でなくても、
人生経験が、そんなに多岐にわたっているわけでもないけれど、
感動する力、共感できる心の繊細さ、深く考える洞察力・・・
そういうものが涌き出てくる豊かな心を持っているので、
あれほど素晴らしい演技で、人に感動を与えることができるし、
24時間テレビで、こらえてもこらえても、涙が出てくる。

おしゃれカンケイで杉田さんが、練習や舞台裏でキレまくっていた話をしていましたが、
そういう事実を潤くんも知っていたからこそ、
スミレちゃんを包み込むような優しい笑顔で、杉田さんを見つめていたし、
ゴールした後、延々と涙が止まらなかったのかしらと思ったりします。

イラクで亡くなった橋田信介さんの奥さんがメッセージを読むのを、
ちょっと横目で、なんとも不思議な表情で見ていましたね。
何をどのように感じていたのか、想像もつきませんが、
彼なリの心の揺れの存在が、感じられました。

さあ、潤くんは、将来、不倫とかいうことが現実問題として起こり得るのでしょうか?
外からどのように見られようと、どんな状況であろうと、
まっすぐなピュアな心で、女性を愛し、大切に思い、
場合によっては、自分を犠牲にすることもあるような、
そんな男の中の男であるような気が、私にはします。

|

« あの眼にやられたのね | Main | 「100人の人とキスするよりも、一人の人と100通りのキスをしたい」 »