« TVガイド表紙予告 | Main | キミペ8話エキストラ・胸が痛かった~。 »

December 29, 2004

ある画商の話。

10月30日(土) 23時28分
今日、画商のような仕事をしている女性の話を聞いてきました。
「亡くなった有名画家ではなく、今生きている画家の絵を買って欲しい。アーティストを育てるのは買う人なのだから。」と言うので、
「この画家はモノになるとか伸びるとかは、どこで判断するんですか?」と聞いたら、
「それは、ビビビッと感じる自分の感性しかない。好きか嫌いしかない。そして、ビビッと感じたら、必ずアトリエを訪ねて、それまで描いた絵とかデッサンとか見て、話をして、それで判断する。1日中描いているのが楽しくて仕方ないという人がいい。ギリギリでやっとの思いで描いている人は、こちらも頼みづらいし続かない。」と言っていました。
ああ、私と同じだと思いました。
私も時々、何かを見て、オオッと思う人に出会うことがあるけど、
他の作品見たり、話しているのを聞いたりして、なんとなく冷めてしまう。
でも潤クンには、ごくせん7話で落ちたけど、それだけだったら続かなかったと思う。
他の作品を見、過去ビデオを見、雑誌のインタビューを読み、バラエティを見、コンサートを見、
知れば知るほど、面白くなっていく。
松本潤は、伸びますよ。
世間的に認知度が低いけど、自分の眼を信じて応援していくのが、醍醐味ですね


|

« TVガイド表紙予告 | Main | キミペ8話エキストラ・胸が痛かった~。 »