« ごくせん・ニューキャスト | Main | 錦戸くん&天勢いづる さん »

December 29, 2004

能美健志さんダンス(上海異人娼館)&過門香

11月6日(土) 16時16分
ダンナのアイドル、バイオリニストの川井郁子さんが、コンテンポラリーダンス『上海異人娼館』に出るというので、
コンテンポラリーダンス?って、見たら、なんと、モモダンスの先生・能美健志さんの名前があるじゃないですか。
ということで、昨日、ダンナと二人で鶯谷にある、東京キネマ倶楽部に見に行ってきました。
寺山修司原作で、吉田日出子さんのナレーション(素晴らしかった!)。
娼婦の館で繰り広げられる、妖しいエロダンスのオンパレードで、東京タワーも真っ青じゃないの~という世界。
川井郁子ちゃんが娼婦なのに、なぜ踊りながらバイオリンを弾くの~?という、摩訶不思議な舞台でしたが、
彼女のコワ~イ恋人が、白塗りの能美健志さん。
まさしくモモダンスを、荘厳なチェロのソロをバックに踊っていましたよ。
ノースリーブの腕を真っ直ぐ上げ、腰をひねらせて、
身体をもっと細くすれば、潤クンが踊っているように見えてきて、幸せでした。

終ってから、あら技で真矢みきさんと行った、銀座の過門香(かもんか)で遅い夕食を食べました。
あら技の取材で使ったのは、個室で、8名くらいのコース料理でないと入れないが、ランチだったらOKだそうです。
創作中華料理という感じで、品よく、とってもおいしかったです。
ツバメの巣のデザートを頼んだのですが、
メニューにはないスペシャルだそうで、あら技は、杏仁豆腐にイチジクのピューレ+ツバメの巣だったのですが、
昨日は、イジヂクがなくて、柿で代用でした。
すごくおいしかったですが、ツバメの巣は、無色・無味・無臭で、
ツバメの巣が無くても、味は変わらずですね。
そうすれば、値段が2500円から700円に下がりますもの。


|

« ごくせん・ニューキャスト | Main | 錦戸くん&天勢いづる さん »