« ハスミ君の矛盾 | Main | 愛・・・について »

November 26, 2004

きみぺ続編に賛成?反対?

9月18日(土)
先日、冬ソナの特番を見ていたら、ファンの多くは、続編を望んでいる様子でした。
でも、客観的な私は、夢の冬ソナの世界は、夢のまま完結した方がいいのに・・・と思いました。

日本のドラマ業界は、面白いドラマがなくて、
古いドラマのニューバージョンや、ちょっと人気のあったドラマは、
すぐ続編やSPが作られる・・・という現状ですね。

なのに、何故、キミペは、SPも続編も作られる様子がないのでしょう?
こんなにも、望んでいる人たちがたくさんいるのに。。。。。

逆説的かもしれませんが、
こんなにも、キミペを愛し、続編を望んでいる人たちがいるから、続編が作られないのではないか・・・と、ふと思ったんです。

このドラマが、視聴率がまあまあで、適当に評判の良かったドラマだったら、簡単にSPとか作られたかもしれないけれど、
あまりにも多くの人たちに、深い思いを残してしまった。
ですから、続編を作ることは、モノスゴク大きな賭けになってしまうので、
それを実現する勇気が出ないのではないかと思うんです。

まあ、私は、キミペⅠ以上の続編なら賛成、それ未満なら反対という、
当たり前のスタンスです。
でも、どんなものを作っても、それぞれが思い描き、期待したものを裏切ることになるでしょうから、
良い意味で裏切ることになる、ダイナミックなコンセプトの転換、ストリー構成、深く掘り下げた人間描写、現代社会を切り取る鋭い眼・・・など、
たくさんの要素を手際良く調理し、
その上で、底流を流れる、スミレとモモの優しい関係・・・という、
とてもハードルの高いものが要求されますね。

潤くんにとっても、すべての関係者にとっても、
他のドラマに挑戦するよりも、
キミペ続編に挑戦するほうが、難しいのかもしれません。

9月20日(月)
ウウ~ン。私は、松潤命の人ですから、その立場で書かせていただきますね。
俳優さんにも、タイプがあって、
当たり役を大事に、長年続けておられる方もいますし、
一定のイメージを保ちながら、様々な作品に出ておられる方もいらっしゃいますね。(たぶん、こういう俳優さんが多いのではないでしょうか)

でも、潤くんは、幸か不幸か、ドンドン変化しています。
役柄でイメージを変えるという俳優としての部分だけでなく、
素顔も、時と共に変わり、また、場合によっても、いろんな顔を見せる人です。
もちろん、根本的なところで、変わらない芯の部分はあるでしょうが。。。

ですから、もし、松本潤で、キミペの続編があるなら、
キミペⅠのモモとは、違うんだということを、ファンは肝に銘じて見なければならないと思いますし、
本人も、新しいモモを、一から作るんだという開き直りが必要だと思います。
そうでなければ、ごくせんSPのように、中途半端な役作りになってしまうと思います。

ですから、この1~2年のうちにキミペの続編が作られるなら、
松潤に、新しいモモつくりに挑戦してもらいたい。
例えば、もう少し大人になって、蓮見くんと、男として勝負するような。。。

もし、続編が作られずに、時が経過してしまったなら、
みかさんがおっしゃるように、新規の脚本・キャストで、キミペを是非、リメイク或いは、続編を作って欲しい。
リメイク版が作られることによって、埋もれていた作品が、再び日の目を見るということはありますものね。

いずれにしても、キミペは、時を経ても、鑑賞に耐える作品・演技だと思っていますので、
皆で、大事に残していきたいですね。

|

« ハスミ君の矛盾 | Main | 愛・・・について »