« 21歳のメッセージ(死について) | Main | 横浜・8月3日2部(携帯を注意したことについて) »

November 02, 2004

横浜・8月2日2部

2004/08/03(Tue) 01:32
コンサートが始まって、巨大なドームの中で、踊り始める潤くんの姿を見ただけで、胸がいっぱいになって、ジワ~ときてしまいました。
でも、最初の数十分は、同じような歌・踊りの連続のような気がして、
私的には、イマイチでした。

でも、大ちゃんのソロ・ダンス、素晴らしかった!
お馴染みの、センターステージで、ジュニアを引き連れて・・・というパターンですが、ソフトタッチの流れるような踊りに、
大ちゃんの実力を見せつけられました。
大ちゃんは、こんな風に、同じパターンを、毎回コンサートで繰り返しているけど、見れば見るほど、素晴らしいし、
新しく開拓していっているのがよくわかる。
潤くんにも、是非、毎回、モモダンスのような、
スローで、美しいダンスを見せて欲しい。
良い物は何度見ても良いし、
潤くんの際立った個性を発揮できるのは、モモダンスのような、
繊細な表現で、観客を魅了するようなものだと思うから。

センターステージでMCが始まって、ゲストが、NEWSの4人だとわかった瞬間の、会場の歓声と盛りあがりがすごくて、
私、思わず、「おい! おまえら、嵐ファンだろ!」と、心の中で叫んじゃいました。

とまどいながらと、きみは少しも悪くないを、アンダルシアのようにアレンジした曲で踊るのは、ためいきが出るほど、素敵でした。

今回のメインは、なんと言っても、Mの嵐。
他の会場・回では、やっていないようなので、ホント、おいしかったです。
翔くんからは、カッコイイ写真をとってくれるように。
ニノからは、ニノ専用のバックダンサーをやるように。
相葉ちゃんからは、おんぶして、走りまわるように。
大ちゃんからは、紙吹雪を散らしてくれるようにと指示され、
めんどくせえ・・・を連発しながら、潤くんはやりました。
相葉ちゃんのおんぶは、本当にたいへんだったようで、その後、倒れていました。

さらに、コン・スタッフになりたいという大阪での発言を受けて、
スタッフがやって欲しいことを書いた紙から、くじで引いたのが、
ステージの汚れを、モップできれいにするというもの。
これが、メチャメチャ楽しかったです。

4人が、ARASHIを、歌う中、潤くんは、ラップで歌詞をブチブチ歌いながら、合いの手を入れ、
やってもやってもきれいにならない紙吹雪ゴミと、マツモップと呼ばれたモップ
で格闘していました。

潤くんが、ソロでラップのように、嵐になってからの5年間の精神の軌跡を歌ったものは、
話には聞いていましたが、やはり泣けました。
ごくシンプルな言葉で、正直な気持ちを、淡々と歌っているだけなのですが、
それがかえって、ストレートに胸に響いてきました。
飾らない言葉が、実は一番なのですね。

RIGHT BACK TO YOUの踊り、ゾクゾクするほど素晴らしかった。
これぞ、嵐の真骨頂という、激しい、そして振りつけが個性的なダンスでした。
これだけをおさめたDVDを発売して欲しいと思ったくらい。

アンコールは、1回目が終って、係員が退場のアナウンスをしているところに、
24時間Tシャツを着た潤くんが現れて、
ダブル・アンコールに突入。
なんと、相葉ちゃんは、着物の上に、黄色いTシャツを着ていました。

私の大・大好きな、感謝・感激・雨嵐を歌いながら、
潤くんが、クレーンで、私の上に来た時は、
天使が、幸せを振りまいてくれていると思いました。
投げキッスに、私も、投げキスで答えたりして。。。アハハ。。。

いろいろ不満はあるものの、やっぱり嵐コンは、イイ!
観客を楽しませようというサービス精神にあふれ、
それを心底楽しんでいる様子の潤くんを見ることは、
本当に、幸せです。


|

« 21歳のメッセージ(死について) | Main | 横浜・8月3日2部(携帯を注意したことについて) »