« 横浜・8月3日2部(携帯を注意したことについて) | Main | 横浜・8月4日2部(Aの嵐、痴漢②、4回アンコール) »

November 02, 2004

横浜・8月3日1部

2004/08/04(Wed) 03:40
今回、2回目の参戦ですが、2度見ても、いいものはいい!ということを、改めて実感するだけの結果になってしまいました。
今日は、センター席で、センターステージとバックステージの間でしたので、
ダンスなど、ジックリ見れました。

大野くんのソロの微妙な身体の動き、揺れ具合が、モロ最高!で、
今までのキレキレのダンスから、さらに数段階バージョンアップした、
私には、神のダンス!に見えました。

アンダルシア風に踊るときの、原曲の持ち味が、まるっきり変わってしまうくらいのアレンジと、ギターとの組み合わせが、セクシィで、うっと~りです。
今までの嵐とは違う方面へのチャレンジで、
私は、大・大歓迎です。

D嵐コーナーでは、自分がどんな父親になるか?という質問に対して、
潤くんは、子供をデパートに連れていきたい。
屋上で遊んでいる子をノンビリ眺めていたいという答えでした。
それに対して、ニノが、パンダに乗せて、パンダが動かなくなったからと言って、
コノ~!とか行って、脚で蹴りまくって、キレちゃうような・・・とか、
キャンプでテントがうまく張れなくて、コノ~コノ~!とか、キレちゃったりして・・・とか言って、
あの~、潤くんって、そんなにすぐキレル人なのですか?
それから、授業参観とか行きたいそうです。
それに対して翔くんが、後ろで、こうやって手を振ったりして・・・と、
コンサートで潤くんが、ファンに手を振るときのマネ(右手をちょっと挙げて、4本の指だけを小刻みに折る、あの可愛らしいお手振り)をして、おかしかったです。
どこに住みたいかは、潤くんは、鎌倉だそうです。
大仏とか、散歩して見たいそうです。

それにしても、このD嵐コーナーも含めて、嵐のMC、上手になりましたね。
去年の夏コン、素晴らしかったですが、MCコーナーになると、寒い空気が流れて、ハラハラすることも結構ありました。
でも今年は、オシャベリがちゃんと芸になっていて、感心しました。

しゃべりではないのかもしれんませんが、昨日のマツモップ、シンデレラ状態で、掃除させられている時、
ARASHIの替え歌で、モップがけしなくちゃならない我が身をパロディって歌っていましたが、
場に即応した歌詞が、よどみなく出てきて、メッチャ感心してしまいました。
スゴイよ嵐。スゴイよ潤くんでした。
だって、あんな風に自分を悲惨な状況を笑い飛ばす歌を即興でやるなんて、
ものすごく高度な芸だと思うのです。

A DAY~のアレンジが、スッカリ変わっていて、私は、嵐のお馴染み曲が、
こうして生まれ変わるのが、好きです。
といっても、新鮮な輝きを持てるように変わるというのが前提ですが。  

↓のけいさんの質問に対してですが、Right BACK~のラップ、
コンサートで踊りと一緒に聞くと、ラップが、すっかり曲に馴染んでいて、
全然キツクなかったです。
それよりも、あの、タッタラタッタ・・・という小刻みなリズムの部分が、いつも耳に残っていて、この曲もダンスも絶品!
嵐のプロモーションとして、最高のものだと思います。
だって、斬新!とか、オリジナリティ!とかいう言葉は、まさに、この曲とダンスのためにある気がしますもの。

潤くんのソロ、とっても上手だったので、もしやして、口・・・(以下自粛)と思っていたのですが、
今日、最後の方で、息切れしていました。
ということは・・・。

せっかくセンター席で、思いっきり手を振り、はしゃぎまわりたいところでしたが、ビデオ撮っていると聞いて、
永久保存板に、醜態さらしてはたいへんと恐れて、大人しくしていました。残念。

昨日は、期待していたものとの違いで、ガッカリとかありましたが、
今日は、すでに知っているものでしたから、
それを、充分堪能して、楽しかったです。
明日が終ったらもう見れないのかと思うと、胸が、キュ~ンとします。


|

« 横浜・8月3日2部(携帯を注意したことについて) | Main | 横浜・8月4日2部(Aの嵐、痴漢②、4回アンコール) »