« September 2004 | Main | November 2004 »

October 31, 2004

21歳のメッセージ(死について)

8月30日(月) 21時9分
JwebのEnjoyの、潤くんの21歳になったメッセージ、
いつ死ぬかわからないから、毎日を大事に生きていこう・・・というという主旨でしたね。
自分の誕生日で死について書くなんて、エッ?!と思った人もいるかもしれません。
私について言えば、大学生の頃、
山登りのサークルに入っていて、先輩が、連続して、山での事故で亡くなって、死が身近にありました。
ある先輩は転落事故で、、
別の先輩の恋人は、増水した川に流されて。。。
それでも私は、山へ行くことをやめる気にはなりませんでした。
仲間と協力して、重い荷物を背負って、険しい山を登ることの達成感が、
まさに生きていることを実感させてくれたのかもしれません。

死について考えることは、年齢とはあまり関係ないような気がします。
若くても、死を考えて、生きていることのありがたさを実感し、より充実させたものにしようとする人もいれば、
漫然と歳だけ重ねる人もいる。

そして、潤くんの写真は。天気の悪い日に出た一瞬の太陽の光。
これは、何を表現したかったのでしょう?
私は見た瞬間、潤くんは、疲れているのかな・・・と思いました。
24時間テレビまで、疲れを感じる余裕もなくガンバッテきたけれど、
それが終って、気が抜けたら、疲れをド~ッと感じたのかも。
でも、ふと見上げると、ドンヨリした空にも、一瞬の光が見えた。
あれもこれも、やらなければならないことがたくさんあって、
それが重荷だったり、必ずしも本意なものばかりじゃないけれど、
そんな中に、ポッカリと輝くものが見えて、それを信じて、求めていこうと思ったのかしら?

いずれにしても、今回の21歳誕生日メッセージは、
松本潤というアイドルの、人間宣言のような気がしました。
ファンは、自分に多くのものを求めるけど、
自分だって、みんなと同じ人間なんだよ・・・って。
自分がふと思ったことを、ここで伝えるから、みんなも、それを材料に、何かを感じたり、考えてほしいなあって。

ところで、私、明日、福岡に行ってきます。
先日、皆と一緒に飲んだとき、「迷っていたけど、私、福岡のオーラスに行くことに決めた。だって、来年、生きているかどうかわからないし、嵐だって、どうなっているかわからないんだもの。」と、宣言したんですよね。
台風もわからないし、何度歯医者通いしても痛みが全然治まらなくて、
痛み止めを頼りにしての参戦ですが、
ENJOYしてきます。

|

殺し屋? ジゴロ? (今日のMステ)

8月27日(金) 21時27分
潤くん、登場したときから、
ハリウッドの個性派俳優とか、殺し屋とか、女を狂わすジゴロとか、
そんな危ない男の匂いプンプン。
あれで、二十歳のアイドル?
パーティに現れた耕二みたいにも見える。
ふ~。
24時間TVで、こらえてもこらえても涙があふれ出た、可愛い潤くんは、どこに行ってしまったのでしょう?
そのときどきで、ガラリと変わってしまうのが彼に魅力だと、わかっちゃいるけど、
まさに、日々、番組番組、その時を見ないと、二度と同じ潤くんには、お目にかかれない。

ああ・・・、今日のMステでの、あの松本潤で、
アブナイ映画を見てみたいと思いました。


| | Comments (0)

常に今が一番輝いている奇跡のジャニーズ

8月27日(金) 14時46分
ねねさん、モリより現在の潤くんの方が魅力的ですか。
それは、ヨカッタです。
何かで、潤くんが、「常に今が一番輝いている、奇跡のジャニーズ」と、表現されているのを見たことがあります。
あの頃は、可愛かったのにね・・・とか、
あの時は、かっこよかったのにね・・・ではなく、
あの時はあの時で、魅力的だったけれど、
今はまた、新たな魅力が出てきたわ~・・・を、常に繰り返している。
ホント、奇跡ですね。

友達などで、24時間TV見た人が結構いて、
大野クンのダンスのところと、メンバーへの手紙のところがよかった・・・というのが、大体の感想なんだけれど、
中には、「杉田さんが抱きついたとき、本当は松潤イヤだったんじゃないの」とか言う人がいて、
エ~?!でした。
もっとも彼女は、その瞬間しか見ていなくて、そこに至るまでの過程を知らないんですが、
こういう感想って、オバサンを抱きとめるなんて、あんな若くてきれいな男の子は、イヤに違いない・・・という固定観念に縛られているのかも。

潤くんが年上キラーと呼ばれるとしたら、そういう偏見を感じさせないからかしら?
年齢と関係なく、素敵な女性は素敵だし、可愛い人は可愛いし、
そういう女性を包み込むだけの包容力もあり、
と同時に、ヤンチャな少年のような魅力もあり、
また、大人の女性を翻弄するほどの知性と感受性もある。

一般的視点で決め付けるには、彼は、あまりに振り幅が大きすぎるんですよ。

|

24時間、編集しながら思ったこと

8月25日(水) 15時7分
松井選手と元基くんの様子を見ながら、
嵐がトップになるということは、こういうことかな・・・と思いました。
松井選手のように、強くて優しくて、ハンディを持った人と同じ目線になって、
勇気とパワーを、たくさんの人にあげることができる、
嵐は、そういうトップになれると思いました。

夜中のカラオケ大会(←プロの仕事ではないという意味)、
ファンには面白かったけれど、放送するなら、もっとチャントやって欲しかった。
HEROは、もしかしたら、ロングセラーになって、
もしかしたら、もしかしたら、今年の紅白だって、夢じゃないかもしれない。
常連の先輩2グループはじめ、今のところ、ジャニーズでは、あまりヒット曲がないから、チャンスかもしれない。
でも、紅白って、生歌ですよね。
人前で、生で歌わなくちゃ、絶対ウマクならない。
トップになりたいなら、恥をイッパイかいて、笑われても、けなされても、歌番組は、生で歌わなくちゃ。
そうすれば、きっと一生懸命練習するでしょ。

来年も24時間テレビを嵐がやって欲しいという声がファンにはあるようだけど、
私は、たとえば5年後くらいに見たい。
5年たって、たくさんの経験をさらに重ねて、もっと素敵になっていて、
それでも、初々しい涙を流せるような嵐であって欲しい。

和太鼓について、誤解を恐れずに言えば、
潤くん、あんなに豆を作るほど練習しなくたって、よかったんじゃないかと思う。
だって、潤くんは、鍛えられた身体で、ダンスをやっているのだから、
根本的に違いすぎるんですもの。
でも、潤くんは、そんな風には考えなかったんですね。
サポートじゃなくて、チームとして一緒にやった・・・というようなこと言っていましたが、
ハンディのある人と、同じように練習し、同じようにたいへんな思いをしなければ、
ビシッとした演奏、ハーモニー、感動を生み出すことができないと思ったのでしょうか。

|

真髄が、あまりにピュアで美しかった!

8月24日(火) 15時58分
24時間終って、何かコメントを書かなくちゃ・・・と思うのですが、
嵐でヨカッタ、潤くんファンでヨカッタという思いしか、浮かんでこず、
茫然としています。(皆さんも、同じような感じかな?)

何故、こんなにも強く、そして、ファンのほとんどが、同じ想いになったのかしら・・・?と思ったのですが、
それは、相葉ちゃんの手紙に対する反応で、
彼らの底の底にある真髄が、あまりにピュアで美しかったことに気づかせたからなんだと思いました。

そしてそれは、何も知らないからの無垢な美しさではなく、
あらゆる苦難、汚れたもの、傷つき、葛藤、病気・ケガ、悩み・・・
そういうたくさんのものを乗り越えてきたからこそ、勝ち得たピュアさなんだと思いました。
「誰よりも嵐のことを考えていて」という、こんな短い言葉から、
今まで、どんなに嵐のことを考えても、必ずしも思い通りにならず、
辛い思いをしたことを思いだし、
でも相葉ちゃんは、わかっていてくれて、こういう晴れの舞台で言葉にしてくれた・・・と思ったら、
思わず、こみ上げてきてしまったのかしら?
なんて、勝手に思ってしまいました。

|

嵐最高!(24時間テレビ)

8月22日(日) 14時55分
和太鼓の時の、ねじり恥まき(すみません、変換したら、こう出ました。)姿、イナセで、カッコヨカッタですねえ。ホレボレ~。

大ちゃんのデフイレブンとの踊り、ダンナが掃除機かけている横で、
私は大声あげて、一緒に歌い、踊っていました。
「きゃあ、おおちゃ~ん、ステキ~!」とか叫びながら。
大ちゃんの涙がキレイだった。

潤くん、Qちゃんと一緒にがんばった子を見て、半分泣いていたようですね。

それにしても、昨日の朝から、ず~っと寝ずに働いていて、
小窓に映され続けて、次々と流れる感動の話に、しっかりついていって、
笑ったり、泣いたりできる、精神のタフさに感嘆しています。

昨日の武道館、レポなんかできませんが、
印象に残ったことなどをチラッと、後でコン・イベントBBSに書きます。

ところで、裏は、高校野球の決勝戦、たいへんな接戦です・・・と思ったら、乱打戦か?
あ、やっぱり大接戦だ。


8月22日(日) 15時14分
西田敏行さんなどのビデオメッセージに涙する、
休憩中の杉田かおるさんを見つめる、 潤くんの優しい笑顔、
なんて素敵なんでしょう。
辛い時、その辛さを理解して、あんな風に包み込むような笑顔で、
自分を見つめてくれたら、どんなにか救われるでしょう。
ヘアスタイルなどまったく違っていましたが、
モモが、そこにいたような気がしました。


8月22日(日) 21時39分
嵐、最高!
松潤ファンで良かった~。
嵐ファンで良かった~。
杉田さん、私達を代表して走ってくれたような気がします。


|

麻木さんは、本当に潤くんが好きなのねえ~

(2004.8.19)
情報ツウの麻木さん、可愛かった。
みみぃさん、彼女、ホント潤くんの目を見れなかったですね。
そういう彼女を潤くんは、面白がって、実に気持ちよさげに、身を乗り出して煽っていましたね。
潤の、イケズ~。

この間、潤ファンオバサン達と飲んだとき、
コンサートで、他のメンバーが近くに来ると、ワア~!と、うちわや手を振るのに、
潤くんが近くに来ると、まともに目を見れない・・・という話が、次々と出てきました。

よく、女性キャスターが、私は気は若い、物分かりのいい人なのよ・・・と、アピールするかのごとく、アイドルの誰々を好きとかいうことがある
んですが、
麻木さんは、ポーズじゃなくて、本当に潤くんが好きなのねえ~と、確信しました。

|

変顔Mステ

(2004.8.14)
Mステ、どうしちゃったの?っていうくらい、ハイテンション・ノリノリでしたね。
顔が小さいのに、パーツが大きいし、顔の筋肉が柔らかいのか、
ちょっと表情を作るだけで、
すごいダイナミックに、変な顔がよりどりみどりで、面白かった~♪

りこさん、私も潤くんが痴漢に会ったら、どうするんだろか・・・と思って見ていました。
潤くんは、黙ってやられているわけないし、
蹴るでも殴るでも、大声あげるでも、痴漢の手を握って、頭上に上げるでも何でもしそうですが、
今の彼が、痴漢の標的にされるとはとても思えませんね。
だって、日常空間にいたら、人間離れしていて、怖いと思うもの。
それに、あのサングラスだろうし。。。

|

October 19, 2004

『天茂』では、何故、東京タワー話が厳禁なのか?

(2004.8.8)
↑の質問を、たくさんの方からいただいたので。。。

もちろん、寺島しのぶさんとのベッドシーンの話をしましたよ。(他に何を話せばいいの?)
そしたら、話をしていた女性は、一瞬、恥かしそうに下を向いて、
でも、すぐ気を取り直したように、
「そういう役をやるような年齢に見えますものね」と言うので、
「いえ、実年齢と同じ大学生で、プレーボーイの役です」って言ったの。

そしたら、年配の女性が突然、彼女を叱り、
今までニコニコ聞いていたのが、急にコワイ顔になったの。

単なる私の推測ですが、
天丼を作っていた女性は、愛想が良くて、話が楽しくて、美人で、
カウンターの中という、話しやすい場所にいるため、
いろんな男性からの誘いがあると思うんですよ。
で、年配の女性は、うちはそんな下品な店じゃないですよというプライドと、
その若くて素敵な女性を守るために、
いやらしい系の話には、過剰な拒絶反応をするのではないかと思うのです。

ところで、昨日の午後、たまたま、さんまのまんまを見ていたら、
寺島しのぶさんのトークの一部が流れました。
「学生時代から、ボーイフレンドのところに泊まって、朝帰りしていたけど、母は、泊まるなら泊まると言いなさいと言うだけで、
父は何も言わなかった」そうです。

彼女って、良くも悪くも正直な人のようだから、
新聞に載っていた、共演相手の潤くんについての賛辞も、
単なるリップサーブスじゃなくて、本当にそう思っているんでしょうね。
スゴク、ツボをついた、潤くんをわかっているコメントでしたもの。

他サイトをチラッと見たら、今日の名古屋のラジオで、
「東京タワー、R指定になってもいいくらいスゴイ」と言ったそうです。
監督さん、どうか、編集で、ブッタギラナイでくださいませね。

あらまあ、ビックリ。
りこさんとさっこさんと、名古屋でずぶぬれになりながら盛りあがった横浜人とは、tommyさんだったんですね。
私もその中に加わりたかったなあ・・・って、スンゴク思います。
そういう滅多に遭遇できない状況って、
身体は濡れて冷たいけど、心は熱く燃えるじゃないですか!
雷雨なんて、私の潤熱を、更に激しく燃え立たせたに違いないです。
あ~あ、名古屋に行って、雨・嵐にまみれたかった~~!
そして、りこさんと、さっこさんと、tommyさんと、身体を寄せ合って、温め合いたかったと思う私は、変態ですか? そうですか。

ジーナさん、潤くんは、昔は、自分が納得できないと、怒って、自宅の床に穴開けちゃったりする子だったんだ!
私ね、彼のそういう激しいところが好きなんだと思う。
世の中悟ったような、チンマリしたヤツじゃなくて、
激しく悔しがったり、泣いたり、喜んだり、感動したり・・・
どんなに隠しても、そういう大きなうねりを内面に持っている彼だから、
演技をするときのちょっとした表情にも、何かを表現したいという、
強烈な意思が伝わってくる。
そういう彼が、先頭に立って、コンサートを作っているから、
嵐コンに身を置くだけで、熱い血がたぎってくる。

|

『天茂』に行ってきました。

(2004.8.6)
昨日、とってもうれしいことがあって、一人で祝杯をあげようと思い、
思い浮かんだのは、以前から行きたいと思っていた、”天茂”。
あら技で赤坂TBS近くということで、島崎和歌子さんと行った、かき揚丼のお店。(ごめんなさい。大人な味の旅のぬけがけしてしまいました)
私は若い頃、近くの企業に勤めていたので、この辺は、かつての庭のようなもの。
で、潤くんが座った椅子に座って、番組にも登場していた女性と、延々と話をしながら、ビールを飲んで食べてきました。

情報をたっぷり仕入れてきましたよ。
二人ともとっても礼儀正しく、言葉使いも丁寧で、店に入ったとたん、
大きな声で、「よろしくお願いします!」と言ったそうです。
二人の顔はテレビで見て知っているけど、名前がわからないということで、大きい方と小さい方(ごめんね、ニノ)ということで、話はすすんで行
きます。
大きい方は、テレビで見た通りでさわやかな感じだったけど、
小さい方は、すごい暗いイメージがあったのに、明るく面白いことをポンポン言うんで、驚いたそう。
二人とも二十歳と伝えたら、ビックリして、大きい方が25,6、小さい方が21、2と思ったそう。

撮影は、見ていて、本当にたいへんだと思った。
前のところから、急いでやってきて、次の撮影があるからと、すぐ出ていった。
食べながら、何度もストップがかかり、コメントしても、
「もう少し、こういうこと言ってください」とか言われて、
そのたびに、また言うことを考えて、撮影が始まる。
もう、OKだと思っても、もう1回撮ります・・・って言われて、またやりなおすのだとそうです。
(今、録画を見直しましたが、そのうちのほんの一部しか、オンエアされていないようです)

そして、「大きい方は、何か漫画が原作のドラマに出ていましたよね?」と聞くので、「きみはペットですか?」と言ったら、
「番宣を見ただけだけれども、普通、マンガが原作だと、イメージが違ってガッカリしてしまうけど、あれは、小雪さんと二人が、絵のイメージと
ピッタリで、ドラマ見てみたいと思った」と言うので、
潤くんの俳優としての才能を、いい気になって、宣伝したんですよ。
で、つい調子に乗って、東京タワーの話までしちゃったの。
そしたら、彼女(30代後半?くらいのとってもきれいな素敵な女性)が、うつむいちゃって、アチャ~。
それだけじゃなくて、今まで、材料の下ごしらえしながら、ニコニコ聞いていた年配の女性が、
その若い女性に、「・・・しなきゃダメじゃない」みたいなキツイこと言って、バツの悪い緊張感が漂っちゃって、
私は、シマッタ~でした。

友達に誘われて、SMAPのコンサートに行った話とかもするので、
嵐コンの宣伝も熱く語ってきてしまいました。

「嵐ファンが、このお店にこられたら困りますか?」と聞いたら、
「うちは、サラリーマンが客の中心だから、昼休みとかはいっぱいなので、その時間さえ避けていただければ、是非。」ということでした。

皆様、天茂に行ったら、東京タワー話は、厳禁ですよ。

ところで、れいれいちゃんにとって、潤くんは、異性の恋人ですか。。。
大人より、現実と虚構の世界の区別が曖昧かもしれないので、
私達よりずっと、潤くんとの世界がリアルなのかもしれませんね。

|

なんと、4回アンコール

(2004.8.5)
1部、2部行きましたが、2部はなんと、アンコール4回。
3回目のアンコールが、翔くんの、A day in our lifeの、
「全身全霊・・・」のラップで始まるんだけど、
それが、シーンとした客席に、本当に小さな声で、ささやきかけるようなの。
それが、何度も繰り返されながら、次第に大きくなっていって、
スゴ~ク感動的だった。
翔くんのラップが、胸に迫ってきて、それが大きなうねりとなって、
本当に素晴らしいアンコールだった。
そして、3回目のアンコールが終って、まさかもう無いだろうなあ・・・と思いながらも、アラシコールが鳴り止まなかったの。
そしたら、潤くんがまた黄色いTシャツで出てきて、
「こんなこと、今まで経験したことないから、どうしたらいいかわからない」ようなこと言って、
何度も何度も、頭を下げて、「ありがとう!」というわけよ。
それにつられて、私も、潤くんが言うたびに、スタンドの最後列の席から、「ありがとう!」と、あらん限りの声を張り上げたの。
あんな大声で、連呼するの、私の人生で初めてだったわ。
だって、ヘロヘロになりながらも、腰を180度に折って、おじぎをして、ありがとう!という潤くんに応えないのは、
人間として失格じゃないかと思うくらい、
彼の感激と、感謝が伝わってきたの。

そして、スタッフが、ココロチラリのテープをかけて、4回目のアンコールとなったわけ。
終ったのは、9時15分くらいになっていたような気がします。

終ってから、また飲みに行って、
6人がけのテーブルに、9人がひしめきあって座って、
感動を共有したの。
Vサインをゲットした人。眼の前で見れて、あんまりキレイな潤くんに魂奪われちゃって、あやしくなってしまった人。
今回コン初参加なのに、見るたびに、我慢できなくなって、
必死でチケットを手に入れて、結局3回見てしまった人。
横浜で最後のつもりだったのに、遠征を考えはじめた人。
こうして、壊れてしまった潤ファン仲間と、ただ一緒にいられるだけで、至福の時でした。

|

骨と頭のあるアイドル。(←魚ではありません)

(2004.8.2)
大阪で、別の職業だったら、何をしたい?に対して、潤くん、
「コン・スタッフになりたい」と、答えたそうですね。
これを読んで、彼は、消費されるアイドルじゃなくて、
自ら作り上げていくアイドルなんだなと思いました。
アイドルって、スタッフやブレインの戦略に乗せられて、
実像ではなく虚像で、稼げるだけ稼がされて・・・というイメージがあるんですが、
彼の場合、自分ではどうにもならない、事務所から与えられるものと、
自分の裁量に任されているものとを、明確に区別して、
自分の努力次第で、どうにでもなるクリエイティブな部分を、ものすごく楽しんでいる、幸せなアイドルだと思います。

例えば、コンサートを作りあげ、ファンを煽り、至福の時を提供する。
ドラマ・映画で、まったくの別人物像を、作り上げる。
そのためには、吐くくらいササミばっかり食べて、筋肉を作り上げたりもする。

その一方、「めんどくせえ・・・」と切れながら、ゴミ拾いをしたり、
名人に怒られながら、岩壁にへばりついて、キノコ採りをしたり、
その都度、自分をゼロの状態にもする。

女性誌に、「女性を骨抜きにする、骨のあるアイドル」と紹介されていたそうですが、
私は、「骨と頭のあるアイドル」と呼びたい。
↑で書いたように、作り上げ、勝負に出るときと、虚心になるときを繰り返しながら、
徐々に、しっかり丈夫な骨を作り上げ、
それを次に生かす頭がある。
そういう彼だから、生きることの喜びも悲しみも知っている、かなりの年上の女性たちにとって、
心のアイドルとなりえる。

ナ~ンチャッテ、語ってしまいました。

私は、2日2部、3日1部、4日1部・2部と、参加です。
美潤さん、念入りに身体を清めること、意味あると思いますよ。
だって、コンサートでは、虚心になって、身も心も、潤さまに捧げるんですもの。
歌と踊りで私を煽って、好きなようにもてあそんで・・・です。

というわけで、神聖な気持ちで、横アリへと行って参りますので、
レポは期待しないでくださいませ。

|

杉田かおるさんの女心。

(2004.7.30)
杉田かおるさんに、冷たくあしらわれる潤くん、今、録画を見ました。(麻耶さん、情報、サンキュ♪でした。確かに、あれは、事件です。)
録画を見る前に、こちらで皆さんの感想を読んだので、
杉田さんが、例の調子で、バ~ンと強気で潤くんの申し出を跳ね返したのかと思ったら、
<本当は、あなたにメチャメチャ興味あるんだけど、今は、自分を抑えて、当日の24時間TVに賭けてるのよ>という、
けなげな女心のように見えました。
だって、いつもの杉田さんと全然違って、しおらしかったんですもの。

こうして今は、耐えて、潤くんを無視しても、
当日は、マラソン走りながら、
あああああ・・・クルシイ・・・・・・
でも、これを最後まで走りきったら、あの松潤の細いけど、力強い胸が待っているのよ~。
あの胸にガシ~ッと、抱きかかえるのよ~ッ
寺島しのぶなんかに負けていられるか~! と頑張って、
シャワーも浴びずに、胸に飛び込みそう。。。(←どこまでも、私の都合の良い解釈)

|

夢でヨカッタ。ホッ。

(2004.7.27)
おはずかしい話を、少し。。。
私、今まで、嵐の夢って見たことなかったんですよ。
それが、今朝方、はじめて見ました。
なんと、名古屋の体育館のようなところでやる嵐コンを見に行ったら、
観客が、パラパラしかいなくて、
コンサートも、ウソっていうくらいサム~イの。
目が覚めて、夢だとわかった瞬間のうれしさったらなかったですね。
ですから、満員の会場で、嵐が素敵なパフォーマンスを見せてくれたら、
私、絶対、感激に泣いてしまいそう。。。

それにしても、意識の上で、嵐コンの客席が閑散・・・なんていうこと、考えたこともなかったのに、夢で見ちゃうなんて。。。
まるで、仕事はじめの時、ほとんど必ず、
遅刻してしまったり、準備をしていなくて、焦ってしまう夢を見るのと同じようなことかしら。。。

ゴメンネ、嵐。

|

耕二、ケバイ?!

(2004.7.25)
MYOJOの耕二、見てきました。
赤い帽子をかぶって、ハデですねえ。。。

昼と夜と、違う女性の相手をするくらいエネルギッシュな耕二は、
あれくらい原色バリバリでないと、それらしく見えないのかな?

シックな透と、ケバイ耕二の対比ですか?
映画全編にわたって、ああいう雰囲気なのかな?

それとも、クールな慎が、最終話でヤンクミの部屋を訪れた時のような、ヘンなツナギ風衣装や、
可愛いモモが、最後のカウンセラーとの場面で、突然、襟つきのキンキラ服を着たように、
耕二のケバイ格好も、この撮影時だけ?

耕二は、品よりも、この雰囲気でいくんでしょうかねえ(~_~;)。


|

寺島さんをリード?!

(2004.7.24)
ホニャララシーンで、歩く恋愛体験・寺島しのぶさんをリードですか?!
恐るべし、20歳。
はるか年上女性と若い男性の恋愛を描いた映画など、古今東西たくさんありますが、経験豊富な女性がリードするというのが、ほとんどじゃないですか。
潤くん、よほど経験豊富で、そういうシーンに自信があったから、引き受けたんでしょうねえ。。。(タメイキ)

坂上さんもラジオで、年上女性にモテルでしょう・・・と、さんざん言っていましたが、
歳はずっと下でも、精神的に、リードされる感じが、たまんないんですよね。
「ビックリするくらい頭がシャープで・・・」って、寺島さんを、虜にしちゃったかしら?
いいぞ、いいぞ、松潤。
寺島さんをメロメロにしちまえ~~。応援するぞ~。しのぶさんを落とすんだ~~。(もう、しのぶさんは、撮影終ったらしいけど)
そして、潤くんは、今にも落ちそうなところで、ふんばるの!
絶対、落ちちゃ、ダメよ~。
そして、あああああ、松潤は、素敵だわあ~ん。
また、絶対に共演したいものだわ・・・と、次に期待させる。

俳優だもん。女優にモテテなんぼよ。
あの寺島しのぶをリードし、メロメロにさせた20歳のアイドル。
インパクト、ドッカ~ン!!ですね。

|

24時間テレビSP

(2004.7.19)
私、生まれてから今まで、24時間テレビ・チャリティのようなもの、
まったく見たことないんですよ。
そういうものは、この世に存在しないかのごとく、避けてきました。
なのに、嵐が出るというので、1時間のSPを見ました。

そして、私だったら、障害者の方のそばで、どうしたらいいのかわからず、
ただ突っ立ってしまいそう・・・と思いました。
自分の心に自信がないんですね。きっと。
自分の中に潜む悪意とか、傲慢とか、そういうものと、どう対処したらいいのかわからず、
また、そういう迷いを覆い隠せすこともできない。

でも、嵐5人は、嬉々としてやっている。
相葉ちゃんなんて、もうもうウレシクテウレシクテ、これぞ自分の待ち望んでいたことなんだと、美しいオーラが輝いている。
潤くんなんか、夢を、「綺麗なお家と、カッコイイ車と、贅沢な別荘」
なんて、シレ~ッと言っている。
自分の立っている心の基盤に自信があるんだねえ。
強い子達ですね。
強くなければ、人にも優しくなれないものね。

|

イイ女筆頭・坂上みきさんの番組に再登場!

(2004.7.15)
WOの嵐、皆、顔に砂つけて、
潤くんは、弁当箱のフタのゴハン粒をとろうとして、顔にゴハン粒がついちゃった子供みたいに見えちゃった。

それなのに、ザ・テレビジョンでは、さわやか吐息のモデルさんと、
よろしく良い雰囲気になって、「キスしてもいいですか?」
なんて、ちゃっかり言っちゃったりしている。
自称・人見知りなのに、勘の鋭い潤くんは、コイツはイケル!って思ったら、
イケイケ・ゴーゴーになっちゃうのね。
潤くんはそれで良くても、相手のモデルさんとか、
こんないい男に、積極的に話されちゃったら、つい、その気になっちゃうよね。
もしかして・・・なんて。。。
罪作りな男だわなあ。。。

そうそう。男は女に育ててもらうのよね。
そして、いい女に出会いたければ、いい男になるしかない。
そうやって、成長していくんだろうね。
潤くんに見合うイイ女って、そうそういないと客観的には思うんだけど、
潤くんは、たくさんの様々な女性のそれぞれから、
その人独自の魅力を感じとる能力に長けているような気がします。

そういえば、私から見た、いい女の筆頭に挙げそうな、坂上みきさんの東京FMの番組に、20日出るようですね。
ちょうど、去年の今頃も出ていて、
「美少年のカ・オ・リ。ふ~っ。」で始まった、あのインタビューは、衝撃的でしたね。
聞いているコチラが変な気分になってしまうくらい、エロエロ雰囲気が充満して、
それでいて、知的な会話が弾み、坂上ねえさんを、スッカリ虜にしていました。
1年後に、どんなトークが展開されるのか、楽しみ。

|

女性化粧品のCMを是非

(2004.7.14)
私も化粧品のCMに1票!
Hの龍平くんに寄り添う女っぽい潤くんで、女性化粧品CMやって欲しいなあ。。。

漫画『ベルサイユのバラ』で、普段、男をやっているときのオスカルは、長髪をたなびかせていたのに、
恋するフェルゼンのために、ドレスで女装したとき、髪の毛をふんわりアップにして、
その色っぽいことといったらなかった。。。(ためいき)
潤くんも、化粧して、パーマかけた髪で、ゆったりアップにしたら、
腰砕けになりそうなくらい、色っぽくなリそう。。(妄想・・・)


|

« September 2004 | Main | November 2004 »