« パルコのCM | Main | 『H』は、宝塚の男性版? »

September 17, 2004

強烈な個性の役者

(2004.6.30)
ジーナさん、龍平くんは、オッサン臭かったですか(笑)
ヨシヨシ。。。(←何が?)
Hは、まだ見ていませんが、かの松田優作さまの御曹司ですものね。(何気に潤くん、御曹司、お嬢さまにご縁があるようですね)
潤くんも、いずれ、松田優作さまのように、強烈な個性の役者になり、ハリウッド映画などで、活躍できたらいいですね。

何気にTV見ていると、ハンサムな若い俳優さんて、たくさんいて、オオ~、ハンサムだなあ、キレイだなあ・・・と思うんだけど、じゃあ、潤くんと何が違うかと言えば、他の若い俳優さんは、固い。
潤くんは、柔らかくて、複雑。
例えば、パルコのバカボンド侍。
肩に刀を背負った姿、形容しがたく、イロッポイ。。。
力の抜き加減が、微妙で、それが、松本潤の気配になっている。

デビュー以来、たくさんのアイドル雑誌などの写真を撮られながら、そういう空気感を作る研究を、毎回毎回してきて、
その結晶が、ちょっとした表情や、動作に表れているのかしら。。。

今度は、さわやか吐息のCM、しかも、相葉ちゃんとふたりだけ・・・ですか。
いったいどうしちゃったのでしょう。突然のお仕事ラッシュ。
うれしいような、戸惑うような。。。


|

« パルコのCM | Main | 『H』は、宝塚の男性版? »