« 潤くんの何になりたい? | Main | キミペの再放送を見て。 »

August 15, 2004

冬ソナとキミペ

冬ソナ見ていて、どちらのドラマも、社会通念からしたら、ふさわしい相手が別にいるのに、不思議な因縁で惹かれあってしまう男女・・・ということだなあと思いました。
女性の綺麗な涙・・・ということで、スミレちゃんを彷彿させられますし、男女の気持ちの機微を丁寧に描いているということでも共通しています。

でも、決定的な違いというのは、冬ソナは、古典的なストリーで、話の流れも非常にわかりやすく、そして、私達の忘れ去られてしまった純な気持ちを思い起こさせてくれて、ゆったりと追想に浸れます。
それに対して、キミペは、時代を先取りしていて、女性の社会進出に伴う問題、高度な心理学的アプローチ、ハスミくん、ルミに対する気持ちの理解しづらさ・・・などがあります。

この大きな違いが、キミペが一部の熱狂的なファンを獲得しただけに過ぎないのに、冬ソナが、年齢・国境だけでなく、性別も越えて(うちのダンナがハマッテいます)、多くの人達の心をつかんだのではないかと思います。

私は、キミペの方が、ずっと素晴らしく魅力的なドラマだと、冬ソナを見れば見るほど確信します。
ウィットに富んだセリフの数々、ユーモラスなシーンの楽しさ、意表をついた話の展開、個性的な脇役陣、そして、典型的という言葉とは正反対なスミレとモモの役作り。

ですから、もし、続編を作るようなことがあったら、上で挙げたようなキミペの魅力を踏まえた上で、もっと万人が共感できるような、普遍的な心情を、単純なわかりやすいストーリーで、展開にした方がいいと思うのです。(2004.5.9)

|

« 潤くんの何になりたい? | Main | キミペの再放送を見て。 »